いつの間にか9月 可愛い初孫が生まれました  美月ちゃん 次男の嫁さんから写真や動画を送ってもらう かみさん「ねぇ 耳も鼻もお父さんそっくりだって言ってるよ」 耳はわかるけど鼻を気にしたことが無かった。会う人会う人に写真や動画を見せているかみさん、すべて「旦那さんそっくり」」と言われるそうです。
 「あぁぁ  あんたに似てるなんてかわいそう。でも私に似なくて良かったわ」
 ちょうど、さん喬師匠のお弟子さん、小平太さんの真打披露があったから東京へ。ガラス越しに見た孫 1時間があっという間でした。
嫁さんの生まれたときの写真を見せてもらいましたがそっくり。将来間違いなく美人です 母親に似たらね 性格も似てほし

   



 知り合いから電話で依頼を受けて前日「もしもし、明日はよろしくお願いします。子供たちの模様氏が終わってからの出演で乾杯の後11時漢です」
宴会の席では絶対行かない私、うっかり打ち合わせもなく時間だけ考えていた。いまさら嫌だともいえず会場へ。30分前日居たら「進行が速すぎて、すぐにやっていただけますか。まだ乾杯をしたばかりですから」 敬老会参加のお年寄りと役員、、小学市から保育園児とお母さんたち。よし 勝負してやると勢いよく話し始めたらしっかり聞いてきた。ただ奥の爺さんが「ゆっくり飲みてなぁ」などと聞こえるようにいてきた。百も承知 無視して老婆の旧zつで〆南京玉すだれ。その爺さんもちゃんと見ていた。全体にはしっかるウケたし子供たちが喜んだら勝ち

 鵜の浜ニューホテル JAさんのお客様感謝デー  ホテルが私を営業してくれています 有難い ただ 食事の後の午後1時開演 昼食で飲んだ人も居たんだろうけど、前の方にはおばあちゃんたちが陣取っていたからラッキー  何歳でも女性のお客様は良いねぇ 
 終わってから楽屋で着替えていたら「CD持ってきました」「有難うございます」「私前に岬館でフロント係をやっていたんですよ」私が18年間二日間の口演。大広間に一日150人のお客様で満席 昼食・温泉入浴料付3000円 出入りの業者さんや従業員の方が頑張って集客してくれていました。岬館が身売りして従業員はバラバラだそうです。
 「艶笑さんの落語の会は一番のヒット商品でした」嬉しいお言葉をいただいて帰ってきました


 長岡市立栖吉小学校高学年親子行事で落語 ここのところ小学校もどんとこい てな感じ 40分と短いから、落語のやり方や早口言葉をやってもらって、小咄へ
「これから酔っ払いをやるけれど酔っ払いって知ってる」「知ってる」「誰が一番酔っぱらう。おじいちゃん」「はーい「おとうさん」「はーい」「お母さん」「はーい」家でもめるよ。一瞬で酔っ払い3人を演じる。どこの学校でもウケます。両院の話。ありがとうと美味しいねぇ 毎日必ず食事の時に言う言葉。「この漬物ば~かうっめわぁ。かあちゃんおらよりよっぽど上手らわ」ネタは親の顔 決して人の悪口を言わない両親、それに尽くす嫁 笑顔の大切さも入れてほしいようだったから、こんな話もしてみました。与太郎小咄「与太郎はちょっとボーとしていますが、誰からも好かれみんなを笑顔にしてくれます。と一応話して、親の顔 ウケました。担当の先生から「浦瀬小学校から転勤してきた先生のご紹介でした」と伺い、おぉ 口コミ。嬉しくなります


 ワールドカップサッカー決勝トーナメント進出 後半パス回しに賛否 文句を言う人は何にでも文句を言う毛で、西野監督って恐ろしく強い人なんだなって感じた。岡ちゃんが監督になったころから、ずっとなぜ監督は外国人じゃなきゃダメなのか疑問に思ってきましたが、今回でその考えろ改めてほしいものです 頑張れニッポン

 かみさんが「みんなスマホもってるから私も欲しい」もう数年前から言われ続けていました。愉快肩を教えるのは私、面倒だから聞き流していました。
 不便に思うのはスマホで撮った写真をPCに送ってもらって祖損するくらいだったのですが、東京に居る息子の嫁さんに赤ちゃんが授かり直接写真のやり取りは必要だなと、漢字そろそろ私の年貢の納め時。そんな時私のガラケー画面を損傷 「携帯壊れたわ」の一言で大喜びするかみさん。ドコモショップで同型のスマホを購入。
 やる気満々のかみさん、覚えが早い事 全く煩わしさも感じず、時々聞かれたことに答えています。
娘がラインのやり方をかみさんに教えた後「おとうさんもついで二やっておくね」 気が付いたら落語の依頼者やお客様 友達住めて二送られてんのね。良いんだか悪いんだか。

 美豚君から「11月3日学園祭で、親子会をやりたいのですが来てもらえますか」。と電話 ちょうど定期口演が3日から4日に変更になっていたのでラッキー。前日かみさんと観光して学園祭に出演予定。教授や事務職員と相談しながら頑張って企画している様子。

 NHK水戸放送局から電話で「一人暮らしでの大学生活を今、追いかけております。師匠として美豚君はどんな子ですか」 まぁ色々聞かれましたが、7月頃ローカルで放送されるようです。ひと言でいえば「自然と関わる人たちの心を癒してくれる存在かな」 イキイキしていていいよね

 南区味方地区公民館 味方市民カレッジ 二年目の会 和室から講堂に変更 お客様が増えたそうだ。イス席でお客様もラッキーだろうね。
ほのぼの寄席でウケたからと「バールのようなもの」自身は上手く出来たと感じているが、お客様の好みに合ったかどうか疑問ものこる。
 しめの「替り目」 お客様にハマったハマった。これでバランスが取れたような気もする

