転校してきた山川君

 二学期の始業式に、青森県から、山川君が転校してきました。山川君の言葉には、少しなまりがありました。自己紹介のときに言葉のなまりを笑われて自信をなくしたのか、山川君は、あまりしゃべらず、遊びにも加わりませんでした。僕たちが何を聞いても、か細い声で、ぼそぼそっと言うばかりでした。

 二週間後のある日、掃除を始めてすぐに、班長の田中君が、山川君にごみ箱のごみ捨てを頼みました。山川君は、もじもじしていましたが、そのうちにごみ箱を持って歩いていきました。
 ところが、いつまでたっても帰ってきません。やっと戻ってきたのは、そうじが終わる時でした。田中君が、
「どこまで行ってたんだよ!」
と言うと、他の子も、
「掃除、サボるつもりだったんだろう?」
「今日、サボったんだから、明日は今日の分までやらせるからな!」
と口々に文句を言いました。
 山川君が泣き出しそうな顔で、
「ごみ捨て場さ、わがらなぐって・・・。」
と言うので、
「わからないなら、どうして仕事を引き受けたんだよ!」
「口があるんだから、誰かに聞けばいいだろ!」
みんなが責めたてました。

 そんなことがあってから、日増しに山川君を嫌う人が多くなってきました。そして、同じような失敗であっても、山川君のときにはみんなで責めたり、笑ったりするようになっていきました。
 田中君などは、係から連絡することがあると、話すことを嫌がる山川君に押しつけ、うまくできないのを見て、にやにやしていました。

 はじめは、ぼくもみんなと同じように山川君を責めたてたり、笑ったりしていました。でも、そのうちにだんだん(自分たちがしていることは、まちがっているんじゃぁないかな)と思うようになってきました。
 しかし、学級には山川君を嫌っているそぶりを見せないといけないような雰囲気があります。山川君と一緒にいると、その人までみんなに嫌われてしまいそうなのです。ぼくには、山川君のようになりたくないという気持ちがあります。だから、他の人の目が気になり、以前にも増して、山川君に声をかけにくくなっていました。

 十月のある日、図書委員会のぼくの担当の仕事が遅くなってしまい、図書室で一人残って、仕事をしていました。
 やっと、仕事を終えて教室に戻ると、山川君が一人残っていました。展覧会に出す絵を描いていたようでした。山川君もちょうど絵を描き終えて、帰るところでした。
 二人きりだったので、ぼくは思いきって、
「一緒に帰ろう。」
と声をかけました。
 すると、山川君は、一瞬、信じられないというような顔をしましたが、にっこり笑って「うん」とうなずきました。一緒に歩き始めた山川君の口数はやはりあまり多くはありませんでしたが、初めて山川君の笑顔を見ることができました。

 ところが、校門から出ると、僕たちの前に、田中君たち三人が歩いているのが見えました。ぼくは、ドキッとして、一瞬立ち止まってしまいました。山川君と一緒にいるのを見られたら・・・。
 ぼくは、どうしたらよいのか迷ってしまいました。

日曜参観で見ていただいた道徳の授業で最初に配った資料です。「あなたが『ぼく』ならどうするか」を考える学習でした。
授業の中では、様々な意見が出され、それぞれの是非が話し合われました。
この後、お話の中の「ぼく」は、山川君を置いて駆け出してしまいます。そして、山川君は学校を休んでしまうのです。
金曜日に学習の感想を宿題として課しました。いくつかを紹介します。

■なぜ、山川君がいじめられるのか。それが分からない。言葉のなまりはだれにでもあると思う。
このクラスの中で、いちばん悪いのはだれか。全員だ。全員でいじめたんだから答えはこれしかない。
「ぼく」は、自分のことしか考えていない。自分はまちがっていることにやっと気づいたのにひどすぎる。
山川君に全員であやまってみんなで遊べばいいと思う。

■今までぼくは、自分のことしか考えていませんでした。でも、自分のことしか考えていないと、このお話のように友達がきずついてしまいます。だから、ぼくはみんなのことを考えようと思います。この話に出てきた「ぼく」は自分のことしか考えていないし、友達をきずつけたから最低だと思います。

■この話を読んで「ぼく」のクラスはひどいと思いました。なぜなら、なまっていたり、ごみ捨て場がわからなくておそくなったりしただけでからかわれるからです。
ぼくは「ぼく」はまちがっていると思います。「ぼく」はかけだしたけれど、ぼくは山川君といっしょににげるかかくれます。そうすれば、どちらもこの日にいじめられずにすむと思うからです。
ぼくは、山川君はかわいそうに思いました。

■私はこのお話を読んで、ちょっとイライラしました。1ページ目はイライラしなかったけれど、2ページ目を読んで「自分から期待させておいて・・・」とイライラしてきました。本当の話だったら、よけいにムカつきます。
私も最初は「にげる・かくれる」だったけれど、「一人で」なんて一度も言っていません。私が山川君だったらひどいショックです。
相手の気持ちをよく考えて助けてあげたいと思いました。

■ぼくは、この山川君のように自分がとてもつらい目にあったら・・・。という心配があった。やっている方はふざけたりして言うけれど、やられている方はとても悲しくてつらいということを田中君たちに知ってほしかった。
この話の中の「ぼく」は山川君のことがきらいではないけれど、山川君といっしょにされたくないのだ。
最後の日記を見て、なんて山川君はかわいそうだろうと思った。

今週は、たんぽぽ祭りです。「ぼく」のクラスのようになることなく、全員が一丸となって出店の成功に向かってほしいと願っています。