in


12/31

味な大掃除が執り行われました。会社の方ね。

先週、殆どのメンバーは、20日から休暇に入っていたのですが、残ったメンバーで、大掃除らしきモノが行われたようです。私は、日本側との電話会議等を行っていたので、掃除自体には参加しなかったのですが、席に戻ってくると、何やら大量のゴミ荷物が机に乗っています。どうやら大掃除中に見付かったモノで、日本語が書いてあるモノは、すべて私のトコロに持ってきたようです。その殆どは、出張者の忘れ物のようでした。中には、ワザと置いていったモノもあるかも知れませんが。

まずは、何と云っても食品系ですね。のど飴とか柿の種とか。あと、かなりの数の「紙パックの日本酒」が、出てきました。「会津ほまれ」です。だいたい、誰が持ち主かは想像つきますが(笑)、ずべて我が家で頂く事にします。

次に雑誌系。但し、グラビア系やH系などは、言語は関係無いぜ、と云う事で、すべて同僚達に持ち去られてしまい、私のトコに残ったのは「週刊ダイアモンド」とか(泣)。うー、こんなんイランぞ。

そう云えば、以前、会社のメンバーからH系の本を渡され「実家から母親が来て、部屋の掃除をしてくれる事になったんだけど、コレ、見付かるとマズイから預かってて」と云われた、手渡されたブツがある事を、今、思い出したよ(笑)

男は、どこの国でも、やる事は同じだね...って、お前は中学生か!いや、その前に、このH本(日本の奴)は、どこから入手したんだ?!

そして、何故か出てきた、ぬいぐるみ。犬だかカバだか。M&Sと云う、英国のお店のラベルが付いてるので、誰かがコッチで買ったものらしい。持ち主が見付からないので「Nanaちゃんに」と云う事で、貰っちゃいました。これは嬉しいね。

構、時間が掛かってしまいましたが読了しました。「沈まぬ太陽」。事実を基にしている半ノンフィクションですので、清涼な読後感等はアリマセンが、事実は小説よりも奇なり、と云う言葉が、そのまま当てはまります。まあ、ちょっと善悪がハッキリし過ぎてる気もするんですが。主人公なんて100%「善」で書かれてるケド。悪い方も、徹底的に悪く書かれてるし。

いずれにせよ、この作者の作品は、初めて読みましたが、なかなか面白いですね。他の作品も読んで見たいです。

三菱車は買わず、雪印牛乳を飲まない私ですが、これで「JALには乗らない」と云うのも加わるかも。

同じ作者の作品である「白い巨塔」。最近、ドラマがリメイクされましたね。私も、最初の二回(まだ日本に居た)と、最後の二回(たまたま借りた乱取りVideoに入っていた)しか見てませんが、なかなか面白かったですよね。

この昔のバージョン(田宮二郎版)の、編集再放送ビデオを見ました。全31回を全12回(だったかな?)に編集してあるんです。途中バツバツ切ってあるのかと思ったら、後付け解説なんかが入っていて、非常に分かり易く編集されてるんですね。普段、ドラマを見ない私なんですが、これは、お願いして録画して貰ったんですよ。そして、見終わった感想。

昔の役者は凄い。

何が凄いって、みんな普通に演技が上手い。もうビックリ。皆、下地がしっかりしてるんだろうねー。今の「俳優・女優」とかと、比べるのが失礼なぐらい上手いよ。中村玉緒とか、迫真だよ。

ザマ家的2004年振り返り。

■菜々の「掴まり立ち」から始まった今年でした。必死に立ち上がろうとする姿は、見守るほうも手に力が入りました。それがいまや、どこでもトコトコ歩いて行きますので、子供の成長って奴は早いモンです。

■そして、いよいよ忙しくなって来た二月。そしてこの忙しさは、今日も続いています。平均月休1〜2日。うー、休みが欲しい。

■そんな中、奇跡的に休みが取れたのがイースターでした。有給を二日使って、合計五連休。昨年は、クリスマスも休めなかったので、10ヶ月ブリの連休。

■Euro 2004や、セカンドデジカメを購入したのもこの時期でした。一方、菜々さんは受難続きで、心雑音の再検査や、突発になりました。

■マンチェスターまで日本代表を応援に行ったのが5月でした。試合内容も非常に良く、大満足。最後に駐禁を切られた、苦い思い出も。

■そして、菜々が一歳になった6月。嫁の手作りケーキでお祝いしました。バーミンガムのモーターショーに行き、エリーゼに乗り込んだりもしましたね。プリンタのインクをめぐり、EPSONとの対立関係が深くなったのも、この時期です(笑)

