ウスバヒメガガンボ(エアベール・ウェブで巻く)

写真、エアベール・ウェブ・ガガンボ

写真、エアベール・ウェブ・ガガンボを上から撮影

エアベール・ウェブを使ったウスバヒメガガンボのアダルト・パターンです。軽く水面に載る姿がうまく表現できているのではないか、と思います。

写真、エアベール・ウェブ・ガガンボを横から撮影

写真、エアベール・ウェブのエクステンド・ボディ

エクステンドのボディはエアベール・ウェブを8mm幅程度に切り出し、ツイストしたあとで軽くライターであぶってあります。こうすることで表面の繊維が溶着されるので耐水性や強度が少しですが向上します。

写真、水中から見上げたエアベール・ウェブ・ガガンボ

水中から見るとエクステンド・ボディの宿命で、どうしてもフックが目立ってしまいます。が、CDCのレッグやエアベール・ウェブのボディがつくるライト・パターンはかなりいい線いってる、と自分では思います。

使用マテリアル
Hook TMC 2487BL #16
Thread ユニスレッド6/0(ライトケイヒル)
Abdomen エアベール・ウェブ(#8イエロー)
Thorax エアベール・ウェブ(#8イエロー)
Wing エアベール・ウェブ(#1ホワイト)
Reg CDC(ナチュラル)

フッキング性能を落としたくないので#16を使用していますが、フライのバランスからいけば#18で巻くのが妥当かな、と思います。

渓流のドライ フライフィッシング - Dry Fly Manias Association  / Yanma