Happy Valentine's Day!

今日はバレンタインデー。先週、このバレンタインデーをテーマに英語活動を行いました。

1 絵本の読み聞かせで、バレンタインデーについて知る。
2 歌『You're My Valentine.』を楽しむ。
3 バレンタインを題材とした間違い探しを楽しむ。
4 折り紙でハートを作る。

多くの子供たちにとって、バレンタインデーとは「女の子が男の子にチョコレートをプレゼントする日」という認識しかないでしょう。(最近は、女の子同士がプレゼントし合う「友チョコ」とやらもあるようですが。)
授業の最初は、日本語でバレンタインデーの歴史について話をしました。簡単に話したつもりですが、4年生には少し難しかったかもしれません。
この後、"What Is Valentine's Day?"という絵本を読み聞かせました。主人公である子ネズミが,友達や家族にバレンタインカードを渡し,自分も父母から本のプレゼントをもらうというストーリーの絵本です。この絵本からも、日本のバレンタインデーとアメリカのバレンタインデーの違いが分かります。

In Japan, only girls give boys chocolates on Valentine's Day. But in America, both boys and girls exchange presents.Friends and family members often exchange Valentine cards and presents as well.
(日本では、女の子が男の子にチョコレートを渡しますが、アメリカでは違います。男の子も女子もお互いにプレゼントを交換し合います。友達や家族もバレンタインカードやプレゼントを交換することも多いのです。)

授業の中では、日本語は話していませんが、絵本の内容やジェスチャーから子供たちも概ね理解できたようでした。

「歌」と「間違い探し」を楽しんだ後、授業の最後は「折り紙でのハート作り」を行いました。
1 作り方の指示を英語で聞きながら、折り紙でハートを作る。
2 グループのメンバーのハートを台紙に貼って花を作る。
3 グループ毎に作った花を大きな画用紙に貼る。
下の写真が、このようにしてできたハートの花束です。完成した花束を眺めながら、みんなでチョコレートを味わってこの日の学習を終えました。

授業後、子供たちは次のような感想を書いてくれました。

今日の英語活動は、「バレンタインデー・」についてでした。絵本を読んで、私は「チョコじゃなくてもいいんだぁ。」と思いました。私は、日本と外国はちがうんだなと思いました。

まちがいさがしでは、自分では分からないところもあったけれど、友達が見つけたのを聞いて、「あぁ、そこか!」とわかったりしたところが楽しかった。
自分の知らない動物も、歌にすると楽しく覚えられると思いました。

今日の英語活動では、推理しながら勉強ができた。バレンタインデーはすごい意味をもつということが分かった。
折り紙でハートを作るのが楽しかったし、歌もすぐに覚えられてうまく歌えたのでよかった。

今日の英語は「バレンタイン」のことだった。私も昨日、バレンタインのことを自学に書いていたのでちょうどよかった。
私が特に楽しかったのは歌だ。聞いているうちに口ずさみたくなるような歌だった。まちがいさがしはけっこうむずかしくて楽しかった。次回はどんなことをやるのか楽しみだ。