■菜々の心雑音が、悪性では無いとわかったのが7月でした。ちなみに、今の家は、この時に行った病院の近所なんです。大きな救急病院が近いと云うのは、非常に安心です。

■そして今年最大の買い物である、DUCATI様がやって来たのも7月。当然、爆音マフラーに、即交換。ちなみに今は冬眠中。昨日、久しぶりにエンジンを掛けようとしたら、バッテリーが死んでました(泣)

■夏の休暇はスペインでした。もう、長年の夢であったガウディ漬けでした。メシは上手いし、ネーちゃんは綺麗だし。ニャーーって感じでした(意味不明)。しかし、仕事はスペインにも追いかけてきましたね。携帯電話って、便利ねぇ...。

■我が家の今年の最大イベント、引越しが決まったのも、この時期です。家探しは楽しいんだけど、やっぱり、パワーが必要だよね。仕事の合間を縫っての家探しでした。ガーッと一気に廻って、一番気に入ったトコロに決めました。ちょっと(いや、かなり)予算オーバーだったんですが、今は、ココにして良かったと思ってます。かなりお気に入り。

■嫁が、大学(カレッジ)に通い出したのも、この頃です。週に一回、英会話。嫁が授業を受けている間、菜々はナーサリー(保育園)に。最初は、泣くだけだった菜々も、最近では、かなり馴染んで来ているとの事。元気に遊んで居たと云う報告を受ける度に、嬉しく思う両親なのでした。

■そして11月には引越すわけです。どんなに忙しくても、引越しの日は、家に居なければマズイだろうと、各方面にご迷惑を掛けながら、有給取得。しかし、有給に入った瞬間に(正確に云うと、有給前日の午後から)、謎の高熱。結局、引越しでは、全然、役に立たず。

■引越しが終ると、スグに子分一号が遊びに来ました。比較的静かな風間家が、一気に賑やかになりましたね。

■そして12月。年末にふさわしく、嫁が財布をスラレます(笑)。本人だけで無く、私も気を引き締める良い機会になりました。

とにかく、仕事ばっかりしてた一年でしたね〜。

それでも、年初は良かったんですよ。週末は、だいたい休めてました。出勤しても、月に1〜2回ぐらいと云う、なんとも平和な日々でしたが、最後はこの比率が逆転し、月に1〜2日のお休みと云う形でしたね。来年は、もう少し人間らしい生活を営みたいですね。今年、どこにも行けなかった分、来年は、それこそ毎月、色々なトコロに出かけたいですね。ありえないトコロとか。アフリカ系とか(笑)。ま、予定ですけどね。

それでは皆様も、良いお年を。

今日のBGM: Scatterbrain / Jeff Beck


12/21

回の日記に、何点かミスが。PSPの発売は日本時間の10時ではありませんでしたね。お詫びしますが訂正しません(笑)

日本に居る同僚から「Getしたぜ。いいだろっ!」と云うメールが届いており、私は今、非常に機嫌が悪い(笑)

よし。毎晩、日本に向かって壊れろフォースを送ってやる(笑)。ま、SONYの初期ロットなので、かなりの確立で、勝手に壊れると思うけど。あ、ちなみに、ウチのPS2は、思いっきり初期ロットですが、まだ「本体は」壊れてません。メモリーカードは、逝っちゃったケドね...。(参考:こちら

聞なので、幾分かの(いや、かなりの)脚色が入っているかと思いますが、そこを差し引いても、十分過ぎる逸話だと思ってます。

話しはこんな感じ。

1970年代のフランス。某お金持ちが、とある映画監督に「最近、人生ツマラナイ。何でも良いので、これで面白い映画を作れ。」と云って、今のお金で2000万円ほどの現金を渡したそうな。その現金で、その映画監督が準備したモノは、

 ・フェラーリ275GTB

 ・8mmカメラ

 ・某F-1ドライバー

これだけです。

この8mmカメラですが、今で云うトコロの「手ぶれ防止機能」のようなモノが付いているモノで、当時の最新鋭だそうです。これをフェラーリの鼻先に取り付け、パリ市内を暴走するんです。運転は勿論、某F-1ドライバー。ただそれだけ。