 江南区 ソフィア輝 地元のお年寄りを集めた健康教室 3年目 玄関で長男が小学校の時の担任の先生に出会う。昨年も退職してからここでボランティアしていると楽屋で聞いていました。「大ちゃん元気かな」「はい、今年から家にいますよ」「結婚したまだですが彼女は居ます」「」「素直でいい子だったから、変わらないでしょ」「はい」「奥さん楽しい人だったけど今もそう」「はい 天然炸裂しています」「良いねぇ、奥さんに会いたいわ」 私がPTAの役員だったころお世話になっているんですが、平気で何でも言えるかたです。
 お客様は大江山地域の皆様 それもほとんど女性。始まるまで会場で何をしているか輪分からなかったが大笑いしている声が聞こえた。
高座に上がるときに台がふらついたら「おぉぉぉ」「心配してくれてありがとう」これだけで、もう爆笑してくれる。

 

 小千谷市東小千谷「あけぼの大学」 開校式 一応数年前までのネタ帳で初めてかどうか確認 担当者に「ここは初めてですよね」「23年に一度お願いしました」 7年前なら問題はない 会場建物を見ても2度目ということを気づかない私 無頓着 
 高座に上がって客席を見渡しただけで、目一杯の笑顔で迎えてくれるお客様 何を言っても笑うから60分があっという間で2席目の時間が無くなる。笑い待ちは最高の気分。宴席で「今年は20人も新しい人が入ったんですよ」概ね65歳以上 どこの地域でも参加者が減っている講座と思うとすごいことだ
 

 イオンゆうゆう寄席 ゑちご亭お毬さん「元犬」 普段自分の事しか書かない私。まだ2年生になったばかりで、高座に上がった瞬間、お客様の懐に入り込んでいた。高校生の頃学校寄席で初めて落語を聞いて、大学に落研があったら入ろうと考えたそうだ。学校寄席役に立っている実感。楽しみな存在です。 
 つまようじ 夫婦漫才 何度かお聞きしているが、今日が一番ウケていたし聞きやすかったような気がした。なんとなく温かさが伝わる。
私は「親子酒」絶対的に自信のある噺だが事前に時間調整の稽古をした。たぶん今までの中でもベスト5には入るような出来。立ち見のお客様もいらっしゃった。もう一年 楽しくがんばろっと

 間違い電話 「もしもし○○さん」「いいえ 艶笑です」「あぁぁ 艶笑さん 間違えちゃったわ」「間違いでも嬉しです」 昨年まで18年間独演会でお世話になっていた柏崎岬館の大女将だった。いろんな話をしをして「友達が艶笑さんの話が聞きたいって言ってますよ」「行きます 10人でも20人でも 18年お世話になったからお金は要りませんよ」「それはちょっと悪いわ」「じゃぁ お昼食べさせて」  懐かしい元気な声が聞けただけで ほっこりした

 東区光桂寺 春季お彼岸法要 初めて行くところだからいつものパターン 「背なで老いてる唐獅子牡丹」 最初っから最後まで大笑いしてくれたお婆ちゃん。一番前の席だから周りもつられてよく笑う。またまた定期口演になり毎年呼んでくださるそうだ。。お客様が良いと後につながるねぇ 

 美豚君が大学生です。目的は、彼女を作ること、落語仲間を作って高座に上がることだったかな。いつでも声をかけてくれたら, かみさんと旅行のついでに、高座の応援に行きます。また新たな楽しみが増えました。美豚君のご両親、妹さんは、引き続き新潟落語会で活躍していただきます。

   

 胎内市福定院2年ぶり 一昨年定期口演で始まったのだが昨年は都合により中止 2年たっているのに来たばっかりと思うくらい月日の経つのが早過ぎます。
3~40分と南京玉すだれも含めての短い時間で話す方が難しい 
 安部首相は2年前に「妻や私に関係するようでしたらお詫びしたい」とでも、ひと言あったら良かったのに。で皆さんがそうだというような顔をした。そこで風邪を引いて薬局に行ったんです。「コンタックください」「もっと良い商品がありますよ、風にも聞きますが、あなたのかなえてほしいことが皆叶う薬です」「なんですかそれ」「ソンタック」これはよくウケます。
 コンビニ店員「いらっしゃいませ、こんにちは」「いらっしいませ、お早うございます」バカじゃねぇ。 心がこもっていたら、どちらか一つでいいのに。いらっしゃいませ、大ですか少ですかお持ち帰りですか」朝から晩まで繰り返しているところへおばあちゃんがトイレを借りに行った」。なんて話はやる予定がなかったのに調子に乗ったら、20分経過。ネタが10分少々。予定していない「老婆の休日」へ。 終わってから「ばか おもっしぇかったぜね。前聞いた時よりも良かったわ」と、お茶を飲みながらお婆ちゃんに言われた。複雑。来年のネタを考えなきゃと言ったら、ご住職が「毎年同じ話でも、大丈夫ですよ。前に来ていただいた指人形の方はいつもほとんど同じでしたから」人気の荒お坊さんがやっていた指人形の方が高齢のため引き継いでいら会。

 ほのぼの寄席 藪蕎麦5回目 何となく高座も新しく作り替え客席の作り方も落ち着いてきた。40数席が丁度いい雰囲気です
「バールのようなもの」新しく入れたネタや感情移入に成功して自分なりにいい出来だったと思う。ちっちゃな子供が二人、かぶりつきでマイク太田さんのマジックを見てもらいそのままお母さんと落語の間も付き合ってくれた。お母さんが笑うとホッとす。旦那様も後ろの方で笑っていたからまた来てくれるかな。
 黒崎地区の自治会教養部の役員さんが見に来てくれて、自治会でやってほしい旨を伝えられた。10年位前に私の落語を聞いていて思い出してくれたそうです 有難いです。

 江南区大江山地域の茶の間 6年目 主催者代表が一ヶ月前にも大渕の会場に居たのでネタは変えて喜んで頂けるように忖度
ほのぼの寄席でやる予定の「バールのようなもの」をまずは一席。結構おさらいはしていたのだが途中忘れて飛ばす お客様は絶対気付かない私けど、心が何となく許せなかった。
 ウケたのは間違いないんだけど何か変な気分。そこで18番 「禁酒番屋」お客様も喜んで笑ってくれましたが、一番喜んでいたのが代表。
」ばんばんじゃーん

