1週間ほど前でしょうか。国語で詩を作る学習をしました。いくつかを紹介します。

風のクレヨン
千紘

よし 風のクレヨンで絵をかこう
白は雪
緑は木の葉
赤は炎
黒はかみの毛
ところで風はどんな形
シャボン玉でわかるかも
でもやっぱり
風は風


愛子

空を見なよ
何かが落ちてきてるよ
それはまるでおどっているみたいだよ
その何か知らないものは
落ちたあとみんなでかたまっているよ
それはまるで砂浜のようだよ
それはさわるとと〜ってもつめたいんだよ
なんだろう
「あっ」
雪だ

空からの贈り物


白くてふわふわするものが落ちてきた
それは白くてきれいな雪だった
気持ちのいい雪だった
寒いのも忘れ
空からの贈り物を
ただじーっとたったまま
見ていた

あいうえおかきくけこ
かすみ

あの丘には
いつも
うえをむいて
えんとつそうじをしている
おじさんがいる
かいものに行ったとき
きまって同じ時間にそのおじさんがいる
くもっためがねをかけ
けいとのセーターを着ている
こどもみたいなおじさんだ

アリ


アリが歩いている
すばやく足を動かしながら
大きな石がある
しかし
アリは足をひっかけ
登っていく
たぶん息をあらくして
汗をかいているのだろう
一歩一歩すばやく
堂々と歩いていく
ぼくもこのように
歩きたい

おきる

薫子
「おはよう」
と心が起きた
けれどまぶたは
深いねむりについている



聖子
いきなり私の上に巨人がのっかった。
重くはない。
私は石だから。
すると急に私は巨人に持ち上げられて宙に投げられた。

私は考えられないほどのスピードで飛んでいく。風に乗って。気持ちいい。

でも気持ちいいのは今のうち・・・。

いきなり私は地面にたたきつけられた。

いたくはない。
石だから。

登山


登る
登る
登る
高い山登る
頂上につく
足が棒だ

メキシコ

正人
「セニョールパンチョス」
みんなメキシコ人になった

back