早すぎる夏(2002.6.8)

暑い。暑すぎる。関東では釣りにいく気もしない。というわけで金曜日に新幹線に飛び乗り東北へ。土曜日に義兄といっしょに地元の川へ向かう。

写真、幅広の美形ヤマメ

が、しかし、東北も暑い。9時前に川に入ったのだが、大減水、カンカン照りで真夏に釣りをしているようだ。まだ入梅もしていないというのに、なんなんだ、この気候は。お魚さんもかなり神経質になっている。しつこく流さないと反応しない、あるいはドライフライには興味を示さない。いないのか、と思って一歩踏み出すと良型がぴゅーと走っていく。

瀬で何とか一尾かけた。小さなポイントだったし、それほど大きくないな、と思ったが走る走る。ランディングにかなり手間取ったが何とかネットへ。あら、小さくない、幅広の良型ヤマメだ。測ったら25cmちょいあった。

その後も釣る前にことごとく走られる。魚を見つけてしまうと近づきすぎで、さっと走られる。といって遠くから狙っても、確かに魚のいるところを流しているのにもかかわらず、反応はしない。とても盛期の釣りとは思えない。完全に真夏のパターンだ。

写真、緑が美しい渓

日中は厳しいんじゃないか、もう少し標高の高い川へいこうか、ということで移動する。要所には車が止まっているので林道を上へ向かい、なんとか降りられそうなところを見つける。沢伝いに20分ほど降りると目指す流れについた。

ここでもフライへの反応が悪く、踏み出すと走られるパターン。なんとか小型のイワナを2尾キャッチ。しかしすぐに"通らず"になっている大渕に行き当たってしまった。泳ぐしかなさそうなので、やむなく引き返す。

写真、6寸くらいのイワナ

また移動しようか、と下っていくと、大堰堤のプールでライズらしきものがある。降りてみると散発だが20〜25cmくらいのがライズしている。モンカゲロウが結構ハッチしており、ダンを食っているようだ。ここまでわかれば釣ったも同然・・・とはいかない。何しろイブニングの有名ポイントなので、解禁からずっと攻められっぱなしなのだ。暗くなるまで粘ったが、結局フライに2回出すことはできたものの、フッキングまで持ち込めなかった。うーん、修行が足りない・・・(最近、こればっかだな)。

渓流のドライ フライフィッシング - Dry Fly Manias Association  / Yanma ,2002.6.8