サイドワインダー(no-hackle Sidewinder)

写真、サイドワインダー

写真、カーブしたクイルで水面にのる

ダグ・スイッシャーとカール・リチャーズによって考案されたダン・パターン。湾曲させたダック・クイルで水面にのせるため不自然な部分がほとんどない、優れたイミテーションとなっています。壊れやすいのが欠点ですが、壊れた場合でもショートウィング・イマージャーとしてやはり高いイミテーション性を保つため、カゲロウのライズ狙いにはかかせない、という方も多いようです。

性能もさることながら、アートとしてフライを見た場合でもこのフライは独特の美しさを備えています。しかしながら、タイイングの難しさも半端ではなく、最高難易度のフライといってもいいでしょう。

写真、私の腕だとこれが限界

最初に挑戦した時は、とてもこんな難しいフライは巻けない、と匙を投げてしまいました。その後、フックを上下逆にセットして、ウェットのウィングを取り付ける要領で巻くとちょっと似たような形状に巻けるので、このインチキ手法で巻いていました。

が、飽きずにまっとうな(?)巻き方で挑戦し続けているうちに、このページの写真程度には巻けるようになりました(あまり出来は良くないですけど)。私は器用な方ではありませんので、その私が巻けるようになったということは、誰でも練習すれば巻けるようになる、はずです。一度や二度や十度や二十度くらいの失敗にはくじけずに、チャレンジしてみてはいかがでしょう。

使用マテリアル
Hook TMC 100BL #14
Thread ユニスレッド6/0(ブラウン)
Body ラビット・ファー(ハーズイヤー、ブラウン、オレンジのミックス)
Tale ムース・ボディヘア
Wing ダッククイル
渓流のドライ フライフィッシング - Dry Fly Manias Association  / Yanma