6/29

在員の車事情。

今回、Sweden出張だったのですが、当然、Sweden事務所にも駐在員は居ます。帰国子女(男でも子女...)なので、日本語より英語の方が話しやすいと云う奴が最近買った車はAudi A4ワゴン。ビカビカの新車。1.8だけどターボなので走りはナカナカ。色も赤と、Audiにしては珍しい気がする。こいつ、日本に居る時もBMWだったんだよねー。(5シリーズのワゴン。)

もう一名、我らが英国事務所から出向している同僚。厳密に云うと駐在では無いんだけどね。現在、程度の良い中古車を検索中だったのですが、私の出張中に、ほぼ、契約と云うトコロまで漕ぎ付けておりました。車種はSAABの95 Aero。あれも、かなーりカコイイですもんね。ターボだし。FFだけど、冬は雪が降る場所なので、妥協も必要。納車は10月頃の予定らしい。なんでそんなに時間が掛かるのかと云うと、車の前に家(マンション)を買ったそうな。部屋の写真を見せてもらったけど、相当、オシャレ感が漂ってました。 ちなみに英国時代はメルセデス。

そして。フトした事から、欧州に居る、別の駐在員の話しになりましてね。彼は同期なんですが、購入した車がポルシェ...。しかも新車。もう、激しく羨ましかったんですが、911では無くカイエンと云う事なので、ちょっとだけホッとしました(笑)。どーんと新車らしいです。いいねぇ。車歴にポルシェが加わるなんて。彼、国内に居る時も、某高級外車を新車で買ってた気がするし。

しかし、何故みんな、我が家とこんなに生活レベルが違うんだろう。我が家のボーナス月の買い物は、中古のカメラ。しかも、Kissと云うあたりが、涙を誘う。これも、英国の物価高のせいか?

あ!子供が居ないって部分がポイントかも。試しに、子持ち駐在員である某デトロイトのYDA家の状況を見てみましょう。

「中古のAudi A4(セダン)にMAZDAのMPV(こっちは確か新車)。国内ではFCとFit」

です。

「ネットオークションで買ったバイクと新車だけど並行モノの307。国内ではFDとVitz」な我が家と同じ匂いがしますねぇ。(笑)

そんな我が家ですが、二号機誕生まで、あと二ヶ月を切りました。予定日は8/25。楽しみですねぇ。どんなのが出て来るんですかねぇ。勿論、名前は、全然、考えてません。そして明日は菜々の誕生日。あれから、もう、二年ですか。

今日のBGM: Mr. Moon/ Jamiroquai


6/25

ーロッパはサマーセール(バーゲン)時期です。
と云うわけで、我が家も久しぶりにBicesterのOutletへ行って来ました。とは云え、貧乏暇無し。極貧駐在員は、週末にも関わらず、朝6時に起きて会社へ。日本で働くメンバーを鼓舞(叱咤?)すると云う、まあ、朝練みたいなモノをこなし、かつ、出張者の面倒を見ながら、家族サービスです。こう云う、結果に現れない部分も、是非、ボーナスの査定に加えて欲しかったなぁ....と(笑)。

そんな思いを、神は理解したかどうか分かりませんが、今日は朝から土砂降り。近くの河が氾濫しちゃって、道路は一部渋滞。それでも40分ぐらいで目的地に到着。そして、嫁も私も、非常にお得なお買い物が出来ました。

私は、DIESELの超カッチョヨイジーンズを購入。限定品で、もう、手に入らないと思ってた奴が、数本だけ売ってたんですよ。でも、雑誌やWebで見るより、実物はかなり派手。ちょっとだけ迷いましたが、試着した時点で、心は決まりました。

購入価格は、ヤフオク価格の半額なんですよ。まだ、何本かありましたので、誰か私と組んで商売しません?(笑)。これ以外にも、レアものがあった気がする。DIESELのジーンズって、覚えにくいんだよね。変な名前付いてるから。リーバイスみたいに数字にしてよ。

絵描き。先日、父の日に、菜々から似顔絵をプレゼントされたと云う、感動的な逸話は、先日、ご紹介しました。おそらく全米が泣いた事でしょう(笑)。このように、菜々は今、お絵描きが大好き。自分で描くのも好きなのですが、人にも「何か書け」と要求します。そして、何か身の回りのモノを書くと、それがある場所を指し示すんですね。

例えば、ミッフィーの絵を描くと。ミッフィーの縫いぐるみが置いてある三階の方(つまり上)を指さし、そちらの方向にミッフィーが居る事を教えてくれます。

このような調子で、バイク(ドカ)の絵を描くと裏庭を。(裏にドカを停めている。)

スライムのを描くとトイレを。(我が家は、トイレにスライムのフィギュア(?)がある。)

飛行機を描くと、空を。

ドラえもんを描くと....どこも指さしません。そう、我が家にドラえもんは居ないのです。

そして先日、私の得意なトトロを描いたトコロ、玄関の方を指差すんですよ。何かの偶然かな?と思ってたのですが、今日、もう一度描くと、やはり外を指差すんです。さらに今日、アウトレットで買い物中、お子様お絵かきコーナーで、やっぱりトトロを描くと、やはり外を指さします。それどころか、「ホラ、すぐそこに居るよ。さっき居たよ。まだ居るよ。」と云わんばかりに、私を外に連れて行こうとするじゃ無いですか。勿論、外には誰もいないんですけどね。太ったオバハンなら居ましたが(笑)。

