/ メニューの先頭へ / メニューの 「魏志倭人伝」 の項へ

三國志 魏書 卷三十 東夷伝 倭人  (魏志倭人伝) 読み下し


 倭人は帯方東南大海の中に在り、山島によりて國邑をなす。もと百余國。漢の時に朝見する者あり。今使訳通ずる所三十國。

 郡より倭に至るには、海岸にしたがいて水行し、韓國をへて、しばらく南し、たちまち東し、その北岸狗邪韓(gou3.xie2.han2/ku.sa.han)國に到る。

 七千余里にしてはじめて一海を度る。千余里にして対海
(
dui4.hai3/tae.hae)【馬】國に至る。その大官を卑狗(bei1.gou3/pi.gou)といい、副を卑奴母離(bei1.nu2.mu3.li2/pi.no.mo.rii)という。居する所絶島にして、方四百余里ばかり。土地山険にして、深林多く、道路は禽鹿の径の如し。千余戸あり。良田なく、海物を食して自活し、船に乗りて南北に市糴す。

 また南に一海を渡ること千余里(名を瀚海(han4.hai3/han.hae)という)にして一大(yi1.da4/ir.tae)國に至る。官をまた卑狗(bei1.gou3/pi.gou)といい、副を卑奴母離(bei1.nu2.mu3.li2/pi.no.mo.rii)という。方三百里ばかり。竹木叢林多く、三千ばかりの家あり。やや田地ありて、田を耕せどもなお食するに足らず、また南北に市糴す。

 また一海を渡ること千余里にして末廬(mo4.lu2/mar.ryo)國に至る。四千余戸あり。山海に浜いて居す。草木茂盛し、行くに前人を見ず。よく魚鰒を捕え、水深浅となく、皆沈没してこれを取る。

 東南、陸行五百里にして、伊都(yi1.dou1/i.to)國に到る。官を爾支(er3.zhi1/i.ji)といい、副を泄謨觚(xie4.mo2.gu1/seor.mo.?)柄渠觚(bing3.qu2.gu1/pyeong.keo.?)という。千余戸あり。世に王ありて、皆女王國に統属す。郡使の往来常に駐まる所なり。

 東南、奴(nu2/no)國に至るには百里。官馬觚(si4.ma3.gu1/?.ma.?)といい、副を卑奴母離(bei1.nu2.mu3.li2/pi.no.mo.rii)という。二万余戸あり。

 東行して不弥(bu4.mi2/pu.mi)國に至るには百里。官を多模(duo1.mo2/ta.mo)といい、副を卑奴母離(bei1.nu2.mu3.li2/pi.no.mo.rii)という。千余家あり。

 南、投馬國に至るには水行二十日。官を彌彌(mi2.mi2/mi.mi)といい、副を彌彌那利(mi2.mi2.na1.li4/mi.mi.na.rii)という。五万余戸ばかり。

 南、邪馬壹(xie2.ma3.yi1/sa.ma.ir)【臺】國(女王の都する所なり)に至るには水行十日、陸行一月。官に伊支馬(yi1.zhi1.ma3/i.ji.ma)あり、次を彌馬升(mi2.ma3/mi.ma.seung)といい、次を彌馬獲支(mi2.ma3.huo4.zhi1/mi.ma.hoek.ji)といい、次を奴佳(nu2.jia1.di1/no.ka.?)という。七万余戸ばかり。


 女王國より以北はその戸数・道里を略載し得べきも、その余の旁國は遠絶にして詳かにするを得ず。

 次に斯馬(si1.ma3/sa.ma)國あり、次に已百支(ye3.bai3.zhi1/i.paek.ji)國あり、次に伊邪(yi1.ye2/i.sa)國あり、次に郡支(jun4.zhi1/kun.ji)國あり、次に彌奴(mi2.nu2/mi.no)國あり、次に好古都(hao3.?.dou1/ho.ko.to)國あり、次に不呼(bu4.hu1/pu.ho)國あり、次に姐奴(jie3.nu2/jeo.no)國あり、次に対蘇(dui4.su1/tae.so)國あり、次に蘇奴(su1.nu2/so.no)國あり、次に呼邑(hu1.ye4/ho.eup)國あり、次に華奴蘇奴(hua1.nu2.su1.nu2/hwa.no.so.no)國あり、次に鬼(gui3/kwi)國あり、次に爲吾(wei2.wu2/wi.o)國あり、次に鬼奴(gui3.nu2/kwi.no)國あり、次に邪馬(ye2.ma3/sa.ma)國あり、次に躬臣(gong1.chen2/kung.sin)國あり、次に巴利(ba1.li4/pha.rii)國あり、次に支惟(zhi1.wei2/ji.yu)國あり、次に烏奴(wu1.nu2/o.no)國あり、次に奴(nu2/no)國あり。これ女王の境界の尽くる所なり。

