内視鏡検査



 胃や大腸の中を内視鏡(カメラ)で観察する検査です.潰瘍やポリープおよび癌を見つけることができます.

 胃の検査は当日の絶食だけで受けることが出来ます.大腸の内視鏡検査の場合は,腸の内容をすべて出すための処置が必要になります.つまり強い下剤を飲む必要があります.

 検査に伴う苦痛は,人によって大きく違いますから経験者の話は必ずしも参考にはなりません.検査に伴う苦痛が非常に強い場合,安定剤を注射することによって比較的楽に検査を行う方法もあります.



胃カメラとは?

・・・・・

大腸ファイバーとは?

・・・・・

ホームへ