ヘイロー・イマージャー
(エアベール・ウェブで巻く)

写真、エアベール・ウェブ・ヘイロー・イマージャーを水中から

水面羽化するカゲロウの場合、フローティング・ニンフの発達したソラックスが水面と干渉してやや大きなライトパターンを作ります。またそのときにソラックスやウィングケースに蓄えられたイマージング・ガスのきらめき、さらにウィングが伸び始めるとそれが水面に干渉したり、ウィングの伸びる動きそのものが茫洋と輝きます。

ゲーリー・ラフォンテーン(Gary LaFontaine)はこれを後光halo:ハローと表記することが多いが、発音はヘイローが近い)と呼び、重要な捕食トリガーであるといっています。ゲーリーはクローズド・セルフォームでこの後光を見事に表現し、ヘイロー・イマージャーやコーン、メスといったフライを作り出しました。

写真、エアベール・ウェブ・ヘイロー・イマージャー

エアベール・ウェブで何とかこの後光を表現できないか、色々やってみました。いくつかの失敗を経て、四角く折りたたんだエアベール・ウェブをソラックスの外側に被せるように取り付けたものが、(その独特の概観からは想像しにくいですが)かなりリアルなライトパターンを生み出すことに気がつきました。

写真、エアベール・ウェブのウィングケース兼フローター

写真、エアベール・ウェブによる後光(ヘイロー)

幅1.5cm、長さ3cmほどに切り出したエアベール・ウェブを、最初に縦に二つ折りにします。それを横に二つ折りにし(これで4枚重ね)、ソラックスを覆うように取り付けます。このエッジの部分が最初に水面に接するので、この素材特有の気泡による輝きが生まれます。

この手のフライは姿勢の安定性・持続性というのも重要な要素になります。水槽にそっと浮かべたときだけ理想の形で浮く、というのでは実践的ではありません。このフライはエアベール・ウェブの浮力の強さと、それをアーチ状に取り付けていることから、姿勢の安定性・持続性もかなり良くなっています。

使用マテリアル
Hook TMC 100BL #14
Thread ユニスレッド6/0(ブラウン)
Abdomen グース・バイオット(ブラウン)
Thorax ラビット・ファー(ブラウン、ハーズイヤー、オレンジのミックス)
WingCase エアベール・ウェブ(グレー)
Tail フェザントテール、エアベール・ウェブ(グレー)少量
渓流のドライ フライフィッシング - Dry Fly Manias Association  / Yanma