感謝する会・創立記念式

 先日は、今年度最後の学習参観、学年学級懇談会へお出でいただきましてありがとうございました。このときの学習については、追って書きたいと思っています。
 さて、今週火曜日は、「百々先生、寒河江先生に感謝する会」「創立記念式」の二つの会が行われました。
 百々先生、寒河江先生は長い間、学校医として子供たちの健康のためにご尽力いただきましたが、この度、それぞれの医院を閉院されました。私自身も、子供の頃から、お二人の先生にはお世話になってきました(百々先生は嫌いでした。なぜなら、私が百々先生に会うときは必ず注射されるときだったからです・・・)。百々先生、寒河江先生、長い間本当にありがとうございました。
 当校は今年136歳の誕生日を迎えました。今年の創立記念式では、北京五輪の新体操代表選手であり、当校の卒業生でもある遠藤由華さんからビデオレターをいただきました。輝く先輩からのメッセージを子供たちは真剣な眼差しで聞いていました。
 二つの会が行われたこの日、宿題として作文を課しました。次の三つの中から一つを選んで書くという課題です。

1 百々先生、寒河江先生へ
2 ○○小学校へ
3 遠藤先輩へ

 翌日、子供たちの自学帳に書かれた作文です。

 私は今日の1時間目に、百々先生に会いました。
 私は百々先生がびょういんをやめていらい会っていません。でも、今日の全校朝会で会えてうれしかったです。
 私がかぜをひいたとき、百々先生にえがおでなおしてもらって安心しました。
 私も百々先生にまけないくらい元気でけんこうで生きていたいと思います。
 またきかいがあったら、百々先生に会いたいです。

 百々先生、寒河江先生、私たちのけんこうを見守ってくださってありがとうございました。見守ってくださったので、今年も去年も病気になりませんでした。もともと、体がじょうぶらしいけれど、先生たちのおかげでもあります。
 今年も来年も再来年もかぜやびょうきにならないようにがんばります。
 百々先生や寒河江先生も長生きしてください。

 ○○小学校はすごいと思いました。なぜなら、○○小学校は600人くらいの子供を136年もささえてきたのです。とちゅう、こうずいにもあったらしいです。それでもたおれずに、ずっとたっていられるなんてすごいと思いました。
 それから、○○小学校の先ぱいたちや先生方もすごいと思いました。今年北京オリンピックに出た遠藤さんなどのすごい人も卒業している学校は少ないと思うし、そういうすごい人を教育してきた先生方もすごいと思いました。
 そして、「ゆめ」をもつことはいいことだと思いました。ぼくも二代目お魚くんになるためにがんばりたいと思います。

 136さいのたんじょう日おめでとうございます。みんなが使いやすくて広いので、学校のおかげでとても楽しいです。
 私は、いちばん最初は学校をきれいにしたいという気持ちがなかったので、そうじをでたらめにやってしまいました。でも、今の私はちがいます。学校をきれいにしたい気持ちがこの1年間でふくらんできたのです。だから、そうじの時間はしんけんにやっています。
 これからもよろしくお願いします。

 遠藤先ぱいへ。オリンピックに出られてすごいと思います。ざんねんながら、メダルは取れなかったそうですが、オリンピックに出て、仲間と楽しくできたのでいいと思います。
 私のゆめは、おわらいげい人になって、みんなを楽しませる人です。
 遠藤さんは、ゆめを本当にしてすごいと思います。私もゆめを本当にしたいです。

 遠藤先輩、オリンピックでした新体操はとてもきれいでした。すばやく動いたり、むずかしいわざをしたりするのがすごいと思いました。とくに、むずかしいわざをしながらすばやく動いたりするのがとってもすごかったです。
 しかし、ざんねんながら1位はとれなかったそうですね。もしも、私がしんさいんだったら、ぜったいに遠藤先輩たちのグループを1位にしますが・・・・。でも、次のロンドンオリンピックにも出場するそうですね。ロンドンオリンピックでもせいいっぱいがんばってください。さいごのむずかしい場面も作ってみてください。期待しています。