寒河江、大減水(2002.9.22)

9月21日、実家に向かう・・・途中、東北FPで2時間だけ遊ぶ。キャッチできたのは数尾だが、あいかわらずデカイ・オモイ・ツヨイ。

写真、イワナその1

22日、朝イチでポイントに入るぞ、と気合を入れるも、やっぱり早朝には起きられなかった。それでも寒河江には7時前に到着、もう誰か入ってると思うが大井沢へ。あれ、車止まってない。

が、大減水と上流部の工事(?)の影響らしい土砂、さらに去年の記憶からすると軽く改修されたような様子・・・浅くてほとんどいいポイントがなく、黙々と川通しで上がるのみ。一時間ちょっとで一区間分歩いてしまい、しょうがないので次の区間に突入。

写真、イワナその2

ここからは岩が大きくなり、うっかり近寄るとビュンと走る魚影も見える。釣れたのは20cm前後が数尾だが、バラシた中に25、6cm、走った中には尺近いのもいた。良型ほど神経質で、明るいうちは捕食する位置に定位していないようだ(何だか、いい訳がうまくなってきたような気がする今日この頃)。

型はイマイチだったが、とりあえず今年も寒河江のイワナに会えた。この減水では本流の方が良型が狙えるかも、と移動する。伝承館の下の瀬に入るが、浅いところで反応するのは全てウグイ。大きな落ち込みからやっと顔を出したのは20cmほどのニジマス。

伝承館のプールに着くと、あいかわらず竿の林。あの中に突っ込んでいく気力はないので、堰堤の上を渡って上がる・・・つもりだったが、岸際の思いっきり浅いところで定位している魚が見えた。何尾かいて、じっと止まったりクルージングしたり、とやる気があるんだかないんだか。

魚の位置を確認しながらフライを流しているとヒット。23、4cmのニジマス。岸に上がって見てみると、上のプールに入りきれない魚が浅いところにも回っている。粘れば何尾か釣れるだろうが、大きなイワナを狙いにわざわざ来たんだから、と移動。しかし、減水のため大場所には必ず人が入っており、あきらめて昼過ぎに納竿。

渓流のドライ フライフィッシング - Dry Fly Manias Association  / Yanma,2002.9.22