スプリット・テール

2本のテールを左右に大きく広げた状態にしたものをスプリット・テールといいます。カゲロウのダンスピナーの繊細なイミテーションを作成する場合によく使う手法です。マテリアルとしては化学繊維のテール材がよく用いられますが、私は素材の質感が好きなのでムースのボディ・ヘアを好んで使っています。スプリットする方法もいくつかありますが、簡単かつ速い方法として、スレッドだけで行うやり方を紹介します。

写真、ムース・ボディ・ヘア

テールに使用するムース・ボディ・ヘアは、できるだけ真っ直ぐなヘアが多いものを選びます。また、あまり柔らかすぎるものよりは、少々バリッとした硬さが感じられるものがテールには向いています。

ヘアを2本切り出し、先端を揃えます。太さ、長さ、色調が似ている2本を選んで切り出しましょう。

写真、2本切り出して先端を揃える

写真、ヘアの長さをシャンクと比較する

ヘアの長さをシャンクと比較して、巻き止める長さを決めます。ダンの場合はシャンクの約1.2倍にします。スピナーの場合は1.5倍にするとイミテーション性は高まりますが、魚よりも人間に効くようです。それほどこだわらなくてもよいでしょう。

写真、ヘアをシャンクに止める

左手にマテリアルを持ち換え、シャンクにセットします。スレッドは下巻き終了時にシャンク後端にきていますので、そこから巻き始めます。右利きの場合、アイ側から見て時計回りにスレッドを巻いていくのでマテリアルも時計回りにズレていきます。そこでアイ側から見て11時方向くらいに少し傾けてセットしておくと、スレッドで閉めこんだ時にちょうどシャンクの真上で固定されます。

巻き始めは左手の指の中へスレッドを割り込ませるようにし、決して左手の指を緩めないようにします。数回巻いて固定されたら左手は離しても大丈夫です。必要に応じてマテリアルを左手で調整しながらアイに向かってスレッドを回していきます。

写真、スレッドをテール側に戻す

アイ側で余分なヘアをカットしたらウィングを取り付けます。ウィング取り付け終了後にボディの下地を成形しながらスレッドテール側に戻します。

この状態ではまだテールは2本くっついて取り付けられています。後の処理をやりやすくするため、テールを指で下から上に押し上げスプリット(分割)します。

写真、指でテールを押し上げスプリットする

写真、手前側のテールをスプリット

スレッドを下から手前のテールシャンクの間にスレッドを入れて回します。そのままシャンクに回し、今度は手前のテールの上を越してから奥のテールの下へ通していきます。

写真、奥側のテールをスプリット

写真、シャンクに1回転させて完了

このままだとスレッドがずれてしまいやすいので、シャンクに1回転させてやります。より簡単に水平にするためには、この後でテールの下側を通るようにスレッドを1回転させるといいでしょう。

約90度くらいにきれいに分かれた、スプリット・テールの完成です。この後ボディの制作に移ります。

写真、左右にきれいに分かれる

渓流のドライ フライフィッシング - Dry Fly Manias Association  / Yanma