aa

かって、「芦屋エスペラント会」があった...

Iam estis Aŝija E-Societo...

『ボスコム谷の謎』


平成29年(2017年)8月17日
pejzaĝo
〔名詞〕   @風景、景色、風景画。A [環境] 景観。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Bランクの単語です。英国語の 'landscape, natural scenery' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'terpeco kiel (plezuriga) rigardaĵo por
homaj okuloj' です。
本日から、『ボスコム谷の謎』です。

 Iun tagon mia edzino kaj mi sidis, matenmanĝante, kiam la servistino
enportis telegramon. Ĝi venis de Ŝerloko Holmso kaj tekstis tiel:

 Ĉu disponeblaj kelkaj tagoj? Ĵus telegrafita el okcidenta Anglujo pro
 la tragedio de la Valo Boskamo. Danka se vi akompanos. Aero kaj
 pejzaĝo perfektaj. Forlasos Padingtonan stacidomon je 11:15.

 ある朝、わたしと妻が朝食の席についているところへ、メイドが一通の電報を届けに来た。それはシャーロック・ホームズからで、こんな電文だった。
 
  二日(二、三日)バカリ暇ヲトレナイカ? ボスコム谷ノ事件ノ(悲劇ニ関スル)
  依頼ヲ受ケタ 西部イングランドヘ同行願エレバアリガタシ(タッタイマ西部イ
  ングランドカラ電報ガキタ) 空気モ景色モ申シ分ナイ土地 パディントン発
  十一時十五分ノ汽車デ発ツ

8月18日

aktuala
〔形容詞〕   @現在の、現時点の;現存の、顕在的な; [化学] 実在の。A時事的な、今日的な、差し迫った。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Cランクの単語です。英国語の 'topical, current, present(-day)' に相当します。
Baza E Radikaro (la  2a eldono) では 'nun estanta; nun interesa' です。
下例では語尾を変え、副詞として使っています。昨日の 'pejzaĝo' の用例に続く文章です。
昨日から、『ボスコム谷の謎』です。

 "Kion vi opinias, karulo?" diris mia edzino, min trans la tablo rigardante. 
"Ĉu vi iros?"
 "Mi ne scias, kion opinii. Mia paciento-listo estas  aktuale sufiĉe longa."
 "Ho, Anstruto transprenus vian laboron. Vi aspektas lastatempe iom
pale. Mi kredas, ke la ŝanĝo bone efikos sur vin, kaj vi ĉiam tiom
interesiĝas pri la kazoj de sinjoro Ŝerloko Holmso."

「あなた、どうなさるおつもり(どうお考え)?」妻がテーブル越しにわたしの顔を見た(顔を見ながら言った)。「いらっしゃるの?」
「さあ、どうするかな(どう言ったらいいかわからないな)。あいにく、いまはかなりの人数の患者をかかえているし(実際、わたしの患者さんのリストはかなり長くなってるし)」
「あら、それならアンストラザーさんが代りをつとめてくださるわよ。あなた、このところ顔色が少し悪いわ。たまには気分転換なさったほうが(変化が)身体にはいいんじゃないかしら。それに、シャーロック・ホームズさんのお仕事(事件)には、いつもすごく興味をもってらっしゃるくせに」

8月19日

tendo
〔名詞〕   @〔各種用途の〕テント; [軍事] 〔戦陣の〕天幕、幕舎。A [医学] 〔小脳の〕テント、天幕。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Cランクの単語です。英国語の 'tent' に相当します。
Baza E Radikaro (la  2a eldono) では 'ŝirmilo el tolo, feloj aŭ alia tukeca
materialo, starigita per stangoj, por ŝirmi kontraŭ vento, suno, pluvo,...
(servata kiel portebla loĝejo aŭ kunvenejo)' です。
下例では「同種の物の一定の集団」を示す接尾辞 '-ar' を付け、さらに形容詞語尾を付けています。昨日の 'aktuala' の用例に続く文章です。
一昨日から、『ボスコム谷の謎』です。

 "Mi agus tre malĝentile, se ne, konsiderante, kion mi gajnis pro unu
el", mi respondis. "Tamen, se mi ja iros, nepras tuj paki valizon, ĉar
mi havas nur duonhoron."
 Miaj spertaĵoj pri  tendara vivo en Afganujo igis min almenaŭ tuja
kaj ĉiampreta vojaĝonto.

「そりゃ、確かに、彼の仕事のおかげでぼくが手にれたものを考えてみれば、興味がないなんて言おうものならばちが当たる(無礼なことだろう)(」と、わたしは返事した。「(。でも、行くとすれば、ぐずぐずしていられない(鞄を詰める必要がある)。出発まであと三十分くらいしかないぞ」
 アフガニスタンでの軍隊(戦陣の天幕)生活の経験が、(すくなくとも)わたしを身軽な旅のできる男(たちまちのうちに、いつも準備ができている旅行者)にしてくれた。

8月22日

kajo
〔名詞〕   @岸壁; [海洋] 〔川の〕荷揚げ場、河岸(かし)、桟橋。A [鉄道] プラットホーム。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Cランクの単語です。英国語の 'quay; platform' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'per muro (en akvo) fortigita strato
apud rivero aŭ kanalo, por povi eniri ŝipojn aŭ eliri el ili; simila afero
apud fervojo por povi en- kaj eliri trajnojn (vagonarojn)' です。
先週末の 'tendo' の用例に続く文章です。

 Miaj bezonoj estis malmultaj kaj bazaj, tiel ke post malpli ol la tempo
menciita mi sidis kun mia valizo en fiakro, klakruliĝante al la Padingtona
stacidomo. Ŝerloko Holmso paŝadis tien kaj reen laŭ la  kajo, lia alta,
magra figuro ŝajnis eĉ pli magra kaj alta pro lia longa, griza vojaĝ-
mantelo kaj strikta tolĉapo.

 必要な身のまわり品もごくわずか(で、基本的な物ばかり)だから、三十分もしないうち(指定された時刻よりももっと早い時間)に、わたしは旅行鞄を携えてパディントン駅へ(ガラガラ音を立てながら)向かう馬車の中にいた。駅に着いてみると、(シャーロック・)ホームズはプラットホームをゆっくりと行ったり来たりしていた。長い灰色の旅行用マントに身を包み、ぴったりした布の帽子をかぶっているので、やせた長身がいっそうひょろ長く感じられる。

8月23日

tra
〔前置詞〕   @〔場所〕(1)〔貫通〕…を通り抜けて、…を貫いて。(2)〔境界から境界まで〕…を通して。(3)〔経由〕…を経て。A〔時間〕…を通じて、…中。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Aランクの単語です。英国語の 'through' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'de unu flanko (ekster io) al la alia flanko, ne
ĉirkaŭirante ("+" havas unu strekon tra alia streko) (li rigardas tra la fenestro;
ni promenis tra la arbaro al la vilaĝo)' です。
下例では二つ重ねて強調し、副詞語尾を付けて使っています。 Gubbins さんお得意の会話表現です。昨日の 'kajo' の用例に続く文章です。

 "Bonege, ke vi venis, Vatsono" li diris. "Al mi estas granda diferenco,
kiam akompanas min iu, kiun mi povas  tratrae fidi. Helpo surloka estas
ĉiam aŭ senvalora aŭ neobjektiva. Do, se vi retenos la du angulajn
sidlokojn, mi aĉetos la biletojn."

「やあ、よく来てくれたね、ワトスン(」と彼は言った。「)。全面的に信頼の置ける人物がそばにいてくれるのといないのとでは、ぼくにとって大違いだ。現地警察の助力なんて役に立ったためしがないし、およそ偏った見方しかできない連中なんだから(現地で得られる助力はいつも価値がないか、客観的でないかのどちらかだ)。さあ、そっちの隅の席を二人分とっておいてくれないか。そのあいだにぼくが切符を買ってくる」

8月24日

reto
〔名詞〕   @(1)網(あみ);〔髪やテニスなどの〕ネット。(2)〔獣をとる〕網わな;〔鳥を捕える〕かすみ網;たも網;〔人をおとしいれる〕わな。(3)漁網。A〔こみいった〕網、網目。B(1)〔人の〕連係、網。(2)[交通] [通信・放送] [コンピュータ] 〔交通・通信や伝達手段などの〕網(もう)、〔コンピュータなどの〕ネットワーク。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Bランクの単語です。英国語の 'net; network' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'plektaĵo el ŝnuroj aŭ fadenoj, en
kiu ĉiu fadeno estas ligita al multaj aliaj fadenoj, kun sufiĉe larĝaj
interspacoj (maŝoj) (simila al "#") (i.a. por fiŝkapti); interligita aro da
homoj, aparatoj,... (telefonreto, komputila reto)' です。
下例では対格語尾を付けています。昨日の 'kajo' の用例に続く文章です。

 Ni estis solaj en la vagono, krom gazetoj vaste disĵetitaj, kiujn Holmso
kunportis. Tiujn li taŝercis kaj studis, foje farante notojn kaj cerbumante,
ĝis ni estis preterpasintaj Redingon. Poste li subite kunvolvis ilin en
grandan pilkon, kaj ilin suprenĵetis sur la bagaĝo-reton.

 その車室をわたしたちで独占できた(その車両にはわたしたちだけだった)のはいいが、ホームズが山ほど持ち込んだ新聞がところ狭しと散乱することになった。彼は新聞をひっかきまわすようにして読みあさり、時折読むのを中断してメモをとったり考え込んだりしていたが、そのうち汽車がレディングを過ぎると、いきなり全部の新聞を丸めて巨大な紙の玉にしたかと思うと、網棚へ放り上げてしまった。

8月25日

paradokso
〔名詞〕   [思想] 逆説、パラドックス〔一見矛盾あるいは不合理なようで実は正しい論説〕;奇論。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Cランクの単語です。英国語の 'paradox' に相当します。
下例では副詞語尾に変えています。昨日の 'reto' の用例に続く文章です。

 "Ĉu ion vi aŭdis pri la kazo?" li demandis.
 "Eĉ ne unusolan vorton. Gazeton mi ne vidas jam dum kelkaj tagoj"
 "La Londona gazetaro ne liveris tre detalajn raportojn. Mi ĵus trarigardis
ĉiujn lastatempajn gazetojn por primajstri la esencon. Ŝajnas al mi, laŭ
mia legado, ke temas pri unu el tiuj simplaj kazoj, kiuj diable malsimplas."
 "Tio sonas iom  parakokse."

「事件のことは何か耳にしているかい?」とホームズ(彼)が訊いた。
「いや、何も(ひと言も)。ここ数日、新聞を見ていないしね」
「ロンドンの新聞には、あまり詳しく出ていないよ。細かい点が書いてないか(エッセンスを知ろう)と思って、最近の新聞にすべて目を通してみたんだがね。ただ、どうやら(読んだことから判断すると)今度の事件は、単純であるがゆえにきわめて難解だというたぐいの事件みたいだ」
「それではなんだか矛盾していないかい?(なんだか逆説的に聞こえるよ)」

8月26日

suko
〔名詞〕   @〔果物・樹木・肉などの〕汁、汁液;果汁、ジュース; [植物] 樹液。A《転義》精髄。B《俗語》電流;燃料、ガソリン〔などの動力源〕。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Bランクの単語です。英国語の 'juice; sap' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'likvo, trinkaĵo el frukto(j) (aŭ el alia
parto de planto),...' です。
下例では「無」を示す接頭辞 'sen-' を付け、さらに語尾を変えて、形容詞として使っています。昨日の 'paradokso' の用例に続く文章です。

 "Tamen profunde vere. Unikeco preskaŭ senescepte estas indikilo. 
Ju pli  sensuka kaj ĉiutaga la krimo, des pli malfacile ĝin solvi. 
En tiu ĉi afero, tamen, oni starigis tre signifan pruvaron kontraŭ
la filo de la murdito."

「いや、まったくの真理さ。事件の異常さというやつは、それ自体がひとつの(ほとんど例外なく)手掛かりとなる。特色のない平凡なものほど、犯人をつきとめにくい(それを解決するのが難しい)ものなんだよ。ところで、この事件では、殺された被害者の息子がかなり不利な立場に追い込まれているようだ(息子に対してとても意味のある証拠がいくつも挙げられている)」

8月29日

stato
〔名詞〕   @状態、ありさま。A〔社会における個人の〕状態、地位、身分。B [物理学] [化学]状態。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Bランクの単語です。英国語の 'state, condition' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'tiel, kiel estas; tia, kia io estas (nun); stati:
esti en iu stato (kiel statas la afero?)' です。
下例では動詞として使っています。その現在形です。先週末の 'suko' の用例に続く文章です。

 "Ĉu ja pri murdo temas?"
 "Nu, konjekteble, jes. Sed nenion mi kredos vera, ĝis mi estos
povinta ĝin persone esplori. Mi klarigos al vi, kiel  statas la afero,
almenaŭ laŭ mia nuna kompreno, per tre malmulte da vortoj.
 "Valo Boskamo estas kampara regiono ne tro for de Roso, en HerefodŜiro."