やっぱり、子供には見えるのかな.....。

日から出張です。今回はスウェーデン。直行便なら、バーミンガムから1時間の距離なのですが、最近、出張費の締め付けが非常に厳しいので、今回は激安便で飛びます。バーミンガムから飛ぶのですが、一度、オランダはアムステルダムに飛びます。そう、思いっきり逆方向。そこで3時間待った後、ようやくスウェーデンに入ります。

こんな非効率な移動なので、たった一日の会議に出席するだけなのに、二泊三日です。ホテル代を考慮しても、こっちの方が安いんです。うーん、何かオカシイ。

飛行機と云えば機内食(と、無理矢理、話しを繋げます。)

さっきデジカメ画像を整理してましたら、先日の日本帰国の際の画像が出てきましたので、ここに紹介しましょう。ANAのビジネスクラスです。洋食か和食が選べるのですが、今回は和食でした。どこかの料亭のメニューした。

まずは前菜。いきなり旨そうですよね。もう、この前に、食前酒としてジンをガブ呑みしてましたし、その前に、空港ラウンジで、ビールをガブ呑みしてましたので、お腹一杯なのですが、貧乏性の私は、無理矢理でも詰め込みました。

前菜が終わった時点で、かなりお腹が一杯です。ちょっとお茶でも飲んで、一服するか...なんて思ってると、スッチーが「美味しい日本酒がありますが、いかがですか?長崎の地酒でございまして....」。気が付くと、何故か手にはお猪口が(笑)。

そして、丁度良い頃合いにメインが。

この後、デザートも出てきました。が、ベロベロだったので、写真撮ってません。もう、食後は倒れ込むように寝た.....寝たかったのですが、そうは問屋が下ろしません。

なんと、運良く(悪く?)、今回の飛行機は、ポケモンジェットだったんですよ。もう、菜々がピカチューを見せろとウルサイ、ウルサイ。

ちなみにピカチューは、主翼の先っちょに居ます。

ここ。

拡大図。

今日のBGM: It ('s a monster)/ Extreme


6/23

いやあ、毎日、天気が良くて、実に気持ちが良い。今週は毎日、バイク通勤してます。
そして、ここまで天気が良いと、旧車達がゾロゾロと出てきます。

Lukeのロータスヨーロッパ。
「たまには動かさないとねー」と登場。しかし車高が低い。隣の206と比べると、その低さがわかりますね。

ドカと記念撮影。この時は、太陽の位置が悪くて、発色がイマイチ。

Keithのコルベット。

ここでは初登場だったかな。彼が米国で働いている時に、向こうで購入して、英国に持ってきたシロモノ。
一度、助手席に乗って、100キロほど、走った事があるのですが、結構、早いんですよ。大排気量NAってのも良いなーと思わせた一台です。

アストンマーチン。

これは、ワケあって、アストンマーチン社から借りてる車。市販車そのままなんだけど、もう、排気音が快音なの。爆音とも云う。アクセルレスポンスも凄くてさぁ。2000万円ぐらいなので、子供を作らなければ、一般サラリーマンでも購入可能かと思われます(笑)。

しかし今日、そんな車たちも霞む、最高にレアな車を目撃しました。

それは、ちょっとした用事を片付ける為に、オフィスから近くのスーパーに向かって歩いて来た時です。 背後から、明らかに異様なエグゾーストノートが聴こえてきました。 むむむ、と振り返ると....。

うぉー、なんて凄い車なんだー。でも、こんな時に限って、常に身に付けてるハズのお散歩カメラ、Cybershot U20は、会社に置いてちゃったぞ。

お?携帯があった。今こそ、普段、殆ど使用しない携帯カメラを使う時が来たぞ。

と思っている間に、車はドンドンと近づいてくる。早くしないと間に合わない。レスポンスの悪い携帯カメラでは、恐らく、チャンスは一回きり。ドキドキドキ。い、いまだ。パシャリ。

どーよ。これ、勿論、一般公道。と云うか主要道路。動力は、石炭なのかな。もの凄い水蒸気が出てるし、排気音(?)も、「シュッ、シュッ、シュッ」と、蒸気機関車の音と同じ。スピードもまあまあ出てましたかね。30km/hぐらい。

おじいちゃんが運転してて、両脇(そう、運転席は真中)に、おばあちゃん二人。合コンで云うトコロの「マウントポジション」ですね。必勝パターンです(笑)

メラボディ。昨日、お伝えしたように、やっぱり購入しました。勿論、中古(笑)。E-bayと云う、オークションサイトで購入しました。

購入したのは、CANON EOS 300!、と書くとカッコイイですよね。日本名は「Kiss 3」です。

あー、やっぱりKiss。でも、Kissと云う名前に騙されてはいけない。CANONのサイトによると、AF速度はEOS55同等って書いてある。動きが早い子供を撮るには、AF速度は重要。まあ、それでも置きピン必要な場面が多いけどさ。

その他、プレビュー機能も搭載されてるし(これが一番使いたかった)、測距点は3→7つに増えてるし、測光分割数も6→35分割になってる。ファインダー消失時間や連写性能も向上していながら、総重量が軽くなってる。

世代的には、New EOS Kissの次世代機なんだけど、発売年で云うと、2.5年違う。
こんな、何とも素晴らしいカメラが、本体(送料込み)で5000円。まあ、元々は2000円で出てたんだけど、オークションなので。