映画としては、たったの9分間。そのうちの98%は、フェラーリがパリ市内を爆走している姿です。と云うか、フェラーリ自体すら写りません。だって、カメラは、フェラーリの鼻先に付いているんですから。まあ、そのV12のエンジン音から、フェラーリである事は、間違い無いと云っても良いでしょう。

そして、肝心の走りですが、まさに暴走なんですよ。赤信号もモノともせず、時には対抗車線まで走ります。コーナーと云うコーナーは、すべてドリフト。運転は、まさに神業です。

今でこそ、このドライバーが誰だったのかは、知れ渡っているそうなんですが、当時は、逮捕を恐れ、匿名だったそうです。まあ、そんな運転なんですわ(笑)

彼は何故、フェラーリを飛ばしているのか。何故、そんなに急いでいるのか?まあ、当時の8mmは、テープが10分間しか無かったと云う裏話もあるようですが、本当の理由は....

これを云ってしまうと、ネタバレになってしまうので、ここには書きませんが。まあ、こんな映画なんですわ。

この映画ですが、当時、アンダーグラウンドで、もの凄く評判になったそうなんです。しかし、伝説ばかりが先走り、本当に映像を見た人は、非常に少ないそうなんです。それでも、観たい人は居るわけで、どこからか流出した粗悪なコピーVTRに、非常に高価な値段が付いていたそうなんです。

そして最近。この話しを聞いた某イギリス人が、「俺も観たい」となりました。ま、当然です。しかし、彼はここから、驚くべき行動に出るんです。この映画監督を訪ねる為にフランスへ飛び、そしてオリジナルを入手。最終的にDVD化する事に成功したんです。

それを、私の同僚が入手しましてね。先日、何故か会社にある42インチのプラズマスクリーン+フルサラウンドで鑑賞したんです。

感想:「嫁を質に入れてでも観るべし(笑)」

映像は、オリジナルだけあって、非常に鮮明です。まあ1970年代の8mmですので、現代の映画と比べ物にはなりませんが、それでも、全く気になりません。セリフは全く無いんですが、ストーリーは十分に理解できます。と云うか、最後の最後に、すべて氷解します。

またセリフが無い代わりに、フェラーリのV12が吼えまくりです。もう、これだけで逝ってしまうかも知れません。

美しいパリの街並みと咆哮するV12。この対比がタマリマセン。

どうです?観たくなったでしょ?

私は、この話しを聞いた数年前(当時はDVDは無かったけど)から、観たくて観たくて。

ですので、今回、このDVDを購入しちゃいました。まだ、届いて無いんですケドね。もう、どうしても手元に置いておきたくて。早く来ないかな。

そして。

このDVDですが、日本でも売っているトコロを見つけました。ここです。

「おー、買うぜ!」と思った貴方。値段で凹みますよね。9分の映画に1万円出せます?俺は出せないな〜。下手な裏ビデオより高いよね(笑)

しかし、この会社ですが中間マージン取り過ぎ。こっちで買えば、この半額以下だよ。しかもNTSC/PAL両対応なので、日本のDVDプレイヤーでも再生出来るし。

もし、どーしても欲しい人が居れば、代理にこっちで購入して、日本に送りますよ。もしくは、出張者に日本まで持って返ってもらい、そこから発送。そうすれば、送料は日本国内分だけだしね。ちょっと時間が掛かるかも知れないケド。(次の出張者の日程次第・笑)

ある程度の数が纏まれば、本気で考えますので、皆さんも、周りの車好きを or 映画好きを誘ってみるべし。こんな面白い映画、絶対、観るべきだよ。多分、送料込みでも4-5000円でイケると思うんだよね。

あ、コピー or ダビング依頼は勿論受け付けません。これだけの作品ですので、監督に敬意を表す意味でも、是非、購入と云う形態を取りましょうよ。

DVD繋がり。先日のG3に続き、今回はこちら。またG3。2001年版です。今回は、悟り兄&Vaiコンビに、Yngwieが参加です。

久しぶりに見たYngwie。モスクワのLive映像(ジョー・リンーターナーが唄ってる奴)以来ですが、ムチャクチャ太りましたな。以前は華麗だった指使いも、相変わらず速くて正確なんだけど、指がボテッと太ってて、カッコ良く無いね(笑)

