学習発表会

学習発表会が終わりました。『わくわくドキドキ 初めての挑戦』と題して行った3年生の発表はいかがだったでしょうか。この日まで、子供たちは学級でも学年でも何度となく練習を繰り返してきました。その成果は十二分に発揮してくれたと思っています。どの子も実に堂々とした発表ぶりでした。
寒い体育館で、子供たちの発表を最後までごらんいただきました保護者の皆様、ありがとうございました。
以下に紹介しますのは、自学帳に書かれた子供たちの感想文です。これを読んでも、子供たちが自分たちの発表に満足していることがよく分かります。

今日は、ぼくがいちばん楽しみにしていた学習発表会でした。ぼくは、学習発表会をやる前から2つめあてがありました。
1つ目は、しきしゃです。ぼくは手のほねをおってしまったので、リコーダーがふけません。だからしきを左手でやりました。さいしょはリズムがとりにくく、さいごのところではタイミングがとれません。でも、家で毎日いっぱい練習してきたので、本番ではタイミングもとれて上手にできました。
2つめは、自分が英語で言うセリフです。ぼくは、本番になったらきんちょうして声も出なくなってしまうかなという不安もありました。でも、いっぱい練習したのできんちょうはしないで、楽しくできました。
ぼくは、この2つのめあてをいっぱい練習して、今年の学習発表会がせいこうしてうれしかったです。

今日、学習発表会がありました。学習発表会の前はきんちょうしていたけれど、なぜかステージに上がるときんちょうかんが少しなくなりました。
ぼくが言う言葉は、「スクウェア」でした。ぼくの出番がきて言ったときは、思ったよりも声が出てよかったです。みんなの発表が終わってひかえ室にもどりました。
2組の発表の後、みんながステージに上がりました。エーデルワイスをふきました。エーデルワイスを1つもまちがえずにできてよかったです。3年生の発表は終わりました。
ぼくは、全校の中で3年生の発表がいちばんよかったと思います。

私は、今日の学習発表会はせいこうしたと思います。なぜなら、発表の時、みんな大きな声だったからです。もう一つ、聞くときにちゃんと聞いていたこともいいと思いました。
私がいちばんうれしかったのは、お父さんが見にきてくれたことです。こういうことがあると、うれしさが倍になります。
今年の学習発表会はせいこうしたと思います。来年もせいこうさせたいです。

今日は、学習発表会がありました。本番だったので、すごくきんちょうしました。
1、2年生の音読が終わって、3、4年生の番になりました。これまでの練習のせいかを発揮しました。そして、大成功しました。
次は、3年生だけの発表が始まりました。ぼくは、
「ディーセィーザサーコー」
(渋谷:このカタカナ、何という英文を書いたのか分かりますか。This is a circle.です。大人であれば「ジスイズアサークル」と書いてしまうところです。子供の表現の方が絶対に英語の発音に近い。子供の耳のすばらしさですね。ちなみに、ある子はWhat's that?を「ワッダート」と書いていました。これもすごい。)
と大きな丸を作り、大声ではっきりと言えました。きんちょうしたけれど、がんばりました。
次にリコーダーのえんそうをやりました。間違えずにできました。
3年生の発表は、ぼくにとっては、上出来でした。よかったです。4年生になったら、どんな発表をするか楽しみ。