ちなみに、ヤフオク相場は1.5万円前後らしいので、これは、相当、お買い得だったと思われます。キチンと動けば、ですが。現在、電光石火で24枚撮りまして、ただ今、現像中です。

見た目は問題無いですし、すべての機能も使えてます。写りに問題が無い事を祈ってます、ハイ。

現在、レンズ二本にボディが二つ(笑)。50mmで良いから、明るいレンズ欲しいなー。ホントは、28mmとか24mmとか欲しいんだけど、デジイチの影響で、キヤノン(EF)の広角は、殆ど中古市場から消えちゃったみたい。

そして今後、私もキヤノンで行きそうな予感。やっぱり、将来的に、会社が消えてもらっては困るのよね。規模縮小により、サポート打ち切りとかさ。ニコンが、すぐに無くなるとは思えないけど、サイトで財務状況を見てみると、楽観視も出来ない状況だよね。

あとは、今後、世間も私もデジに行くのは確実なんですが。デジカメとなると、半分カメラだけど、半分はソフトウェアなんだよね。しかも、組み込み系だけで無く、PC系のソフト。こうなると、キヤノンが圧倒的に有利じゃ無い。

さらに、マックユーザーとしては、やっぱりキヤノンは外せないんだよね。(興味がある人は、キヤノン販売とマックの歴史を調べて見ると良いでしょう。)

そう云えば、ドカも昔は、カメラ造ってたんだよねぇ...。

マック、ドカ、キャノン。必然?

今日のBGM: 674/ 奥田民生


6/22

ラジルと引き分けですか。日本でTV観戦していた皆さん、オツカレ様でした。英国では、全く放送されませんでした(泣)。ロナウジーニョの代表でのプレイが観たかった....。

週末は父の日だったじゃ無いですか。

私も菜々からカードを貰いましたよ。相撲取りばりの本人手形が付いたカード(笑)。それに加えて、菜々が書いた、私の似顔絵付き。まあ、云われ無きゃ(云われても?)わかんない似顔絵なんですが、とても嬉しいです。メッセージも付いており(これは、嫁の代筆)、あー、家族って良いよね、と思える、数少ない瞬間です(笑)

そんな父の日だったのですが、やっぱり家族サービスに費やしました。トイザらスに菜々の誕生日プレゼントを探しに行きました。モノはもう、決まってます。三輪車です。一口に三輪車と云っても、それこそピンキリですので、トイザらスで品定めをしようと云うのが狙いです。

三輪車だけで20種類ぐらいありましたかね。安いものでは20ポンド(4000円)ぐらいからありましたが、殆どの部分がプラスチックで強度に難アリ。我が家の場合、菜々は勿論、まだ見ぬ二号にも使って貰う必要がある為、ある程度、強度は確保しなければなりません。また、同じ意味で、キャラ付きはNGです。まあ、ミッキー等の定番キャラなら良いですが、いわゆる一発モノ系のキャラですと、次の子が乗る頃には、もうそのキャラはTVで放映してないなんて事態に陥る可能性大ですし。

そんなこんなで選んだのは、ドイツ製の三輪車。フレーム等、主要パーツは金属製なので、結構、重たいんですが、持ち運ぶものでも無いですし。色使いもナカナカよろしい。ミッフィー的三原色を中心に纏められています。

対抗としては、後輪駆動の三輪車があったんですよ。自転車の三輪版と云うイメージで、足で漕ぐ位置は前の方なんだけど、駆動力はチェーンで後輪に繋がるの。「お父さん、やっぱり後輪駆動ですよ」なんてポップが貼ってあるので、危うくそちらを買いそうになりましたが、チェーンはメンテも必要だし、子供が指を挟んだりと危ない場面も出て来そうなので、却下しました。

ちなみに、我が家が購入したモノは、お値段50ポンド(1万円)。店内で、試乗車に乗って、なかなか降りなかったぐらいなので、気に入ってくれる事でしょう。

これ以外に、お嬢が気に入ってたのが、家のオモチャ。プラスチックで出来た子供用の家。たまに庭に置いてあるのを見ますし、かなりの種類が売られていますので、一般的なんでしょうね。小さい奴だと1畳ぐらい。大きい奴だと4畳半ぐらいあって、高さも2mぐらいのお城だったりします。 菜々はこれが大好きで、見つけると必ず中に入り、間取りのチェックをします。

この手頃な奴が半額(2万円→1万円)になってたんです。大きさ的には2畳ぐらいの大きさ。これぐらいの大きさなら、庭に置けるし、もしくは、現在、洗濯物部屋と化している部屋があるので、そこをお嬢の新居に開放しても良いかな?と思ったのですが、結局、購入しませんでした。買わない理由は無かったんですが、買う理由も無かったので。暇が出来たら、木材なんかで自作するのも楽しいかな?と思いましたし。まあ、そっちの方が確実に高くなりますし、そもそも、そんな時間があれば、FDに費やします(笑)

帰宅後、早速、三輪車の組み立て。えぇ、私も「15分ぐらいで出来るさ」と舐めてました。菜々の攻撃をかいくぐりながら箱を開けると....部品点数がかなり多い。さらに組み立て説明書が、とてもチープ。元々はドイツ製品のようで、ドイツ語の解説は、なかなか詳しそう。でも私は、ドイツ語がわからない。パラパラと説明書をめくって行くと、ありました英語版。でも、殆どが図解だけで、説明文が少し。さらに内容がハチャメチャ。 うーん、これは難儀しそうだ、と感じ取るのに、それ程時間は掛かりませんでした。

