Jelena Dokic Tour Results: Interviews

Special Interview with Jelena Dokic
by Misumi Miyauchi (Former tennis player)

"T.Tennis" Monthly Magazine - Issue No.19-12 (#224)
Tokyo, Japan
01 December, 2000
Published by Gakusyu-Kenkyusya

----------------------------------------------------------------------

宮内美澄の「いいモノ交遊録」特別編
  ゲスト/エレナ・ドキッチ
  撮影/村上 航

-------------------------------------------------------------------------------
 99年ウインブルドンでいきなりベスト8進出を果たして以来、世界中から一気に注目を集める
存在となったエレナ・ドキッチ。
 美しい金色の髪をなびかせて、「プシュ」という発音とともにパワフルなショットを打ち込む。
この力強いストロークを武器に、戦国時代と呼ばれる女子テニス界で活躍し続ける彼女にとってお
気に入りのモノとは何か? また、彼女のテニス観についても語ってもらった。
-------------------------------------------------------------------------------


 ファンからもらったヘアピンはお気に入りのデザイン

 セリーナ・ウイリアムス、モニカ・セレス、ジュリー・アラール・デキュ
ジスといった世界の強豪が参戦した「トヨタプリンセスカップ」。エレナ・
ドキッチもこの大会に出場するため、1年振りの来日となった。長く美しい
ブロンドの髪、力強いハードヒット、そしてあの負けん気の強さは相変わら
ずのままだ。少しスレンダーになり、顔も大人び、また一段と魅力的な選手
として成長したドキッチ。17歳の少女の”今”について話しを聞くことに
した。


宮内:素敵なヘアピンをしているのね。

ドキッチ:ありがとう。これ日本に来てファンの人からもらったものなの。
見たらすごくかわいいデザインだったから、気に入って、そのまま付けてい
るのよ。

宮内:ファンの人からもらったモノってすぐ身に付けたりするの?

ドキッチ:うん、気に入ったら付けたりしてるわ。

宮内:じゃあ、今付けているネックレスやピアスもファンからの贈り物?

ドキッチ:ううん、これは違う。ニューヨークで自分で買ったの。

宮内:日本にはもう何回か来ていると思うけど、日本の印象はどうですか?

ドキッチ:とてもいいわ。

宮内:日本食は好き?

ドキッチ:ううん、嫌い(笑)。お寿司を何度かチャレンジしたんだけど、
どうしても好きになれないの。

宮内:じゃあ、好きな食べ物は?

ドキッチ:結構何でも好きかな。パスタとかよく食べるし・・・・・・。

宮内:じゃあ、今日の夜は何を食べる予定?

ドキッチ:何も食べないわ。

宮内:えっ! 何も食べないの。

ドキッチ:うん、フルーツくらいかな。それでも私にはちょっとヘビーかも。
日中にすごくいっぱい食べるから夜は食べないの。夜ご飯を食べると消化す
るのに時間がかかって、お腹が重くて眠れなくなるから。

宮内:1日何回食べているの?

ドキッチ:あっ、でもちゃんと3回は食べているのよ。夜には食べないだけ。

宮内:私が現役のときは夜食もいっぱい食べたなぁ。選手って皆何かしらジ
ンクスを持っているけど、あなたはどう?

ドキッチ:まず、試合の中でコートのラインを踏まないようすること。それ
から勝ったときと同じラケットを使って、同じウエアを着るようにしている
の。まるっきり同じのを着たいからホテルのバスルームで自分の手で洗って
部屋に干して乾かして、それで着て行くようにしているの(笑)。

宮内:私もツアーを回っていたときは、自分でよくウエアを洗濯したわ。試
合の中でプレッシャーを感じたときはどうしているの?

ドキッチ:私プレッシャーを感じたことないの。

宮内:ホントにぃ?! 例えば、今回のトヨタプリンセスでも、あなたより
若くて、ランキングが下の選手が全力でぶつかってくる試合があったでしょ。
そういう選手と当たるとき「勝たなきゃ」という気負いから、プレッシャー
とか感じたりはしないの?