「じゃ、殺人事件なのかい?」
「まあ、そう考えられている。でもね、ぼくとしては、自分の手で調べてみるまで、決めつけたくはないんだ(どんなことも真実だとは信じたくないんだ)。ぼくがこれまでつかんだ(理解している)かぎりで、事件の状況をかんたんに(大変少ない言葉で)話してあげよう。
「ボスコム谷というのは、ヘレフォード州のロスという町からそう遠くない郊外にある(田園地帯だ)」

8月30日

patro
〔名詞〕   @父、父親。A父親のような存在。B生みの親、創始者、先駆者、元祖。C [キリスト教] 神の別称。D [キリスト教] 〔カトリックの〕男性聖職者(の尊称)、神父。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Aランクの単語です。英国語の 'father' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'naskiginto (en rilato al la naskigita infano)
(patrino: naskintino (en rilato al la naskita infano))' です。
下例では「容器・果樹・国・界」の名を示す接尾辞 '-uj' を付けて名詞として使っています。昨日の 'stato' の用例に続く文章です。

"La plej granda terposedanto en tiu loko estas iu sinjoro Johano Tunero,
kiu riĉiĝis en Aŭstralio kaj revenis antaŭ kelkaj jaroj al la malnova
patrujo. Unu el la bienoj, kiujn li posedis en Haterlio, estas luigita
al sinjro Karlo Makarto, ankaŭ iama aŭstraliano. 

「その土地最大の地主は、ジョン・ターナーという男で、オーストラリアでひと財産をつくり(金持ちになり)、数年前にこのイギリス(古い祖国)に戻ってきた人物らしい。ターナーは自分の持っている農場のひとつ、ハザリー農場を、チャールズ・マッカーシーという男に貸していた。この男も(かって)オーストラリアから引き揚げてきたきた人物だ。

8月31日

kolonio
〔名詞〕   @〔異国などに作った拠点〕(1)植民地;入植地。(2)植民団、移民団。(3)居留民団;在留民団。(4)集団居住地。(5) [歴史] 〔ギリシャ時代の〕植民都市。(6) [歴史] 〔ローマ帝国の〕守備隊駐屯地。A [生物] 〔同種生物の集まっているところ〕(1)群棲(ぐんせい)、群生。(2)コロニー。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Cランクの単語です。英国語の 'colony; settlement' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'lando okupita kaj regata de iu ŝtato,
ne kiel ĝia egalrajta parto; homoj aŭ bestoj kiuj grupe ekloĝis ie' です。
下例では複数語尾を付けています。昨日の 'patro' の用例に続く文章です。

"La viroj konatiĝis en la  kolonioj, kaj do estis tute nature, ke, kiam ili
establis siajn hejmojn, ili tion faris kiel eble plej proksime unu al la alia. 
Tunero, ŝajne, estis pli riĉa, do Makarto fariĝis luanto lia, sed ili
interrilatis, kredeble, laŭ perfekta egaleco, ĉar ili ofte kunis.

「二人はむこうの植民地で知りあった仲らしい。だから、故国に戻ってきた二人が腰を落ち着けるにあたって、できるだけお互いの近くに住むことにしたとしても、不自然なことではあるまいね(まったく自然なことだ)。財産面では明らかにターナーのほうが豊かで、だからこそマッカーシーに農場を貸してやっていた(マッカーシーは彼の賃借人になった)わけだが、かなり親しく(頻繁に)行き来していたところをみると、二人の関係はまったく対等のままだったようだ。

9月1日

najbaro
〔名詞〕   近所の人、隣人;隣席の人。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Bランクの単語です。英国語の 'neighbour' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'homo, kiu loĝas apude; homo, kiu
sidas apude' です。
下例では語尾を変え、形容詞とし、さらに複数語尾を付けています。昨日の 'kolonio' の用例に続く文章です。

"Makarto havis unu filon, knabon dek-ok-jara, kaj Tunero solfilinon de
la sama aĝo, sed nek unu nek la alia havis vivantan edzinon. Ŝajnas,
ke ili evitis la kuneston de la  najbaraj anglaj familioj kaj retiriĝeme vivis,
kvankam ambaŭ Makartoj ĝuis sportojn kaj ofte videblis ĉe la
ĉevalkonkursoj de la ĉirkaŭaĵo.

「マッカーシーには十八歳になる息子がひとりいる。ターナーにも同じ年のひとり娘がいるが、二人とも妻はもう亡くしている。両家とも、近所のイギリス人家庭とのつきあいは避けて、ひっそりと暮らしていたらしい。もっとも、マッカーシー親子はスポーツ好きで、近所で催される競馬会にはよく姿を見せたそうだ。

9月2日

teni
〔動詞〕   @ (ion + ie) 〔人が〕<物体を>手や腕で<ある場所に>支え持っている、つかんでいる、握っている。A (iun + ie) <人・動物などを><ある場所に>とどめる、留置する。B(ion + ie) <物を><ある場所に>しまっておく、保管する。C (ion) <抽象物を>保持する。D (ion) <事業などを>維持する、遂行する。E (ion) <人を>雇用している、<動物を>飼う、<物を>保持する。F (ion + iel/ia) <物を><ある状態に>保つ。G (sin) (1)姿勢を保つ。(2)なんとか生活する。(3)消えずに残る。(4) (sin + je io) 依存する、固執する。(5) (sin +iel) 振る舞う。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Aランクの単語です。英国語の 'hold; keep; maintain; have' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'havi (en mano aŭ proksime);
ne fordoni; fari tiel, ke io/iu ne povas (de)fali, foriri, forflugi,...; restigi;
(teni sian vorton: fari tion, kion oni promesis)' です。
下例では過去形の語尾を付けています。昨日の 'najbaro' の用例に続く文章です。

"Makarto  tenis du servistojn -- viron kaj knabinon. Tunero posedis
konsiderindan servistaron, minimume ses-opan. Jen tiom, kiom mi
sukcesis kunmeti pri la familioj. Do nun la faktoj.
 "La 3an de junio, do la pasintan lundon, Makarto iris el sia hejmo
ĉe Harterlio ĉirkaŭ la tria posttagmeze kaj piediris al la Lageto
Boskamo, malgranda lago formita de la etendiĝo de la rivereto, kiu
trafluas la Valon Boskamo.

「マッカーシー家には二人の使用人が―下働きの男がひとりとメイドがひとり―いる。ターナー家の方はかなりの大世帯で、少なくとも六人かそこらは使用人がいる。両家についてぼくが知っていることは、このくらいしかない(これくらいことを知るのにやっと成功した)。さて次に、起こったこと(事実)についてだ。
「六月三日、つまり今週(この前)の月曜日のことだが、マッカーシーは午後三時ごろ、ハザリーにある自分の家を出て、ボスコム湖のほうへ歩いていった。ボスコム湖というのは、ボスコム谷を流れている川(小川)が広がってできた、小さな湖だ。

9月5日

tereno
〔名詞〕   @〔一定の用途の土地〕土地。(1)〔一般に〕用地、敷地。(2)[スポーツ] スポーツ用地、グランド。(3) [航空] 〔飛行場で〕地上〔滑走路およびエプロン〕(4) [軍事] 軍事地域〔陣地、演習場、作戦地など〕。A所有地、領地;《転義》(活動の)場、勢力圏。B〔地勢・地質からみた〕土地、地形、土壌。C [地学] (地)層。D [コンピュータ] ドメイン。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Cランクの単語です。英国語の 'terrain; grounds; field (of activity)' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'terspaco, rigardata laŭ sia uzeblo
por homa agado - aŭ kiel ejo, kie io okazas' です。
下例では対格語尾を付けています。先週末の 'teni' の用例に続く文章です。

"Dum la mateno li forestis en Roso kun sia servisto, kaj al tiu li diris,
ke li rapidu, ĉar je la tria li havos gravan rendevuon. De tiu rendevuo
li neniam revenis vivanta.
 "De la farmdomo Haterlio ĝis la lageto Boskamo estas distanco de
kvaronmejlo, kaj vidis lin du homoj, kiam li trapasis ĉi tiun  terenon.

「(彼は)その日の朝は使用人を連れてロスの町へ出かけていたが、三時に人と会う大事な約束があるので急いで戻らなければと、その使用人に言っていたそうだ。そして、その約束を果たしにいったきり、彼は二度と帰らぬ人となった(そのランデヴーから彼が生きて帰ることはなかった)。
「ハザリー農場の家からボスコム池までは、四分の一マイルほどの道のりで、マッカーシーがその道(領地)を歩いていくところを、二人の人間が見かけている。

9月6日

depozicio
〔名詞〕   [法律] 〔法廷、警察での〕証言、供述;〔英米で、法廷外の〕宣誓証言。      《「エスペラント日本語辞典」》
… ランク外の単語です。英国語の '(law) deposition' に相当します。
下例では語尾を変え動詞として使っています。その現在形です。昨日の 'tereno' の用例に続く文章です。

"Unu el tiuj estis maljunulino, kies nomo ne estas menciita, kaj la alia
estis Vilhelmo Kraŭdo, ĉasgardisto dungita de sinjoro Tunero. Ambaŭ
atestantoj  depozicias, ke sinjoro Makarto paŝis sola. La ĉasgardisto
aldonas, ke ene de kelkaj minutoj, vidinte sinjoron Makarto preterpasanta,
li rimarkis lian filon, sinjoron Jakobo Makarto, iranta en la sama direkto
kun fusilo subbrake.

「(二人のうちの)ひとりは老女で、名前は新聞には出ていない。もうひとりは、ターナーに雇われている猟場管理人の、ウィリアム・クラウダーという男だ。この二人の目撃者は両方とも、マッカーシー(氏)はひとりで歩いていたと証言している。管理人はさらに、マッカーシーの姿を見かけてから五分(数分)もたたないうちに、(彼の)息子のジェイムズ・マッカーシーが、銃を小脇に抱えて同じ道を(同じ方向に)歩いていくのを見た、と述べている。

9月7日

tragedio
〔名詞〕  @ [演劇] 悲劇〔作品〕。A悲劇的な出来事、惨劇。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Cランクの単語です。英国語の 'tragedy' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'teatra verko laŭ klasikaj preskriboj;
teatraĵo kun malfeliĉa fino; malfeliĉega okazaĵo' です。
昨日の 'depozicio' の用例に続く文章です。

"Li plene kredas, ke je tiu tempo fakte videblis la patro, kaj la filo lin sekvis. 
Pri la afero li ne plu pensis, ĝis li aŭdis vespere pri la  tragedio kiu okazis.
 "Oni vidis la du Makartojn, post kiam Vilhelmo Kraŭdo perdis ilin el
sia rigardo.

「そのときはまだ父親の姿もはっきり見えていて、息子が父親のあとを追っていたとしか思えないという(…と、彼は100%確信した)。もっともクラウダー(彼)は、そのあとで起こった事件(悲劇)のことを(夜になって)耳にするまで、そのときのことは忘れてしまっていた(考えることはなかった)らしい。
「猟場管理人のウィリアム・クラウダーがマッカーシー親子の姿を見かけた(視界から失った)あとも、二人の姿を見た人物がいた。

9月8日

ranĝo
〔名詞〕  @ [服飾] フリンジ、縁飾り、房べり。A [物理学] 〔明暗の〕しま模様。      《「エスペラント日本語辞典」》
… ランク外の単語です。英国語の 'fringe' に相当します。
下例では、語尾を変え動詞として使っています。その現在形です。昨日の 'tragedio' の用例に続く文章です。

"Ĉirkaŭas Lageton Boskamo densa arbaro, kaj rande  franĝas
ĝin herboj kaj kanoj. Knabino dek-kvar-jara, Pacienca Morano,
la filino de la pordisto de la bieno en la Valo Boskamo, plukis
florojn en unu el la arbaroj. Ŝi atestas, ke, dum ŝi tieis, ŝi vidis,
ĉe la rando de la arbaro kaj proksime al la lageto, sinjoron Makarto
kaj lian filon, kaj ke ili ŝajne kverelegis.

「ボスコム池の周囲は、雑草やアシに取り巻かれた水際のほかはすっぽりと深い森になっている。ボスコム谷の管理人小屋(農場の門番)の娘で、ペイシェンス・モランという十四歳の少女が、ちょうどそのころ、その森(のうちのひとつ)で花を摘んでいた。その少女が言うには、(彼女がそこにいるときに、)森のはずれの池のすぐそばにマッカーシ親子の姿が見えた、と。しかも、激しく言い争っている様子だったという。

9月8日

sakri
〔動詞〕  〔神の名をみだりに使って〕のろいの言葉を吐く、悪態をつく、怒る。      《「エスペラント日本語辞典」》
… ランク外の単語です。英国語の 'curse, swear' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'diri kolera(j)n vorto(j)n (pro la situacio,
ne al iu)' です。
昨日の 'franĝo' の用例に続く文章です。

"Ŝi aŭdis la pli aĝan Makarton  sakri kontraŭ sia filo, kaj
ŝi vidis ĉi tiun levi la manon, kvazaŭ por bati la patron. 
La perforto tiom timigis ŝin, ke ŝi forkuris kaj, atinginte sian
domon, diris al sia patrino, ke ŝi lasis la du Makartojn kverelantajn
apud Lageto Boskamo, kaj ke ŝi timas, ke ili estas batalontaj. 

