文化遺産を守る唯一の全国的な市民団体

文化財保存全国協議会 本文へジャンプ
  和島誠一賞制定の趣旨

 今日、経済を最優先とする開発が地球規模で行われ、それによって各地で環境保全が大きな課題になっています。この環境保全と深い関わりをもっている文化財保護、活用および普及活動は、これから歴史環境を保存し、継承するうえで、一層重要なものになると思われます。

 20世紀後半に行われてきた歴史的環境を保存する文化財保存運動の先駆けをなし、また大きな足跡を残した先人の一人として、和島誠一氏があげられます。和島氏は考古学に科学的精神を啓発された方として著名な方ですが、神奈川県三殿台遺跡などの遺跡保存を積極的に進められたことをはじめ、文化財保護思想の普及を広く提起し、また積極的に実践を行ったことが高く評価されています。

 文化財保存全国協議会では、このたび和島氏が遺された文化財保護思想の遺産に深く学びながら、21世紀に文化財保護、活用および普及がさらに飛躍的に発展するという期待を込めて、「和島誠一賞」を制定し、広く地球的規模で文化財保護、活用および普及の発展をはかることにいたします。

  和島誠一賞 表彰者・団体の紹介

和島誠一賞には、個人の部と団体の部があり、毎年個人1名、団体1団体が表彰されます。

   個人賞  団体賞
第1回(2000年) 直木孝次郎氏 大分県文化財保存協議会 
第2回(2001年) 佐古和枝氏 田和山を見る女性たちの会、田和山文化財訴訟弁護団 
第3回(2002年) 佐原 真 氏  皇子山を守る会
第4回(2003年) 門脇禎二氏  奈良世界遺産市民ネットワーク 
第5回(2004年) 吉田 晶 氏 文化財フォーラム愛媛
文化財保存新潟県協議会 
第6回(2005年) 甘粕 健 氏 乙訓の文化遺産を守る会
山科本願寺寺内町を考える市民の会 
第7回(2006年) 永井路子氏 国史跡八王子城とオオタカを守る会 
第8回(2007年) 峰岸純夫氏
宮川 徏 氏
松代大本営の保存をすすめる会 
第9回(2008年) 小泉 功 氏
戸沢充則氏 
吹田操車場遺跡・明和池遺跡の保存と活用を考える市民の会
第10回(2009年) 今井 堯 氏 緑と教育と文化財を守る会
安房文化遺産フォーラム 
第11回(2010年) 石部正志氏
浜田博生氏
団体の部該当なし 
第12回(2011年) 椎名慎太郎氏 NPO法人宮城歴史資料保全ネットワーク 
第13回(2012年) 田中義昭氏
毛利和雄氏
難波宮址を守る会 
第14回(2013年)  江永次男氏 高速道路から世界遺産・平城京を守る会
第15回(2014年)  大竹幸恵氏 ふくしま歴史資料保存ネットワーク 
第16回(2015年)  近藤英夫氏 陸平をヨイショする会
第17回(2016年) 宍倉 昭一郎氏 鞆の浦の世界遺産登録を実現する生活・歴史・景観保全訴訟団
第18回(2017年)  小井修一氏
藤並行三氏

鷲城・祇園城の保存を考える会
第19回(2018年) 都出 比呂志氏  高尾山古墳を守る会 
   文化財保存全国協議会