かって、「芦屋エスペラント会」があった...

Iam estis Aŝija E-Societo...


 

Dekkinga fuĝas (259)


仮題 『デッキンガ氏、逃げる』

Tjeerd Adema
著者 ティード・アデマ



(13.0 cm x 20.3 cm x 1.2 cm  220頁、 Dansk Esperanto-Eorlag 社,   Aabyhoy,  デンマーク、 19??年)
(------)

Unu vorte: 昔、ヒットしたTVドラマの『逃亡者』ふうなところも。ユーモア小説。

・全21章。
・かなり無理があるお話だが、後半はハラハラドキドキで結構楽しめる。わざわざエスペラントに訳そうと考える人がいたのだから、原作発表当時はそれなりに受けたのだろう。
・防犯カメラやDNA鑑定ができる現代ではまったく無理な話。あの頃は、世の中のんびりしていて良かった。
・裏表紙のキャッチコピーにある Nines Ciaskiu の言葉とされる  perdita estas la tago, en kiu
oni ne ridis  はよく心に銘記しておきたい。
・戦争中のお話しで、レストランでも、下宿でも肉料理など、配給券(クーポン; kupono porviando など)がないと食べられない。お肉も、早くから行列して買わなければならない。
・同じように、「コーヒーの代用品; kafsurogato 」などといった単語も出てくる。

全21章のタイトル:
第一章 … なぜ、そしてどのようにして、それは起こったのか?
第二章 … 弁護士との相談
第三章 … 逃走
第四章 … 途上での冒険
第五章 … 事故
第六章 … 新しい環境
第七章 … 埋葬
第八章 … 探索
第九章 … ライオンの洞窟で
第十章 … 発見
第十一章 … 職場へ
第十二章 … 危険な道で
第十三章 … コロコダイル
第十四章 … もう一人の女性
第十五章 … 病院訪問
第十六章 … ライオンどもがいる洞窟でのダニエル
第十七章 … 大いなる幸せ
第十八章 … 衝突
第十九章 … マスクがはがされる
第二十章 … サプライズ
第二十一章 … 終わり良ければすべて良し

 亡くなった人の生活に入り込むことができるものだろうか。その人の外見、性格、生活様式、くせ、さらには、その人の職業、同僚や知人,友人との付き合いも含めて。つづめて言えば、その人の存在を続けることができるものだろうか。その男が彼が見せかけようとしている人とは違うということに気づかれずに。
 薬局店主のデッキンガは成り行きでそれをせざるを得なくなってしまった。
 自宅での不幸ないさかいで、かれの激しやすい性格のせいで、彼は逃走し、他所の地で何とか新しい生活を始めなければならなくなった。
 こっそり薬局を抜け出し、数かずの冒険に身を投じ、何度もあやういところを逃れた。
 幸せなことに偶然にも、彼がそれまで身につけた役割、次から次へと困難をもたらしてきたその役割をなげうつ時が訪れた。歓喜とともに、彼は再びもとの自分に戻り、この小説は終わりをむかえる。楽しい読み物がいつもそうであるように。
     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆
 "Dekkinga fuĝas" はユーモア小説であり、初まりから終わりまで読者をひきつけて止むことがない。しばし読者の、灰色の日常生活の苦労を忘れさせてくれる。あの Nines Ciaskiu も言っているではないか。
'perdita estas la tago, en kiu oni ne ridis 「笑いのない一日は、失われた一日である」' と。(裏表紙の紹介文より)


場所:
アムステルダム郊外の町、Beverlo からお話しが始まる。


登場人物:
Jakobo Johano Dekkinga … 主人公。薬局店主。
Anastasia … 年老いたいとこ。
Van der Steen … 薬局員。
Brouwer … 薬局員。Dekkinga が埋葬される場面で、ただ一人涙を流す。
Verdoes … かかりつけ医。
Vermeulen … 友人の弁護士。
Baren van Dieren … Dekkinga が身代わりになる男。
Tom … Baren の年下の同僚。
Willems … Baren の上司
Prins … Baren の恋人。Willems の秘書。クロコダイルと陰で呼ばれている。
Alida … Baren の若い女性の友人。
Burgers … Baren の下宿の女主人。
など。