メロディーラインなんかは相変わらず手癖がメインなのですが、たまにハッとさせられる旋律が隠れていたりしますので、目をつぶって聞くと良いかも...って、折角DVDなのに(笑)

ジミーペイジもそうだけど、「あの日に戻りたい(戻ってくれ)」系ギタリストですな。

また、Vaiのバックでベースを弾いているのは、ビリーですね。相変わらずブイブイ云わしてますが、最後に、チョコッとクレジットされるだけってのが可哀想。しかし、奴の音は、歳をとるに従って、歪んでくるね。しかし、このメンツなら、Shy Boy演るべきでは?

悟り兄。今回のメンバーでは、一番、音が好きでした。かなり、マイケルシェンカーな音。でもプレイ自体は、前回と変わらないなー。ま、太ってないだけ良しとしますか(笑)

最後のセッションは、選曲の勝利だね。やっぱジミヘンって、良い曲書いてるなーと思うよ。

総括としては、値段相応かな。プレイスタイルから云うと、悟り兄かVaiのどちらかは不要だよ。Zakk呼べよ。レスポール使いを加えるべし。Slashでも良いけど。

今日のBGM: In Only Seven Days / Queen


12/19

ーナス出たぜ....と云うわけで、最近、欲しい物コーナー。

●だからデジカメ

デジカメ欲しいぞと云い続けて1年。来年早々、日本出張がありそうなので、その時に購入しようかな。機種は未定なんですが、28mm以上のワイドな奴。結局、菜々と車しか撮らないし(笑)。新型のチェックをしないと。

●PSP

なんか、部品が不足してるんだって?みんゴル専用機でも良いから欲しい。まあ、実際には、来年、グランツーリスモが出た辺りで購入すると思われます。それまでに本体色の追加もありそうだし、残不具合の対策も進むと思われますので(笑)。軽くググッてみるだけで、かなりあるようですね。既にサービス部門と対決している人も居るようですね。「仕様ですって、どう云う意味屋だ!説明しろ!」って。ま、文句は云っては行けません。貴方はSONYの製品を買ったんですから。

そんなPSP。日本時間の、20日の午前10時から次ロットの予約受付なそうな...って、朝3時だよ、こっちは。今回も、数分で売り切れなのかな。

●PS2向けグランツーリスモ(4だっけ?)

やっぱりやりたい。日本は年末発売でしたっけ?日本に居たら、正月休みは、実家にも帰らず、この1本に賭けていたと思われます(笑)。こっそり予約済みだったりします。

●コーヒーメーカー

って云うのかな。手動の奴。三角形のペーパーフィルターを使ってドリップする奴。UKは、世界有数の紅茶のおいしいトコロですが、その反動で、コーヒーが目茶目茶マズイんです(泣)。でも、スタバのコーヒーは、普通に美味いので、やっぱりUKで扱ってる豆に問題ありとみた。じゃあ、スタバで豆だけ買って、自分で入れれば良いじゃん。と考えたんですが、その為の道具が無いんですわ。最悪、これも日本で買ってこよう。

●iPod

まだ買ってない自分が、とても不思議(笑)。でも、考えて見ると、一人で音楽聴く時間って、全然、無いんだよね。なので、買っても、全然、使わないだろうって読みで、今まで買ってないんだよねー。多分、今後も買わないハズ。出張が爆裂に増えて、飛行機の移動が増えれば別だけど、そうなる可能性は、それほど高く無いし、また、仮にそうなっても、PSPがあるし(笑)。PSPって、MP3聴けるんだよね?ATRACだけって事無いよね?

●腕時計

もう、これバッカリは病気ですね(笑)。いや、今は物凄く普通の時計が欲しいんですよ。もう、国産なクォーツ。Gショックとかで全然OK。ワールドタイム対応でソーラでチタンな奴が欲しい。1万円前後で十分なんだけど、なかなか気に入るのが無いんだよなー。

せたぜ。

そう。引越しの時に、バタリと倒れた事は書きましたが、その時、体重が5Kgほど落ちたんですよ。今、流行(?)の、病気ダイエットって奴です。現状、何とか、その体重をキープしております。まあ、渡英後に、ジワジワと増加していた体重が、元に戻っただけなんですけどね。昔、履いていたジーンズ(かなりカッチョ良い奴)が、また、履けるようになって、かなりご機嫌です。このクリスマス&新年も、無駄に食べ過ぎないよう、注意しなければ。そして、更に5Kgぐらい落として、結婚前の体型に戻るのだ。そうすれば、大昔に履いていた、更にカッチョ良いジーンズが履けるのだ!