 小学校4年生の時からお付き合いして、もう高校卒業 早っ  右の写真は何年前だっけな スペースがあったもので載っけ。

            
 
 オレンジカフェぷらむ 笑顔で集まる場所 認知症カフェ 主催 江南区在宅医療・福祉ネットワーク 亀田地区コミュニティーセンター
たまたま母の看取りで「看取り家族として体験談」を話す機会があった時に司会をしていたのが、今回私を呼んでくれたお医者様。この方、かみさんの実家の母がお世話になっている
 認知症が進んでいる施設での口演ははっきり言って落語は無理ですが、このカフェは全く問題が無く一体感が生まれ笑っていただいた。
玄ちゃん(隣乃玄関)の小ネタがウケた。風邪をひいて薬局に行って「コンタックください」「もっと良い薬がありますよ。風邪はもちろん治りますが、かなえてほしいことが皆叶う薬です」「名前は何と言うんですか」「ソンタック」認知症カフェと言っても一般の方がお茶やお菓子を食べながら互いの事を話すそんな雰囲気。小学校低学年くらいの男の子がよく笑っていたので、もぐもぐタイムの時に話しに行った「面白かったかな」「面白かった」「南京玉すだれは」「ん 全部面白かった」 素敵な笑顔で答えてくれた

 新潟落語会定期口演 第37回船戸山口演 高座の後ろが楽屋だから寝っ転がって是認の話を聞く
 粋狂さん 出だしで忘れてやり直し キャラクターでウケる 焦って焦って話をするから息苦しさを感じた猫と金魚鵜 ネタは合っているので落ち着いてやれば問題なしなんだけどね
 美豚君  替目 皆さんに酔っ払いは艶笑さんそっくりと言っていただくから嬉しい 小学校4年生 新潟落語会入会時の初高座の会 もう今年は大学生 しばらく会えないのは残念なんだけど「来年も春休みだから出ます」と高座で言ったので安心 安心。まぁ彼女でも出来て行けませんと言われたらそれはそれで嬉しいかも
 楽々さん 元犬 色んな人の噺は聞いていたけれどダントツ面白い。聞きながら私の雑さを感じたりもした
 夢人さん いつも通り爆笑 話も良いねぇ 
 私 朝 藪蕎麦で使う新しい高座に座って二度稽古 人物描写が出来上がっていないまま高座へ 権太郎師匠が好きすぎて覚えてから自分を見失っているネタ。侍が苦手な私これから続けようかどうしようか悩み始めた。 それはそれ 打ち上げ宴会はめっちゃ楽しかった。


 

 江南区東小学校区コミニュティ協議会 9年目の独演会 3週間前にネタ下しをした「井戸の茶碗」 あまりにも権太郎師匠が好きすぎてオリジナルにできなかったためのリベンジ。ただ自身の無さが前半お客様に伝わったようで途中 高木作左衛門が出てきたところから復活した。全体にどこが悪いのかが気付く結果になって良かったのだが、お客様には失礼だったかも。でも 残り15分 老婆の休日でバカウケ  一番前の女性が腹を抱えて苦しそうに目一杯笑っていたから いいの かな
 北の偉い人を狙っている組織がある ライザップでシーンとなる。 話すときには、お客様の年齢に合わせなきゃ 


 よってけてい寄席 13年目の独演会 西区内野 護念寺様を会場として主催してくださっている。
 会場へ行くためのバイパスインターっを降りてから「あれぇ、一個早かったかも」と一般道で走って会場が分からなくなる。
次のインターへ行ったら違うような気がして元のインターから降りでしばらく行ったらここだった。早めの行動だったから開演25分前には何の問題もなく到着。
 高座から初めての人と声を掛けたら10人は居た。1月から3月に変えて3年目 大正解だ。
 オリンピックとレスリング協会の話をして「アメリカの大統領が一国の主を頭が悪いと言ってましたが、そうじゃない あの人は頭が悪いんじゃなくて頭の形が悪いんだ」ウケた。高座ではちゃんと名前は出したけどね。
 ☏(このマークは次男の嫁さんにメールで伝えたら返信できた☏マーク こんな頭という意味)。斬首作戦でアメリカは狙っているが、他にもある組織がひそかに狙っている その組織というのは、ライザップ」3割しか気づかなかったので両手で太った形を見せ細くしたら「ああん」と、ほとんど気付いた。(ある師匠のパクリです、念のため)
 ネタは「締め込み」今 ハマっている。おかみさんが一気にまくしたてる喧嘩のシーンでは、夫婦なんでしょうか皆さん思い当って笑ってくれます。時間が余ったので6分ネタ「老婆の休日」鉄板ネタ。 途中でラーメンを食べようかと思ったけれど,気分が良いので家に帰ってビールとカップラーメン 車に乗らないで済む日は良いねぇ

  

 酒の陣 4年目のセミナー講師 と言ったって 酔っ払いが出てくる落語をやるだけ 一年目は落語の歴史と日本酒のかかわりも話してみたけど、知識が薄っぺらだから無理と感じた。3年目位から開き直て主催者に「ただ落語をやるだけですよ」と言ってみたら「それでいいです」と言われた。今回 ハナコの女将さんのセリフを足してみた「ご夕食は午後6時でよろしいでしょうか。お飲み物は」「俺たち最初っから、日本酒 冷で頼むよ、どんな酒があるの」「はい 私共の板長が新潟県五泉市の出身で、菅名岳をご用意しております」「どんな酒」「はい 冬、山に登って男性が20リットル女性が10リットルの水を運んで、その水で仕込んだお酒でございます」「他は」「誠に申し訳ございません、本日は酒の陣でございますので他はちょっと、言い始めると・・・」軽く滑ったような気もしたが、まぁいいや。禁酒番屋で酔っ払いバカウケ。その後、各ブースを廻りたっぷりとお酒を頂く 時々並んでいるお客様に「塩を舐めてごらん 口の中がリセットできるよ」と持参した笹川流れの塩を掌にのせてあげて反応を見る。セミナー講師の札が役に立つ。楽しい会話で笑顔が広がった。