 その南に狗奴(gou3.nu2/ku.no)國あり、男子を王となす。その官に狗古智卑狗(gou3.?.zhi4.bei1.gou3/ku.ko.ji.pi.ku)あり。女王に属さず。


 郡より女王國に至るには万二千余里。

 男子は大小となく、皆黥面文身す。古より以来、その使中國にいたるや、皆自ら大夫と称す。

 夏后少康の子、会稽に封ぜられしに、断髪文身し、もって蛟竜の害を避く。

 今、倭の水人、よく沈没して魚蛤を捕え、文身し、またもって大魚・水禽を厭わせしも、後やや以て飾りとなす。諸國の文身各々異り、あるいは左にあるいは右にし、あるいは大にあるいは小に、尊卑差あり。

 その道里を計るに、まさに会稽東治【冶】の東にあり。

 その風俗淫ならず。男子は皆露し、木緜を以て頭に招ぐ。その衣は横幅にして、ただ結束して相連ね、ほぼ縫うことなし。婦人は被髪屈(ひはつくっかい)し、衣を作ること単被の如く、その中央を穿ち、頭を貫きてこれをきる。

 禾稲
(かとう)・紵麻(ちょま)をうえ、蚕桑緝績(さんそうしゅうせき)し、細紵(さいちょけんめん)をいだす。その地には牛・馬・虎・豹・羊・鵲なし。兵には矛・楯・木弓を用う。木弓は下を短く上を長くし、竹箭はあるいは鉄鏃、あるいは骨鏃なり。有する所、擔耳・朱崖と同じくは無し。

 倭の地は温暖にして、冬夏生菜を食す。皆徒跣。屋室ありて、父母兄弟、臥息処を異にす。朱丹を以てその身体に塗る、中國の粉を用うるが如きなり。食飲には豆を用い手食す。

 その死には棺あるも槨なく土を封じて冢を作る。はじめ死するや喪に停まること十余日、時にあたりて肉を食わず、喪主哭泣し、他人就いて歌舞飲酒す。すでに葬れば、挙家水中に詣りて澡浴し、もって練沐の如くす。

 その行来、渡海して中國に詣るには、つねに一人をして頭梳らず蝨を去らず、衣服垢汚、肉を食わず、婦人を近づけず、喪人の如くせしむ。これを名づけて持衰(chi2.suai4/ji.soe)と爲す。もし行く者吉善なれば、共にその生口・財物を顧し、もし疾病あり、暴害に遭えば、便ちこれを殺さんと欲す。その持衰(chi2.suai4/ji.soe)謹まずといえばなり。

 真珠・青玉をいだす。その山に丹あり。その木には・杼・予樟・・櫪・投・橿・烏号・楓香あり。その竹には篠・・桃支。薑・橘・椒・荷あるも、以て滋味となすを知らず。猴・黒雉あり。

 その俗、挙事行来に云爲する所あれば、輒ち骨を灼きて卜し、以て吉凶を占い、先ず卜する所を告ぐ。その辞は令亀の法の如く火を視て兆を占う。

 その会同・坐起には、父子男女別なし。人性酒を嗜む。

 大人の敬する所を見れば、ただ手を搏ち以て跪拝に当つ。その人の寿考、あるいは百年、あるいは八・九十年。

 その俗、國の大人は皆四・五婦、下戸もあるいは二・三婦。婦人淫せず、妬忌せず、盗竊せず、諍訟少なし。

 その法を犯すや、軽き者はその妻子を没し、重き者はその門戸および宗族を没す。

 尊卑各ヽ差序あり、相臣服するに足る。


 租賦を収むるに邸閣あり。國國市ありて有無を交易し、大倭(da4.wo1/tae.wae)をしてこれを監せしむ。

 女王國より以北には、特に一大率(yi1.da4.lu3/tae.ir.sor)を置き、諸國を検察せしむ。(諸國)これを畏憚す。常に伊都(yi1.dou1/i.to)國に治す。國中において刺史の如きあり。

 王、使を遣わして京都・帯方郡・諸韓國にいたり、および郡の倭國に使するや、皆津に臨みて捜露し、文書・賜遣の物を伝送して女王にいたらしめ、差錯するを得ず。

 下戸、大人と道路に相逢えば、逡巡して草に入り、辞を伝え事を説くには、あるいは蹲りあるいは跪き、両手は地に據り、これが恭敬を爲す。対応の声を噫(/)という、比するに然諾の如し。

 その國、本また男子をもって王となし、とどまること七、八十年。倭國乱れ、相攻伐すること歴年、すなわちともに一女子を立てて王となす。名を卑弥呼(bei1.mi2.hu1/pi.mi.ho)という。鬼道につかえ、能く衆を惑わす。年すでに長大なるも、夫婿なく、男弟あり、たすけて國を治む。王となりしより以来、見る者少なく有り、婢千人を以て自ら侍せしむ。ただ男子一人あり、飲食を給し、辞を伝え居処に出入す。宮室・楼観・城柵、厳かに設け、常に人あり、兵を持して守衛す。

