かって、「芦屋エスペラント会」があった...

Iam estis Aŝija E-Societo...                          

『メグレと老婦人
『メグレと老婦人(第2章)』

「今日の単語」の和訳





7月 19日
          
fondi

@ (ion) <施設・組織・流派などを>創立する、設立する、開設する。A (ion) <建物・街などを>築く、作りあげる。《参考: konstrui は建設過程に重点がおかれる線結動詞であるのに対し、 fondi は何もないところに作りだすことに重点のある点動詞である》。B (ion + sur) 《転義》<事柄に>依拠させる。     《「エスペラント日本語辞典」》
… Cランクの単語です。英国語の 'found' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'starigi, konstrui ion (estante la unua, kiu
tion faras); fondaĵo: kapitalo por (mon-)apogo al iu celo' です。
昨日の 'garantii' の用例に続く文章です。


 -- Ĉu li mortis ĉi tie?
 -- Ne. Li mortis sola, en hotelĉambro, en Parizo, kien li iris kun la
espero trakti novan aferon. Li estis sepdekjara. Nun vi komencas
koni la familion. Mi ne scias precize, kion faras Teo, sed li ĉiam
havas malgrandan aŭton; li estas bele vestita kaj vivas en elegantaj
lokoj. Koncerne Karlon, kiu havas kvar infanojn kaj edzinon ne tre
agrablan, li sensukcese provis plurajn metiojn. Lia kaprico estis  fondi
ĵurnalon. Tio malsukcesis en Rouen kaj Havro. Tiam li engaĝis sin
en Fécamp, en aferon de sterko farita el fiŝdefalaĵo, kaj, ĉar tio
ne tro malbone funkciis, li enskribiĝis en mi ne scias kiu balotlisto.

 
「ここで亡くなったのですか?」
「いいえ。彼はパリのホテルの部屋で、ひとりぽっちで死んだのです。新しい事業をなんとかものにする望みで、そこへ行っていたんですわ。彼は七十歳でした。さア、これで内輪の(この家族)ことは、目鼻がついてきましたね。テオは何をやってるのか、はっきり存じません。が、いつも小さな自動車を持っていますし、きちんとした風采をして、しゃれた場所にごろごろしています。シャルルのほうは四人の子供と面白くもない女房を持って、いろんな仕事をやってはしくじってばかりいました。彼のお得意(気まぐれ仕事)は新聞の創刊なんですが、ルーアンでもル・アーヴルでもものになりませんでした。そこで彼は、フェカンで魚粕から取った肥料の事業にとりかかりました。これがそう悪くもなかったので、その次に選挙の、どんな手続きですか(わたくしは知らないのですが)立候補の届出をしたんです...
  

---『メグレと老婦人』より(ハヤカワ・ミステリ文庫、日影丈吉訳による)