   

 中野寄席26回 満席のお客様 爆笑に次ぐ爆笑 楽栗さんのっぺさんのマクラを確認 ネタは少ししか聞いていなかったけどお客様に乗せられて絶好調 私は「締め込み」まだ2回目だけど波長が合う噺 出だし カーリング女子のあの言葉を言おうとして忘れる(そだねぇ)。皆さん知ってるよね、せーのでお客様に言ってもらった。こっちがいいのかも。
 中入り後 楽屋で休んでいたら突然 緑ちゃん(17年間毎月寄席に来てくれた常連客、残念なことに昨年孫を見ずに50代の若さで他界)の娘が8か月の女の子を連れて入ってきた。彼女も中学生から父と一緒に寄席に来ていて、のちに県央で落語会の立ち上げに参加している。もうまるで私の娘と孫のような親近感。赤ちゃんが居るだけで楽屋打ち上げ会場が華やかになった。

   

 新潟第一ホテルエレベーターを降りた瞬間「わぁ 思っていた感じとと全然違う」「わぁ イメージと違う」と大はしゃぎの主催者さんたち。
柿の葉会年に一回の食事会 第四銀行を退職した女性の会 平均年齢は80歳と聞いて高座に上がったがずっと若く見えた。お客様に心をゆだねすぎ脱線に次ぐ脱線 元に戻そうとしたら、どこからずれたか思い出せなくて「なんでしたっけ」一体感が半端なかった。

 上越市高田新潟日報上越支店 頚北地区会 ニック販売店さんの企画で高田駅前ケアハウス至徳路へ慰問 去年から計画していた会「施設のお客様が40分くらいちゃんと聞ける会場なら行きます」と、あらかじめ伝えておきましたので、いろんな施設へ確認を取ってくださったそうです。よく見つけてくれました。挨拶の時から穏やかな笑い声が聞こえてきました。小咄のやり方などを話して昔話の小咄。老婆の休日 全員最後まで笑ってくれました。
 終演後、日報さんニックさん施設の方と楽しくお茶を飲みながら世間話「高田にお嬢さんがいらっしゃるんでしたら、よくおいでになるんですか」「いいえ 落語で来るくらいですし、帰りも寄ることもほとんどないです」「えっぇぇ」と、驚かれた。「娘の事は大好きですから帰ってくると沢山話します」
 この話をかみさんにしたら「私ら彼氏や彼女が出来ても気にしなかったし結婚しても嬉しいだけだったよね。きっと旦那や嫁さんが良くて、相手方の家族もいい人だからじゃないのかな」「まぁね、芸能人で嫁にやりたくない、彼氏が出来たら許せない、って父親って変わってるよな」「うちが変わってるのかもしれないよ」だって。
 帰るときに手押し車のおばあちゃんとすれ違う「先生何処だね」私の事とは気づかず帰ろうとしたら、施設の人が「着替えたからわからなかったの、この人だよ」「面白かったぁ、私96歳なんだけど嬉しかったからこれやるよ」おひねりを頂いた。 なんとなく気持ちが弾んで高速飛ばして晩酌 美味い

 見附市新潟公民館 こみゅにてい ほっと新潟 1月下旬猛吹雪ホワイトアウトで延期になった口演 周りの田んぼにはまだまだ雪が沢山ありましたが、晴天で穏やかな日でした。高齢者が寒い冬家に閉じこもっているのでドーンと落語口演会をやって外出させようというのが目的。延期になったから再募集 どんどん申し込みが増えて満席。
 オリンピックの話からレスリング協会のもめ事へ「オリンピックに行くとき、レスリング協会はエコノミークラスで行くところを栄強化部長と一部の女子選手がビジネスクラスに乗っていった。伊調はエコノミー。でも金メダル。ビジネスとエコノミーのさかえでいちょうがつらい」またまた絶好調の「背なで老いてる唐獅子牡丹」笑い待ちで間をたくさんとっていたら残り時間5分「5分伸ばしたら短い噺ができますが良いかな」と高座から声を掛けたらOKがでる。時々送迎のバス時間が決まっているから確認して「替り目」 本人が十分満足して高座をおりる。

 中央区鳥屋野公民館 おもしろ落語会 10年目 3年前「落語好き集まれ」という企画で集まった方達、その後サークル「とやの楽語会」を作ってから、この会に参加。小咄をやったかたは御年88歳。ご自身がデイサービスに行きながら別のデーサービスに慰問にいっております。「こんなところに入ったらおしまいだよ」とマクラでふったこともあるそうです。
唯一の女性は、新潟市内街歩きで案内役をしている方。話が滑らかで語り部の様です。
 全員で大喜利、この会場では定番となりましたが、事前に考えた答えを忘れ詰まる方、間違いましたとはっきり言う方。それが全部ウケます 

   

 娘が久しぶりに帰ってきて晩ご飯「この間ね急に具合が悪くなったんだけど、旦那は休みでスノボーに行った後。私やっと電話が出来たので職場に休む事を告げて、そのまま寝て夕方旦那にメールで今体調が悪いから実家でご飯食べてきて」と伝えたら、ご飯を食べに行った旦那にお母さんが「なに考えてんの、いちばん大事な○○ちゃんが具合が悪いんだったらすぐに帰りなさ」と言われたって聞いた、娘が大事にされていることを改めて感じました。母親同士が2度目に会った時から気が合って友達みたいな関係です
 洗濯機がしゃべる話を娘にしたらカーナビが「まっすぐ運転してくださいって言ったよ。実際蛇行運転してたけどね」