「父親の(より年老いた)マッカーシーが(自分の)息子をものすごい剣幕で怒鳴りつづける声が聞こえ、息子(こちら)のほうは手を振り上げて(あたかも)父親に殴りかかろうとしていたらしい。そのあまりの激しさ(その暴力)に少女はすっかり恐ろしくなって、急いで家に逃げ帰り、すぐ母親に、マッカーシー親子がボスコム池のほとりで言い争っていて(言い争っているままにしておいた)、いまにもけんかになりそうだ(けんかになるのを恐れている)と告げた。

9月12日

agiti
〔動詞〕  @ゆすぶる、<精神を>動揺させる。A [政治] 扇動する。      《「エスペラント日本語辞典」》
… ランク外の単語です。英国語の 'agitate, stir things up' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'inciti la sentojn; ribeligi homamasojn' です。
下例では「その状態・結果が生じること」を示す接尾辞 '-iĝ' を付けた動詞とし、それを過去形にして使っています。先週末の 'sakri' の用例に続く文章です。

"Apenaŭ ŝi diris tion, kiam la juna sinjoro Makarto alkuris al la
pordistejo por anonci, ke li trovis sian patron morta en la arbaro,
kaj por peti la helpon de la pordisto. Li tre  agitiĝis, mankis kaj
fusilo kaj ĉapelo, kaj, kiel ili notis, makulis la dekstrajn manon kaj
manikon freŝa sango.

「ところが、娘がまだ(そのことを)話し終わりもしないうちに、息子の(若い)ほうのマッカーシーが管理人(門番)小屋に駆け込んできて、(自分の)父親が森の中で死んでいると管理人の助けを求めたんだ。ひどく興奮していて、(彼らが気づいたように)銃も持っていなければ帽子もかぶっていないんだが、右の手と(右の)袖口のところにまだ真新しい血がついていた。

9月13日

aparteni
〔動詞〕  @ (al iu) <人の>所有である、<人に>帰属する。《注意: havi,
posedi を使った場合の目的語が aparteni を使うと主語になる。したがって、
例文 Tiu valizo apartenas al mi. (そのカバンはわたしのものです) は、
Mi posedas tiun valizon. と同義である》A (al io) <…に>属している、所属する;<…の>一つである、<…に>分類される。B (al iu) 〔事柄などが〕<人の意志・権限などに>かかっている。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Bランクの単語です。英国語の 'belong' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では '[tio, kion iu/io posedas (havas), apartenas
al tiu/tio] [parto de io apartenas al la tuto]' です。
下例では過去形にして使っています。昨日の 'agiti' の用例に続く文章です。

"Lin sekvinte, ili trovis la kadavron kuŝanta sur la herbo apud la lageto. 
La kapo estis plurfoje kavigita pro la batilo peza kaj solida. La vundoj
povus esti tre bone estigitaj de la kolbo de la fusilo, kiun oni trovis sur
la herbo kelkajn paŝojn for de la kadavro, kaj kiu  apartenis al lia filo.

「みんながその(彼の)あとについていってみると、沼(池)のほとりの草むらに、父親のマッカーシの死体が大の字になって横たわっていた。頭に、なにか(固くて)重い鈍器で何度か殴られた跡があった。死体からほんの数歩ほど離れた草地に息子の銃がころがっていたため、頭の傷はこの銃の台尻で殴られてできたものに違いないと考えられた。

9月14日

sesio
〔名詞〕  @ [法律] 〔議会の〕会期、〔裁判所の〕開廷期間。A〔講演・授業などの〕時間枠。      《「エスペラント日本語辞典」》
… ランク外の単語です。英国語の 'session' に相当します。
昨日の 'aparteni' の用例に続く文章です。

"Sub cirkonstancoj tiuj, la juna sinjoro estis tuj arestita kaj, post akuzo
pri 'murdo intenca' marde ĉe la mortenketo, li estis venigita merkrede
antaŭ la lokajn juĝistojn en Roso, kiuj transdonis la kazon al la venonta
sesio de la asizo. Jen la ĉefaj faktoj de la kazo, kiuj altagiĝis antaŭ
la mortenketisto kaj la polica tribunalo."

「こういった状況のもと、(その若い)息子(男)は即座に逮捕され、翌日(火曜日)の検死裁判で『故意による殺人』という判決が下された。さらに続く水曜日には、ロスの町の治安判事の取り調べを受け、その結果、事件は次の巡回裁判(のセッション)に付されることになった。検死官と警察裁判所の調べから判明した(白日の下にさらされた)の(主要な事実)は、ざっとこんなところだ」

9月15日

kondamni
〔動詞〕  @ (iun + al io) <人に><刑を>宣告する。A (ion) <事物を>罪であるとする。B非難する、きびしく責める。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Cランクの単語です。英国語の 'condemn; find guilty' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'juĝe deklari, ke iu estas kulpa, kaj
difini la punon (kondamni iun al morto, mallibrejo, monpuno)' です。
下例では、形容詞語尾に変え、さらに対格語尾をつけています。昨日の 'sesio' の用例に続く文章です。

 "Mi apenaŭ povas imagi kazon pli  kondamnan", mi diris. "Se iam
pruvoj laŭcirkonstancaj indikis krimulon, do jen ili."
 "Pruvoj laŭcirkonstancaj ege tiklas", respondis Holmso, penseme. 
"Ŝajne ili rekte indikas difinitan solvon, sed, se vi iomete ŝanĝos
vian vidpunkton, vi eble trovos, ke ili indikas egale difinite ion tute
malsaman."

「どうもこれ以上ないほどはっきりした事件に思えるんだがね(これ以上はっきりと犯人を指し示す事件をわたしは想像できないよ」と、わたしは言った。「)。状況証拠がはっきりと犯人を指示してくれる事件があるとすれば、まさにこれ(これら)がそうだろう」
「ところが、その状況証拠ってやつが、きわめつきのくせものだ(大変ムズムズさせるんだ)」ホームズは考え深げに言った。「ある一点(解決)をまっすぐに指し示しているかと思うと、ちょっと視点をずらしただけで、これまた同じくらいはっきりと正反対の方向を指し示してしまうものなんだよ」

9月16日

etudo
〔名詞〕  [音楽] 練習曲、エチュード; [美術] 〔絵画の〕習作; [遊戯] エチュード〔詰め将棋に似たチェスの練習問題〕。      《「エスペラント日本語辞典」》
… ランク外の単語です。英国語の 'étude, study, sketch' に相当します。
昨日の 'kondamni' の用例に続く文章です。

"Tamen nepras agnoski, ke la akuzo kontraŭ la juna sinjoro aspektas
ege grava, kaj tute eblas, ke li ja kulpas. Tamen en la ĉirkaŭaĵo
troveblas diversaj homoj, inter ili fraŭlino Tunero, la filino de la najbara
terposedanto, kiuj kredas lin senkulpa, kaj kiuj dungis Lestradon, kiun
vi eble memoras kunlige kun la Skarlata  etudo, por solvi favore al li la kazon."

「とはいえ、正直言って、事件の様相が息子に非常に不利なほうへ傾いているのも事実だ。このジェイムズが犯人だ(彼に罪がある)ということも十分考えられる。ところが近所には、隣に住む地主の娘、ミス・ターナーを始めとして、ジェイムズの無実を(彼が無実であると)信じて疑わない(いろいろな)人たちもいる。その人たちがレストレード警部に頼んで(雇って)――ほら、(君もたぶん覚えているだろうが)『緋色の研究』事件のときの、あの警部だよ――ジェイムズに対する嫌疑をなんとか晴らしてもらおう(この事件を彼に有利なように解決してもらおう)と、働いてもらっているのさ」

9月20日

fulmo
〔名詞〕  @雷;稲光、稲妻; [気象] 雷光。〔「雷鳴」は tondoro 〕。A閃光(せんこう);〔写真の〕フラッシュ。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Bランクの単語です。英国語の 'lightning' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'brila fajra streko en ĉielo pro elektro
inter nuboj (kaj tero); fulmotondro: vetero kun fulmo kaj tondro' です。
下例では語尾を変え、動詞として使っています。その現在形です。先週末の 'etudo' の用例に続く文章です。

"Lestrado, estante iom embarasita, direktis la kazon al mi, kaj do tial du
sinjoroj mezaĝaj  fulmas okcidenten je kvindek mejloj hore, anstataŭ
digesti hejme siajn matenmanĝojn."
 "Mi timas", mi diris, "ke la faktoj tiel evidentas, ke malmulte da renomo
vi ĉerpus el tiu ĉi kazo."

「だが、レストレードが(少しばかり)行き詰まってしまって、このぼくに捜査を依頼してきた(事件を振り向けた)。それで、二人の中年男が自宅でゆっくり朝食を消化している暇もなく、こうして(稲妻のように)時速五十マイルの速さで西にむかっているってわけだ」
「でも、これだけ明白な事実がそろっていれば、きみが活躍する機会はほとんどないように思えるが(きみがこの事件から引き出す名声はそんなに多くはないだろう)」

9月21日

fanfaroni
〔動詞〕  (V, ke) 大げさな自慢話をする、大言壮語する、豪語する、うそぶく。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Cランクの単語です。英国語の 'boast, brag' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'fieri pri io, kion oni ne mem faris; (tro) laŭdi
sin' です。
下例では現在形の語尾を付けています。昨日の 'fulmo' の用例に続く文章です。

 "Nenio pli trompas ol fakto evidenta", li respondis, ridante. "Krome
povas esti, ke ni malkovros aliajn evidentajn faktojn, kiuj al sinjoro
Lestrado neniel evidenta. Vi tro bone konas min por kredi, ke mi
fanfaronas, dirante, ke mi aŭ pravigos aŭ detruos lian teorion per
rimedoj, kiujn li tute malkapablas apliki, aŭ eĉ kompreni."

「いやいや、明白な事実ほど誤解を招き(だまされ)やすいものはない」ホームズは笑って答えた。「それに、レストレード警部がまったく見落としていたような明白な事実が、ほかに見つからないともかぎらない(別の明白な事実をわれわれが見つけるかも知れない)じゃないか。きみはぼくのことをよく知っているから、こんなことを言っても自慢とは受け取らないでくれるだろうが、ぼくはレストレード(彼)には絶対にとれない方法、いや、理解すらできないような方法で、彼の理論を確証することだろうと、打ち破ることだろうとできるつもりだ」

9月22日

situi
〔動詞〕  (ie) <場所に>位置を占める、位置する。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Cランクの単語です。英国語の 'be situated' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では名詞形 'situo' について 'en
kiu aŭ kia ĉirkaŭaĵo io troviĝas; situi: troviĝi (en
iu ĉirkaŭaĵo); situigi: meti (en iun ĉirkaŭaĵon)' です。
下例では現在形の語尾を付けています。昨日の 'fanfaroni' の用例に続く文章です。

"Prenante la unuan ekzemplon ĉe-mane, mi tute klare perceptas, ke
en via dormoĉambro la fenestro  situas je la dekstra flanko, tamen mi
demandas min, ĉu sinjoro Lestrado estus rimarkinta fakton eĉ tiel
memevidentan."
 "Kiel diable..."

「手近な(手近にある最初の)例を挙げれば、ぼくにはきみの家の寝室の窓が右側についていることがはっきりとわかるが、レストレードなら、そんな自明の事実にすら気づかないだろうさ(だろうとぼくは思うよ)」
「(ちくしょう、)いったいどうしてそんなことが――」

9月23日

ordo
〔名詞〕  @秩序、順序。A [歴史] 身分。B [生物] 〔生物分類の〕目(もく)。C [数学] 〔各種の〕位数。D [建築] オーダー〔建築物各部分の伝統的な比率〕。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Bランクの単語です。英国語の 'order' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'kiam io estas aranĝita en regula,
ne hazarda maniero; -::-::-::- estas ordo, -:--::-:-:::- ne estas ordo; ordigi:
fari ordon; aranĝi laŭ iu ordo' です。
下例では「傾向・好み・くせ・能力」を示す接尾辞 '-em' を付け、名詞として使っています。対格語尾が付いています。昨日の 'situi' の用例に続く文章です。

 "Kara homo, mi bone konas vin. Mi konas la militistan  ordemon, kiu
vin karakterizas. Ĉiun matenon vi razas vin, kaj en tiu ĉi sezono vi
razas vin dum sunlumo; tamen, ĉar via razado ĉiam malpli perfekta,
ju pli ni retroiras laŭ la maldekstra flanko, kaj fariĝas tutege mallerta,
kiam ni rondiras la angulon de la mentono, estas tre klare, ĉu ne, ke
tiu flanko estas malpli lumigata ol la alia."

「ぼくは、きみという人間をよくしっているのさ(ねえ、きみ、ぼくはきみをよく知っているんだ)。ワトスン。例えば、きみには軍人特有の几帳面さがしみついている(ぼくは軍人の几帳面さがきみを特徴づけていることを知っている)。きみは毎日欠かさず髭を剃るわけだが、この季節では、日光の明りを利用して剃っているはずだ。ところが、きみの髭を見ると、左にいくにしたがって剃り方がだんだん雑になって、あごの角あたりになるともうすっかりぞんざいだ。ということは、明らかに左側の光線が右側に比べて不十分だと考えられる(こちら側に比べて、もう一方の側があまり照らされていないことがわかる)」

9月26日

ekvilibro
〔名詞〕  @釣り合い、バランス〔比ゆ的な意味でも用いる〕。A [物理学] [化学] 平衡、釣り合い。B [心理] 〔精神的〕安定、平静。C [政治] [経済] 均衡。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Bランクの単語です。英国語の 'equivalent' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'stato, ke io aŭ iu estas senmova
malgraŭ fortoj diversflankaj; ekvilibra: ne falanta al unu aŭ alia flanko;
havanta opiniojn bone konsideritajn' です。
下例では語尾を変え、形容詞として使っています。先週末の 'ordo' の用例に続く文章です。

"Mi ne povis imagi homon kun viaj kutimoj, sin rigardanta sub lumo
ekvilibra kaj kontenta pri rezulto tia. Ĉi tion mi mencias nur kiel
ekzemplon bagatelan pri observado kaj rezonado. Jen mia profesio,
kaj povas esti, ke ĝi iel servos dum la esplorado nin atendanta. Cetere
leviĝis unu-du malgravaj eroj dum la mortenkteto, kiuj konsiderindas."