まあ、実際は、体重よりも、ウエストサイズを落としたいんだよね。体重は、筋肉量によっても変わってくるからね。細くても筋肉質だと重いでしょ。よし。組成までわかる体重計も購入だ。

ったのはイイけど、観てないDVDってのが増えてきました。全部、音楽物。現状、5タイトル。でも全部で10枚(4+2+2+1+1)もある。複数組みの奴は、どれも特典Discでは無く、本編なんですよ。うーん、困った。っつうわけで、この週末、早速、消化。1枚ね。それが、コレ

私は、Steve Vai目当てで購入したんですが、惹きつけられたのは、Eric Johnsonでした。他の二名に比べて、全然、派手さは無いにも関わらず、正確なピッキングと、繰り出すフレーズは、素晴らしモノがありました。最後のセッションで見せるVocalも二重丸。恐らく、アルバム買っちゃうかも...ってぐらい、気に入りました。

まあ、Joe 悟り兄とSteve Vaiは、同じベクトル上じゃ無いですか。だから、Ericが目立ったと云うのもあるかも知れませんが。逆に、Johnny WinterとStevie Ray VaughanとSteve VaiのG3があったら、やっぱり「Vaiスゲー」ってなるじゃん?

イヤ、「Vaiは人選ミスだろ!」って怒るかも(笑)

いずれにせよ、このG3は、Ericが一番光っていたと思います。悟り兄が、それを感じたかどうかは知りませんが、次回のG3からEricは外されてしまいます。そして、変わりに、あの御大が登場するわけですが、それはまた後日。

日は長いかも。

菜々がナーサリー(保育園)に行っている事は、以前、お伝えした通りです。そのお陰か、人見知りも、かなり改善され、また、親の目が届かないトコロにも、一人でトコトコと歩いていくようになりました。(これは功罪あるんですがね。)

そして先日、その保育園で初作品を手掛けたようです。

クリスマスツリーです。勿論、緑色の紙をツリーの形に切り....なんてーのは、保母さんがやったのでしょう。想像するに、菜々は、あらかじめノリが塗ってあるツリーに、飾り紙をバラまいただけだと思われます。

そんな事は百も承知なのですが、それでも嬉しいモンですね。

会社の多くの同僚が、何故、机に小汚い似顔絵を飾るのか、理解できました(笑)

ょっとワケありで、Coventryにある、自動車博物館に行って来ました。あまり期待しないで云ったのですが、それでも2時間ぐらいは楽しみました。バイクもあったしね。ここでは、簡単にポイントをご紹介。まあ、土地柄、Jaguarが多かったですかね。

フロントグリル内にある、小型ミサイル群にご注目。これ、ディーラーオプションなんですが、英国では、貴族階級は、車にミサイルを搭載して良く、無礼な車輌を破壊しても良いと云う法律があるんですが...............嘘です。

ジェームスボンドでお馴染み007のDie Another Day(だったよね?)に出てきたXKです。実は私、この車輌の制作現場を見てるんですよ。あの時は、まだ、日本に居て、出張でJaguarを訪れた時、いきなり、この車ですから。

XKと云えば、こちらもお馴染み。オースティンパワーズ号。実は私、この車と併走した事があるんですよ。これは、UKに来てから。2Kmぐらい、隣を走りました。朝、通勤時、隣はヤケに派手な車だなと思ったら、これだったんです。普通のオッサンが運転してましたが。

E-Typeです。もう、世界で一番美しい車と云っても良いかも。将来、ガレージに入れたい車ですね。オープンじゃ無い方が良いのですが、あまりにも綺麗だったので撮影。

またまたXKなんですが、黄色ってありましたっけ?遠目に見ると、MAZDAのロードスターかと思っちゃいました。ま、あんな黄色なんですわ。

勿論、内装も黄色いんです。下品さと紙一重ですが、これは相当気に入りました。ここに飾ってあるって事は、何かしらの特別仕様なんだろうか。

最後はショッキングピンクなXJ-S。バービーちゃんの愛車のようです。

私が、この写真を撮っている時、嫁&菜々は、警備員の親父に「どこから来たの?」と話しかけられ「日本から」と答えると(まあ、嘘では無いケド...)、この仕切りロープの中に入れてくれて、しかも、菜々をこのJaguarに乗せ「写真撮っておきな」と、大サービスでした。「バービーと比べると、ちょっとだけ小さいな〜」と云われてしまいましたが。サンキュー親父。イイ記念になったぜ。