 「いつも綺麗にしてくれてありがとう」 これ洗濯機がしゃべった。いつもなら「お洗濯ご苦労様です、つも大変ですね」なんだけど
もうちょっと色っぽかったらいいのに。

 新発田市紫雲寺地区公民館 五葉大学 はずれの無い「背なで老いてる唐獅子牡丹」と、無敵の18番「親子酒」 最高の出来でした。ウケかたは高座にかけた数と比例しています  天気が良いので海で一休み、道中も車の窓を少し開けて運転 気持ちよかった  帰り 近くを通ったら必ず食べる魚介出汁のラーメン(聖篭町プラント5内にある農産物直売所)へ行ったらお休み。麺とチャーシューは普通なんだけど出汁にハマってる。
 仕方がないので一度行ってみたかった地元の来味亀田店へ 煮干し出汁のラーメンがめちゃ美味しかった。またすぐに行きたい 

  
   

 村上市西真寺新年会 ビールケースに合板 毛氈 座布団に照明 屏風はお客様が持参 これが畳の席なら丁度良かったのだけれど、低いイス席。ビールケースを2段にしてもらい一緒に作り直した。県内外から檀家さんが集まっている「近所の方達もお誘いしましたら、水都家艶笑さんてみんな知っていて有名なんですね」と言われたが自覚はない。60分絶好調で笑っていただいて昼食。ご飯を頂いて30分位で帰ろうと思っていたら「毎年お願いします」とご住職に言われ、喜んでいたら次から次へとお酌に来てくださるものですから、まず普段絶対飲まないノンアルコールビールをたらふく飲んだ。
「来年は電車で来てお酒も飲んでください。ここは〆張鶴の地元ですから」「私、居酒屋でいつも〆張鶴飲んでます」「酒の陣では笹川流れの塩をポッケに忍ばせて舐めながら飲んでます」 どちらも地元だから何気なく言った事でも喜んでもらえた。「酒の陣はセミナー講師 終わると近藤酒造の社長が各ブースを案内してくれます」「私 五泉出身なんですよ。近藤酒造は地元です」とご住職 最近、こちらの寺に入ったそうだ。なんだかんだ色んな人と何かの縁でつながっていた。あるお客さんが「何十年も前に聞いた話今でも覚えてるんです」「あれでしょ、ばあちゃん ハカいくかね」「ハカいかねわね」「しねばいいろぉ」「そうそうあの新潟弁頭から離れません」

 ほのぼの寄席ネタ下し「井戸の茶碗」 大好きな権太郎師匠で覚えたのですが、好き過ぎて本番までまとまらなかった。出だしが弱気になったらもう負け。ただ絶対ものにしてやろうと思う 大学に合格してしばらくお休みの美豚君 復活した茶話会

   
 

 江南区大渕ちいきの茶の間 6年目 今回は皆さんの血圧測定もやりたいので15分遅れでお願いします。85分の口演、仲入り15分がもぐもぐタイム。
高座に上がって話し始めて15分、ネタに入ろうとしてから気が付いた「今日っていつも通りお茶の時間ありますよね」「はい」「バスの迎は三時ですか」「はい」
 おぉぉ 取りあえず短い噺で様子を見るかと親子酒と五輪の話しで35分。お酒をグビグビ飲む仕草で「上手いねぇ」何て言われたひにゃ・・・
 後半 20分 南玉もあるので金明竹。 終演後 主催者に「TSUTAYAから落語のCDを買ってよく聞いているんだけど初めて聞いた噺
こんなに面白い落語初めて聞きました」 心の中で生とCDの違いですと思ったのですが「有難うございます」と言った。
 「市の予算が無くなったので来年から」という言葉をさえぎって「去年聞きましたよ、こんな良いお客様だったらただでも来ますよ」「いえいえ別の予算を何とかするんですが少なくなります」だって。主催者の気遣いやお客様が温かいから何でも構いません

 農産物直売所大地株主総会&新年会 月岡温泉泉慶 落語もウケ宴会。乾杯の音頭を取ってくれというのでステージへ「会社の規模も拡大せずこのままがいい。生産者の皆様もパートさんも無理しないで」と言ったら、脇に居た若い中居さんが笑った。大杯で乾杯 飲み干さないと悪いと思って全部飲んだらちょっと飲んで回すものだと後で知る。二合を一気に飲んでから普段通りに冷酒を頂く。かみさんがパート先の出来事を毎日話して10年 生産者 パート お客様の情報をすべて把握しているから全くみんなと一緒。かみさんが大好きな一回り年下の女性。毎日その人の話をするから私も妄想で大好きになっています。宴会で隣に座ってくれてずっと話をしている姿に、反対側の女性「ずっと前から仲良しだと思っていました」と言われ「二人でこんなにゆっくり話したのは初めてです」お互いかみさんがすべて話しているようで気が合いました。「奥さん 80歳の人とハグしただけで怒った話しを聞いてますよ」「あなたとは仲良くしても大丈夫です」ハグはしませんが。
 よく日 帰る車中で「あんた 部屋に呼んで飲んでるとき彼女のお尻を触ろうとしてたよ、気を付けな」と笑った。なにも覚えていない、でも「触るフリしただけだよ」と言っておいた。

 北区長戸自治会サロンひばり会 とやの楽語会 緑川太吉さんのご紹介で行ってきました。楽屋が無く会館後ろで控えながら着替え 周りにいる人たちに「多吉さん助平でしょ」って話をしたら、全員うなずいていました。温かい素敵な方です。60分の高座 大笑いしていたお客様の一人が50分頃倒れてしまい涼しい玄関へ。何となく話しづらくて倒れた事への話題でつないで南京玉すだれ。終わるころには回復していてホッとしました 

