小児・出席停止

出席停止期間・出席停止基準について 

院長写真

こどもの病気が広がるのを防ぐため、学校など集団生活をする施設に通っている場合には、病気によっては出席停止となります。

臨時休業・学級閉鎖・休校は伝染を阻止するために行われます。この権限は学校の設置者(市など)にあり、学校長に委任されている場合がほとんどです。しかし、学級の欠席率や罹患率が何パーセントを超えたから休業にするといった基準はありません。あまり数字にこだわると臨時休業の時期を失い、感染拡大につながることもあるからです。

学校感染症における
第1種には、感染症新法に規定された第一、第二類感染症が相当します。
第2種には、学校という集団生活を送る上で保健上重要と考えられる伝染病が分類されています。
第3種には、腸管出血性大腸菌感染症・流行性角膜結膜炎・ 急性出血性結膜炎が分類されています。
さらに、必要があれば学校が出席停止にできる第三種のその他の感染症があります。

学 校 感 染 症 の 種 類

  学校感染症は、「学校において予防すべき感染症」として「学校保健安全法」に定められた感染症のことをいい、次の3種類に分類されています。

 ◆第1種《 発生はまれだが重大な感染症 》
感染症予防法により、発症すると入院・治療し、完治するまで退院できないので、その間は登校できません。
   エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、
   ラッサ熱、急性灰白髄炎、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(SARSコロナウイルス性のもの)、中東呼吸器症候群(病原体がベータコロナウイルス属MERSコロナウイルスであるものに限る)、鳥インフルエンザ(H7N9型)

 ◆第2種《 放置すれば学校で流行が広がってしまう可能性がある飛沫感染する学齢期の主要な感染症 》
学校に届け出て、定められた出席停止期間に従って、医師の登校許可が出るまで家庭で安静にします。
   インフルエンザ(鳥インフルエンザ等を除く) 、百日咳、麻疹、流行性耳下腺炎、風疹、水痘、咽頭結膜熱、結核及び髄膜炎菌性髄膜炎

 ◆第3種《 飛沫感染が主体ではないが、放置すれば学校で流行が広がってしまう可能性がある感染症 》 (第1・2種以外で子どもがかかりやすい感染症)
出席停止期間の個別の基準はありません。「病状により医師において感染のおそれがいと認めるまで」となっていますので、症状によって登校してもよいと医師が判断した時は登校できます。
   コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、
   急性出血性結膜炎 その他の感染症
   (上記と表2の例のほか、溶連菌感染症、マイコプラズマ感染症、ウィルス性肝炎などもあり
    ます。)

おもな感染症の出席停止期間
  第2種学校感染症 
病   名 おもな症状 感染経路 潜伏期 感染期間 出席停止期間 備    考













  
インフルエンザ
(鳥インフルエン
 ザ等を除く)
高熱(39~40℃)
関節や筋肉の痛み
全身倦怠感
咳、鼻水
のどの痛み
気 道
接 触
飛 沫
1~3日 発熱後3~4  発症した後5日を経過し、かつ熱が下がった後2日を経過するまで 肺炎や脳炎などの合併症に注意。
発熱や意識の様子に気をつける。
 
百  日  咳 コンコンという短く激しい咳が続く  飛 沫
気 道
1~2週 1~4週間  特有の咳が出なくなるまで、または抗菌性物質製剤による治療が終了するまで  3歳以下の乳幼児は肺炎をを合併することがある。
麻     疹
( は し か )
目の充血・鼻汁とともに発熱、口内に白い斑点   ↓
一旦解熱して再び高熱が出たとき全身に発疹
 
飛 沫
9~12日 発疹の出る前
  5日 ~
出た後

  3,4
熱が下がった後3日を経過するまで  肺炎や脳炎を発症することがある。 
 流行性
   耳下腺炎

  (おたふくかぜ)
発熱
耳の前下部の腫れと痛み(押すと痛む)
飛 沫
接 触
2~3週 耳下腺の
 腫れる前
   7日 ~
 腫れた後
  
 9日間
耳下腺、顎下腺または舌下腺の腫れが発現した後5日を経過し、かつ全身状態が良好になるまで  思春期以後の感染では、睾丸炎や卵巣炎の合併症に注意。無菌性髄膜炎や難聴を合併することがある。 
風     疹
(三日ばしか)
38℃前後の発熱
淡紅色の発疹
リンパ節の腫れ
 