「きみのような几帳面なタイプの(君のような習慣を持つ)男が、もし左右の明るさが等しい(バランスの取れた光のある)場所にある鏡に自分の顔を映していたら、そんな剃り方(結果)に満足するわけがないからね。こいつは観察と推理のちょっとした(つまらない)例だが、それこそがぼくの専門技術(職業)なんでね。今度の事件(われわれを待っている調査)でも、おそらくこれが役に立つはずさ。ところで、検死裁判の過程で判明した小さな点が二、三あるのだが、考えてみるだけの価値はありそうだよ」

9月27日

meriti
〔動詞〕  (ion) <賞賛や罰に>値する、ふさわしい、受ける資格がある。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Bランクの単語です。英国語の 'deserve, merit' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では '(li meritas tion: pro liaj agoj, faroj,
kvalitoj, estas bone, ke oni faru tiel al li, aŭ ke li ricevu tion)' です。
下例はその現在形です。昨日の 'ekvilibro' の用例に続く文章です。

 "Kiuj?"
 "Ŝajnas, ke oni ne tuj arestis lin, sed nur post la reveno al la farmbieno
Haterlio. Kiam la polica inspektoro informis lin, ke li estas senlibera, li
rimarkigis, ke tio ne surpizas lin, kaj ne estas pli, ol li  meritas. Ĉi tiu
komento lia nature forpelis ajnajn dubo-spurojn ankoraŭ restantajn en la
kapoj de la ĵurio mortenketista."

「どんなことだい?」
「どうやら、ジェイムズはその場ですぐ逮捕されたんじゃなく、逮捕されたのは、ハザリー農場に帰ってきてかららしい。(警察の)判事が逮捕する(自由はない)旨を告げると、ジェイムズは、それを聞いて別に驚きはしないし、自分が受けるべき当然の報いだ(自分にふさわしい以上のものではない)、と言ったそうだ。検死裁判の陪審員たちの心の中にもしや疑念がかすかに残っていたとしても(心の中に残っていたいかなる疑問も)、この(彼の)発言できれいにぬぐわれてしまうことになった」

9月28日

fendi
〔動詞〕  (ion) @<硬いものを>縦に割る、裂く;<・・・に>亀裂(きれつ)を入れる。A<つながっているものを>分断する;<団結などに>ひびを入れる、<友情を>引き裂く。B<波や人ごみを>かき分ける、押し分ける;<波を>切って進む。C<空気・やみ・静寂などや耳を>つんざく;《転義》<・・・の中を>疾走する。D<・・・に>引き裂くような痛みを与える;(悲しみなどが)<胸を>張り裂く;(痛みが)<頭を>ガンガンさせる。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Bランクの単語です。英国語の 'split' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'per forto disigi, fari fendon (en ligno,...)' です。
下例では語尾を変え、名詞として使っています。昨日の meriti' の用例に続く文章です。

 "Jen do li konfesis", mi elbuŝigis.
 "Ne, ĉar tuj sekvis senkulpo-deklaro."
 "Tamen, post tiel kondamna eventaro, la rimarko minimume suspektigas."
 "Male", diris Holmso, "jen la plej luma  fendo, kiun mi nun vidas en la nuboj."

「なんだ、それなら(彼は)自白したわけじゃないか」(とわたしは口にした。)
「いや、それが違うんだ。そういったすぐ後で、無実を主張したんだよ(なぜなら、無実宣言がすぐあとに続くのだ)」
「でもこれだけ不利なできごとが積み重なったあげくの発言となると、ともかくあまり信用できないな(その所見は最小限の疑いを抱かせるのみだ)」
「いや、その反対だよ(」と、ホームズは言った。「)。それどころか、ぼくに言わせれば、いまのところ雲間にさす最も明るい光だね(わたしが雲間に見出だすもっと明るい割れ目だ)」

9月29日

kreteno
〔動詞〕  @ [医学] クレチン病患者。A《転義》間抜け、愚鈍な人。      《「エスペラント日本語辞典」》
… ランク外の単語です。英国語の 'cretin, imbecile' に相当します。
下例では語尾を変え、形容詞として使っています。昨日の 'fendi' の用例に続く文章です。

"Kiom ajn senkulpa, li tamen ne povus esti tiom  kretena por ne vidi,
ke ege nigraj staras la cirkonstancoj kontraŭ li. Se li estus montrinta
surprizon pro sia aresto, aŭ estus ŝajniginta pro ĝi koleron, mi estus
konsiderinta tion ege suspektinda. ĉar laŭ la cirkonstancoj surprizo
aŭ kolero tiaj ne estus naturaj, sed eble al homo ruzema aspektus
la plej bona paŝo."

「彼がどんなに無邪気なお人好しだ(無罪だ)としても、自分がきわめて不利な立場に追い込まれている(とても暗い状況が彼を取りまいている)ことすらわからないほど度しがたい馬鹿ではあるまい。もし、逮捕されたことに驚いてみせたり。腹を立てるふりをしたりしていれば、そのほうが、ぼくにはよっぽど信用できない(疑わしい)。なぜなら、驚いたり怒ったりしてみせるのは、そういう状況のもとでは不自然だし、とりあえずでもそうしてみせるのがいちばんだなどと考えるのは、おそらく心にやましいところのある人間だけだろう(やましい人間にとっては、一番の歩みに見えるから)」

9月30日

situacio
〔名詞〕  @〔政治・社会・経済などの〕情勢、局面。A〔個人の置かれた〕立場;状況。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Bランクの単語です。英国語の 'situation; state of affairs' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'la tuto de la cirkonstancoj kaj kondiĉoj' です。
下例では対格語尾を付けています。昨日の 'kreteno' の用例に続く文章です。
いつもより少し長いのですが、がんばって!

"Ke li malferme akceptis la  situacion, markas lin aŭ senkulpulo
aŭ homo kun rimarkinda memregado kaj firmeco. Rilate lian
komenton pri tio, kion li meritas, ankaŭ tiu ne kontraŭnaturas,
se vi konsideras, ke li staris apud la kadavro de sia patro, kaj ke
sendube, ĝuste tiun tagon, li tiom forgesis sian filan devon, ke li
interŝanĝis kverelajn vortojn kun li, kaj eĉ laŭ la knabineto, kies
atestaĵo tiom gravas, levis sian manon kvazaŭ por bati lin. La
memriproĉo kaj pentremo, kiuj montriĝas en lia rimarko, ŝajnas
al mi indiki menson sanan pli ol kulpan."

「自分の置かれた立場を素直に受け入れたということは、まったく身に覚えがないか(無実の男であるか)、さもなければ、かなりの自制心と固い信念の持ち主であるということだ。当然の報いとかいう(彼の)発言にしても、なにしろ自分の父親が死んでいるそばに立っていたわけだし、まさにその日に、父親(彼)と口論したばかりでなく、例の少女の重要な証言によると、息子の立場でありながら親に手を振り上げて殴りかかろうとまでした(まるで殴りかかろうとするかのように自分の手をあげた)というんだから、そういったことを考え合わせると、これまたむしろ自然なせりふだよ。この発言ににじむ自責と悔恨の情は、やましさどころか、むしろ健全な心を象徴しているように思えてならないんだ」

10月3日

pendi
〔動詞〕  (ie) @ぶら下がっている。A(宙に)浮かんでいる。B縛り首(絞首刑)にされる。Cdependi (依存している)。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Aランクの単語です。英国語の 'hang, hang down' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'esti fiksita supre, sed krome ne;
esti fiksita vertikale; pendigi: fiksi tiel;  pendumi: ekzekuti kondamniton,
pendigante lin per ŝnuro ĉirkaŭ la kolo' です。
下例では「語根の意味に関係し、他の接尾辞によっては表せない新語を作る」接尾辞 '-um' を付け、さらに受動態過去の語尾 '-it' を付け、形容詞として使っています。複数語尾もついています。先週末の 'situacio' の用例に続く文章です。

 Mi nee skuis la kapon. "Multe da homoj estas  pendumitaj pro
pruvoj oble malpli konvinkaj", mi rimarkis.
 "Prave. Kaj multe da homoj estas maljuste  pendumitaj."
 "Kion diras la juna sinjoro mem pri la afero?"
 "Tio, bedaŭrinde, ne povas tre kuraĝigi liajn subtenantojn, tamen en
lia deklaro estas kelkaj punktoj, kiuj donas indikon. Jen la deklaro,
kaj vi povas mem ĝin legi."

わたしは(否定すべく)首(頭)を横に振った。「こんなのよりはるかに(数倍も)あいまいな証拠だけで、絞首台の露と消えた人間はざらにいるんだよ」
「そう。不当に処刑を受けた(絞首刑にされた)人間はいっぱいいるさ」
「で、その息子自身は何て弁明してるんだい(事件についてどう言ってるんだ)?」
「それがどうも、(残念ながら)彼の無実を信じたい(彼を支持している)人間にとっては、あまり喜べる(勇気づけられる)ものじゃないんだ。(しかしながら、彼の言明には)興味深い点が二、三、ないこともない。これに出ているから(これがその言明だ)、自分で読んでごらんよ」

10月6日

alineo
〔名詞〕  @〔段落を改めた際の〕先頭の空白。A段落〔改行から改行まで〕。B [法律] 項。      《「エスペラント日本語辞典」》
… ランク外の単語です。英国語の 'paragraph; indentation' に相当します。
下例では対格語尾を付けています。一昨日の 'pendi' の用例に続く文章です。

 Li elplukis el sia fasko ekzempleron de la loka herefodŝira gazeto
kaj faldinte la folion, li indikis la  alineon, en kiu la malfeliĉa juna sinjoro 
mem deklaris, kio okazis. Mi eksidis komforte en la angulo de la vagono
kaj zorge legis. La raporto jenis;

 ホームズ(彼)は、新聞紙の(自分の)束のなかからヘレホード州の地方紙を一部抜き出すと、それを折り曲げて、不幸な青年の供述を報じている(若い紳士が何が起きたかを供述している))記事(段落)を示した。わたしは車窓の隅に腰を落ちつけて、丹念に読んだ。(その報告は以下の通りだ;)

10月7日

direkto
〔名詞〕  @方向、方角、方位。A方針。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Aランクの単語です。英国語の 'direction' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'tien, kien iu/io iras; vojo irota
[norden, dekstren, rekte antaŭen,...]; direkti: turni kaj/aŭ irigi en iu
direkto aŭ al celo (ankaŭ: orkestron, entreprenon,...); stiri' です。
下例では複数語尾と対格語尾を付けています。昨日の 'alineo' の用例に続く文章です。

  Sinjoro Jakobo Makarto, la solfilo de la mortinto, estas tiam vokita
 kaj atestis tiel:
  ”Mi forestis de la hejmo dum tri tagoj en Bristolo, kaj estas ĵus
 reveninta la matenon de la pasinta lundo, la tria. Mia patro ne
 estis en la domo, kiam mi alvenis, kaj la servistino informis min,
 ke li veturis al Roso kun Johano Kobo, la ĉevalisto. Iom poste mi
 aŭdis en la korto la radojn de lia kabrioleto kaj, rigardante el mia
 fenestro, mi vidis lin eliri kaj paŝi rapide el la korto, kvankam mi ne
 sciis, al kiu  direkto li iris.

 続いて、被害者(死者)のひとり息子ジェイムズ・マッカーシーが呼ばれ、次のように証言した。
「ぼくはブリストルに行っていて、三日前から家を留守にしていました。この(前の)三日の月曜日の朝、戻ってきたばかりだったんです。家に帰ってみると父は留守で、メイドにきくと、使用人(御者)のジョン・コップを連れて、ロスの町まで馬車で出かけたとのことでした。ぼくが帰ってしばらくすると、庭に(彼の)馬車の(車輪の)音が聞こえ、(わたしの)窓からのぞいてみると、父が馬車から降りて、急ぎ足で庭(中庭)から出ていくところでした。どこへ(どの方向へ)行こうとしているのかはわかりませんでしたが」

10月11日

kuniklo
〔名詞〕  [動物] アナウサギ、カイウサギ〔アナウサギの家畜種〕、イエウサギ。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Cランクの単語です。英国語の 'rabbit' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'mambesto simila al leporo, sed malpli
granda kaj kun malpli longaj oreloj' です。
下例では「常用・常態の場所」を示す接尾辞 '-ej' を付け名詞とし、さらに対格語尾を付けています。先週末の 'direkto' の用例に続く文章です。

 Mi prenis tiam mian fusilon kaj promenetis en la direkto de Lageto
 Boskamo, celante la  kuniklejon je la alia flanko. Survoje mi vidis
 Vilhelmon Kraŭdon, la ĉasgardiston, kiel li atestis; sed li eraras,
 kredante, ke mi sekvis mian patron. Mi tute ne sciis, ke li paŝis
 antaŭ mi. Kiam mi estis ĉirkaŭ cent jardojn for de la lageto, mi
 aŭdis la krion "Kui!", kiu estas kutima signalo inter mia patro kaj
 mi.