 もえぎ野自治会寄席18年目 子供からお年寄りまで80人位で満席 お寿司つまみ付き 大人はビール 午後7時開演頃はまだ食べている人も居るが話はしっかり聞いてくれる。幼児も騒がない、マジックは全員で大盛り上がりです。
 私 朝までネタが決まらず、テレビでカーリングを見ながらパソコンでマクラ世間話を作り始める。「緑の窓口」と「藪入り」に決めたのは、午後、羽生選手が金メダルを取った後。そこで思いついたのが「もし、宇野選手が金メダルを取っていたら、明日朝刊の見出しは  「宇野金メダル 羽生 ゆづる」 ウケた。ついでに将棋 なぞかけ「藤井5段」とかけまして、マングースととく そのこころは、ハブに勝つ。
 その後、北朝鮮のわがまま度などを話し、ショップでの会話「ねぇ このTシャツ 置いてあるときは模様がすっきりしていて良かったのに、着たら間延びしてるじゃないの」おばちゃんの言葉に店員「申し訳ありません」というしかないって。まさか「あんただデブだからよ」とは言えません。から「緑の窓口」 後半は「藪入り」奉公の説明やらを子供達にもわかるようにしてから入る。今回はいつも最前列に陣取る小さい子供達ではなく大きい子供達。後で聞いたら6年生の女子たちだったが、藪入りもしっかり受けた。流石幼児の時から落語になじんでいる凄さかな 来年も決まった
 写真はデザイナーになりたかったかたが退職後に書き始めた段ボールアート おみくじです 3年間頂いたものです

   

 村上市旭地区長寿大学閉校式 ここは私が居酒屋でいつも注文する〆張鶴の故郷 雪深いところだから早めに出かけたら、開演30分前の約束が100分前だった。早く着き過ぎると主催者に迷惑も掛かるだろうから隣の駐車場で横になって落語を覚えていたら寝てしまった。いつもの事だがボケボケしすぎ。
 「他地区で聞いた方たちが面白かったと言ってましたのでうちでもお願いしました」と担当者に言われました。。
 翌日、お礼のメールをいただき、皆さん艶笑さんでよかったと言っておりました(お世辞でも構いませんがほめていただければ嬉しいもの)

 NPO法人 とちの木会 長岡市栃尾地区 精神障がい者 通所作業所の皆様 前に家族会でお邪魔して今回がここ 繋がっています
出だしからウケで笑いはじめ「笑いながら歩く」で爆笑 落語入門から5分寿限無 初天神まで絶好調 時計を見たら後15分 南玉5分だから何話そうかなと考えているうちに、つい3人酔っ払いの小咄を無意識で話していた。替り目を話し始めて、しまったとは思ったもののしっかり話を聞いてくれて笑う。時々話しながらネタミスを感じるが良いお客様でよかった。


 晩酌で、お世話になっている方からいただいた芋焼酎を飲んだ。試しに一口飲んだら、めちゃ美味しくて思わず笹川流れの塩を舐める



 江南区袋津イキイキサロン ここで毎年東小学校区コミニュティ協議会主催で3月に8年やっていて、おまけにこの会も3回目。お客様全員が3月にも居るということで、当日までネタが決まらない。こちらの会で3年前あっちで5年前にこのネタやっているしな、などと悩む。
 たまたま会場の前まで行ったら車一台がやっと通れるる路地の除雪中 会場目の前にして前進したりバックしたりと大騒ぎ。結局30分以上かかって遅れる。携帯電話のありがたさを感じる。バタバタしているうちに楽屋に「○○さん亡くなったんだってね、私同級生なんだけど、原因は・・・・」などと高座に上がる寸前まで居た。出囃子が鳴り、ネタが決まらないまま父の入院の話しから入る。あそうだ初天神で様子見ようかなとPTA研修会でよくやる「早く起きなさい、顔洗いなさい、歯を磨きなさい、うんこしなさい、ランドセルしょった」「行ってきま~す、今日、傘要る要らない」「今日は晴れるから要らないよ」「いってきま~す、今日、傘要る要らない」「今日は雨が降るから持っていけ」これでは自分で考える力がなくなる。自立できないからかまうな、なんて話をして、翌日「今日,傘要る要らない」「自分で考えろ」「じゃもって持っていかない」「ばか 昼から雨が降るんだから持っていけ」なんにもならない。二席目も悩む とやの楽語会の人たちの話をしながら昔話の小咄。悩んだ挙句「転失気をやる。
 3月の会は早めにネタを考えよっと。

 江南区稲葉イキイキサロン 3年目 「大雪で杖付いた人達がこれなくて、少なくてすみません。」中には手押し車の人も居るらしいけど、除雪車が来なくて狭い道がガッタガタ。健康な人でも転びそう。多い少ないよりしっかり聞いてくれる人が居るかが問題。こんな日にわざわざ落語を聞くために集まってくれるんだからよく笑う。
 今日は泣かせてみようと「藪入り」本人が一番泣いているのかもしれませんが大好きな話。「親子酒」2席楽しく話せた。

 イオンゆうゆう寄席が1年継続になりました スポンサー様が喜んでいてくださるのかと勝手に思い感謝 それもこれも大雪の中でも、お客様が大勢集まってくださるから。5年目も頑張りたい  無理しないでね。今回は「ハナコ」ビックリするくらい上手くはまりました。お見送りの時に「また来ます」「酒の陣も見に行きます」(3月11日)
と、声をかけてくれました


 かみさんが沖縄旅行でお土産に買ってきてくれた泡盛5年物龍を飲んで「美味い 良く俺の好きな泡盛買ってきてくれたね。チュッするぞぉ(実際はしないがお礼の気持ちを伝えるときに使う決まり文句)」「聞こえるよそんな大きな声出すと」 隣の部屋いつも耳の遠い父しかいなかったが、7年間の同棲をやめて帰ってきた長男が居た。別れたわけじゃないからいい。人生経験を積んだせいか息子がよく話をすようになって明るい 

     晩酌でいつも飲んでいる逸見酒造真稜と、たまに飲む泡盛古酒くら

 JAにいがた岩船女性部新年会 瀬波温泉大観荘 20代から80代の女性200人以上 最高のお客様 何を言っても笑ってくれるし、先走って笑う方
皆が笑った後で笑う方。ずっと笑っている方と余韻がすごい こんな時だけ「私って天才」って思える。昼食がまたすごい 海鮮丼ぶりの具が普段食べた事の有るものの2倍は乗っかっていた。役員さんと別室でアルコールなしの食事。でも気分は酔っている。しゃべりすぎを認識