これ以外にも、XJ220のプロトタイプ(世界に10台しか無い)や、JaguarレーシングのF1カー(アーバイン号。多分、1999年の奴)とか、何故か、デロリアン等々。無料にしては、充実のラインナップでした。

今週末はクリスマスですね。現地法人としての弊社は、今週で仕事納め。なにやら、29日まで出ろと云う声も聞こえてきてますが、全然、無視。って云うか、正月もゴールデンウィークもお盆も休んだ、お前は、そんな事云う権利無し(#怒)

こっちは、イースターもサマーホリデーも返上してんだぞ!

さあ、来週、更新が止まっているようでしたら、出社していると思ってください(泣)

今日のBGM: Do they know it's Christmas / Band Aid 20


12/11

日は、ボーナス支給日でしたね。

まあ、その殆どは、借金に消えるんですが(泣)、その借金も、為替が上手く作用しまして、差益が出ました。PSPが買えるぐらい。このように、珍しく買うお金がある時に限って、モノが無い。う〜。

早く何かを買わないと、いつの間にか無くなっちゃうから、急がないと。

勤時間。

前の家と今の家で、会社までの距離は、殆ど変わらないんですよ。まあ、隣町ですしね。でも、通勤路が微妙に異なるんですね。前は、全行程の30%ぐらいが、モーターウェイだったんですが、今は70%がモーターウェイです。お陰で、通勤時間は5〜10分の短縮になるし、車の燃費が良くなりました。ストップ&ゴーが格段に少なくなりましたからね。しかし、こうなると、高速巡航専用に、GT的な車が欲しくなりますよね。ホイールベースが長めで、かつ、ある程度、車重があって。勿論、エンジンも大き目で。

そう考えると、現行のスカイラインなんか良いかも知れませんね。勿論、クーペの方ね。セダンの方は、「セドリック」ですから、アレは。日産は、まだ、誤植に気付いて無いだけです(笑)

水が止まらないんです。私では無くて、菜々さん。なんか、この下期は、鼻水が出てない時の方が珍しい感じになってます。まだ、チビなので、鼻をかめないんですよ。なので、寝にくそうで可哀想。ご飯も食べずらそうだしね。代われるもんなら、代わってあげたい。

親がそんな事して遊んでるからダロッ!て云う突っ込みはノーサンキューで。

今日のBGM: Animal / Def Leppard


12/06

社で使ってるノートPCが壊れましてね。

何が壊れたかって云うと、本体側の電源コネクタ部分なんですよ。ACアダプタを、上手い角度で固定しないと通電しないんです。だから、一見、ACが刺さってるように見えても、実は通電して無くて、バッテリー駆動してるんです。

そして、さらに問題なのは、バッテリーが減ってきても警告表示が出ないんですよ。これは、ソフト的な問題なんだろうけど、Windows(2000です)的には、警告は出してるんですよ。でも、普段、メインで使っているアプリ(Lotus Notes)の上に表示されず、人知れず、バックグラウンドで警告してくれるんです。

そんなもん、全く見えませんので、結局、バッテリーが無くなって、突然、落ちるんです。えぇ、2時間掛けて書いて、今、まさに送ろうとしていたメールが、一瞬で消え去ってしまいます。

メールって、書きながら、細かくセーブします?<皆様

こんな事が、何回も続くので、頭に来て開腹してやりました。どうせ、保証期間過ぎてるしね。

そしたら、貴方。なんと、電源コネクタのすぐ横にCPUがあるんざんすよ。もう、ビツクリ。結果、ACアダプタジャックを支える、プラスチックのハウジングが溶けてました。また、その周辺のハンダも、一部、クラックや欠落が見られました。

確かに、開発系のToolを、十数時間も走らせっぱなしだったりしますんで、冷却ファンも常に全開、CPU負荷も100%で使われる事が多いんです。だからと云って、溶けるのはマズイでしょ、やっぱり。

