/ メニューへ

* 関連年表 * まだまだ未完成です

日本国内だけでなく、中国大陸や朝鮮半島・東南アジア・シベリアなど、日本を取り巻く広域のなかの「日本」としてダイナミックにとらえたい。
どのようにして日本という国が形作られていったか、この年表がもっと・もっと充実しますように・・・。

紀元 中国 朝鮮半島 日本 できごと ちょっと
 一言
BC 30000 日本各地で石器の製造がさかんとなる。
28000 地球温暖化で海面が上昇し、日本の大部分が大陸から切り離される。
22000 日本でナウマンゾウやオオツノジカなどの大型獣が絶滅。
18000 氷河期が最盛期をむかえ、海面が下降。日本列島は北と西で大陸と地続きとなり、日本海は大きな湖となる。
16000 港川人 沖縄県・具志頭村(ぐしかみそん)・港川遺跡 「港川人」=日本最古の人骨。
11000 氷河期が終わりに近づき、海面が再び上昇。大陸から分断され日本列島の原型が形作られる。
7500 最古の定住集落 鹿児島県・国分(こくぶ)市・上野原(うえのはら)遺跡。 東日本を中心とする縄文人とは別ルート(黒潮ルート)で日本にたどりついた文化圏の人たちだったらしい。
8500 縄文土器 東日本ではじめて押圧縄文・回転縄文の土器が作られ、以後定着する。
5000 縄文ビーナス 長野県・茅野(ちの)市・尖石(とがりいし)遺跡 「縄文ビーナス」(国宝の土偶)が作られる。
4300 鬼界カルデラ 南九州の海底火山 「鬼界カルデラ」 が大噴火を起こし、ふりそそぐ火山灰が日本の気候に影響をおよぼす。
4100 環状配石 長野県・大町市・上原(うわつばら)遺跡 「環状配石」 が作られる。
編布 山形県・高畠(たかはた)町・押出(おんだし)遺跡 「編布(あんぎん)」という一種の編物が作られる。
4000 大珠 翡翠(ひすい)を加工した球状のアクセサリー「大珠(たいしゅ)」が中部地方を中心に大流行。
火炎土器 新潟県・津南(つなん)町・堂平(どうだいら)遺跡 「火炎土器」が作られる。
3200 三内丸山 青森県・青森市・三内丸山(さんないまるやま)遺跡 計画的に建物を配置した縄文集落が発生。
2600 翡翠加工 新潟県・糸魚川(いといがわ)市・長者ケ原(ちょうじゃがはら)遺跡 新潟県西部から富山県東部の姫(ひめ)川を中心とした地域で、硬玉(こうぎょく)=硬度のたかい翡翠を大量加工するムラがあらわれ、各地に供給するようになる。
2000 富山県・小矢部(おやべ)市・桜町遺跡 トチ・クルミなどの堅果類を水にさらしてアクを抜く木組施設が作られる。
1600 (商)王朝成立(?) 考古学的に確認された中国最古の王朝。
1500 中国の青銅器 中国大陸で青銅器の使用が始まる。
  殷の最後の王チュウオウは絶世の美女ダッキの色香にまよい、悪政の限りをつくす。
殷の末期、地方豪族であった周の武帝は父文帝の時代に得た人材太公望の働きによりちからをたくわえていた。
1100 (西周)建国
(殷の滅亡)
周の武帝、牧野(ぼくや)の戦いに勝利して殷を滅ぼす。
1000 朝鮮半島の農耕 朝鮮半島で農耕社会が形成される。
800 縄文の終り 西日本の土器から縄文が消える。
青銅刀子 山形県・遊佐(ゆざ)町・三崎山遺跡 殷の青銅刀子(とうす)=小刀・ナイフが伝わる。
700 遮光器土偶 秋田県・仙北(せんぼく)町・星の宮遺跡 青森県・木造(きづくり)町・亀ケ岡遺跡 遮光器土偶が作られる。
770 春秋時代始まる 異民族の侵入により周の力がおとろえ、群雄自割拠の時代となる。
500 稲作
400 吉野ケ里
403 戦国時代始まる 戦国の乱れた世を憂えて孔子孟子など諸氏百家が輩出。
