道志川、解禁(2002.3.16)

道志川のC&R区間ができて2年目、今年も解禁直後の週末に訪れて見た。去年はプールからあふれたヤマメが瀬の小さなスポットにも溜まっており、ハッチ(タニガワかヒラタの仲間、#14のペールイエロー)にも恵まれて瀬でもプールでもかなりの釣果をあげることができた。その夢よ、もう一度、というワケだ。

先に川に入っただぁいすけさん、我来也さんを追って入渓する。瀬には魚影なし。プールでヤマメを見つけたが、中層に定位してたまに口を使うくらい。時間は9時過ぎ、まだハッチもライズもない。やむなくニンフで攻めるがフッキングまでは至らない。手を変え品を変えしているうちに徐々に魚が浮いてきた。時計を見ると10時、予想していたハッチ開始時刻。ぼちぼちユスリカが出てきたらしい。#18のソラックスダンに結び変え、プールの後半部をまんべんなく見張る。

ひとつ、ふたつ。ライズ・リングが広がる。慌てて下流側にまわり、一番簡単そうなライズから狙う。が、出ない。午前中にハッチするユスリカは#20〜22とやや大きめ、徐々に飛翔する数も増えている。まずはこれに合わせるためフライを#20にサイズダウン。2、3回流すと待望のヒット。軽い手ごたえを感じて大きくないな、と思った瞬間にバレてしまった

写真、グッドサイズのヤマメ

じたんだを踏んで悔しがっていると二人は大笑いしてこっちを見ている。なに、まだライズはあるんだ、と気を取り直して再開。何度かフライを追わせたがヒットしない。なんとなくフライが合ってない感じ。#16か#18か、というサイズのダン(コカゲロウだろう)とマエグロのスピナーがちらほらと飛んでいるが、それほど流下はあるのだろうか。疑問を残しつつもマーチブラウン・カラーのコンパラダン#16に変える。

上流のポイントにキャスト。フライを追ったが咥えない。直後に左後方からガボッ、ガボッと連続したライズ音。振り向きざまに消え行くリングめがけてキャスト。ガボンとフライにもライズ。一拍待ってあわせる。ヒット!

グッドサイズだ。ただし銀ピカ、ニジマスだったか、と思いつつ寄せようとするがなかなか寄らない。「ばらせー」「外れろー」の大声援を背にファイトを続けるうちに、ニジマスのヒキじゃないことに気づいた。よく見るとパーマークもある。かなり良型のヤマメだ。慌てて何とかランディング。8寸は軽く超え26、7cmありそうだ。ま、去年もこのサイズの放流ヤマメは結構いたし、釣ってもいるし・・・

写真、グラマラスな体型

写真、見事な尾ひれ

写真を撮ろうとしてドクン、と心臓が大きく動いた。成魚放流じゃない、年越しのヒレピン、27cmの(私の基準では)大ヤマメだ。各ヒレも見事に回復し、成魚放流の面影はほとんどない。このコンディション、このサイズが釣れれば何もいうことはない。今日の釣りはこれで終わってもいいくらいだ。

写真、コカゲロウのスピナーが目立つ

ストマックを採ると、大小のユスリカに混ざってカゲロウが結構出てきた。このときは直接ビンに入れたのでダンだと思ったが、後でシャーレあけてみるとスピナーが多い。#16か#18か、というサイズの赤茶色、サイズと色はぴったりマッチしていた、と考えていいだろう。コカゲロウだと思うが、マエグロと同時期に羽化したのだろうか。ということはピークは3月初旬くらい、これだけスピナーが食われているなら羽化量はかなり多いに違いない。

写真、ライズを狙う

まだライズがあるので我来也さんに場所を譲って見物。流下がめまぐるしく変わるのか、完全にユスリカへのディンプル・ライズに変わったり、ぴたっと止んだり。難しい状況になってきたが二人で知恵を絞ってマッチしたフライ、攻め方を探す。その甲斐があってなんとか2、3回ヒットさせた。が、連続でバラシ。

彼のSAGE LLはティップが硬いのでバレやすそうだな、と以前から思っていたが、やっぱりバレやすいようだ。リバーキーパーの仕事(アンケートとゴミ拾い、ご苦労様です)を終えたmuroさんからご飯食べてるからおいで、という連絡があり、12時ごろにいったん上がる。結局、午前中はこのプールでしか釣りをしていない。

水源の森の蕎麦屋で昼食(とビール)を摂る。合流した天野さんがこの辺でドライで釣った、とのことなので午後は水源の森からスタート。風が強くなり、ハッチも夕方に極小ユスリカが出ただけ(オナシカワゲラとガガンボもわずかに出たが)、ライズはほとんど起きなかった。なんとかドライとニンフでニジマスを一匹づつ釣ったが、かなり渋い釣りだった。瀬は芳しくないのでプールを狙ったが、人が多くて午後いっぱいでふたつのプールをやっただけ。土日は人が多すぎて、しばらくの間は大変かも知れない。

ニンフで粘っただぁいすけさん、我来也さんも何尾かゲットして午前中の憂さをはらし、午後からだけ釣りをしたmuroさんもドライでヤマメを釣り、全員魚の顔を見て無事終了。去年の爆釣から比べれば渋い、が、本来3月の釣りはこんなものだろう。それにしても、C&R区間2年目であんないいヤマメが釣れるようになるとは思わなかった。あのまま無事に育てば夏には尺ヤマメになるだろう。今年のイブニングはいい思いをする人がいっぱい出そうだ・・・

渓流のドライ フライフィッシング - Dry Fly Manias Association  / Yanma,2002.3.16