しかし、その溶けたハウジングですが、どうも専用品見たいなんですよ。見たこと無い形です。ですので、耐熱ボンドで成形して、ガチガチに固めました。また、周辺はハンダを付け直し、また、欠損していたパターンは、ジャンパー線を繋いでみました。信号系じゃ無いので、大丈夫でしょ。

元に戻して、祈る気持ちで電源を入れると...無事、起動。ホッ。

ここまでが、二週間前の話し。

その後、さっきまで、快調に動いてたのですが、先ほど、ちょっと本体を動かしたら、どうも省電力モードに入った感じで、動作が重い。電源ステータスを見てみると、やっぱり、バッテリー駆動に。と云うわけで、再発してしまいました。

まあ、前よりは、頻度も少ないので、気を付けて使えば大丈夫かな。一応、IT担当に「PC壊れたから、新しいの買って〜」って聞いたら「その程度の故障だったら、修理した方が安いから、本体を持ってきて」と云われてしまった。ま、まずい。ガチガチなボンドと、ジャンパー線がバレてしまう。でも、今更、元に戻せないぞ。うーん、困った。

ったと云えば。嫁さんがスリに遭いましてね。

荷物&菜々を抱えての買い物中に、やられた模様。肩から掛けていた、ショルダーバックの口(ファスナー)を開けられ、中の財布をパクられた模様です。

実際は、各種カード関連しか入っておらず、現金はゼロ。クレジットカード等は、すべて、再発行手続きを行いましたので、実質被害は、嫁の財布だけ。某ブランドの財布で、決して高いものでは無い(と云うより、激安。イマドキの中学生の方が、よっぽど高い財布を使ってる)のですが、本人、いたく気に入っていた模様で、スラれた事と合わせて、相当、凹んでおります。

しかし、この時、嫁が使っていたショルダーですが、この時、私が使って居た奴なんですよ。うーん、このバックは、焼却処分した方が良いな。

内庁のノリPが、ご成婚なされるとか。(あ、スミマセン。ネタ的に古いですか?海外居住者と云う事で、勘弁して下さい。)

しかし、気になるのは、その相手のご趣味。車がお好きだとか。しかも、愛車はエリーゼってなモンですから、妙にシンパシーです(笑)。

今月中には、ご婚約を正式発表されるとの事。その際、マスコミの方々から、「お車が趣味との事ですが、お二人でドライブなんかに行かれたりするんですか?」と云う質問が、絶対に来ると思われます。そんな時の為に、私が模範解答を作成しました。また、悪い例も挙げておきますので、しっかり、予行練習をなさり、本番に挑んでください。<ご主人様

まずは悪い例。

「はい。以前、晴れた日に、オープンにして走りましたトコロ、彼女も非常に喜んでくれました。」

全然、ダメダメです。こんな回答をするぐらいだったら、ゴルフや307のカブリオレあたりにでも乗ってなさい。貴方がお乗りになられているのは、英国の至宝(資本はマレーですが...)、ライトウェイトスポーツの頂点、Lotus Eliseなのですよ。

「隣に人を乗せる車では無いものですから。」

ギリギリ及第点と云ったトコロですが、上の回答よりも、遥かに良いです。6人乗り、7人乗り、8人乗りと、乗せる家族や友人も居ないくせに、とにかく大きな車が偉いとされている現在の日本の自動車社会に、一石を投じるに違いありません。

しかし、所詮、そこまでです。折角、日本全国が注目してくれているのです。ここで、真の車好きの実態を世に知らしめてやるのです。

当サイトが推奨する回答は、以下になります。

「あ、助手席、取っちゃってますから。」

模範解答です。

タイムアタックシーズンの走り屋の間では、良く耳にする会話ですが、世間への認知は、限り無くゼロに近い行為です。助手席付いて無い車に乗っている時の、あの、世間の冷たい目。これが、貴方の一言で、「あ、車好きの人々の間では、助手席を取る事は普通なのね」と、認知度が上がる事、間違い無し。

微妙に道交法違反の香りもしますが(笑)、その辺りは、宮内庁の力で...(以下、自粛)

全国数万人の走り屋の地位向上の為、是非とも、よろしくお願いします。

今日のBGM: やっつけ仕事 / 椎名林檎

戻る