悩む事10分。どうしてもわからない。ここで、もう一度、箱の中を確認すると「組み立て説明書・補足版」があるじゃ無いですか。だよなー、この説明書だけじゃ組み立てるの無理だよ。この私ですら無理なんだから、主婦の皆さんなんて、絶対に無理なんじゃ無いの?と思いながら、この補足版を見ると、ますますワカンナイ(泣)。本編と書いてある事が180度逆だったりするからさあ。

いや、自己弁護の為に書いておくと、この三輪車、ワンウェイクラッチとかサイドブレーキとかホイールベース調整機構とか付いてて、メカニカル的に、かなり高機能なのよ。

もう、こうなったら、箱にある完成写真を見ながらの現物合わせだ。付属の工具も、とても使いづらいので、マイ工具を取り出す。

最終的には完成したんだけど、40分ぐらい掛かったよ。だって、プラハンもロングノーズプライヤも、バイスグリップも使ったぐらいだし。最後には、電動ドリルも使おうと思ったぐらい。
まあ、組み上がってみると、苦労しただけあって、結構、しっかりしてる。説明書にも、アライメントを取る様に注意書きしてあって。左右のブレが5度以内になるように...って、その前に、分かりやすい説明書付けてくれよ。

菜々は気に入ってくれて、室内を暴走してました。勿論、まだチビなので、自分では焦げません。ですので、本人が地面を蹴るか、付属のバーで、後ろから押してやる必要があるのですが、この時に効いてくるのが、前輪に付いているワンウェイクラッチです。ペダルがグルグル廻らないんですよ。本人がペダルを漕いだ時には、前輪と同期して回りますが、逆側(エンジンブレーキ側)は、クラッチが切れるのです。うーん、素敵。

しかし、これは、ブレーキ系統が全く無いと云う事に繋がるので、替りに、サイドブレーキが付いてます。ドイツ車なので、右手側に、自動車と同じ感じで引くレバーがあります。勿論、後輪だけに効くブレーキなので、ドリフトも可能かと思われます。

1万円もしたんだから、大事にするように<菜々

っぱりレンズより先にボディ入手しちゃいました。えー、書きたい事は色々あるんですが、長くなりそうなので、また今度ね。

今日のBGM: Money/ Gamma Ray


6/19

たロンドンに行って来ました。まあ、今回は半分仕事なんですが、半分はプライベート。と云うわけで、家族を連れて行きました(笑)。まあ仕事なので、同僚も同乗。でも、やっぱり半分プライベートなので、同僚の奥さんも乗る。と云うわけで、我が家の三名と同僚の二名、合わせて五名でロンドン乗り込み。向かった先は、お馴染み、オリエンタルシティだ。いわゆる、買い出し。

土曜日に行ったのですが、気温はグングン上がり、30℃を超えようかという勢い。こうなると、冷たい飲み物が飲みたいわけで。でも、英国にも、冷たくてサッパリしている飲み物は、基本的に無い。敢えて云うなら、水だな(笑)。フレーバーウォーターと云う、まあ、味付き水(レモン水とか)もあるんだけど、常温で売られているのが普通なので、店先で冷えてるのを買って、ゴクゴク、ウマー、と云うのは無理。

でもここはオリエンタルシティ。日本の文化が展開されています。

さっぱり、お茶系売ってるし。勿論、キリリと冷えてるし。あー、日本万歳(笑)。でも、この日は気分的に午後ティーが呑みたい気分。ええ、勿論、午後ティーも売ってます。みんなでゴクゴク飲みたいので、1.5リットルでもイッとく?と思い、値段を観ると、

4.69ポンド(約940円)って、コレ、アルコールでも入ってるのか?勿論、貧乏駐在員の我が家に、手が出るワケもありません。大人しく退散したのでありました(大泣)

昼食もココで取りました。お食事コーナーは、各種アジア系の屋台が並んでおり、真ん中の共通テーブルで食べると云う、まあ、よくあるシステムです。

勿論、日本食もあります。前回は、無難な日本食屋で無難な「鳥唐揚げ弁当」を購入しまして。まあ、無難な味だったので、今回は、少し冒険してみます。

そこは、やはり日本食屋。丼モノとカレーがメインです。カレーも、メニューの写真を見る限り、日本のカレーです。(インドの本場カレーでは無いと云う意味。)しかし、アヤシイのは、店員(兼料理人)が、日本人では無いと云う事。恐らく、タイとかベトナムとか、そっちの方。英語は綺麗だったので、ひょっとすると英国での二世(もしくはそれ以上)なのかも知れない。

よし。今日はココで試してみよう。丼にしようかな。お?天丼が旨そうだなぁ。でも、さっきからカレーが良い匂いなんだよねー。やっぱり、カレーにしようかな...ん?

