出会いの序章

進級おめでとう。今日から「三年一組物語」が始まります。
舞台はこの教室。一人一人全員がこの物語の主役です。
やる気がわいてきたでしょう。
ときどきは、けんかもあるでしょうが、
男の子も女の子も、みんな仲良く、
ルールを守って、楽しい学級にしていきましょう。

 上は、昨日の朝、黒板に貼っておいた掲示物です。新しい教室、新しい友達、そして新しい担任。子供たちは、これから始まる新しい学校生活への期待に胸膨らませて登校してきたことでしょう。そんな子供たちへのメッセージです。このメッセージに書いたように、一人一人が主役となり、素敵な3年1組物語を創っていってほしいと願っています。

 始業式の後、教室に戻った子供に問いました。

 先生の名前を覚えてくれましたか。
 実は、黒板のメッセージには、先生の名前が隠されています。見つけられる人はいるかな。
 3年生の子供たちには難しいかなとも思ったのですが、Kくんが見つけてくれました。メッセージ各行の冒頭一文字をつなげると、担任名になるのです。

 さて、改めまして、今年度1組を担任いたします渋谷徹です。とうねんとって33歳(当年ではなく十年ですが・・・)。子供たちと同じく、○○小学校3年目となります。この春休みは、元気な3年生と一緒に動ける体をつくるため、トレーニングに励みました。今年度中にあと3kg減が目標です。

 学級通信を『WONDER』と名付けました。この語は、次のような意味をもっています。

<wonder>
・未知・未経験の物事に好奇心を抱く
・不思議に思う
・驚き
・驚くべきもの
・すばらしいもの
・1組だぁ(ワンダー)
※ 因みに、タイトル横の太陽の絵はSUN(3年)を表しています。だから、このタイトルは「3年1組だぁ」とも読みます。

 知的好奇心をもち、日々新鮮な驚きを感じながら学校生活を過ごしてほしいという願いを込めてのネーミングです。
 これから出会う様々な物事に好奇心を抱き、自分から積極的に働きかけていってほしいと願っています。3年1組をwonderでいっぱいのwonderfulな学級に育てていきたいと考えています。

 3年1組は36名でスタートです。子供たちに聞いてみたところ、1,2年生の時には一度も話をしたことがない友達やまだ顔と名前が一致しない友達が相当数いるようです。私も含め、まずは、お互いを知り合うことが必要ですね。
 昨日は、教科書をはじめ、たくさんの配布物があり、それを配るだけでかなりの時間を使いました。また、今日は入学式後にすぐ下校。お互いの自己紹介をしている時間もありません。明日からは6時間の授業が始まります。お互いを知り合う時間はたっぷりと取れそうです。

 3年生になりました。1組はしぶやとおる先生です。□そうな先生です。たぶん、○さいです。
 これは、昨日の連絡帳です。空欄には、思った通りのことを書くように指示して、連絡帳を書かせました。さて、子供たちは、□の中、○の中にどんな言葉や数字を入れてくれたのでしょうか。少し怖い気もしますが、楽しみでもあります。

 保護者の皆様、1年間、よろしくお願いいたします。