買い物調べ

社会科で「買い物」をテーマとした学習を始めています。
夏休み前のことになりますが、大和デパートと三越デパートの売り場を比べるところから学習をスタートしました。それぞれの売り場は次のようになっています(略)。

比べてみると、驚くほど似ています。子供たちもその共通点にすぐ気付いてきました。
「そう言えば、伊勢丹もいちばん上がレストランだよ。」
「イトーヨーカドーもそうだ。」
という声も聞こえてきます。そこで、食べることにかかわる二つの謎について考えてみることにしました。

いちばん上の階にレストランがあるのはなぜか。

子供たちは、いろいろな予想をしてきました。
「いい景色を見ながら食べると気持ちがいいから、いちばん上にあるのだと思います。」
「お客さんが迷わないように、どのデパートでもいちばん上にレストランをつくると決まっているのだと思います。」
「いちばん上は、静かだからだと思います。」
「デパートは、買い物をするところで食べるところではないから、下からお店を優先的に入れていったら、レストランが最後になったのだと思います。」

食品売場が地下にあるのはなぜか。

これについても、様々な意見が出ました。
「地下は涼しいからだと思います。生ものを新鮮なまま置いておくことができます。」
「ぼくも同じです。地下は出入り口も窓もないし涼しいからです。」
「野菜が冷えやすいからだと思います。」
「地下は出入り口が近くて、行きやすいからだと思います。」

どれもナルホドとうなずいてしまいます。ただ、未だ予想の段階で、いずれの問いに対しても答えは出ていません。調べ学習を進めているところです。

さらに、今週に入り「家の買い物調べ」の学習を始めました。子供たちは、このような街中に住んでいても、家の買い物についてあまり知りません。
「お家の人は、週に何日くらい買い物に行っているか。」
「よく行くお店はどこか。」
「今、みんなが着ている服はどこで買った物か。」
これらの問いに答えられる子供は、驚くほど少ない数でした。
そこで、一週間のうち、二日間を選んで、お家の人の買い物について行くことを宿題にしています。「どんなお店でどんなものを買ったのか」「気づいたことは何か」をカードにまとめることになっています。週末にかかっても結構です。ぜひ、ご協力をお願いいたします。


今月22日に、マラソン大会が予定されています。先日の体育で15分間走にチャレンジしました。5分ほどのウォーキングでウォーミングアップした後、速さは問わず自分のペースで15分間走り続けるのです。ところが、これがなかなかできないのです。15分完走した子供はごくわずか。あとは、止まってしまったり歩いてしまったりという体たらくでした。休み中に体がなまってしまったのでしょうか。体育の学習や朝マラソンの場で「走れる体」を取り戻してほしいと思っています。
9月とは言え、日中はまだまだ暑い日が続いています。グラウンドや体育館から戻ってきた子供たちの体はシャワー直後かと思われるほど汗びっしょりです。ハンカチ王子を気取って、顔を押さえている子供もいますが、とてもハンカチだけでは追いつきません。タオルのご用意をお願いします。


東京からAさんが転入し、3年3組は33名となりました。3が並んでますます『燦々サニー』は輝きを増しています。