Nikon SLRs

Nikon F

 59年に発売されたニコンFは本格的な一眼レフシステムカメラとしてニコンの名声を一気に確立したカメラです。それまで主流だったドイツ製カメラを追い抜いて日本製カメラが世界を席巻する重要なきっかけになったことは間違いありません。
 他方で、ニコンFがレンジファインダーニコンの最高峰であるニコンSPを大幅に改造して設計されたことは広く知られています。ボディの構造はニコンSPのマウントをはずし、ミラーボックスをそのまま組み込んだ形をしていますし、巻き上げレバー、巻き戻しクランク、裏蓋などニコンSPの部品をほとんどそのまま流用しているのは一目瞭然です。特に、ニコンFのシャッターボタンはボディ背面に近いところにあり、必ずしもレリーズしやすい訳ではない(というか、はっきり言ってなれないとシャッターを切りにくい)のですが、これにたいするニコンの説明は「ニコンS〜SPユーザーの混乱を避けるためにあえてそのままの位置にした」というものらしいです。頑固なニコンらしいお話です。
 もっともこのシャッターボタンの位置は、そもそもバルナックライカが採用しているもので、それが延々受け継がれて来たわけです。従って、バルナックライカを振り回している分には、ニコンFとはいえそれほど違和感なく使え、心配はありません。むしろニコンF(F2)のシャッターボタンの問題点はフィルム巻き戻し切り替えリング(ARリング)が結構深いのでなかなかボタンそのものが押しにくい点です。これはソフトレリーズシャッター(AR-1)を取り付けると改善されますがそのスタイルがいいかどうかについては意見の分かれるところです。ちなみにこのソフトレリーズシャッター(AR-1)はまだ新品在庫が手に入るところはいかにもニコンらしいところで、オリジナルとはすこしタイプが違いますが、ストロボシューアダプターなどとともに必要最小限のアクセサリーがいまだに新品で手に入るのはニコンがこのFシリーズにかけているプライドがなみなみならぬものであることを感じさせます。

 ニコンFを握りしめると、その角張ったボディがすこし手に痛いような感じをうけます。また、巻き上げレバーはムクの削りだしなので何度も巻き上げていると指が痛くなってくることもあります。しかし、機械が機械らしかった頃の力強いデザインは今でも新鮮です。

 このFはごらんの通り、ブラック仕上げもかなり剥げ剥げのアイレベルボディ。ボディ番号730万台のFでもかなり後期のものです。ボディに彫られたニコンマークもいわゆる日本光学の亀の子マーク(Nippon Kogaku Tokyo)ではなく単にNikonと彫られています。他方で、アメリカなどでFアポロ仕様といわれる、巻き上げレバー、セルフタイマーなどに後述のF2の部品を用いた最終形のものでもなく、いわばどこにでもあるふつうのボディです。

 しかし、このボディはごらんの通り特に底蓋を中心にブラックペイントがかなり剥げており、またペンタプリズムの稜線の一カ所にぶつけた後があり、このため正面のFマークがある面が少しへこんでいるなど、相当使い込まれた様子がうかがえます。それにも関わらず銀座のニコンSCでOHしたこともあり、メカ的には絶好調で往時のニコンの工作精度の良さが伺えます。

 ニコンFの大きな特徴としては、そのシャッターがチタン幕であるにもかかわらず、シャッター音がかなり小さいことが上げられます。特にミラーアップをした場合のシャッター音は特筆すべき静寂さです。後のF2,F3,では幕速が上がったためか、このような奥ゆかしいシャッター音は聴かれなくなってしまいました。(もっとも、シャッター音が静かとはいっても、最近のAF一眼レフなどに比べると遙かにやかましく、ライカなどとは比べるべくもありませんが)ただし、ミラーアップするためには、レンズマウント横のミラーアップレバーを操作し、シャッターを一枚切らねばならず、なんともフィルムがもったいない仕様になっています。これを嫌って別途ミラーアップ用のボタンを付けた改造機(特にアメリカのジャーナリスト用には多いらしい)も見かけることがあります。<p> ニコンFは15年あまりにわたり製造され、F2にバトンタッチしますが、ニコンが作り上げた最初の一眼レフだけあって、その気合いの入れ具合というか作りの良さは今でも十分感じることのできる名機だと思います。

