ラスト・キャストは忍野で(2002.9.29)

9月29日、何年ぶりかで忍野へ。はっきりいって秋のマッチング・ザ・ハッチには自信がない。厳しかったら管理釣り場でよくやるサイト・フィッシングで何とかなるだろう、とちょっとドキドキしながら集合場所へ。

写真、忍野

10時ごろ到着、先着していた友人と合流し、すごい人手の中を入れる場所を探して歩く。適当なところで竿を出すが、さすがに朝から攻められつづけているだけあって渋い。ハッチも目だったものはない。それでも何回か反応があり、何とか小さなニジマスを#20ソラックスダンでゲット。忍野ネットなんざ持ってないのでゴボウ抜き空中キャッチ。

お昼を食べながら雑談をし、気がつくと14時。釣堀前でもいきましょうか、とゾロゾロと移動。ここのヤマメはイヤになるくらいスレている。せめてライズを止めてくれれば、あれは釣れない、ですむのだが。一時間以上投げ続けて、故意にドラッグをかけて興味を引き、捕食モーションを見てからナチュラル・ドリフト、と管理釣り場で使う技でなんとかヒット・・・ブルンブルン、ポン。バレちゃいました・・・だから小さいフライは嫌なんだよな。

写真、ブラウン

足元にまあまあサイズがいたので、ニンフを鼻先に入れてみる。避ける。ふーん、んじゃこれはどう、とパッチについていた#16グリフィス・ナットを結び、同じく鼻先へ・・・パクッ、ゴゴン、ゴン。25cmほどのブラウン、さすがに抜けないので友人から忍野ネットを借りてランディング。

後はすっぽ抜けとあわせ切れでいいところなし。日曜日なので渋滞が気になる。釣れていなければ真っ暗になるまで粘るだろうが、とりあえず顔は見てるので16時頃に納竿。これで今年のシーズンも無事終了。最後にヤマメちゃん、釣りたかったなぁ・・・来年がんばろうっと。

渓流のドライ フライフィッシング - Dry Fly Manias Association  / Yanma,2002.9.29