221 中国統一 群雄自割拠のなかから秦王の、周(東周)を倒して秦の始皇帝となる。
  始皇帝、方士の徐福に命じて東海のかなたにあるとされる不老不死の仙薬を探させる。(徐福伝説)
209 陳勝・呉広の乱 秦の圧政に耐えかねた陳勝呉広が 「王侯将相、いずくんぞ種あらんや」 と反乱を起こす。
  陳勝・呉広の乱を制圧すると称して諸侯が各地に挙兵。
やがて二大勢力となった項羽劉邦がイニシアチブあらそい。
202 (前漢)建国 ガイ下の戦い(四面楚歌)で項羽に勝利した劉邦(漢の高祖)が漢を建国。
195 衛氏朝鮮建国 このころ朝鮮半島では衛満が 衛氏朝鮮 を建国。
108 楽浪郡成立 漢の武帝が衛氏朝鮮を滅ぼし朝鮮半島に 楽浪郡 など4郡をおく。
97     司馬遷 「史記」 成立。
  宦官や外戚の権力抗争により漢の内政が混乱。
37 高句麗建国 朝鮮半島北部に 高句麗 が建国される。
AC 9 始建国元年 建国 漢の外戚の王(モウ)が新を建国。
周の内政を理想とした改革を行うが失敗して各地に反乱が勃発。
25 建武元年 後漢建国 漢の一族劉秀(光武帝)が新を倒して後漢を建国。
57 中元二年   正月・光武帝、「漢倭奴国王」の金印を倭人に授与。
二月・光武帝 没。
82   班固 「漢書」 成立。
  宦官や外戚の権力抗争により後漢の内政が混乱。
107 永初元年 十月・倭国王・ 帥升 らが後漢に朝貢し、安帝 に生口160人を献上する。
150 倭国大乱 後漢書・東夷伝、魏志・倭人伝 「倭国大いに乱れ・・・」と記される。
162 建寧二年 党錮の禁
177 熹平六年
178 光和元年
179 光和二年
180 光和三年
181 光和四年
182 光和五年
183 光和六年
184 中平元年 黄巾の乱 二月・大平道の信者がおこした大反乱が起こる。
    「蒼天すでに死す、黄天まさにたつべし。歳は甲子にあり。天下大吉」
189 中平六年 四月・霊帝 没。
八月・董卓、陳留王 劉協 を擁立(献帝)して長安へ遷都。
200 卑弥呼共立 「倭」の諸国が卑弥呼を女王として共立する。
遼東で後漢の遼東太守公孫度(こうそんたく)が自立。
204 帯方郡の成立 公孫度(こうそんたく)没。子の公孫康が朝鮮半島北部に 帯方郡 を設置。独立の姿勢をしめす。
208 赤壁の戦い 魏の勢力拡大を呉・蜀の連合軍がくいとめ、天下三分の形勢かたまる。
220 建国 魏の曹操没。 曹操の子曹丕(文帝)、魏を建国。後漢滅亡。
221 (蜀漢)建国 漢の一族と称する劉備が蜀を建国。
222 建国 孫権、呉を建国。
226 魏の皇帝曹丕(文帝)没。 明帝が即位。
234 蜀の諸葛亮(しょかつりょう=孔明)五丈原で死去。 これにより孔明の軍団とにらみ合っていた魏の武将司馬仲達の軍団が洛陽に帰還。
238 魏の武将司馬仲達の軍団が遼東に転戦。 公孫淵を滅ぼし、楽浪・帯方両郡を接収する。
239 景初三年 (第一回の使者派遣)  1月 魏の明帝没。 少帝が即位。
 6月 卑弥呼が魏への朝貢を求め、正使難升米、次使都市牛利らを帯方郡に派遣する。
12月 卑弥呼が「親魏倭王」の称号と金印・紫綬・鏡などを授与される。
243 (第二回の使者派遣) 12月 八名の使者を派遣して生口などを献上。 
247 (第三回の使者派遣) 邪馬台国と狗奴国の抗争を訴える。
248 卑弥呼 没 卑弥呼 没。倭国に再び戦乱が起こる。
13歳の少女台与(壱与)が女王に共立され、倭国の戦乱が収まる。
263 蜀滅亡 魏、蜀を滅ぼす。
265 (西晋)建国 魏の武将であった司馬炎、魏から政権を奪って晋を建国。
280 呉滅亡 西晋、呉を滅ぼす。
*** 以下、省略します。

 ページ TOP へ