それからぼくは銃をもって、ボスコム池のほうにぶらぶら歩いていきました。池のむこう側にあるウサギの群棲地に行ってみるつもりだったのです。途中で、猟場管理人のウィリアム・クラウダーに出会いました。これは彼の証言にあるとおりです。でも、ぼくが父のあとを追っていたというのは誤解です(と信じているのは、彼の間違いです)。父が自分の前を歩いているなんて、思ってもみませんでした(知りませんでした)。ところが、池から百ヤードほどのところまできたとき、突然、『クーイー!』という叫び声が聞こえたのです。これは、父とぼくのあいだでいつも使っている合図でした。

10月12日

kruda
〔形容詞〕  @生(なま)の、料理されていない、未加工の。A粗野な、洗練されていない;粗い。B粗暴な、荒っぽい、荒々しい。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Bランクの単語です。英国語の 'raw; rough; crude' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'neprilaborita, nepreparita; maldelikata;
malpreciza' です。
下例では副詞語尾に変えています。昨日の 'kuniklo' の用例に続く文章です。

Tiam mi rapidis antaŭen, kaj trovis lin staranta apud la lageto. Li
multe surpriziĝis, ŝajne, min vidante, kaj demandis min iom  krude,
kion mi tie faras. Sekvis konversacio, kiu kondukis al koleraj vortoj
kaj preskaŭ al batoj, ĉar mia patro estis homo de humoro ege
perfortema.

そこで、急いで駆けつけてみると(前へと急ぎました)、父が池のほとりに立っていました。ぼくの姿を見てひどく驚いている様子でした。こんなところで何をしているんだと、ぼくに怒鳴るように(少し荒っぽく)尋ねるのです。それから、少しばかり言葉をかわしているうちに口論となり、しまいには殴り合い寸前にまでいきました。父はとても気性の激しい(すぐに暴力をふるうような)人です。

10月13日

vundo
〔名詞〕  @傷、傷口。A〔心の〕傷。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Bランクの単語です。英国語の 'wound' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'difekto de la korpo, el kiu fluas sango,
aŭ kie mankas karno aŭ haŭto; vundi (iun): fari vundon' です。
下例では受動態過去の語尾 '-it' を付け、さらに形容詞語尾を付けています。昨日の 'kruda'の用例に続く文章です。

Vidante, ke li apenaŭ kapablas regi sian furiozon, mi lasis lin kaj
revenis en la direkto al la farmbieno Haterlio. Mi paŝis ne pli ol
150 jardojn, kiam mi aŭdis malantaŭ mi krion korŝiran, kiu igis
min denove rekuri. Mi trovis mian patron agonianta sur la grundo
kun la kapo terure  vundita.

父の興奮を鎮める(彼が自分の興奮を抑える)のはとても無理だとあきらめて、その場を離れてハザリー農場のほうに引き返しかけました。ところが、百五十ヤードも行かないうちに、いきなり背後から恐ろしい(心を張り裂くような)叫び声が聞こえました。急いで引き返してみると、父が頭にひどい傷を負って、息も絶え絶えに倒れていたのです。

10月14日

akiri
〔動詞〕  (ion) @(1)得る、獲得する。(2) [法律] 取得する。A<能力などを>身につける。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Bランクの単語です。英国語の 'acquire, get' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'ekhavi per faro' です。
下例では過去形の語尾を付けています。昨日の 'vundo' の用例に続く文章です。

Mi faligis mian fusilon kaj tenis lin en miaj brakoj, sed preskaŭ tuj
li mortis. Mi surgenuis apud li dum kelkaj minutoj, kaj poste direktis
min al la pordisto de sinjoro Tunero, kies domo estis la plej proksima,
por peti helpon. Mi vidis neniun apud mia patro, kiam mi revenis, kaj
mi havas neniun ideon, kiamaniere li  akiris siajn vundojn.

(ぼくの)銃を放り出して抱き起こし(彼を腕にかかえ)ましたが、まもなく父は息をひきとってしまいました。ぼくはしばらく父のそばにひざまずいていましたが、いちばん近いターナーさんの管理人小屋へ、助けを求めに走り(むかい)ました。叫び声を聞いて父のもとに引き返したとき、そばには誰もいませんでしたから、どうして父があんな傷を負ったのか、さっぱりわかりません。

10月17日

populara
〔形容詞〕  人気のある;一般的な;大衆的な、通俗的な。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Cランクの単語です。英国語の 'popular' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'ŝatata de multaj homoj multloke;
facile komprenebla por ne-fakuloj' です。
先週末の 'akiri' の用例に続く文章です。

Li ne estis homo  populara, laŭkondute iom malvarma kaj timiga,
tamen li havis, laŭ mia scio, neniujn aktivajn malamikojn. Pri la
afero mi neniom pli scias"
 La mortenketisto: "Ĉu via patro ion deklaris al vi, antaŭ ol li mortis?"
 La atestanto: "Kelkajn vortojn li murmuris, sed mi kaptis sole iun
aludon pri rato."

どちらかというと冷淡で近づきにくい(振る舞いに冷淡で怖がらせる)ところがありましたから、父(彼)は誰にでも好かれるようなタイプではありませんでした。でも、かといって(わたしの知る限り)人の恨みを買うようなこともなかったはずです(激しく争うような敵はもっていませんでした)。ぼくにわかることは以上です(事件についてそれ以上のことは僕は知りません)」
検死官 証人の父は、死ぬ直前に何か言い残しませんでしたか?
証人 何か(二、三語)つぶやいていましたが、ネズミがどうのこうのという部分しか聞きとれませんでした。

10月18日

taksi
〔動t詞〕  @ (ion) <物の>価値を認める、価値あるものとみなす。A (ion(A) + io(B)/ia, ke)<Aを><Bであると>評価する;<A(物の価値・数量)が><Bであると>見積もる、推定する、査定する、鑑定する; [数学] 推定する。B (ion) [経済] <・・・の>公定価格を決める、公示料金を定める;価格統制をする、最高価格を決める。C (ion) [経済] <・・・に>課税する、間接税をかける。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Bランクの単語です。英国語の 'estimate, value (at); rate' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'fari al si opinion pri la ŝatindeco
de iu/io; fari al si opinion pri la valoro de io' です。
昨日の 'populara' の用例に続く文章です。

 La mortenketisto: "Kion vi komprenis pri tio?"
 La atestanto: "Ĝi alportis al mi nenian signifon. Mi  taksis lin delira."
 La mortenketisto: "Pri kio precize kverelis plej laste via patro kaj vi?"
 La atestanto: "Mi preferas ne respondi."
 La mortenketisto: "Mi bedaŭras, ke mi devas insisti."
 La atestanto: "Tute neeblas, ke mi diru. Mi certigas, ke ĝi neniel rilatas
al la plorinda tragedio, kiu sekvis."

検死官 証人はそれをどういう意味だと思い(どう理解し)ましたか?
証人 何のことかさっぱりわかりませんでした(どんな意味ももたらしませんでした)。うわごとだ(彼が精神錯乱を起こしている)と思いました。
検死官 証人の父が死ぬ直前、どういったことで(直近で、正確には、どういうことであなたとお父さんが)口論したのですか?
証人 それには答えたくありません。
検死官 ぜひとも答えていただきたい(残念ながら、わたしはあくまでも固執しなければなりません)。
証人 どうしてもお答えしかねます(絶対、できません)。ただ、これだけは申しあげておきますが、そのあとで起こった(嘆かわしい)悲劇とは全く関係がないことです。

10月19日

tribunalo
〔名詞〕  @ [法律] 〔機関としての〕裁判所、法廷;裁判官〔全員〕。A [法律] 判事席。B〔神の〕裁き、〔世間の〕評判。      《「エスペラント日本語辞典」》
… ランク外の単語です。英国語の 'tribunal; court (of justice)' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'juĝistaron; juĝejo kun pluraj
juĝistoj' です。
昨日の 'taksi' の用例に続く文章です。

 La mortenketisto: "Tion decidos la  tribunalo. Apenaŭ necesas
atentigi, ke via rifuzo respondi konsiderinde malutilos al via kazo
dum estontaj procesoj, kiuj eble okazos."
 La atestanto: "Mi tamen daŭre rifuzas."
 La mortenketisto: "Laŭ mia kompreno, tiu krio 'Kui!' estis persona
signalo inter vi kaj via patro?"
 La atestanto: "Jes ja."
 La mortenketisto: "Kial do li uzis ĝin, antaŭ ol li vidis vin, kaj antaŭ
ol li eĉ sciis, ke vi estas reveninta el Bristolo?"
 La atestanto  (rimarkinde konfuzite): "Mi ne scias."

検死官 それは法廷が判断することです。ただし、言うまでもないことですが、こちらの質問に答えないとなると、これからの訴訟の展開上(たぶんこれから起きる訴訟で)、証人の立場が(あなたの事件に)非常に不利になることだけは注意しておきます。
証人 それでもお答えしかねます(拒否を続けます)。
検死官 (わたしが理解しているところでは、)「クーイー」という叫び声は、証人とその父とのあいだで、いつも使っていた(個人的な)合図だそうですね?
証人 そうです。
検死官 では、証人の姿を見かけてもいないのに、いや、それどころか、ブリストルから帰ってきたことすら知らないのに、父(彼)がその合図をしたというのは、どういうことでしょう?
証人 (ひどく困惑して) わかりません。

10月20日

nebulo
〔名詞〕  @霧、もや、かすみ; [気象] 霧。A〔霧のような〕くもり;ぼんやりした状態。B [天文]  = nebulozo (星雲)。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Bランクの単語です。英国語の 'fog' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'densa akva vaporo (malalta nubo)
malklariganta la vidon' です。
昨日の 'tribunalo' の用例に続く文章です。

 La mortenketisto: "Ĉu vi vidis ion, kio vekis vian suspektemon, kiam
vi revenis, aŭdinte la krion kaj trovinte vian patron morte vundita?"
 La atestanto: "Nenion specifan."
 La mortenketisto: "Kion tio signifas?"
 La atestanto: "Mi estis tiel perturbata kaj skuata, kiam mi kuregis el la
arbaro, ke mi povis pensi pri nenio krom pri mia patro. Tamen mi  nebule
memoras, kiam mi pelis min antaŭen, ke kuŝis io sur la tero maldekstre
de mi. Ŝajnis al mi io grizkolora, iaspeca mantelo, aŭ eventuale
plejdo. Kiam mi leviĝis de apud mia patro, mi ĉirkaŭrigardis, por
ĝin trovi, sed ĝi estis malaperinta."

検死官 証人(あなた)が悲鳴を聞いて引き返し、父が重傷を負って死に瀕しているのを発見したとき、まわりに不審なものは何も見当たらなかったのですね(あなたが不信の念を抱くような何かを見ませんでしたか)?
証人 はっきりとは何も(特別なものは何も)。
検死官 それはどういう意味ですか?
証人 空き地に(森から出て)駆けつけたときは、不安のあまりひどく興奮していて、父のことで頭がいっぱいだったんです。でも、父のそばに(前方に)駆け寄るとき、ぼくの左手の地面の上に何かが横たわっていたような、ぼんやりとした印象があります。色はグレイで、上着か肩掛けのようなものだったと思います。遺体のそばから立ちあがったとき、そちらのほうに(それを探そうと周囲に)目を向けたところ、消えてしまっていました。

10月21日

pli malpli
〔熟語〕  多かれ少なかれ、程度の差はあれ、だいたい、まあまあ。      《「エスペラント日本語辞典」》
… 英国語の 'more or less' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'ne precize, proksimume' です。
昨日の 'nebulo' の用例に続く文章です。

 La mortenketisto: "Ĉu vi volas diri, ke ĝi estis malaperinta, antaŭ
ol vi iris por trovi helpon?"
 La atestanto: "Jes, ĝi estis malaperinta."
 La mortenketisto: "Vi ne povas diri, kio ĝi estis?"
 La atestanto: "Ne, mi sentis, ke io estas tie."
 La mortenketisto: "Kiomlonge for de la kadavro?"
 La atestanto: "Dekduon da jardoj,  pli malpli."

検死官 証人(あなた)が助けを求めに駆けだす(行く)前に、(それは)消えてしまったというのですね?
証人 ええ、そうです(それは消えてしまいました)。
検死官 それが何であったかは、よくわからない(言うことはできない)と?
証人 そうです(ええ。何かがそこにあったとは感じていました)。
検死官 それは、死体からどのくらい離れたところにあったのですか?
証人 (だいたい)十ヤードあまりだったと思います(十二ヤードです)。

10月24日

dorso
〔名詞〕  @〔人間や動物の〕背中; [医学] 背部。A〔物の〕裏側。」B〔物の〕背にあたる部分;背中状の部分。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Bランクの単語です。英国語の 'back' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'homoj: malantaŭa parto de
la korpo; kvarpiedaj bestoj: supra parto de la korpo' です。
下例では副詞語尾に変えて使っています。先週末の 'pli malpli' の用例に続く文章です。

 La mortenketisto: "Kaj kiomlonge for de la rando de la arbaro?"
 La atestanto: "Pli malpli same."
 La mortenketisto: "Do, se ĝi estas forigita, tio okazis, dum vi staris
ene de dekduo da jardoj de ĝi?"
 La atestanto: "Jes, sed  dorse al ĝi."
 Tio finis la priesploradon de la atestanto.