 女王國の東、渡海千余里にしてまた國あるも、皆倭種なり。

 また侏儒國あり、その南にありて人の長三、四尺、女王を去ること四千余里。

 また裸國・黒歯國あり、またその東南にありて船行一年にして至るべし。

 倭の地を參問するに、海中洲島の上に絶在し、あるいは絶えあるいは連なり、周旋五千余里ばかりなり。

 景初二年六月、倭の女王、大夫難升米(nan2.sheng1.mi3/nan.seung.mi)等を遣わし郡に詣り、天子に詣りて朝献せんことを求む。太守劉夏、吏将を遣わし送りて京都に詣らしむ。

 その年十二月、詔書して倭の女王に報じていわく、


「親魏倭王卑弥呼(bei1.mi2.hu1/pi.mi.ho)に制詔す。帯方の太守劉夏、使を遣わし汝の大夫難升米(nan2.sheng1.mi3/nan.seung.mi)・次使都市牛利(niu2.li4/u.rii)を送り、汝献ずる所の男生口四人・女生口六人・班布二匹二丈を奉りもって到る。汝がある所はるかに遠きも、すなわち使を遣わして貢献す。これ汝の忠孝、我はなはだ汝を哀れむ。今汝を以て親魏倭王となし、金印紫綬を仮し、装封して帯方の太守に付し仮授せしむ。汝、それ種人を綏撫し、勉めて孝順をなせ。汝が来使難升米(nan2.sheng1.mi3/nan.seung.mi)・牛利(niu2.li4/u.rii)、遠きをわたり、道路勤労す。今、難升米(nan2.sheng1.mi3/nan.seung.mi)を以て率善中郎将となし、牛利(niu2.li4/u.rii)を率善校尉となし、銀印青綬を仮し、引見労賜し遣わし還す。今、絳地交龍錦五匹・絳地十張・絳五十匹・紺青五十匹を以て、汝が献ずる所の貢直に答う。また特に汝に紺地句文錦三匹・細班華五張・白絹五十匹・金八両・五尺刀二ロ・銅鏡百枚・真珠・鉛丹各ヽ五十斤を賜い、皆装封して難升米(nan2.sheng1.mi3/nan.seung.mi)・牛利(niu2.li4/u.rii)に付す。還り到らば悉く録受し、もって汝が國中の人に示し、國家汝を哀れむを知らしむべし。故に鄭重に汝によきものを賜うなり」と。

 正始元年、太守弓遵、建中校尉梯儁等を遣わし、詔書・印綬を奉じて、倭國に詣り、倭王に拝仮し、ならびに詔を齎し、金帛・錦・刀・鏡・采物を賜う。倭王、使に因って上表し、詔恩に謝す。

 その四年、倭王、また使の大夫伊声耆(yi1.sheng1.qi2/i.seong.ki)・掖邪狗(ye1.ye2.gou3/aek.sa.ku)等八人を遣わし、生口・倭錦・絳青・緜衣・帛布・丹・木・短弓矢を上献す。掖邪狗(ye1.ye2.gou3/aek.sa.ku)等、率善中郎将の印綬を壱拝す。

 その六年、詔して倭の難升米(nan2.sheng1.mi3/nan.seung.mi)に黄幢を賜い、郡に付して仮授せしむ。

 その八年、太守王官に到る。倭の女王卑弥呼(bei1.mi2.hu1/pi.mi.ho)、狗奴(gou3.nu2/ku.no)國の男王卑弥弓呼(bei1.mi2..hu1/pi.mi..ho)と素より和せず。倭の載斯烏越(wu1.yue4/o.wor)等を遣わして郡に詣り、相攻撃する状を説く。塞曹史張政等を遣わし、因って詔書・黄幢を齎し、難升米(nan2.sheng1.mi3/nan.seung.mi)に拝仮せしめ、檄を爲してこれを告喩す。

 卑弥呼(bei1.mi2.hu1/pi.mi.ho)以て死す。大いに冢を作る。徑百余歩、徇葬する者、奴婢百余人。更に男王を立てしも、國中服せず。更に相誅殺し、当時千余人を殺す。また卑弥呼(bei1.mi2.hu1/pi.mi.ho)の宗女壹【臺】與(yi1.yu2/ir.?)年十三なるを立てて王となし、國中遂に定まる。政等、檄を以て壱与(yi1.yu2/ir.?)を告喩す。壹【臺】與(yi1.yu2/ir.?)、倭の大夫率善中郎将掖邪狗(ye1.ye2.gou3/aek.sa.ku)等二十人を遣わし、政等の還るを送らしむ。因って台に詣り、男女生口三十人を献上し、白珠五千孔・青大句珠二枚・異文雑錦二十匹を貢す。

 ページ TOP へ