How many colors do you see in the rainbow?(その4)

 

 雪の結晶やいろいろできてよかったです。とくに、色の勉強、虹の勉強がおもしろかったです。虹は一つ答えられたし、色は四つぐらい答えられました。

 雪の結晶づくりは楽しかったです。
 虹の色は?でびっくりしました。日本だからいっしょだと思っていたけれど、おきなわはちがっていてびっくりです。
 絵本の「マウスペイント」はねずみたちが色をつけていて、なんでなんだろうと思いました。

 おもしろかったのは「雪の結晶を作ろう」です。いろいろ工夫をして切るところがおもしろかったです。わたしはチーズのようにあなをあけました。楽しかったことは、「虹の色は?太陽の色は?」です。色分けが楽しかったです。

 いちばん楽しかったのは「雪の結晶を作ろう」です。なぜなら、切るといろいろな形がつくれるからです。私は2こ作りました。どちらもうまくできました。
 2ばんめに楽しかったのは、「手品で遊ぼう」です。つなをつなげる手品でした。おどろきました。

 歌を聞きました。外国語で言っていてわからなかったけれど、だんだんわかってきました。
 虹が何色かは、国によってちがうということがわかりました。日本は7色、アメリカは6色、ドイツは5色、ロシアは4色、沖縄2色でした。なぜ、それぞれの国で虹の色のちがいがあるのかが気になりました。教えてもらいたいと感じました。
 今度、日本で虹をみたら、7色あるかたしかめてみたいです。いつか、外国の虹も見てみたいです。

 雪の結晶を作ったのが楽しかったです。それははじめて雪の結晶を作ったけれど、まあまあうまくできたからです。クリスマスカラーもけっこう色が分かってよかったです。「マウスペイント」の本は、ゆかいで楽しかったです。3年生になってよかったと思いました。

 結晶づくりをしました。私はちがう結晶の作り方も知っています。
 虹の色は世界でちがうなんてはじめて知りました。
 先生がした手品は、私のお母さんが私にはじめて見せた手品でした。
 ねずみの本はねこに気づかれなかったのでいいなと思いました。
 クリスマスカラーは歌だからリズムに乗っておぼえやすかったです。

 今日の英語でおもしろかったことは二つあります。
 一つ目は、ひものマジックです。さいしょに輪になっているひもをつないで、つぎにひもをもどすときがすごかったです。
 二つ目は、3びきのねずみのお話です。1ぴきずつちがう色の中に入って、みんなちがうインクのところでおどっていたので、ちがうインクがついたお話です。今日の勉強は、色の勉強で、赤、青、緑、むらさき、白、黄が出てきました。
 マジックのタネが知りたいです。

 先生の手品がすごかったです。雪の結晶づくりもうまくできて、うれしかったです。
 ぼくが英語の勉強をしていてすごいと思ったことは、虹という字の意味です。まず、虫へんは蛇という意味です。なぜかというと、虹は蛇みたいに長いからです。工という字は橋を表しています。ぼくはこのことがすごいと思いました。