検死官 森のはずれからはどのくらい?
証人 やはり、おなじくらい離れていました(だいたい、おなじくらいです)。
検死官 ということは、それが何者かによって持ち去られたのだとすると、証人(あなた)がせいぜい十(十二)ヤードあまりしか離れていないところにいたあいだのことですね?
証人 はい。でも、ぼくはそちらに背中を向けていました。
以上で証人の尋問は終わった。

10月25日

kolumno
〔名詞〕  @ページの縦の欄・段;コラム、囲み記事。A列、縦列。B [数学] 〔行列の〕列。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Cランクの単語です。英国語の 'column (of type, of soldiers  etc)' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'vertikala dividaĵo de gazeto,...; vertikala vico' です。
下例では対格語尾を付けています。昨日の 'dorso' の用例に続く文章です。

 "Mi notas", mi diris, flugrigardante la  kolumnon, "ke la mortenketisto
en siaj finaj rimarkoj iom severis kontraŭ la juna Makarto. Li atentigas,
kaj prave, pri la strangaĵo, ke la patro signalis al li, ne vidinte lin, ankaŭ
ke li rifuzis detaligi la konversacion kun sia patro, kaj pri la rimarkinda
priskribo de la morto-vortoj de la patro. Ĉio ĉi, kiel li diras, apenaŭ
helpas la filon."

「なるほどね(わたしは認めるが、)」わたしは、その記事(コラム)に目を落としながら(素早く見つめながら)言った。「検死官の尋問をしめくくる(最後の)質問は、マッカーシーの息子に対してかなり痛烈だ(きびしい)ね。父親が息子の姿を見ててもいないのに合図をしたことや、父親との口論(会話)のいきさつを答えようとしなかったこと、さらに、父親のいまわのきわの言葉について納得のいく(注目すべき)説明ができなかったことなど(の奇妙なこと)に、(正しく)注意を喚起している。まあ、当然だろうね。確かに検死官(彼)が言うように、こういったことはすべて、息子の立場を不利なものにしているよ(ほとんど息子の助けにはならない)」

10月26日

favora
@ (al io) <物事に対し>好意的な;<人・意見に>賛成の。A (pri io) <物事にとって>好都合な、有利な。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Bランクの単語です。英国語の 'favourable; advantageous' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'prezentanta avantaĝo(j)n (por iu/io)' です。
下例では副詞語尾に変えています。昨日の 'kolumno' の用例に続く文章です。

 Holmso ridis mallaŭte al si kaj etendis sin sur la remburita sidloko. 
"Kaj vi kaj la mortenketisto klopodegis", li diris, "por fokusiĝi pri la plej
fortaj punktoj  favore al la juna sinjoro. Ĉu vi ne vidas, ke vi alterne
atribuas al li kaj tro kaj maltro da imagopovo?"

 ホームズはひとり静かに微笑みながら、クッションのついた座席の上で手足を伸ばした。「それどころか、きみも検死官も(」と彼は言った。「)、息子(若い紳士)にとって有利になる点をわざわざ拾い出して(焦点を当てるよう大いに骨折って)くれたんだよ。だって、そうだろう(きみには分らないかい)。きみたちは息子(彼)を想像力のありすぎる人間とみなしてみたり、かと思うとなさずぎる人間とみなしたりしていることに、気づかないかい?」

10月27日

preteksto
口実、言い訳。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Cランクの単語です。英国語の 'pretext, (false) excuse' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'ŝajna kialo aŭ motivo, eldirita por
kaŝi la veran kialon aŭ motivon; preteksti: prezenti (ion) kiel pretekston' です。
下例では対格語尾が付いています。昨日の 'favora' の用例に続く文章です。

"Maltro, se li ne kapablis inventi  pretekston por la kverelo, ku liverus
al li la simpation de la ĵurio; tro, se li eligis el sia interna konscio ion
tiel fantazian kiel aludon pri rato kaj la aferon pri la malaperanta tolo."

「陪審員の同情を引き出せそうな口論の原因をでっちあげることすらできなかったとなると、想像力がなさすぎることになるわけだし、逆に、死ぬ間際にネズミがどうのこうのと口走ったとか(ネズミをほのめかしたり)、布切れのようなものが消えてしまったとか、そういう突飛なできごとを頭の中で(意識の内部から)生み出したんだとすると、想像力がありすぎることになるわけだからね」

10月28日

hipotezo
[思想] [科学] 仮説。      《「エスペラント日本語辞典」》
… ランク外の単語です。英国語の 'hypothesis' に相当します。
昨日の 'preteksto' の用例に続く文章です。

"Ne, sinjoro, mi aliros al tiu ĉi kazo de la perspektivo, ke tio, kion diras
la juna homo, estas vera, kaj ni vidos, kien kondukos nin tiu  hipotezo. 
Kaj nun jen mia poŝvolumeto de Petrarko, kaj pri la kazo neniun plian
vorton mi prononcos, ĝis ni staros sur la scenejo de la dramo. Ni
tagmanĝos en Svindono, kaj mi rimarkas, ke ni estos tie post dudek
minutoj."

「おかしいと思わないかい、ワトスン?(いいや、きみ、ちがうよ。)そこでぼくは、この青年が語っていることはすべて真実なのだという観点から、この事件を調べてみようかと思っているのさ。どんな結論が引き出せるかは、今後の楽しみだね(この仮説がわれわれをどこへ導いてくれるか、見ることになるだろう)。さて、あとしばらくは、このポケット版ペトラルカ詩集の世界に浸ることにして、現場に着く(ドラマの舞台に立つ)まで事件のことはいっさい口にしないでおくよ。スウィンドンで昼食をとることになるが、(わたしのみたところ)あと二十分もすれば(そこへ)着くはずだ」

10月31日

graso

脂肪、脂、油脂;グリース。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Bランクの単語です。英国語の 'fat; grease' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'facile ŝmirebla kaj fandebla substanco
[butero, oleo,...]; grasa: kun multe da graso; (pri literoj: dike presitaj)' です。
下例では形容詞語尾に変えています。「正反対」を示す接頭辞 'mal-' が付いています。先週末の 'hipotezo' の用例に続く文章です。

 Estis preskaŭ la kvara, kiam finfine, trapasinte la belan valon Straŭdo,
kaj transirinte la grandan, glimantan riveron Severno, ni trovis nin en la
bela kampara urbeto Roso. Malgrasa viro, simila al putoro, kaŝema kaj
ruz-aspekta, atendis nin sur la kajo.

 風光明媚なストラウド渓谷を通り過ぎ、広々と光り輝くセヴァーン河を越えて、小ぎれいな田舎町のロスにたどり着くと、もう四時近くになっていた。駅のプラットホームには、(隠し立てをし)ずる賢いイタチみたいな顔つきのやせた男がひとり、わたしたちを待っていた。

11月1日

gamaŝo

きゃはん、ゲートル。      《「エスペラント日本語辞典」》
… ランク外の単語です。英国語の 'gaiter' に相当します。
下例では複数語尾が付いています。昨日の 'graso' の用例に続く文章です。

Malgraŭ la helbruna palto kaj ledaj  gamaŝoj, kiujn li portis, sub la influo
de la ĉirkaŭa kamparo, mi senhezite rekonis Lestradon el la Skotlanda
Korto. Kun li ni veturis al la gastejo  La Blazono de Herefordo, kie oni
jam rezervis por ni ĉambron.

 あたりの田園風景に合わせるように、薄茶色のダスターコートを着て、脚には革のゲートルを巻いていたが、一目でスコットランド・ヤードのレストレード警部だとわかった。警部(彼)と一緒に、部屋を予約してある(旅館の)<ヘレフォード・アームズ>へとわたしたちは馬車を走らせた。

11月2日

komplezo

心遣い;親切。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Cランクの単語です。英国語の 'kindness, favour' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では動詞形 'komplezi' について 'fari ion por
plaĉi al iu' です。
下例では動詞に変えています。その過去形です。昨日の 'gamaŝo' の用例に続く文章です。

 "Mi mendis kaleŝon", diris Lestrado, kiam ni sidis, tetrinkante. 
"Mi konas vian energian naturon, kaj ke vi ne estos kontenta, ĝis
vi estos vizitinta la krimejon."
 "Vi tre  komplezis kaj komplimentis", respondis Holmso. "Temas
tute pri aerpremo barometra."
 Lestrado mienis konsternite. "Mi ne tute komprenas", li diris.

「馬車の用意もしてありますよ」三人でお茶のテーブルを囲んでいると、レストレードが言った。「あなたは活動的なかただから(であることをわたしは知っています)、(犯罪)現場をご覧になら(訪れ)ないことには、落ち着かれ(満足され)ないでしょう、ホームズさん」 
「それはありがたい(し、ほめてあげたい」とホームズは答えた。「)。でも、現場に行くかどうかは、ひとえに気圧(計)しだいでね」
レストレードは、びっくりした(顔つきになった)。「どういう意味かわかりませんが」(と、彼は言った。)

11月3日

vento

@風。A〔帆船の航海の立場から〕風、風向き。B〔風に似た現象〕。C〔風のように〕落ちつかず空虚なもの。D《古義》方位、方向。E腸内ガス、屁(へ)、おなら; [医学] 放屁(ほうひ)。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Aランクの単語です。英国語の 'wind' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'moviĝo de aero' です。
昨日の 'komplezo' の用例に続く文章です。

 "Kiel staras  la barometro? Dudek naŭ coloj, mi konstatas. Neniu
vento, kaj ĉielo sennuba. Mi kunhavas skatolon plenan de cigaredoj, kiuj
fumendas, kaj la sofo vaste superas la kutiman abomenaĵon en kamparaj
hoteloj. Kredeble ne tre probablas, ke mi uzos ĉi-vespere la kaleŝon."

「晴雨計はどうかな? 二九インチか、なるほど(わたしの確認ではね)。風はなし、空にも雲ひとつなし、と。煙草をたくさん持ってきたので、それを吸わなければならないし(吸わなきゃいけない煙草がいっぱい入った箱を持ってきたし)、ソファも、田舎のホテルにしては申し分なし(田舎のホテルにつきものの嫌なことを十分上回るソファだし)。どうやら今晩は、その馬車を使う必要もなさそうだ」

11月7日

vervo

〔弁舌・表現にこもる〕活気、熱気、生彩。      《「エスペラント日本語辞典」》
… ランク外の単語です。英国語の 'verve, animation, zest' に相当します。
下例では形容詞語尾に変えています。先週末の 'vento' の用例に続く文章です。

 Lestrado indulgeme ridis. "Sendube vi jam eltiris konkludojn el la
gazetaj raportoj. La kazo klarione klaras kaj, ju pli oni esploras ĝin,
des pli ĝi klariĝas. Tamen, memevidente, ne eblas rifuzi al sinjorino,
cetere tia  verva. Ŝi aŭdis pri vi, kaj deziris vian opinion, malgraŭ tio,
ke mi ade diris al ŝi, ke vi povos nenion fari, kion mi ne estas jam farinta. 
Nu, benatu mia animo, jen ĉe-porde ŝia kaleŝo."

 レストレードは、おおらかに笑ってみせた。「どうせ(疑いもなく、あなたは)、新聞を読んだだけで、もう見当をつけて(結論を引き出して)いるんでしょう。今度の事件は明白そのものですからね(管理人による注: klariono は「信号ラッパ」。信号ラッパのように明白?)。調べれば調べるほど、疑問の余地がなくなる。とはいえ、そうかといって女性の頼みを断るわけにもいきません。しかも、どうしてもぜひと(あの熱気で)頼まれてしまっちゃあ。あなたのうわさを聞いているらしくて、どうしてもあなたの意見を聞きたいそうです。わたしがとっくに調べ尽くしたんだから、調べることはもう何も残っていないと説得してみたんですがねえ。おや、噂をすればなんとやらだ(わたしの魂が祝福されますように)! ご本人が馬車で玄関に現れましたよ(彼女の馬車が玄関に着きましたよ)」

11月8日

diskreta

@口の堅い。A慎重な。B《転義》控えめな。C [数学] 〔集合・変数・統計分布が〕離散的な。      《「エスペラント日本語辞典」》
… ランク外の単語です。英国語の 'discreet' に相当します。
下例では「傾向・好み・くせ・能力」を示す接尾辞 '-em' を付け、名詞として使っています。昨日の 'vento' の用例に続く文章です。

 Li apenaŭ finparolis, kiam fulme enĉambriĝis unu el la plej
belaj junaj virinoj, kiun mi iam ajn vidis. Okuloj brile violbluaj,
lipoj apartigitaj, vangoj rozkoloraj, kun ĉiu denatura  diskretemo
subigita al ŝiaj emocioj kaj maltrankviloj.

 警部(彼)のおしゃべりが終わるより先に、わたしがいまだかって見たこともないほど美しい(若くて美しい)娘(であるうちの一人)が、部屋に駆け込んできた。菫(すみれ)色の目を輝かせ、唇を半開きにして、頬を薄桃色に染めている。今度の事件にすっかり心を奪われるあまり、日ごろの慎みも忘れるくらい興奮しきっているのは、誰の目にも明らかだった(生まれつきの慎重さが、彼女の感情と不安に屈服してしまっていた)。

11月9日

intuicio

直観。      《「エスペラント日本語辞典」》
… ランク外の単語です。英国語の 'intuition' に相当します。
昨日の 'diskreta' の用例に続く文章です。

 "Ho, sinjoro Ŝerloko Holmso!" ŝi kriis, ĵetante la okulojn de unu
el ni al la alia, ĝis fine, per rapida virina  intuicio, ŝi fiksis la rigardon
sur mian kunulon, "mi tiom ĝojas, ke vi venis. Mi veturis ĉi tien aparte
por tion diri. Mi scias, ke Jakobo ne kulpas."