て、天ぷらカレー出たー。紅ショウガ付いてるし。もう、ワケワカラン。ネタ的には、これをイッておくべきだったんだろうけど、チキンな私は、普通に「ポークカレーセット」にしちゃいました。そして結果は、これまた普通な「社員食堂で良く出てくるカレー」的な味でして。溶け残ったルーがあるアタリまで、完コピでした。

と、ネタ的には、何とも面白くない昼食でした。それにしても暑い一日でしたね。もう、夕方グビグビ呑んだビールが旨かったですね、ハイ。

グビグビ

今日のBGM: Saints An' Sinnres/ Whitesnake


6/16

・車検(MOT)取得。

丁度よく、会社に投げ込みの広告が入ってたんですよ。車、バイクの車検出来ます。平日、夜10時までやってます。でも予約してね、ってな奴。あ、こっちの車検は、すべて民間委託なので、民間工場で取得します。

今日も、天気は良かったので、バイクで会社に行ってましたので、これは丁度良い。今日、見てもらえるかな?と思い、電話してみると「17時からなら大丈夫だよ」とのご返事。早速、予約しました。

17時。会社を抜け出し、バイクで車検場に向かいます。バイクで15分ぐらい。

到着するやいなや、「おー、来たな。さ、中に入れて」と、工場内に私(と云うかバイク)を誘導します。後はキーを預けて、待つこと15分。

「ライトの光軸が微妙にずれてるねぇ。気持ち高いね。」(チッ、この前、カンで合わせたからなぁ。)

「テールのポジションランプが切れてるね。」(ウッ、さっき確認した時は点いたのに。流石はイタ車。)

「後はOK。どうする?光軸とテールランプ交換やっちゃう?なーに、2分もあれば終わるよ。」

って事だったので、お願いしちゃいました。こう云ったトコロが、民間工場ですね。基本的なパーツ(ライトバルブとか)は、在庫も豊富で、その場で売ってくれて、しかも交換までしてくれます。

そして、結果、合格。費用は20ポンド(4000円)でした。車検費用が15ポンドで、ライトバルブ交換と光軸調整が5ポンド。

ちなみに、チェック内容は、日本の車検と同じような感じでした。各灯火系の確認、前後ブレーキの効き具合確認、スピードメータの誤差確認、エンジン番号とフレーム番号の確認、ハンドリング、足回りのガタ、各種レバー系の遊び確認。えー、こんなもんかな?排気ガスや排気音量は計測しませんでした。(ちなみに、検対社外マフラー。)これは、年式も関係するかもね。最近のバイクは、触媒が付いてるので、排ガス成分チェックがあるかも。

英国の車検は、新車から3年間は免除。以降、毎年一回なんだけど、この値段&気軽さなら、問題無いね。税金も、年一回なんだけど45ポンド(9000円)。自賠責なんて云う、不可解な制度は存在しないので、維持費はかなり安いですわ。(任意保険は高いけど、この歳になれば、大した額じゃ無いし。)

Live8ってご存知?

Live Aid 2と云えば分かりやすいかな。今月、エジンバラでG8(主要8カ国先進首脳会議....だっけ?)が行われるのですが、それに合わせ、Live Aidをやっちゃおうと云う企画。しかもこのLive、英国だけで無く、米国、フランス、ドイツなんかでも同時に行われる、同時多発ライブ。

英国は、ロンドンのハイドパークで行われるんだけど、このチケットがなんと無料。でも、抽選。当選数は75000ペア(15万人)。当初の見積もりでは17倍程度の競争率になるだろうと云うメディアの予想。

応募方法は、携帯からメールを送る(クイズに答える)か、もしくは、事務局にハガキを送る(やはりクイズ形式)なんですね。携帯の方は、メールを送ると、1.5ポンド(300円)が、同時にLive Aid基金に寄付される仕組み。

私、こう云うのって、ハズレる気がしないので、余裕の一通応募。で、ひょっとして、2ペア当てて、余りをネットで売るか?と考えて、嫁の携帯からも応募。まあ、こんな邪な考えを持っている奴に、幸運の女神は微笑むわけも無く、見事落選(大泣)

ネットオークションでの売買も、手入れが入り、一切、無し。と云うわけで、我が家はテレビで観ます。

あー、行きたっかなー。ちなみに、英国の主な出演者は、

・ Annie Lennox
・ Bob Geldof
・ Coldplay (!)
・ Cure, The
・ Dido
・ Elton John, Sir
・ Joss Stone
・ Keane
・ Killers, The
・ Madonna (!・笑)
・ Mariah Carey
・ Ms. Dynamite
・ Muse
・ Paul McCartney, Sir (!)
・ Pink Floyd (!!!!!)
・ Razorlight
・ REM (!)
・ Robbie Williams (!!)
・ Scissor Sisters
・ Snoop Dogg
・ Snow Patrol
・ Stereophonics (!)
・ Sting (!)
・ Travis
・ U2 (!!!)
・ Velvet Revolver (!!)

だそうです。私の「観たい度」は、感嘆符の数で表しています。あ、フランスで観るって云う手もあるのかな。でも、ジャミロクワイ以外は、イマイチだし、ドイツに至っては、A-haって....。ある意味、観たいかも。アメリカも最悪だしねー。

真があがってきました。先日のロンドン観光を含めた24枚撮り3本。しかも今回は、CDにも焼いてもらいました。どんなもんかなー、と思ってね。ちなみにCD追加は2.5ポンド。出来上がりは、これまたナカナカでした。今回から、ようやく、5年モノのフィルムが終わり、一部、新品フィルムになってます。やっぱり、発色が全然違うの。

教訓:フィルムは早く使い切ろう

と云うわけで、今回、72枚の中から5枚を紹介します。万が一、写真に関して造詣が深い方がおられましたら、手厳しいコメントをお願いします。

機材は、New EOS Kiss Tamron 28-80/3.5-5.6 フィルムはコダック(銘柄不明)とフジ(無印)で、共にISO200。絞りは、覚えて無い(笑)。基本的に、開放か、そこから1〜2段絞ってます。

どれも、ネガからおこしたので、縦横比は3:2になってます。では、どうぞ。

6/12の日記でも紹介した夕焼け。この前はデジカメ版だったけど、コッチは銀塩版。まあ、構図も時間も違うので、一概に比較は出来ないね。確か、-1段、露出補正した記憶あり。右下のレンズの曇りみたいなのは、どうもスキャン時に付いたものっぽい。だって、ネガは問題無いし、カメラのレンズも見たところ問題無いしね。

アビーロード。上の夕焼けと、この写真は、フジの新しいフィルム。発色が新鮮(と云うか普通)でしょ?