   

 新ネタ 締め込み 泥棒が作った風呂敷包みで夫婦の危機 台所の床下に隠れている泥棒が出てきて夫婦仲直り 大雑把に言えばそうだけど、ユーチューブにあるから気になった方は見て、私じゃないけど。
 喧嘩の仲裁で「この風呂敷包はおかみさんが作ったものじゃないんです、かといって旦那でもない」「じゃ 誰が作ったんだい」「私が作りました」「じゃぁ おめぇが間男か」「いいぇ 私はそんな怪しいものじゃないんです」このセリフが好き。
 志ん朝師匠の音源で覚えたのに全く空気を感じさせない私は、良いんだか悪いんだか 夫婦仲や泥棒の温かさが出せて続けてみたくなりました


 新潟市私立保育園園長会 少し硬い空気を感じたが徐々にほぐれた 卓球水谷がオリンピックで銅メダルを取った時の話。勝負の時にはパンツをはかない」これをかみさんに話したら、「私だって勝負の時はパンツをはかないわよ」 と言った後で「笑いにくいでしょう」で笑う キンチョンギルもね
 よく考えてみたら市立の保育園の祖父母会や親の研修会には行っているが、私立は少なかった。


 豊浦商工会新年会 月岡温泉あけぼの  人数に合わせて丁度良い会場 ときどきある大広間での高座で無くて良かった。
宴会付きだから行く前からウキウキ ただウケない時は地獄になるんだけどね。冷酒を頼んだ時にお銚子に入ってきたのを見た隣の方「やっぱり瓶がいいよね、ラベル見ながら話ができるからね」 「そうですね」と答えたけれど拘りのない私。ウケたときは色んな方がお酌に来てくれる。15年前に一度呼んでいただいているときの役員さん80歳 「艶笑さん まったく変わらないね」って言われたけどどうなのかね 自分ではわからない。


 新潟日報上越支局レディースサロン高田駅前アートホテル上越 2年ぶり2回目 前回は「背なで老いてる唐獅子牡丹」と「替り目」今回は「藪入り」をやろうと高座に上がる。部隊の袖で上がる前に主催者の言葉を思い出さす「毎年1月は落語なんですよ」。あぁ 去年はどなたが上がったんだろう、ネタは何だったんだろうと思い、お客様に効けばいいかと世間話の途中で「これから「藪入り」って噺をするんですが、去年どなたが出て何を話したかわからずにここにいるんですが、聞いてませんよね」で、安心して話し始める。女性の母性本能をくすぐる噺 オチの前を少し変更して「おおぉ 帰ってきた、お前の好きなものかっといたからな、さぁ食べよ食べよう」と、テンション上げてから「親子三人、肩寄せ合って食べるご飯の温かさ。かくばかり偽り多き世の中に子の可愛さは誠なりけり」やっと納得のいく「藪入り」が出来たような気がした。2席目は時間が残り少なかったので「老婆の休日」で笑いを取って大満足。
 後で聞いたら昨年は、地元出身の滝川鯉橋さんで「八五郎出世」と「元犬」だった。

 今回呼んでいただいた方は20年程前からニック販売店での寄席っを企画してくださったり、一日編集局で客寄せにと高座を設けてくれた方たちのお一人だった。もうほとんど退社しているだろうね。あの頃偉かった人達はみな退職しているだろうから

     

 「今日 女子会でみんなに渡すから持ち物リスト整理して印刷して。○○さんが手書きしたのが有るから」 来週 パート先で沖縄旅行 リストの中に「下着」とあったから、赤い字で「脱がされやすいもの」と書いて渡した。

 江南区横越コミュニティー協議会 偶然にも公民館の臨時職員が、若いころ通っていた書道教室で一緒だった。会社を65歳で退職、その後、週数日働いているそうで、家にいるより気が楽だと言ってました。孫を3人見ている奥さんがイライラすると旦那にキレるとかでね。

 和室に満員のお客様 女性(お婆ちゃん・おばちゃん)が多くてよくウケた。2月に行く会場の主催者でお客歴37年の方が居た。何を話しても全部聞いていただいているが、2月に藪入りをやろうかなと思っていたので、今日のネタを考えながら小咄、世間話を重ねるが結局、ここは初めてなので「背なで老いてる唐獅子牡丹」 途中携帯電話が鳴る。丁度、組長とお島の会話だったので尽かさず「お島ぁ、携帯電話が鳴ってるじゃねぇか、俺が話してるんだから電話に出るなよ」でバカウケ。帰り際「すみませんでしたね、携帯が鳴って、でも仕込んだみたいなタイミングで話していましたね」 「よくあるもんですからね。古典だと無視ですが」 感心された。


 イオンゆうゆう寄席 新年初笑い 新潟市で記録的な大雪 「絶対来ないよねお客様 私は出演者だから来たけどね」と楽屋で話していましたが、思った以上集まってくれました 感謝 名前はわからないけどいつもお見掛けするお客様 ほのぼの寄席のお客様 今回ご一緒した、葉月みなみさんの追っかけさんたち 有難いことです。
 めっちゃ可愛いんだもん 写真を撮りたかったけどカメラを光兎神社に忘れてきたから叶わなかった。3曲のうちガード下の靴磨きが懐かしく心に響いた。昭和31年の曲だ。どうしてかわからないけど、しっかり心に刻まれている曲 