 インターネットオークションで4万円ちょっとで落札したボロ黒ニコンF。プロの酷使にでも耐えたのか、ブラックペイントの下の真鍮がかなり出ていますが、縁あってアメリカから里帰りしたこのボロニコンを大切にしていこうと思います。


Nikon F2/A

 ニコンのフラッグシップとしては比較的寿命の短かったF2は、最後のオールメカニカルカメラであり、メカニカルカメラとしてとしても最上の機種だと思います。アメリカあたりでは、「最高のメカニカルカメラ」などと評されているようですが、その評判は決して嘘ではないと思います。

 あの名機ニコンFを引き継ぐ機種として、F2は最初から完璧を期待されたようで、F2の初期故障が響きFからの乗り換えが遅れたという話は有名です。アイレベルファインダーに次々増築する形で測光をシステムを乗せていったFと違い、F2のボディは最初から露出計を組み込んだファインダーとの連携を十分考慮して設計されており、無駄がありません。技術の進歩に従ってファインダーを交換するだけで最新の測光システムが可能となるシステムはなかなかのもので、F2にはアイレベルファインダーの他に数多くのフォトミックファインダーが用意されていきます。

 私のF2はボディ番号から74年製ということがわかりますが、ファインダーは77年にニコンがAi(Auto Indexing)方式のレンズを導入した際に発売されたAファインダーです。このファインダーは、Aiレンズ対応となっており、これまでレンズ鏡胴につけてある「連動つめ」(豚の鼻、またはかにの爪)を用いずに、レンズの絞りリングにセットされた爪の位置により開放f値と絞り込み値がボディ側に伝達されるようになました。このAi方式の導入によってそれまでレンズ交換時に必要だった「儀式」(レンズの絞りリングを一往復させ開放絞り値をセットすること、いわゆる「がちゃがちゃ」)が不要となりました。(それ以降もニコンは「豚の鼻」をつけるサービスを行うとともについ最近までは旧レンズのAi対応改造も引き受けるなど、旧機種ユーザーを大切にしてきており、その姿勢には大変好感が持てます)

 中央重点測光のフォトミックAファインダーはなかなか正確で、露出計の感度もかなり高いと思います。また、測光範囲もそれまでのニコマート系とほぼ同じで、たとえばFE2などと同時に使っても違和感がありません。なお、フォーカシングスクリーンは、F3用のものに交換してあり、F2オリジナルのものより明るくピント合わせが楽になっています。(この場合、フィルム感度設定リングを調整する必要がありますが、これはフィルム感度設定ダイアルの位置をずらせばできるのでドライバー一本で簡単にできます。)もっとも、F3のファインダー光学系はさらに改善が図られているようでF2+F3ファインダーよりもF3のファインダーの方がかなり明るく感じます。

 ちなみに、ニコンFシリーズのフォーカシングスクリーンはサイズが同じなのでF2のスクリーンの枠にF3のスクリーンを入れることができるほか、F2にF3のスクリーンを前後逆にして装填する事もできます。

 ファインダー(Aファインダー)内には、シャッター速度と+−の適正露出を示すメーターと光学的に読みとられるレンズの絞り値が表示されます。露出計のメーターは、表示される+−の範囲が狭い一方で、露出計の感度がかなり敏感なため、露出のずれが大きい場合、どれだけずれているのかがFE2のメーターの様には直感的には分からない点が不便です。また、これはマニュアルのニコンに共通の問題なのですが、レンズ絞りリングに記された絞り値を光学的にファインダー内に表示させるアイデアは悪くないのですが、いかにニコンの光学技術をもっても場合によってはこの絞り値が読みにくく、さらに「豚の鼻」がついているf4〜f5.6あたりの値は陰になってしまいさらに読みにくくなっています。F3に比べてもこの絞り値の表示はかなり小さく、よく目を凝らさないと見えない場合があります。また、F2に特有の問題としては、ファインダーがかなり前に出っ張っているので絞り表示がその陰になって暗くなる場合があり、いずれにしても絞り値を読むのは少々たいへんです。