庭で遊ぶ菜々と嫁。これが5年寝かせたコダックフィルム。良く云えばちょっとレトロな色合い。悪く云うと、彩度が低すぎる感じ。

こっちも、そのコダックなんだけど、そのレトロさ加減が、逆に良い味を出してると思ってます。ドカの赤って、イタリア車の赤なので、本当は、もっとドギツイんだよね。前ピンだけど、気に入ってる写真。

風呂上がりにリビングでテレビを観る女性陣。安物レンズなので、四隅の光量落ちが目立つ。(こんなモン?ワイ端で撮ってます。)

しかし、デジカメに比べて、打率が良いよ。バシャバシャと気軽に撮れないので、一枚一枚に気合いが入るからかな。一球入魂。そこが銀塩のメリットでもあり、逆に苦しいトコロでもあるんだよね。撮りたくて撮れない。

今度は白黒フィルムを試したいな。白黒なら、自分で現像も出来るよね?その後、リバーサルに移行か?

ちなみに、中古ボディを探す旅は、EOS 5から EOS 55になってます。あと、デジイチはNikonのD50が気になってます。今、レンズ資産は限りなくゼロに等しいので、Nikonに移行するなら、今がベストかな、と。やっぱり伝説系(戦場で銃弾を受けて、カメラマンを救ったとか)は、ニコンじゃん。もう、それだけで、十分、使う理由になるよね(笑)

今日のBGM: Only when I sleep/ The Corrs


6/15

うすぐバイクの車検(MOT)なので。

弱りに弱っていたバッテリーを購入しました。信頼のYUASA製。通販では、ドライ状態で売ってる。 なので、同時に電解液(希硫酸)も購入。ご存知の通り、希硫酸は、結構、危ない。ポトリと一滴落としただけで、ジーンズなんて穴が空いちゃう。 こんな危険な液体を通販で買うと、どんな感じで送って来るのかなぁ?と不思議だったんだけど、プラ製のボトルに入って、それがビニールパックに入って密封されて来ました。完全防備....と思ったら、ビニールを持った手が濡れてるし、なんかヌルヌルするし。

ギャーって、急いで手を洗ったので、事なきを得たんだけど。(そこまで騒ぐ程のモンでも無いかな....。) フト見ると、送られてきたダンボールも、しっとり濡れてる。輸送中、何かを侵してなければ良いケド...。 しかし、なんか酸っぱい匂いがするのは気のせいか?硫酸じゃ無くて、業者の手違いで酢酸だったりしたら、嫌だぞ(笑)

久しぶりに、硫酸だ、酢酸だと書いたら、いろいろ、思い出してしまいました。

そう、私は化学大好きちゃんだったんですよ。機械科のクセに。えぇ、大学受験も、物理か化学か選択出来るトコロは、すべて化学で受験しましたのよ。 ちょっと自慢すると、予備校時代、某大手模試で全国トップになった事もあるんですわよ(化学だけね。) と云うわけで、化学の知識は、今でもかなりあるハズ。高校生レベルなら教えられるハズ(但し女子高生に限る)

なので、こんな日記を書いていながら、頭の中には、普通に化学式が出てきてます。硫酸も酢酸も。

まあ、本当に得意なのは、有機化学だったんだけどさ。

元素表も、いきなり書けると思うよ。「スイ、ヘー、リー、ベー」って奴だけど。あれ、ツウ(と云うか、化学系の人間)は、縦に覚えるって知ってた? 専門的な話しはしないけど、あれ、縦に並んでいる元素って、色んな共通部分があるのね。だから、縦並びで「属」として、纏められてたのって覚えてるかな?

さらに「スイ、ヘー、リー、ベー」のように、縦で覚える語呂があるって知ってた?(「スイ、ヘー・・・」は、横で覚える語呂ね。)

例えば1A属だと、H, Li, Na, K, Rb, Cs, Frなんだけど、これは「エッチでリッチな中井貴一は、ルビーをせしめて、フランスへ」と云う語呂。 これ以外にも「ふっくらブラジャー、愛の跡」とか「ベットにモグって彼とスルのは薔薇色の世界 」とか、色々あるのよ。 ちょっとググルだけでも、ムチャクチャ出て来るので、興味がある人は調べてみよう。

ま、今から元素表を覚えなきゃならない人が、ここを読んでるとは思えないケド(笑)

フランス旅行記、三日目がアガリました。コチラからどうぞ。

今日のBGM: Woman Of the night/ Uriah Heep


6/13

Moto GP。昨日はスペインでした。観ました?