「ああ、シャーロック・ホームズさんですね!」娘は、私たち二人の顔をちらちら見比べたあげく、鋭い女性の直観というやつか、わたしの友人(同伴者)のほうを見つめて声をあげた。「ほんとうによくいらしてくださいました(来ていただいてほんとうにうれしいです)。ホームズさん(わたしは、とくにそのことが言いたくてここへやってきました)、わたしにはジェイムズがやったのではない(ジェイムズは無罪だ)とわかっているのです」

11月11日

truo

@穴、くぼみ、へこみ。A貫通した穴。(1)破れ穴、ほころび。(2)開口部。B〔動物の〕巣穴。C欠陥、ほころび、きず。D [スポーツ] 〔ゴルフの〕ホール;〔ビリヤードの〕穴、ポケット。      《「エスペラント日本語辞典」》
… Bランクの単語です。英国語の 'hole' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'malfermaĵo; en io: tiu loko, kie estas nenio
(intencita: truo en muro por pordo aŭ fenestro; truo en vesto por trameti
butonon; ne intencita: truo pro difektiĝo aŭ foruziĝo); trui: fari truo(j)n' です。
下例では、対格語尾を付けています。昨日の 'absurda' の用例に続く文章です。

 "Mi esperas, ke mi povos lin senkulpigi, fraŭlino Tunero", diris
Ŝerloko Holmso. "Vi povos plene fidi, ke mi faros mian plejeblon."
 "Sed la atestaĵojn vi legis. Ĉu ian konkludon vi tiris? Ĉu vi trovis
ian truon, ian malglataĵon? Ĉu vi mem taksas lin senkulpa?"
 "Tion mi taksas tre probabla."

「ターナーさん、ぼくらとしても、なんとかしてジェイムズ君にかかった嫌疑を晴らしてあげたいと思っています。(」と、シャーロック・ホームズは言った。「)とにかく全力を尽くしますので、その点はご安心ください」
「でも、もう供述書をお読みになったのでしょう? だとすると、すでにある程度の見当をつけていらっしゃるのではありませんか? みんながすっかり見落としているような、つじつまの合わない(穴とか、平たんではない)ところがあるのでは? あなたご自身は、ジェイムズが無実だと思ってらっしゃるのでしょう?」
「おそらくそうではないか(高い確率でそうだ)と思っています」

11月18日

liveri

(ion (+al iu)) @<品物、特に売り物を>渡す;納入する;支給する。A《転義》〔一般的に〕もたらす。       《「エスペラント日本語辞典」》
… Cランクの単語です。英国語の 'deliver; supply, furnish' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'havigi aĉetitan objekton al la aĉetinto;
alporti menditaĵon, poŝtaĵon,...' です。
昨日の 'vrako' の用例に続く文章です。

 "Ho! En Viktorio! Tio gravas."
 "Jes, ĉe la minejoj."
 "Ĝuste; ĉe la orminejoj, kie, laŭ mia kompreno, sinjoro Turnero
riĉiĝis."
 "Jes, certe."
 "Dankon, fraŭlino Tunero. Vi  liveris al mi gravajn helpojn."

「ほう! ヴィクトリア州! これは大事な点ですね」
「ええ、鉱山におりました」
「なるほど、(わたしの理解では)お父さんがひと財産こしらえたとかいう金鉱ですね」
「ええ、そのとおりです」
「ありがとう、ターナーさん。とても参考になりました(あなたはわたしに重大な援助をくださいました)」

11月21日

informi

(iun + pri io, iun + ke/ĉu, al iu + ke/ĉu) <人に><事を>知らせる。       《「エスペラント日本語辞典」》
… Bランクの単語です。英国語の 'inform' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'sciigi (pri io); informiĝi: ekhavi informojn' です。
下例では命令形の語尾に変えています。先週末の 'liveri' の用例に続く文章です。

 "Vi certe  informu min, se morgaŭ vi ricevos pliajn novaĵojn. 
Sendube vi iros al la malliberejo por viziti Jakobon. Ho, kaj se
jes, sinjoro Holmso, nepre diru al li, ke mi kredegas lin senkulpa."
 "Certe, fraŭlino Tunero."

「明日、何かおわかりになりましたら、お知らせくださいますわね。それから、拘置所へジェイムズとの面会にいらっしゃるのでしょう? ああ、ホームズさん、むこうにいらしたら、どうかジェイムズ(彼)に、わたしが無実を信じているってお伝えください」
「わかりました、ターナーさん」

11月22日

entrepreni

(ion, -i) <大仕事を>企てる、<事業を>興(おこ)す、<・・・に>着手する、乗り出す;<・・・しようと>もくろむ。       《「エスペラント日本語辞典」》
… Cランクの単語です。英国語の 'undertake' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'komenci gravan, grandan taskon; organizi
kaj gvidi ekonomian unuon (komercan, industrian,... entreprenon)' です。
下例では語尾を変え、名詞として使っています。昨日の 'informi' の用例に続く文章です。

 "Mi nun hejmeniru, ĉar paĉjo tre malsanas, kaj mi mankegas al
li, se mi lasas lin. Ĝis revido, kaj helpu vin Dio en via  entrepreno." 
Ŝi rapidis el la ĉambro tiel impulsiĝeme kiel ŝi ĝin eniris, kaj
ni aŭdis la radojn de ŝia kaleŝo klakruliĝi laŭ la strato.

「では、そろそろおいとましなければ(家へ帰ります)。父の容態がひどく悪くて、わたしがいないと寂しがるものですから。これで失礼します。どうぞお仕事がうまくいきますように(神のご加護がありますように)」そう言うとターナー嬢は、来たときと同じようにあわただしく出て行った。表で馬車が走り去る音が聞こえた(道に沿って走る馬車の車輪がガタガタ音を立てて回るのをわれわれは聞いた)。

11月23日

honti

(je/antaŭ/pri/pro io, -i/ke) 恥ずかしがる、恥じる。       《「エスペラント日本語辞典」》
… Bランクの単語です。英国語の 'be ashamed' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'havi malbonan senton pro farado
aŭ pensado de io malbona, malbela, malhonora,... aŭ pro nefarita devo' です。
下例では現在形の語尾が付いています。昨日の 'entrepreni' の用例に続く文章です。

 "Mi  hontas je vi, Holmso", suprece diris Lestrado post kelkminuta
silento. "Kial tie esperigi, kie vi nepre seniluziigos? Aparte sentema
mi ne estas, tamen tion mi taksas kruela."
 "Mi kredas, ke mi vidas vojon por senkulpigi Jakobon Makarton", diris
Holmso. "Ĉu vi havas rajtigilon por viziti lin en la malliberejo?"
 "Jes, sed nur por vi kaj mi."

「あなたもひどいかたですな(君のことを恥ずかしく思うよ)、ホームズさん」しばらく黙っていたレストレードが、厳しい口調(上から目線)で言った。「どうせ落胆させることになるのに、なぜ、あんな希望をもたせるようなことを言うんです? わたしだってさほど心やさしいとは言えませんがね、あれじゃ残酷すぎますよ(わたしは残酷だと思いますよ)」
「ぼくはジェイムズ・マッカーシーの無実を証明してみせるつもりなんでね(無実にする道を見つけていると信じているのでね)(」と、ホームズは言った。「)。ところで、(彼に会うための)拘置所の面会許可証は持っていますか?」
「ええ、ありますが、あなたとわたしの二人分だけですよ」

11月25日

disponi

@ (pri/je io) <人の>処遇を決める、<物事の>処理方法を決める。A (ion) 〔ある目的のために〕<物を>自由に使える。B (ion) 配置する、配列する。       《「エスペラント日本語辞典」》
… Bランクの単語です。英国語の 'have at one's disposal, have available; dispose' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'havi ion por uzi ĝin laŭ sia volo' です。
下例では現在形の語尾が付いています。一昨日の 'honti' の用例に続く文章です。

 "Do, mi rekonsideros mian decidon ne eliri. Ni  disponas ankoraŭ,
ĉu ne, pri sufiĉe da tempo por trafi trajnon al Herefordo kaj viziti lin
ĉi-vespere?"
 "Plene sufiĉe."
 "Do tion ni faru. Vatsono, mi bedaŭras, ke pezos al vi la tempo,
sed mi forestos nur du-tri horojn."

「じゃあ、考え直して、やっぱり出かけることにするか(出かけないことに決めたが、考え直そう)。これから汽車でヘレホードへ行って、今晩中にジェイムズ(彼)に面会する時間はまだあるかな?」
「十分あります」
「じゃあ、そうすることにしよう。ワトスン、待つ身には長く感じられるかもしれないが(君には時間が重くのしかかるだろうことを残念に思うが)、二(、三)時間もすれば戻ってくるよ(二、三時間出かけてくるよ)」

11月28日

bulvardo

@〔都会の並木のあるにぎやかな〕大通り。A〔まれ〕破壊された城壁の跡に沿った環状遊歩道。       《「エスペラント日本語辞典」》
… ランク外の単語です。英国語の 'boulevard' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'larĝa promenejo; larĝa strato' です。
下例では語尾を変え、形容詞として使っています。先週末の 'disponi' の用例に続く文章です。

 Mi akompanis ilin al la stacidomo, kaj poste vagis tra la stratoj de la
urbeto, fine revenante al la hotelo, kie, kuŝante sur la sofo, mi provis
interesiĝi pri  bulvarda, flavkovrila romano. 

わたしは駅まで歩いて二人を見送り、小さな町をあちこちぶらつきながら、ホテルに戻ってきた。それから、ソファにころがって(娯楽第一の)黄表紙本(小説)を読み始めた(に興味を持とうと試みた)。

11月29日

intrigi

陰謀を企てる、たくらむ。       《「エスペラント日本語辞典」》
… ランク外の単語です。英国語の 'intrigue' に相当します。
下例では語尾を変え、名詞として使っています。昨日の 'bulvardo' の用例に続く文章です。

Tamen tiom sensukis la bagatela  intrigo de la rakonto kompare
kun la densa mistero, tra kiu ni palpe paŝis, kaj trovante, ke mia
koncentriĝo daŭre vagadis de fikcio al fakto, fine mi ĵetegis la libron
trans la ĉambron kaj dediĉis min sola al konsiderado de la eventoj
de la tago.

ところが、いまわたしたちの前にある(わたしたちが手さぐりで進んでいる)謎の深さに比べると(そのつまらない陰謀の)中身があまりにも薄っぺらく感じられ、つい小説(フィクション)から気がそれて現実の事件のほうへ向かってしまうので、とうとうその本を部屋のむこうに放り出して、事件の(その)日のできごとをもう一度(わたし一人で)じっくりと振り返ってみることにした。

11月30日

versio

@ [印刷] 〔出版物の〕版; [映画] ・・・語版。A〔独自の見解からの〕説明、解釈。B [医学] 回転(術)〔子宮内胎位の〕。C [コンピュータ] バージョン〔プログラムの改訂番号〕。       《「エスペラント日本語辞典」》
… Cランクの単語です。英国語の 'version' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'priskribo aŭ prezento de iu
okazaĵo, el la vidpunkto de unu persono; unu el pluraj (sinsekvaj
aŭ adaptitaj) formoj de iu verko (ekz.: filma versio de romano)' です。
昨日の 'intrigi' の用例に続く文章です。

Se ja tute veras la  versio de tiu ĉi malfeliĉa sinjoro, do kiu
inferaĵo, kiu neniel antaŭvidebla kaj eksterordinara katastrofo
estus povinta okazi inter la momento, kiam li disiĝis de sia
patro, kaj la momento, kiam, reveninte de liaj krioj, li rapidis
en la maldensejon? Temas pri io terura kaj fatala. Kio ĝi
povus esti?

もしあの不幸な青年の話(説明)がまるっきり(全く)真実だとすると、父親と別れてから悲鳴を聞いて(彼が空き地に)駆け戻るまでのあいだに、いったいどんな想像を絶する恐ろしくも不可解なできごと(大惨事)があったのだろう? ぞっとするようなひどい(壊滅的な)ことだったに違いない。いったいどんな? 

12月1日

ĥirurgo

外科医。       《「エスペラント日本語辞典」》
… ランク外の単語です。英国語の 'surgeon' に相当します。
昨日の 'versio' の用例に続く文章です。

Ĉu la maniero de liaj vundoj ion malkaŝus al miaj kuracistaj instinktoj? 
Mi sonorigis kaj petis la ĉiusemajnan regionan gazeton, en kiu legeblis
laŭvorta raporto pri la mortenketo. La  ĥirurgo estas atestinta, ke la
posta triono de la maldekstra parietala osto kaj la maldekstra duono
de la okcipita osto estas frakasitaj de forta bato kaŭzita de ilo peza. 
La lokon mi indikis sur mia propra kapo.