 シャッターはニコン伝統のチタン幕の横走りシャッターで1秒から1/2000秒まで。幕速が上がったのでシンクロX接点は1/80になっています。さらに機械式のセルフタイマーを併用すれば10秒から2秒までの長時間露光も可能になっています。また、滅多に使うことはないのですが、1/80〜1/2000では中間シャッター速度も使えるという凝った作りのシャッターです。

 ただ、幕速をあげるためか、シャッターテンションがFに比べても高くなっているようで、シャッター動作音がパタン、パタンと大変にぎやかです。この点はちょっと気に入らないのですが、横走りシャッターとしては最高速度である1/2000秒を正確に出すためには仕方ないのかもしれません。
 メカニカルで動作し、きわめて頑丈なこのF2もその重さには辟易します。一日首からぶら下げていると疲れてしまいます。しかし、この頑丈さがうむ安心感がうれしいカメラです。



Nikon F3HP

 今やメインの一眼レフとなっているF3。最初は「F2も買っちゃったしF3まではねぇ」などと言っていたのですが、やっぱり最新型?のカメラはいい!。電磁レリースの頼りなさも、最後でいささか力が抜けるような感じの巻き上げもなれればなかなかの使い勝手です。

 ただ、あの露出計というかシャッタースピードのデジタル表示はいただけません。どうせならバーグラフにしてもらえたら・・・百歩譲ってもどうしてAEのときにシャッター速度が無段階に変わっているのに表示は倍数系列なんだ!せっかくのデジタル表示がもったいないと思うのは私だけでしょうか。

 シンクロスピードが1/80と今ではいささか心許ないことと、AEロックすると指がつりそうになったり・・・文句はいっぱいあるのですがやはりニコンのフラッグシップを使っているという安心感があります。それと何よりもクリアーなファインダー。同じファインダースクリーンを入れていても上のF2と較べると絞りで1段から2段近く明るくくっきりと見えます。

 で、ここ一発、という写真はほとんどF3で撮る羽目になっていますが、なんだかうれしいんだか悲しいんだか・・・頼りになるカメラであることは確かです。

 とうとうニコンからF3生産中止の正式発表がありました。これまでも特殊仕様のモデルから始まり、F3チタン、F3アイレベルと次々にカタログ落ちしていき、とうとうF3HPのみが生産されていましたが、これも2001年春までですべて終了する、最後に4000台を生産する、というのがニコンから発表されました。

 インターネット上ではしばらく前から「F3製造中止」のうわさが飛び交っていましたが、ついに来るべきものが来てしまったという感じですね。すでに東京の大手量販店からはF3の在庫が切れだしている、という噂もききます。

 露出計、AEまわりの電子基板は80年にF3が発売になったときからほとんど変更されていないといわれており、そのカスタムICの確保が難しくなったのは容易に理解できます。また、AF化が一気に進み、F3の売り上げもここ数年はそれほどの数ではなかったということも製造中止の理由だということはよくわかるのですが、それらをすべてふまえた上でも、「Fひと桁」シリーズから完全にマニュアルフォーカスカメラが消えていくのは寂しいものがあります。これにより、最近つぎつぎにディスコンになっているMFレンズの整理が一層進むのでしょうか・・・写真を始める人、とくに若い女性の間で完全マニュアルのnewFM2が人気だと言われている中、これは大変残念なことだと思うのですが・・・と別のページでも書きましたが、とうとうFM2も製造中止になってしまいましたが、ニコンのマニュアル一眼レフの系譜はどうやらFM3Aに引き継がれたようでこれはこれでよかったのかも知れません。