面白い表現、単語、いいまわし:
* vidaĵkarto … 「絵葉書」として使っている。いまなら、'bildkarto' だろう。 Sendu al li
vidaĵkarton; tio certe ĝojigos lin.
・「部屋が三つ並んでいる」 … Malrapide kaj singarde li grimpis supren ĝis li atingis
koridoron en kiun pordis tri ĉambroj.
*「ツツジ」 … Ni sendis al li azeleojn.
* 「声帯」 … "Gardu viajn voĉkordojn", avertis Tom, kiam ili adiaŭis unu la
alian. "Ankaŭ mi iam ĉeestis kunvenon de surduloj. Unu semajnon poste mi
ankoraŭ estis raŭka."
・「それでお終い」 … Punkto finite, nenia komento.
・Pendis en la ĉambro fasko da visko kaj ni staris kune sub ĝi kaj vi pensis...
vi atendis, ke mi vin..." 'visko (ヤドリギ)'  … Kutimo de angla deveno: Starante sub la
visko, la viro rajtas kisi knabinon.
・「人生は...」 … "La vivo estas mirinda miksaĵo de dolĉo kaj acido, de lumo
kaj mallum", li diris.
・「傘たて」 … 'pluvombrelujo'
・「女というものは...」 … Sed virinoj, li pensis, estas ja enigmoj kaj kocerne la Krokdilon
oni povus paroli ne nur pri enigmo, sed eĉ pri nesolvebla mistero.
・「ダメよ、ダメダメ」 … "Sed...!" protestis sinjoro Van Dieren. "Neniaj sed-oj!" diris la
virino. "Vi kuniru por trinki tason da teo aŭ glason da viskio."
・「切りかえスイッチ、スイッチ」 … 'komutilo'  いまなら 'ŝaltilo' か。
・plezuro de fraŭlo "kun libreto en anguleto"
・「ヒツジの皮をかぶったオオカミ」 … Li estis la lupo en ŝafofelo, ŝajne
honesta kaj sensignifa raportisto, sed efektive krimulo kun la plej sensacia pasinteco,
kiun oni povas imagi.
・「晴れ着を着て」? … Li manĝis kun apetito kaj estis je la sepa,  dimanĉe
vestita, preta por eliri, kiam aŭdiĝis sonorilo.
・「蛇に見込まれた蛙」 … "Vi, diris sinjoro Van Dieren, sentante sin muŝo en
araneaĵo, turnatan kaj rigardatan de araneo, "vi ne estas virino, vi estas
detektivo..."
・覚えておくべき詩! … ”Mi estos ĉe vi je la ĝusta tempo, Barend" , diris la
knabino, " kaj ne cerbumu pri ĉiaj aferoj, kiuj tamen ne okazos. Vi konas la
poemon: "La homo suferas plej multe pro la sufero kiun li timas kaj kiu neniam venos."
・「女というものは」再び! … La duan fojon li staris perpleksa kontraŭ la granda
vivo-enigmo kiu nomiĝas "virino". Ŝi do scias, ŝi do sciis tion dum tuta
tiu tempo...
・このお話の最終行はとても鋭い切れ味???!!!
 "Ali", li diris, "estus al mi agrable, se vizitus nin ankaŭ lernintino el mia
antaŭa apoteko, iu fraŭlino Brouwer". 
 "Ĉu malnova flamo via?" ŝi demandis, ride minacante lin per fingro.
 "Tute ne", li diris, "sed ĉe mia enteriĝo ŝi ploris, kaj mi deziras,
ke ĉe mia edziĝfesto ŝi ridu".

(2016. 10. 2. 読了)
 
Krokodilon oni povus paroli ne nur pri enigmo, sed eĉ pri nesolvebla o