飛 沫
気 道
2~3週 発疹の
 出る前
   7日 ~
 出た後
   7日間
発疹が消えるまで  妊娠初期の感染は奇形児出産率が高い。 
水     痘
(水ぼうそう)
紅斑 → 水疱
→ 膿疱 → かさぶた

軽い発熱
飛 沫
接 触
2~3週 発疹が出る前
1日 ~
すべての発疹がかさぶたになるまで
 
すべての発疹がかさぶたになるまで  肺炎や脳炎 、ライ症候群などの合併症に注意。
咽頭結膜熱
(プール熱)
38~40℃の発熱
のどの痛み
目やに
結膜の充血
飛 沫
接 触
(結膜)
5~7日 発病してから
  2~4週間
主な症状がなくなった後2日を経過するまで 医師の許可があるまで、プールには入らない。 
結     核 (初期の症状)
発熱、咳、疲労感、
食欲不振 など
 
飛 沫
経 口
接 触
感染しても臨床症状出現は一様ではない  一様ではない  病状により医師が感染のおそれがないと認めるまで。
 (第3種と同じ扱) 
髄膜炎菌性
   髄膜炎
 
発熱、頭痛、嘔吐
出血斑 
飛 沫   1~10日   病状により医師が感染のおそれがないと認めるまで。
 (第3種と同じ扱い) 
まひやてんかんなどの後遺症が残る場合もある。 

  第3種学校感染症 
病   名 おもな症状 感染経路 潜伏期 感染期間 出席停止期間 備    考














 腸管出血性
 大腸菌感染
 症
   (O-157 )
激しい腹痛
水様性の下痢
血便
 
経 口
接 触
4~8日 便中に菌が排出されている期間  病状により医師が感染のおそれがないと認めるまで  溶血性尿毒症症候群などの合併症に注意。 
 流行性
   角結膜炎
目の異物感、充血
まぶたの腫れ
目やに
瞳孔に点状の濁り
飛 沫
接 触
4~10日   医師の許可が出るまではプールには入らない。 
 急性出血性
     結膜炎
   (アポロ病)
目の激しい痛み
結膜が赤くなる
異物感
涙が出る
飛 沫
接 触
1~2日 発病してから
  5~7日間
 
伝染性膿痂疹
( と び ひ )
 
顔や手に
米粒~豆大の水疱が破れて、膿が出る
かゆみ
接 触
2~5日 水泡から膿の出る間 
手 足 口 病 軽い発熱(2~3日)
小さな水疱が口の中や手足にできる
飛 沫
経 口
接 触
3~5日 のどから
  1~2週間
便から
  3~4週間
 
伝 染 性 紅 斑
 
(リンゴ病) 
両ほおに少し盛り上がったじんましんのような発疹
発熱
 
飛 沫 7~14日 かぜ症状~発疹が出現するまで  妊婦は感染しないよう、流行期には注意が必要。 

第3種で、腸管出血性大腸菌感染症・流行性角膜結膜炎・ 急性出血性結膜炎以外の、その他の感染症に分類されているものは、出席停止の取り扱いにする疾患が市町村・学校で取り扱いが異なり、また出席停止期間が明文化されておらず、しばしば学校の現場で問題になります。市町村・学校で現在出席停止の取り扱いになっていない、その他の感染症についても必要があれば出席停止を行うことができるとされています。その他の感染症で出席停止扱いにする場合の出席停止期間は、感染のおそれがなくなるまでが出席停止の基準ですので、本人の状態がよくなるまで になります。