ドキッチ:相手に自分のほうがランクが上だと思われているのって、何か気
分がいいじゃない。「勝たなきゃ」と思うとプレッシャーになるだけでしょ。
だから、そういう考え方はしないようにしているの。

宮内:すごい。やっぱりメンタルトレーニングとかしている?

ドキッチ:いいえ、全然してないわ。

宮内:少し、テニスのことについて聞きたいのだけれど、今女子のテニス界
はものすごいハードヒッターが増えてきているじゃない。その中であなたが
勝ち上がっていくには何が大切だと思っている?

ドキッチ:私は特にリターンがどうとかいうのではなくて、グランドストロ
ークでの安定性が大切だと思うの。いかに安定したグランドストロークで自
分のプレーを展開していけるかが勝負を左右するんだと思っているから。

宮内:なるほど。では、あなたが今後もっと成長していくには何が必要だと
思う?

ドキッチ:サーブをよくすることね。あとリターンの確率を上げて、もっと
ネットに出るようにしたほうがいいと思ってるわ。それからストロークでは
もっとドロップショットをミックスしなきゃとも考えているの。

宮内:最近ダブルスの試合によく出るようにしているのは、ネットプレーを
磨くため?

ドキッチ:ええ、そう。ダブルスに出ることでネットはもちろんだけど、サ
ーブやリターンの練習もできるから。

宮内:ダブルスのパートナーを組むのに特に気が合う選手とかはいる?

ドキッチ:う〜ん。基本的にダブルスは自分のシングルスを向上させるため
にチャレンジしているものだから、組む相手は誰でもいいの。そうね。最近
は(ジェニファー・)カプリアティーと練習することが多いから、彼女とペ
アを組むことが多いかな。

宮内:練習は1日どのくらいしているの。

ドキッチ:1日3時間くらい。

宮内:えっ、3時間。じゃあ、ウエートトレーニングは?

ドキッチ:してないの。別にやってもいいんだけど、試合の前とか疲れちゃ
うし。

宮内:じゃあ試合が無いときは何をしているの。

ドキッチ:う〜ん、特に何もしてないかな。前にゴルフをやったことがある
んだけど、スコアが悪かったからもうやらないの。

宮内:トーナメントで好きな大会ってある?

ドキッチ:やっぱりウインブルドン。すごくオーガナイズされているし、応
援してくれる人が多くいるから。

宮内:芝は好き?

ドキッチ:ええ、芝は好き。速いコートの方がストロークのタイミングが合
うから私は好きなの。

宮内:今回のトヨタプリンセスには(マルチナ・)ナブラチロワも出場して
いるけど、彼女のような偉大な選手と接する機会を得てどう?

ドキッチ:色々勉強になるわ。多分ナブラチロワはものすごくテニスを愛し
ている人だと思うの。プロになるくらいなんだから、テニス選手は皆テニス
を愛しているんだけど、その愛する気持ちを長く持続させることが皆なかな
かできないんだと思うの。でも、ナブラチロワはずっと長い間テニスを愛し
続けて、それを今も持続しているでしょ。それはスゴイと思う。

宮内:あなたも彼女のように長くプレーしていこうと思っている?

ドキッチ:今はまだ分からないわ。

宮内:あなたにとって、将来の夢は何?

ドキッチ:もっとテニスでランキング上げて、その後は結婚して暖かい家庭
を作ること。普通の人たちと同じような夢なの(笑)


「縁起を担ぐため、自分のウエアをホテルで手洗いするの」(ドキッチ)

-------------------------------------------
コラム「今月のいいモノ」

ファンからもらったアクセサリーは、気に入れば大会中ずっと
身につけることが多いのだとか

----------------------------------------------------------------------
The interview article quoted from the T.Tennis Magazine.

Back