数を英語で

金曜日、東京からお一人の参観者を迎えて英語活動の授業を行いました。参観者はNHKの方です。実は、6月にも一度国語の授業を見ていただいています。子供たちもよく覚えていて、この日の終わりには親しく話しかけている様子も見られました。

夏休みに入ってすぐの頃、新潟日報のテレビ欄で、3年3組の学習の様子がテレビ放映されるという記事が掲載されました。これは、連絡がうまくいかなかったための誤報だったのですが、来月には実際に取材を受けることになっています。教室にテレビカメラが入り、子供たちの学習の様子が撮影される予定です。

さて、金曜日の学習は「数」をテーマとした学習を行いました。
まずは、"The Counting Chant"というチャンツをCDで聞かせました。チャンツというのは、メロディのない歌のようなものです。メロディはないのですが、リズムはあります。英語はリズムの言語ですので、チャンツによって自然なリズムの英語を聞いたり話したりできるのです。
"The Counting Chant"の1番は次です。

Pencils, pens, books.
Pencils, pens, books.
How many pencils?
11 pencils!
How many pens?
12 pens!
How many books?
10 books!
Pencils, pens, books.

What kind of things did you hear?
(どんなものが聞こえた?)

チャンツに出てくる文房具はかなりの子供たちが聞き取ることができました。子供たちの声を聞きながらpencil, pen, bookの絵をホワイトボードに貼ります。

How many pencils?

と数を問い、再度CDを聞かせたのですが、これはなかなか聞き取ることが難しかったようです。かなりのスピードで"eleven pencils!"と言っているのです。そこで、11本の鉛筆が描かれている絵を示し、

Let's count together.

と言いながら、全員で一緒に数えました。elevenだということが分かるとCDの音もはっきりと聞こえてきます。
penとbookについても同じようにCDを聞きながら数を確認していきました。
続いて2番です。

Cats, dogs, cows.
Cats, dogs, cows.
How many cats?
4 cats!
How many dogs?
5 dogs!
How many cows?
1 cow!
Cats, dogs, cows.

What animals did you hear in this chant?
(どんな動物が聞こえた?)

catとdogは、すぐに聞き取ることができましたが、cowが少々難しかったようです。『キャウ』と聞こえるのです。音だけでは何の動物なのかイメージできなかったようです。絵を見せると「カウかぁ・・・」という子供もいました。知識としてもっている単語とネイティブの発音が結びつかなかったのでしょう。
ただ、数字は完璧でした。3種類の動物の数をすべて聞き取ることができました。1番とは違い、容易に聞き取れる音だったからでしょう。

ここら辺までは、子供たちも集中していたのですが、次の活動で一気にリズムが崩れてしまいました。友達同士、電話番号を伝え合うという活動をさせたのです。ところが、子供たちは、自分の家の電話番号を知らない・・・。これでは、活動のしようがありません。見通しが甘すぎました。反省です。
ただ、実際の活動中には、参観中のお客様に"What's your telephone number?"と電話番号を質問する子供たちも続出。この積極的なコミュニケーションへの姿勢は素晴らしいですね。

明日は、学習参観・学級懇談です。参観授業では『数え方』の学習を見ていただきます。懇談会では、夏休み中のお子さんの様子について情報交換等をしながら、私からは、これからの子供たちに期待したいこと等をお話しさせていただく予定です。ご多用とは思いますが、ぜひご参加ください。