団体紹介

ホーム>団体紹介

チャイルドケアってどんな団体?




 社会の変化や厳しい経済情勢の中で子どもが犠牲者となる痛ましい事件が続発しています。
「子育て」が「孤育て」とならないための社会の仕組みが必要です。
「子どもは社会の子」であることを保障する政策が求められています。 平成11年月、子どもたちがたくさんの大人に可愛がられてゆったりと育つことができるように、親だけに子育てを負わせないでまわりが支えていけるような仕組みがつくれないかと、子育ての現役、子育てが一段落したママたちの有志が集まりました。大和市をはじめとする行政や民間の子育て支援事業の状況を調査することから始め、どのような子育て支援が必要とされているのかを話し合いました。
集まったメンバーは、自分の経験や周囲の状況から、ご近所のたすけあい的な子育て支援の必要性を強く感じていました。
そこで、当時、すでに他市で始まっていた「ファミリーサポートセンター」の仕組みを参考に、メンバー全員が運営に参加し、責任をもつ「ワーカーズ・コレクティブ」の方式で支援組織をつくることにしました。
また、活動の社会的責任や法的責任を考慮し、「特定非営利活動法人」として法人化することにしました。
「子ども」のために子育てを支援するのですから、名前はもちろん「チャイルドケア」となりました。





      




ページトップへ


チャイルドケアの年表

平成11年 07月 有志による「子育て支援チーム」発
平成12年 04月 設立準備会発足
サービス活動開始
09月27日 設立総会 ワーカーズ・コレクティブチャイルドケア誕生
11月 機関紙第1号発行
12月 第1回研修会実施
平成13年 01月22日 「特定非営利活動法人」として法人化
第1回交流会開催
平成16年 04月 大和市協働事業「子育てサポート事業」となる
大和市ひとり親家庭子育て短期支援的事業」を受託
平成17年 03月 5周年記念誌発行
平成18年 01月 5周年記念お茶の会開催
平成19年 08月 「大和市育児支援家庭訪問事業」を受託 (平成22年度より「大和市養育支援訪問事業」と改称)
10月 大和市つどいのひろば「こどもーるつきみ野」事業運営委託
平成21年 10月 事務所開設
平成22年 10月 親子の居場所「ちゃいるど広場事業」をスタート
平成23年 10月 「大和市ファミリーサポートセンター事業」を受託
 平成27年  5月  ファミリーサポートセンターにおいて病児緊急対応強化を開始
 平成27年  11月  新事務所移転
 平成27年  11月  大和市つどいのひろば「こどもーる高座渋谷」事業運営委託


ページトップへ