そうだ、傷の状態を調べてみれば、医者であるわたしに何かぴんとくるものがある(何か分かる)かもしれない。そう思ったわたしは、呼び鈴を鳴らして、週刊の地方紙を持ってきてもらった。検死に立ち会った者の証言が、ありのままに記載されていた。外科医の証言によると、頭頂部の骨の左側三分の一と、後頭部の骨の左半分とが、鈍器による強打で粉砕されているという。わたしは、自分の頭のその部分に手をやった。

12月2日

favora

@ (al io) <物事に対し>好意的な、<人・意見に>賛成の。A (por io) <物事にとって>好都合な、有利な。       《「エスペラント日本語辞典」》
… Bランクの単語です。英国語の 'favourable; advantageous' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'prezentanta avantaĝo(j)n (por iu/io)' です。
下例では動詞に変えて使っています。その過去形です。昨日の 'ĥirurgo' の用例に続く文章です。

Evidente, bato tiel forta devis esti farita de malantaŭe. Tio iomete
favoris la akuziton, ĉar kiam oni vidis lin kverelanta, li staris vid-al-vide
al sia patro. Aliflanke, tio ne multe helpis, ĉar la pli aĝa homo eble
turnis la dorson, antaŭ ol trafis lin la bato. Tamen, eble indus pri tio
atentigi Holmson.

明らかに、(そんなに強い殴打は)背後から殴られ(なされた)たものに違いない。そのことは、被告のジェイムズにとって少しは有利に働くかもしれなかった。なぜなら、口論しているときは父親と向かい合っていたのだから(口論しているのを見られたのだから、父親と向き合って立っていたのだ)。といって、それほど有利になるというわけでもない。父親(より高齢である男)が殴られる直前に背中を向けたとも考えられるからだ。ともかく、一応(そのことを)ホームズの耳に入れておくだけの価値はありそうだった。

12月5日

cerbo

@ [医学] 脳〔特に大脳 (cerebro) をさすことがある〕。A頭脳、知能;あたま。B《転義》中枢、首脳、ブレーン。       《「エスペラント日本語辞典」》
… Bランクの単語です。英国語の 'brain' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'tio en la kapo, per kio oni pensas' です。
下例では対格語尾が付いています。先週末の 'favora' の用例に続く文章です。

Krome restis la bizara antaŭmorta aludo pri rato. Kion tio povus signifi? 
Ne temis pri deliro. Homo pro forta bato mortanta kutime ne deliras. Ne,
pli kredeble li provis klarigi, kiamaniere li trafis sian sorton. Sed kion ĝi
povus indiki? Mian  cerbon mi bastonadis por trovi eventualan solvon.

さらにあのネズミがうんぬんという臨終の言葉(死を前にしたあのおぞましいほのめかし)がある。あれはいったいどういう意味なのだろうか? うわごとではあるまい。不意に殴打(強打)されて死に瀕した人間が、うわごとなど言ったりはしないものだ。これはやはり(いや、より信じられるのは)、被害者がどうにかして死人の特徴か何かを伝えようとした(どのようにして自分の運命に遭遇したのかを説明しようと試みた)のではなかろうか。でも、いったい何を指しているのだろう? わたしは、納得のいく解釈を求めて頭を振り絞った。

12月8日

incidento

〔軽微な、付随的な〕事件、事象、〔ささいな〕トラブル、偶発事故。       《「エスペラント日本語辞典」》
… ランク外の単語です。英国語の 'incident' に相当します。
一昨日の 'cerbo' の用例に続く文章です。

Kaj krome  incidento pri la griza tolo rimarkita de la juna Makarto. 
Se tio verus, la murdinto, fuĝante, lasis fali parton de siaj vestaĵoj,
supozeble sian surtuton, kaj poste memfidaĉe revenis por ĝin
forporti, kiam la filo dorse al li surgenuis apenaŭ dekon da paŝoj
for. Kia teksaĵo de misteroj kaj malprobablaĵoj, la tuta afero!

さらには、マッカーシーの息子が見たという、グレイの布のことがある。もしそれが本当だとすると、犯人(殺人者)が逃げるときに、服の一部を―おそらく外套のようなものだろう―うっかり落としたのに気づき、十ヤード(十歩)あまりしか離れていないところで息子が背中を向けてひざまずいているというのに、大胆にも取りに戻ってきて、まんまと持ち去っていったことになる。何もかもが謎めいていて、およそありそうにもないことだらけだ(この事件全体は、ミステリーとありそうにないことで織られた何という織物なのだ!)。

12月9日

sagaca

@〔人が〕明敏な、賢明な、(頭の)きれる;利口な、目はしのきく、〔悪い意味で〕抜け目のない。A〔方策などが〕賢明な;抜け目のない。       《「エスペラント日本語辞典」》
… Cランクの単語です。英国語の 'astute, shrewd, resourceful' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'povanta rapide kaj bone malkovri aferojn
kaj lerte eltrovi manierojn por solvi malfacilaĵojn' です。
下例では語尾を変え、名詞とし、対格語尾を付けています。昨日の 'incidento' の用例に続く文章です。

Mi ne miris pri la opinio de Lestrado, tamen mi tiom fidis la  sagacon
de Ŝerloko Holmso, ke mi ne povis perdi esperon, kvankam ĉiu
freŝa fakto fortigis lian konvinkon pri la senkulpo de la juna Makarto.
 Estas malfrue, kiam Ŝerloko Holmso revenis. Li solis, ĉar Lestrado
gastis ĉe loĝejo en la urbo.

レストレードの意見ももっともだと思わずにはいられなかった(意見にわたしは驚かなかった)。その一方で、わたしは(シャーロック・)ホームズの洞察力を深く信じていたので、新しい事実が見つかるたびにホームズ(彼)がジェイムズ(若いマッカーシー)の無実をますます強く確信していくような状況では、もしやという希望をどうしても捨て去ることができなかった。
 その晩(シャーロック・)ホームズが戻ってきたのは、夜もだいぶふけてからだった。レストレードは町にある別の宿に泊まっていたので、彼はひとりで帰ってきたのだ。

12月12日

nepre

必ず、どうしても、きっと、ぜひ、必然的に。       《「エスペラント日本語辞典」》
… Bランクの単語です。英国語の 'without fail; absolutely' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'necesege; nemalhaveble; neeviteble' です。
下例では語尾を変え、動詞として使っています。その現在形です。無主語文です。先週末の 'sagaca' の用例に続く文章です。

 "La barometro restas ankoraŭ tro alta", li rimarkis, sidante. 
"Nepras, ke ne pluvos, ĝis ni povos esplori la grundon. Aliflanke,
oni estas en pinta formo kaj plej akraokula por delikata laboro tia,
kaj tion mi ne volis fari elĉerpita pro longa vojaĝo. Tamen la juna
Makarton mi vidis."
 "Kaj kion vi lernis de li?"
 "Nenion."

「晴雨計の気圧は、相変わらずずいぶん高いね」ホームズは腰をおろしながら言った。「現場の地面を調べるまでは、雨が降っては困るんだ。といって、そういう大事な(デリケートな)調査(仕事)には、(最高に鋭い目で、)身体も頭も最高のコンディションに整えて臨まないといけない。それで、長旅で疲れ切っている状態でとりかかりたくなかったのさ。ところで、マッカーシーの息子に会ってきたよ」
「何か収穫はあったかい(で、彼から何か学んだことは)?」
「いや、何も」

12月13日

ŝirmi

(ion(A) + de/kontraŭ io(B)) @<Aを><Bから>防護する、かばう、覆う; [物理学] 遮蔽(しゃへい)する。A守る、保護する。       《「エスペラント日本語辞典」》
… Cランクの単語です。英国語の 'shelter; screen' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'protekti aŭ defendi ion aŭ iun
kontraŭ io malbona aŭ malutila, metante sin (aŭ ion: ŝirmilon) inter
la kaŭzo kaj tio aŭ tiu' です。
下例では、その現在形です。昨日の 'nepre' の用例に続く文章です。

 "Ĉu li ne povis ĵeti iom da lumo?"
 "Neniom. Iam mi emis kredi, ke li scias, kiu krimis, kaj tiun  ŝirmas,
sed mi estas nun konvinkita, ke li same perpleksiĝas kiel ĉiuj aliaj. 
Li ne estas junulo mense tre vigla, tamen plaĉaspkta, kaj, mii kredas,
funde bonkora."

「手掛かりらしきものも(彼は何か光を投げかけるものを出さなかったのか)?」
「まったくなし。ジェイムズが真犯人を知っていて、その男だか友達だかをかばっているのではないかとも(少し前は)考えてみたが、彼もみんなと同様、何もわかっていないことがはっきりしたよ。見た目はハンサムで、心もやさしそうな青年だけど、頭のほうはそれほど切れるタイプじゃないね」

12月14日

kreteno

@ [医学] クレチン病患者。A《転義》間抜け、愚鈍な人。       《「エスペラント日本語辞典」》
… ランク外の単語です。英国語の 'cretin, imbecile' に相当します。
昨日の 'ŝirmi' の用例に続く文章です。

 "Mi ne povas admiri lian guston", mi rimarkis, "se li vere
kontraŭis edziĝon kun sinjorino tiel ĉarma kiel tiu ĉi fraŭlino
Tunero."
 "Ho, tio estas ligita kun iom dolora histrio. La ulo fole, freneze,
amas ŝin, sed antaŭ ĉirkaŭ du jaroj, kiam li estis nura bubo, kaj
antaŭ ol li vere konis ŝin, ĉar dum kvin jaroj ŝi forestis ĉe
pensionato, kion faras la  kreteno? Li falas sub la ungegojn de
verŝistino en Bristolo kaj ŝin edzinigas ĉe nupto-registrejo."

「ターナー嬢のような、魅力的なうら若き女性との結婚を望まないってのが事実なら、趣味も褒められたもんじゃないね」(と、わたしは言った。)
「ああ、それにはなんともつらい事情があってね(ちょっと痛々しい出来事と結びついているんだ)。あの青年は彼女の方を(狂おしいほどに)心の底から真剣に愛しているんだが、二年ほど前、彼はまだほんの子どもだったし、ターナー嬢は五年間寄宿学校にいたから、二人が知り合う前のことなんだが、(あの馬鹿がなにをしたと思う?)こともあろうにブリストルの酒場の女にのめり込んでしまって(女の巨大な爪に捕えられてしまい)、あげくの果てに結婚届を出してしまったのさ!」

12月15日

silabo

[言語学] 音節。       《「エスペラント日本語辞典」》
… Cランクの単語です。英国語の 'syllable' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'unu aŭ kelkaj parolsonoj kune
prononcataj, kiel parto de vorto (ekzemple: pa-rol-so-noj) (en Esperanto,
en ĉiu silabo estas unu vokalo)' です。
下例では対格語尾が付いています。昨日の 'kreteno' の用例に続く文章です。

"Neniu aŭdis eĉ unu  silabon pri la afero, sed vi povas imagi, kiom
frenezige estas al li, kiam oni riproĉas, ke li ne faras tion, por kio li
oferus siajn okulojn, sed kion li scias absolute neebla. Estis pura
frenezego tia, kia igis lin ĵeti supren la manojn, kiam lia patro, dum
ilia lasta konversacio, pikincitis lin peti geedziĝon kun fraŭlino Tunero."

「そのことは誰も知らないはずだ(その事について誰も一言もきいていない)。でもいいかい(君も想像がつくと思うが)、心の中では真剣に望んでいるのに(自分の目を捧げているのに)、結婚は絶対に不可能だとわかっているから、しかたなくあきらめているにもかかわらず、そのことで(他人に)激しく非難されるってのが、どんなに苦しいことか! あの最後の対面の場でも、父親がターナー嬢との結婚をしつこくけしかけたものだから、ジェイムズは苦しさのあまり、ついかっとなって(純粋に狂ったようになってしまって)手を振り上げたんだよ」

12月16日

noto

@メモ、覚え書き。A〔論文などに付ける〕注。B外交文書、覚書、通牒(つうちょう)。C [音楽](1)音符、 = muziknoto  (2)〔音符であらわされる〕音。D〔成績の〕評価、点数。       《「エスペラント日本語辞典」》
… Bランクの単語です。英国語の 'note; mark, grade' に相当します。
Baza E Radikaro (la 2a eldono) では 'malgranda skribaĵo pri io (por ke
oni memoru pri tio); io, kion oni fiksas en sian memoron; skribsigno por
muzika tono; noti: fari noton (sur papero aŭ en memoro)' です。
下例では動詞に変えています。その命令形です。昨日の 'silabo' の用例に続く文章です。

"Aliflanke, ne disponeblis al li rimedoj por vivteni sin, kaj lia patro,
viro laŭdire tre severa, estus komplete rezigninta pri li, se la veron
li scius. Fakte kun sia verŝistino-edzino li pasigis la lastajn tri tagojn,
kaj lia patro ne sciis, kie li estis. Bonvole tion  notu. Ja gravas."

「といって、自活するほどの力はないし、父親は気性が激しいから(激しいとの評判で)、もし本当のことが知れたら、勘当されることは目に見えていた(彼のことを完全にあきらめるだろう)。ジェイムズ(彼)がブリストル行きで三日間も家を留守にしていたのも、実はその酒場の女と会うためだったんだ(この三日間、彼は自分の、酒場女で妻でもある女と一緒に過ごしていたんだ)。父親のほうはもちろん、息子の行き先なんてまったく知らなかった。このことはよく頭に刻んでおく必要があるよ。重要な点だ」