陳壽(ちんじゅ)。 字(あざな)は承祚(しょうそ)。 巴西安漢の人なり。 少(わか)くして好學、同郡の譙周(しょうしゅう)に師事す。 蜀に仕(つか)えて觀閣令史と爲る。 宦人の黄皓(こうこう)は專ら威權を弄(ろう)し、大臣は皆意を曲げてこれに附すも、壽は獨りこれが爲に屈せず。 これに由りて屢(しばしば)譴黜(けんちゅつ)を被る。 父の喪に遭いて疾有り、婢をして藥を丸せしむ。 客の往きてこれを見、郷黨は以って貶議(えんぎ)を爲す。 蜀の平らぐるに及び、これに坐し沈滯すること累年。 司空の張華(ちょうか)はその才を愛し、以(い)えらく、「壽は嫌に遠からずと雖ども、情を原(たず)ぬれば貶廢(へんはい)に至らず」と。 舉げて孝廉と爲す。 佐著作郎に除せられ、出でて陽平令に補せらる。 蜀相の『諸葛亮集』を撰し、これを奏す。 著作郎に除せられ、本郡の中正を領す。 『魏呉蜀三國志』を撰す。 凡て六十五篇。 時の人、その善く事を敍し、良史の才有りと稱す。

 夏侯湛
(かこうたん)は時に『魏書』を著わすも、壽の作る所を見て、便(すなわ)ち己が書を壞(こぼ)ちて罷(や)む。 張華(ちょうか)は深くこれを善として、壽に謂いて曰く、「當(まさ)に『晉書』を以って相付すのみ」と。 その時の重んずる所と爲すはかくの如し。 或いは云う、「丁儀(ていぎ)・丁(ていよく)は盛名を魏に有す」と。 壽はその子に謂いて曰く、「可(も)し千斛(せんと)の米を覓(もと)めて與(あた)うられれば、當(まさ)に尊公の爲に佳傳を作るべし」と。 丁はこれを與(あた)えず、竟(つい)に爲に傳を立てず。 壽の父は馬謖(ばしょく)の參軍と爲り、謖は諸葛亮(しょかつりょう/
=諸葛孔明の誅する所=『泣いて馬謖を斬る』という有名な出来事と爲るや、壽の父もまた坐して(こん)せらる。 諸葛瞻(しょかつせん/孔明の子はまた壽を輕んず。 壽は亮の爲に傳を立てて、「亮は將略長にあらずして、敵に應ずる才無し」と謂い、「瞻(せん)は惟(た)だ書に工(たく)みなるも、名はその實に過ぐ」と言う。 議者はこれを以ってこれを少なしとす。

 張華
(ちょうか)は將(まさ)に壽を舉げて中書郎と爲さんとするも、荀勖(じゅんきょく)は華
=張華を忌みて壽=陳壽を疾(にく)む。 遂に吏部に諷して壽を遷して長廣太守と爲すも、母の老たるを辭して就かず。 杜預(どよ)は將に鎮に之(ゆ)かんとするや、またこれを帝に薦め、「宜(よろ)しく黄散に補すべし」と。 これに由りて御史治書を授けれるも、母の憂(も)を以って職を去る。 母は遺言して洛陽に葬らしめ、壽はその志に遵(した)がう。 また母を以って歸葬せざるに坐し、竟(つい)に貶議(ほうぎ)を被る。 初め、譙周(しょうしゅう/前出。陳壽の師は嘗て壽に謂いて曰く、「卿は必ず才學を以って名を成さんも、當(まさ)に損折(そんせつ)を被らん。また不幸に非ずや。宜しく深くこれを慎しむべし」と。 壽のここに至り、再び廢辱に致るは、皆周の言の如し。 後、數歳。 起ちて太子中庶子と爲るも、未だ拜さずして、元康七年、病に卒す。 時に年六十五。

 梁州大中正・尚書郎の范頵
(はんきん)等は上表して曰く、「昔、漢の武帝は詔して曰く、『司馬相如(しばしょうじょ)は病い甚だし。悉くその書を取らしむべし』と。使者はその遺書を得るに、封禪の事を言う。天子は焉(これ)を異とす。臣等案ずるに、故(もと)の治書侍御史の陳壽は『三國志』を作り、辭は勸誡多く、得失に明らかなれば、風化に益有り。文艷は相如に若(し)かずと雖ども、而して質直はこれに過ぐ。願わくは採録を垂れんことを」と。 ここに於いて詔して河南尹・洛陽令に下し、家に就(ゆ)きその書を寫(うつ)さしむ。 壽はまた『古國志』五十篇・『益都耆舊傳』十篇を撰す。 餘の文章も世に傳わりたり。


/// ページ TOP へ ///