ロッシ。奴は神だね。セナの速さとプロストの冷静さを併せ持った、恐ろしい奴です。今後、F-1(車ね)へステップアップするなんてぇ話しもありますが、どうなんでしょう。古くは、私も大好きだった、ワイン・ガードナーも、バイク引退後、車に流れたりしましたが。

然史博物館で、外国人集団(英国人では無いと云う意味。多分、その英語のアクセントからイタリア人)に、「シャッター押して下さい」って頼まれたんですよ。丁度その時、私は首からKissを下げてたんですね。ストラップは純正ですから、大きく「EOS」なんて書いてあります。

で、その兄ちゃんは、そんな私を観ながら、恐らく、一眼レフ使いだと思ったのでしょう。適当に構図だけを指示すると、「背景もキッチリ写るように、露出とか、適当にヨロシクね」って、私、この間、カメラを始めたばかりの初心者なんですが?

渡されたカメラがFujiのデジイチS3Pro。ちっくしょー、良いカメラ使ってんなー。構えると、ずっしり重いんだけど、これが心地よい重さ。良いねぇ。

構図的に、縦位置に構えると、これまたグリップしやすいのよ。さらに、縦位置用のシャッターボタンまでありやがる。更に良いねぇ。

ファインダーを覗く。まあ、ファインダーは、驚くほどでは無いけど、Kissに比べると、やっぱり素晴らしい。

いざ、撮影しようとすると、AFポイントが5つもあって大変。私、3つ以上のAF点は使った事が無いんですが(笑)。

まあ、それなりにカメラ任せで何とかなるだろうと(ヲイヲイ)、適当にシャッターを押す。

バシャリ。

当たり前だけど、シャッターが降りる感触が手に伝わる。しかも、これまた当たり前だけど、すぐさま、画像が液晶に表示される。

あー、やっぱりデジイチ良いなぁ。これだよなぁ。バシバシ撮れるよねぇ。やっぱりデジイチ買っちゃおうかなぁ....。

と、ここで思考ループに入る。何故、私が最近、銀塩写真を始めたかと云うと、将来的にデジイチへの移行を考え、まずは一眼(と云うかカメラ全般)の基本を習得しておこうと、家に転がっていたNew Kissを手に取ったのが切っ掛け。

そうしたら、これが面白いんだよね。

でもね。カメラの世界って、やっぱり異常な部分もあって、ちょっと凝り出すと、お金が湯水のように必要なのよね。だって、既に今のレンズ(セットのWズーム)では飽きたらず、もっと良いレンズが欲しいもん。でも、この、ちょっと写真が面白くなって来た時に買うレンズでさえ、中古のボロで5万円とかのレンズなのよ。(28-70のF2.8通しとか)

でも、ここからが罠で、こんな値段を見てるウチに、貨幣価値感覚が麻痺しちゃうのよ。あー、この中古レンズ7万円だ。新品で15万円だから、激安じゃーん。買っちゃう?....って感じ。この前まで、4万円のデジカメを買うのに1年以上、悩んでいた男とは思えない(笑)。

まあ、レンズ資産はデジイチにも持ち越せるけど、焦点距離の問題もあるし、その前に、デジイチもCANONで行く確証は全くないし。

と云うわけで、自分の為に、忘れないように書いておきますが、銀塩はデジイチへ移行する為の通過点です。現有資産で、がんばりましょう。銀塩の世界にはハマリません。まあ、ハマリたくても、家計がそれを許しませんが(笑)。あ、標準レンズ(50mm F1.8)は買うかも。まあ、これなら新品でも1万円切るし。中古で明るい広角(24mmぐらい)も欲しいんだけど、デジイチのお陰で、広角レンズの中古価格が高騰してるんだよねぇ。

嗚呼、ボーナス月(笑)

中古でボディも欲しいんだけどさ。EOS5とか上物で2万円ぐらいでしょ?(ボソッ)

今日のBGM: Crosstown Traffic/ Jimi Hendrix


6/12

ても疲れた週末でした。時系列で追っていきましょう。

金曜日。電車でロンドンへ。この日の最大の目的は、嫁を歯医者に連れて行くと云う指名。これは、難なく終了。治療自体は30分ぐらい。最初、待合室で菜々と絵本を読んで、途中、菜々のオムツ交換の為にトイレに行き、帰ってきたら、もう、終わってましたから。治療内容としては「取れちゃった詰め物を、新たに作り直して詰める」と云うモノ。日本だったら、型を取って、金属が上がってきて、それを詰めてと、1週間ぐらいの期間が必要ですが、こっちは、30分。ひょっとして、詰め物は削り出しなのか?(笑)。ちなみにお値段、250ポンド(5万円....)。一旦、立て替え、後日、会社(保険)請求です。ホッ。

その後、ホテルに向かう途中、ロンドン橋を渡りながら、タワーブリッジを見学し、スタバに寄り道。ラテでお腹一杯にして、ようやくホテルへ。このホテルが、噂通りの4つ星で、修繕加工してあるジーンズなんか履いている私は、かなり浮いている感じ(笑)。でも、このジーンズ、そこらの普通のスラックスより、よっぽど高いんだぞっ。

チェックイン後、荷物を置いて、夕食へ出る。駅ビル群が、かなり巨大なので、散策しながら今夜のメニューを吟味。

結局、Wagamamaと云う日本食(?)チェーン店に挑戦。

このお店、期待していなかったんですが、コストパフォーマンス高かったです。基本的に麺類のお店で、私はチキンラーメンと餃子を注文。さらに調子に乗って、鶏の唐揚げも追加。(これは余分だった。量的には、十分食べられる量だったんだけど、お味が...。まあ、全部、食べたけど(笑))嫁と菜々も、それぞれ麺類を頼み、どれも美味しかったようです。菜々はラーメン初体験だなぁ。

