修了パーティー

 終業式を前に、昨日「3年生修了パーティー」を行いました。事前に、立候補制で出し物を募り、プログラムを決定しました。次のプログラムです。

1 人間まちがいさがし
2 モノマネ
3 ジェスチャークイズ
4 お魚クイズ
5 魚鳥木
6 なんでもバスケット
7 ちびっこバンド
8 時代劇ムービー

 どの出し物も大いに盛り上がり、爆笑に次ぐ爆笑の中で修了パーティーは終了しました。今日の思い出、そして、今年度1年間の思い出がしっかりと刻み込まれたことでしょう。これを踏み台に、4年生へとステップアップしてほしいと願っています。

 3年1組は、にぎやかで楽しいクラスだと思いました。理由は二つあります。
 一つ目は、テレビのおわらいのマネをする人がいました。筆箱が落ちて、えんぴつが出たときに、えんぴつを入れてくれるやさしい人もいました。
 二つ目は、先生がとてもおもしろかったです。やさしいけれど、本気でおこるとこわかったです。じゅ業の時は、つっこみを入れたり、おもしろいことを言ったりしていたので、楽しかったです。
 3年1組は、とてもおもしろくてやさしいクラスだと思いました。

 わたしにとって、3年1組の教室は、大切なたからものです。
 わけは、おもしろいし、楽しいし、元気で、いい教室だからです。もちろん、先生もです。先生の教える勉強は、とってもおもしろいし、わかりやすくて、「にがて」なのも全部できるようになってよかったです。

 私にとって、3年1組はとても楽しいクラスでした。楽しかった理由は二つあります。
 一つ目は、元気です。私が元気のない時に、友達が元気になる言葉を言ってくれました。すると、元気がなかった気持ちがふきとんで、楽しい気持ちがどんどんわいてきました。だから、私は「楽しいクラスだなぁ」と思いました。
 二つ目は、チームワークです。ドッジボール大会などで1位と2位をとりました。それは、チームワークがよかったからだと思います。その時に、私は楽しい気持ちになりました。だから、このクラスは「いいなぁ」と思いました。
 このクラスがとっても楽しくてよかったです。

 自分にとって3年1組はどんなクラスだったか。お答えします。
 学級通信「WONDER」1号で、そういえば、こんなことを書いていましたね。

 WONDERの意味。「未知・未経験の物事に好奇心を抱く」「不思議に思う」「驚き」「驚くべきもの」「すばらしいもの」「1組だぁ」
 知的好奇心をもち、日々新鮮な驚きを感じながら学校生活を過ごしてほしいという願いを込めて。
(ここまでWONDER1号より引用)


 先生の言ったとおり、3年1組のみんな(37人)は、知的好奇心をもち、日々新鮮な驚きを感じながら過ごしています。ぼくは、そういうWONDERでいっぱいのwonderfulな学級だと思います。

 子供たちのおかげで、私も本当に楽しい1年を過ごすことができました。子供たちに感謝です。そして、1年間のご支援とご協力をいただきました保護者の皆様にも深く感謝申し上げます。ありがとうございました。