平成27年10月現在、岡山市では、第3類のその他の感染症のうち、溶連菌感染症と伝染性膿痂疹(とびひ)を条件によっては出席停止の措置が必要と考えられる疾患取り扱うことになっています。総社市では、溶連菌感染症、伝染性膿痂疹(とびひ)・ウイルス性肝炎を出席停止として取り扱うことになっています。

第3種のその他の感染症のうち、手足口病、伝染性紅斑については、日本小児感染症学会が次のような見解を出しています。「手足口病、伝染性紅斑の2疾患は学校伝染病第3種に含まれる疾病であるが、発疹期にある患児を他への感染のみを理由にして登校(園)を停止させる必要はない。あくまで病児が登校(園)可能になるまで休ませる疾患であって、個々の症例に対する主治医の判断により休学(園)日数を決めていただく物であります」


岡山市のこれまでの出席停止扱い

伝染性紅斑については、岡山市教育委員会の通知(平成4年11月24日岡市教委学保第373号)で、「伝染性紅斑については、平成4年12月より出席停止の扱いとしない。伝染性紅斑は、発疹期に入ると伝染力が殆どなくなることが判ってきているため」になっています。

手足口病については、岡山市教育委員会の通知(平成5年12月3日岡市教委学保第469号)で、「手足口病を平成6年1月より出席停止の扱いとしない。手足口病は、発症後のウイルス排泄期間が長いため短期間の出席停止では、感染を予防することは困難と判断されるため」になっています。

腸管出血性大腸菌感染症については、岡山市教育委員会の通知(平成8年8月30日岡市教委保体第353号)で、「腸管出血性大腸菌感染症が指定伝染病に指定されたことに伴い、学校伝染病第3種のその他の伝染病に入れる。出席停止の扱いは、岡山市立学校園で一律に出席停止の取り扱いとせず、個々の患者(子ども)の病状等によって出席停止の取り扱いとする。校長はいたずらに出席停止の措置をとることのないように対処すること」になっています。また、岡山市教育委員会の通知(平成11年6月11日岡市教委保体第224号)で、「ベロ毒素が検出された場合、学校伝染病の第3種の腸管出血性大腸菌感染症となる。むやみに出席停止にはしない。ベロ毒素が検出されない場合、下痢などの症状によってはその他の伝染病の扱いになり、出席停止の措置をとる場合もあるので、主治医・学校医の指示に従う」となっています。

伝染性軟属腫については、岡山市教育委員会の通知(平成10年6月1日岡市教委保体第192号)で、「伝染性軟属腫(水イボ)にかかっている幼児・児童・生徒について、通常水泳を行ってもよい。伝染性軟属腫(水イボ)ウイルスが水を介して感染するかどうかに関しては科学的データがありません。プールの水を介しては移らないにしてもプールでは裸での接触が多く、感染の機会は増えます。したがって、プールの後にはよくシャワーを浴びさせてください。特にアトピー性皮膚炎の子供には感染しやすいので、プールの後はよくシャワーを浴びさせてください」になっています。

伝染性膿痂疹(とびひ)については、岡山市教育委員会の通知(平成13年3月21日岡市教委保体第974号)で、「伝染性膿痂疹(とびひ)は、その数、年齢、程度によって登校停止い関する判断は、個々の主治医の判断に任せることが望ましいとする。学校伝染病(出席停止)の第3種として取り扱う疾患である。これから除外することは出来ない。とびひは強い伝染力をもつ。しかしながら、その範囲、個数、年齢により、伝染性、登校停止に関する主治医の判断に差が生じるが、個々の主治医に判断にまかせることが望ましい」となっています。

 

治癒証明書は、岡山市内医師会と 岡山市教育委員会の申し合わせにより、証明書料として. 500円(当院は税込)になっています。 ただし、要保護・準要保護家庭の場合は「証明書料の免除について」の用紙を持参いただければ、無料になります。

医師に出席停止の診断・指示を受けた日から、傷病証明書に医師が記入した登校許可日までの日数は
 通常の欠席(病気、けが、事故、私用など)とは区別され、「出席停止」として学級閉鎖や忌引と同じ区分に記録されます。