2000年8月16日ー17日

ここは京都市左京区にある久多の里オートキャンプ場、滋賀県の367号線を梅の木まで走り左折、5キロの所、この5キロは道幅が狭く気を付けて走らねばならない。京都東インターより1時間20分程度。着いてみると杉林に覆われていて、夏でも、結構涼しい、自然のままのキャンプ場だ。高規格キャンプ場のように、ことごとく木を伐採してるという事は無くサイトの部分だけを伐採しているという状況だ。夏はこういうキャンプ場がいいね・・

サイトは土または砂利で、きれいに整備されているとは言い難い、ただ、どのサイトも必ず杉木立の間にテントやタープを設営する事になり、日陰を確保出来る。日中から夕方、そして朝日を浴びる事無く、快適な夏のキャンプを過ごせる数少ないキャンプ場です。もちろんサイトによりますが・・・夜も涼しくテントはオールクローズで寝ました。
ところで、残念なのが杉の切り株や岩が地面から顔を出していて、設営するのに、一苦労する。ガイドブックでは100uあると記載されているみたいですが、有効面積は70%程度かな・・・ヘキサのタープはかなり苦労しそう・・・STの方が良いでしょう。

今回のレイアウトです。到着順にどうぞ、好きな所をどうぞと、いう事で貼ったのがここ。日陰のサイトは、まだチェックアウトしてる人が少なく、しかたなくここに設営。ご覧のとおりタープは飾り?木陰の下にテーブルをセッティング・・・
自然のタープに勝るものは無い???
サイトの地面は土または砂利で雨の降りそうな時は砂利のほうがマシかな、水はけは、よく分からないが、雨天のときは、結構苦労しそう、晴れでの撤収でもテント汚れそう・・・

炊事棟は特に問題なく使え2棟か3棟あったと思います。トイレも標準的で清潔だったと思います。ただ、新しいのに新しさが感じられなかったのは僕だけでしょうか・・・シャワーは3分200円で3個所程あったと記憶してますが、更衣室も清潔で使いやすかったです。我が家もこのシャワーを利用しました。シャワーは管理棟の方です。

ここで受け付けを済ませ、サイトを本来は指定されます。ここの管理人のおばさんは愛想もよく親切、気持ち良くキャンプを終えることが出来ました・・・中に食堂が有りましたが、利用者はほとんど無かったように思います。
1区画4000円と一人300円の管理費がかかりました。



サイト下の久多川・・・水もきれいで流れも緩やか、子供たち、楽しく泳いでいました結構冷たいので、あまり長く泳ぐのはお勧め出来ませんが、でも気持ち良かった。
くれぐれも夕立や雷雨にはご注意を・・・

BY Ebi-chan