 光兎神社 奉納落語 4年目 神聖な場所でおしゃべりをすると、幸せを沢山いただいたような気がする。それを各地で高座を務めながら分けている。なんて勝手に思うと、勝手に素敵なことだなと思う。でも体内にはなくなることが無い運が有る なんてね(^^♪ どこまで与太郎的なんだかね。
 ほとんど男性ばかり 父の衆院で4人部屋の斜め向かいの方が戦争当時高田砲兵隊で一社だった偶然を話すと感心 朝お互いのベットが自動で起きると目と目が合った瞬間敬礼をするなんて話でゆったり笑ってくれる。小咄をやっているうちにネタを決めるはずだったがどんどん長くなって悩む。
 この際だからと「藪入り」をいきなりやる。短く詰めても泣かせる部分はしっかりできたと思っていたら、お年寄りが再選上げてお参り。お客様の後ろで反し始めて数人が後ろを振り向く。 オチがまたまたまとまらなかったが、気持ちよく話せた。ご利益ご利益

    
 
 一年前に亡くなった叔父 仏壇参りに行ったら叔母が「亡くなる前に何を撮ろうと思ったのか、カメラを買って使わずじまいだった。身内に貰ってもらいたいけど興味があるかな」 家に帰ってから思い出したけど、高校3年で運動部の部活が終わってから暇で、落研と写真部に遊びに行っていて、卒業後仲間と簡易暗室を家に作って白黒写真の現像をやっていたことを思い出す。 かみさんと旅行の時も一眼レフ 望遠も300mmを持っていた。もうずっと忘れていたことを懐かしくお思い出す。新しい趣味になったらいいな

 とやの楽語会初稽古会(一応顧問) 雑談で終わるが笑いっぱなし 64歳から88歳8人の会 自主活動をしていて、ちいきの茶の間やディサービスに
出前寄席、同じ会場へのリピートもあるから喜んでいただいていること間違いなし 最高齢の方は自身もデイサービスに通っていて「あんなところに行ったらお終いだ」などと話している。癌を患った方は自虐ネタもウケている。一緒に居て全員波長が合う方ばかり 楽しい

 西区西有明町第一自治会 落研の方達が以前3回ほど出演していると聞き安心 落語に慣れていればやりやすい。
楽屋に居ると会場で新年のあいさつを交わしたり雑談で笑う 明るい
 滅多に無い団体行動 のっぺさん 紙入れ どんどん新しい噺を付け加えている 進化もしているけど、くすぐりをあちこちから持ってきている分流れが悪かった。 まぁ回数を掛ければモノになるだろうね。 
 夢人さん 爆笑マジック お客様との一体感がいいね。
仲入りで前日の子供会で駄菓子が余ったとかで、楽屋にも二つずつどうぞといただく。ベビースターラーメン何十年ぶりに食べたけど懐かしかった。
 ネタは背なで老いてる唐獅子牡丹 年末年始二週間ぐらい休んでいるとちょっと不安になったがバッチリ。
会場を後にするお客様の声が楽屋まで聞こえてきた「楽しかった、たくさん笑った・・・・」 次がありそうな予感。
 会場住所を夢人さんにメールしたとき西が抜けていてカーナビ通り行って間違う(私が悪いんだから当たり前) ドジは治らないね。
終演後は、粋やで打ち上げ やっぱり料理が美味い ウケて最高の宴会 今年もいい年の始まりです。
 写真を撮ろうとしたら電池が切れていた いつものことですが

 西区松海が丘第二自治会新年交流会 4年目の会
どうしてもこのネタをやるんだと決めることもないし、行った先で雰囲気を見てから決めるもの。ただ今回はどうしても、藪入りをやるんだと決めていく。
 今回も学童保育の子供達(主催者弁 多分小学校4、5年生かな)8人が最前列に並ぶ。この子たちが笑わなければ自治会の人たちも誘った分、情けないだろうしと「尻餅」を一席。子供たちが腹を抱えて笑い一安心。2席目は藪入り 途中から半数の子供たちは離れたが残りはしっかり最後まで聞いて要所で笑ってくれた。ここでお客様を泣かそうとする場面で、空調のスイッチを切り替えに3人ほど立ち上がって動き始め、お客様の集中力が一部キレる。なんとか盛り返してオチへ かくばかり偽り多き・・・ がなんと出てこない。しょうがないから「食べるご飯の温かさ」で落とす。これでもしっかり落ちるからいいかも

稽古始め 今年最初は「藪入り」 江戸落語でネズミの懸賞であたった15円 盗んだと親が子を疑う部分をなくして上方風に「親子3人で、食べたご飯の温かさ。かくばかり偽り多き世の中に、子の可愛さは誠なりけり」で落とそうかと考えております。イオンゆうゆう寄席まで数回かけてみようかとおもいます。 

 夕食の時に久しぶりに会う子供たちと晩酌
長男 「話をしている途中に何を話しているか忘れることがあるわ」
次男 「仕事で経営相談しているとき、話が長いので重要な部分だけ聞いて後は流していたら 会社が危ない・・・ うっかりそうですねと答えて大騒ぎになった」
私  「質問に答えているうちに話し過ぎて何を聞かれたか忘れてしまう。親子一緒だね」
かみさん 「レジ打ちをしていたらピッって鳴らないから、手元を見たらおしぼりを握ってやってたわ」 オイオイ それは違うだろう

 昨年肺炎で入院して食事はミキサー食か刻み食と言われていた父(97歳) 今は少し細かくすれば大丈夫 でも大好きな餅だけはヤバイと思いかみさんが代わりにとおはぎを作ってくれた。 朝「餅は止めておはぎ食べるか」「おはぎももちも一緒らわ」と、雑煮を食べたいと言い出した。「のどに詰まると死ぬよ」「ゆっくり食べるわ」かみさんが食事中ずっと見ていると悪いからと、台所をうろうろしてずっと見ていてくれた。「うんめかったわ」と、大満足の父でした。

 
 新年明けましておめでとうございます 昨年は、大勢の皆様に支えていただき楽しく過ごせました。今年もよろしくお願いいたします。

 忙しくても暇でも、いつも「丁度いいね」と言ってくれる、かみさんに感謝しながら、のんびり生きていきます

艶笑 ひとり言 2018年

ほのぼの寄席 新たな会場 藪蕎麦さん