Happy Halloween!

10月31日は、ハロウィン。亡くなった人の魂が甦ると考えられている日です。その日の英語活動は、ハロウィンをテーマに行いました。
まずは、子供たちにアメリカのハロウィンの様子を実際にDVDで見せました。子供たちが仮装をして"Trick or treat!"と言いながらパレードをしている様子や、大きなカボチャをくりぬいてjack-o'-lanternを作っている様子を興味深そうに見ていました。

続いて、"Halloween Colors"というチャンツ(リズムに乗せて英語が発話されたもの)を使って、英語の音を聞き取る活動を行いました。チャンツの中では、次のような英語が話されています。

Black cat, orange pumpkin, white ghost, green-eyed monster, black, orange, white, green. These are the colors of Halloween.
Black cats, witch's hats, jack-o'-lanterns, jack-o'-lanterns, black, orange, white, green. These are the colors of Halloween.

What kind of things did you hear in the chant?

このように問うと、子供たちは次々と手を挙げ、自分の耳に入ってきた色や、ハロウィンキャラクターを発表していきます。もちろん、1回ですべてを聞き取ることはできません。何度も繰り返し聞きながら、子供たちはチャンツに出てくるすべての色やキャラクターを聞き取ることができました。

この後、ハロウィンキャラクターのパズルをグループごとに完成させる活動を行いました。次のように行います。

  1. どのキャラクターにするかをグループで決める。
  2. グループの中から、一人ずつ私のところへ行く。
  3. 私が"What do you want to be for Halloween?"(ハロウィンで、何になりたいの。)と尋ねる。
  4. 子供は"I want to be a Frankenstein."(フランケンシュタインになりたい。)等と答える。
  5. もらったパズルピースを黒板に貼る。 これを繰り返しながら、グループでパズルを完成させる。

本当は、この後、一人一人にハロウィンキャラクターのお面を作らせてパレードを行う予定だったのですが、残念ながら時間が足りませんでした。そこで、私が用意していた仮装グッズをグループに一つずつ渡し、仮装させることにしました。仮装した子供たちは一人ずつ私のところへ来て、"Trick or treat!"と言いながら、お菓子をもらって戻ります。みんなでお菓子を食べて、授業終了です。