接客

いよいよ明日が「一日店員」本番です。昨日は、4年生にお願いし、昨年の様子を聞いたり、アドバイスを受けたりする場を設けました。また、火曜日には、○○デパート副店長の村山さんをお招きし、「接客」について本格的なご指導をいただきました。
村山さんは、まず、「一番大切なのは次の三つです。」とお話しになりました。これです。

1 身だしなみ
2 笑顔
3 明るく元気な挨拶

子供たちも「ナルホド」という顔で聞いています。続いて村山さんは、「七つの基本行動」と「接客の七大用語」を教えてくださいました。

<七つの基本行動>
1 待機の姿勢
2 会釈は15度
3 礼は30度
4 目礼
5 方向の案内は、案内する方向とは逆の手で
6 商品は両手で
7 見送り

<接客の七大用語>
1 いらっしゃいませ。
2 ○○円でございます。
3 ○○円おあずかりいたします。
4 少々おまちくださいませ。
5 おまたせいたしました。
6 ○○円のお返しでございます。
7 ありがとうございます。またお越しくださいませ。

村山さんは、これらの行動や用語を子供たちの前で、お手本を見せてくださいました。子供たちも実際に村山さんの真似をしながら実習します。
「いい声ですねぇ。」
「百点!」
おほめの言葉をいただき、不安を感じていた子供たちも少し自信をもつことができたようです。

授業後、教務室で村山さんに質問してみました。
「村山さんの目からごらんになって、新入社員が基本行動や七大用語を身に付けたなぁと思えるまで、どのくらいかかるものですか。」
村山さんの答えは、
「3か月はかかりますねぇ。」
とのことでした。やはり、一朝一夕に身に付くものではありません。

翌日、
「昨日、家の鏡の前で練習したよ。」
という子供たちも数名。大したやる気です。
子供は、自学帳に次のように書いています。

ぼくは、今日、村山さんからいろいろなあいさつを教えてもらいました。
さいしょは、みんなであいさつをしました。ぼくは、ドキドキしました。それから、たいきしせいを教えてもらいました。ぼくは、かっこいいなと思いました。次は、えしゃくを教えてもらいました。えしゃくは15度まげます。れいも教えてもらいました。30度まげて、いらっしゃいませというのがれいです。
次は、エレベーターの教え方を教えてもらいました。こんな行動があるなんて、はじめて知りました。商品をわたす行動も教えてもらいました。
こんなに教えてくれるなんて、ぼくは、まんぞくです。
一日店員になったら、村山さんが教えてくれたことをすべてやってみたいと思っています。

今日は、再度お店を訪ね、前日のあいさつをしてきました。ご協力いただきました学習ボランティアの皆様、ありがとうございました。明日の本番もよろしくお願いいたします。

明日は、弁当と水筒が必要となります。その他、それぞれのお店から指示された持ち物(エプロン等)がある場合は、それも忘れずに持たせてください。