このWagamamaですが、味や値段もそうですが、何よりサービスが素晴らしい。だって店員さんが、みんな笑顔。これって、当たり前のようで、英国では非常に珍しい。やっぱり笑顔でサービスされると、気持ち良く食事が出来ます。

ロンドンだけで無く、英国内のアチコチにあるようですので、機会があれば、是非。接待に使えるようなお店では無いですけどね。

旨いな、ラーメンって奴は

夕食後は、ホテルに戻って、そのまま家族はお休み。私はと云うと、今回、一眼レフ持参なので(笑)、21:00時頃、一度、撮影の為に外出。

今、ヨーロッパは、日没は21:30ごろなので、夕焼けの撮影をするには、この時間まで待たなければなんない。で、夕焼けと格闘する事20分。夕焼けって、露出が難しいね。悩んでるウチに、太陽はドンドン沈んじゃうし。

一応、デジカメでも押さえました。こんな感じです。(リサイズのみ。あ、EV-1/3段補正してます。Win環境だと暗いかも。)

その後、24:00まで待って、夜の帳が降り、真っ暗になってから、今度はF10で夜景の撮影に行こうと思ってたのですが、ベッドで撃沈しました(笑)。ビール呑んだのが敗因か。

翌日の土曜日。この日は観光デー。しかし大きな問題が。ロンドン地下鉄のうち、Circle Lineと云う線があるんですよ。これが、この週末、大工事大会で全面運休。この線、東京で云う山手線なんですね。まあ、代替えバスも出てるし、他の線を使うと云う手もあるんだけど、これが、なかなか大変。でも、面白かったけどさ。

例えば、上野から渋谷に行く時、普通は山手線一本で行くじゃない。でも、これが止まってるとなったらどうします?地下鉄銀座線なんて手もあるかな。宇都宮線で赤羽に出て、埼京線で渋谷って云う手もあったりする。

まあ、こんな感じで、色々な経路を探りながらの移動でしたわ。

で、最初に行ったのはアビーロード。世界一有名な横断歩道を渡りに行くのだ。土曜日の午前中に着いたので、撮影をしようとしている観光客は、私たちを含めて二組だけ。先客の40代ぐらいの夫婦(多分、アメリカ人。アクセントが、思いっきり米語だった)は、大人しく横断歩道の写真を撮ったりしてる。

次に私たち。まずは嫁が菜々を抱いて渡る。休日の朝なのに、交通量が激しく、なかなかチャンスが来ない中、まあ、何とかデジカメで撮影。次に一眼レフ。そして、DVでも撮影(笑)。

今度は、私の番。嫁にDVを渡し、アルバムカバーと同じアングルになる場所に立たせ、「ここから撮るように」と指示。まずは普通に横断歩道を渡る。次に靴&靴下を脱いで、裸足で渡る。(本当は、タバコも必要なんだけど、止めちゃったし...)これが、先ほどの夫婦に大ウケ。えー、みんな、靴脱ぐでしょ、ここでは。

30分程度過ごしたあと、シャーロックホームズ博物館まで歩く。噂通り、物凄く小さい。外から冷やかすだけ。そのまま駅(ベイカーストリート)近くのカフェで昼食後、自然史博物館に移動。Circle Lineが止まっているので、その他の電車が、もの凄く混んでる。

自然史博物館は、その大きさに呆然。私は化石が沢山見られて、かなり満足でしたが、菜々お嬢は、ノリが今ひとつでした。どうも、眠い模様。これはチャンスと、外に出て寝かしに入る。途中、ランボルギーニ(ガヤルド)の爆音で目覚めるハプニングもあったが、何とか寝入ってくれたので、今のウチにと、ハロッズへ移動して散策。ここも、物凄い人。結局、ハロッズも早々と退散し、帰宅の途に着いたのでした。

帰りの駅&帰宅後、色々、面白い事があったんだけど、それは、今度の機会に書きますわ。

こんな二日間だったので、今日は、みんなクタクタ。私も、一度、5:30に起き、7:00頃まで写真の整理なんかをして、その後、昼まで二度寝。菜々も7:00に起きて、朝食を食べたあと、ちょっと遊んですぐに昼寝。そのまま17:00ごろまで寝てましたしね。

あー、モトGPの事とかF-1の事とか書きたいのに、私もそろそろ限界。あー眠い。

そんな中、パリ旅行記が書き上がりました。まだ二日目までですが(笑)。えー、写真が多目ですので、ちょっと重いかも。「撮影紀行」ですので、許して下さいませ。(どの写真も50 KB以下なんだけど、何せ枚数が多めなので...)

こちらからどうぞ → パリ撮影紀行

今日のBGM: 相当な決意/ 井上陽水奥田民生


6/09

日はバイク通勤でした。いえい。

ー、写真が上がってきました。
写真を受け取ってから、袋を開けるときのドキドキ感を久しぶりに思い出しましたよ。

えー、今回は24x2で48枚あります。8割が失敗.....と思っていたのですが、意外に良く撮れてまして、自分でもビックリ。それでも室内で取った奴は、色もイマイチですし、手ブレが出ちゃってるのもあります。要修行ですかね。

あと、デジカメの色に慣れた目には、色が自然に近いと云うか、地味と云うか、物足りないと云うか...。これは、フィルムが古いってのにも関係してくるのか、それともプリントか。ネガも見てみたいけど、ライトボックスもルーペも無いし。 これまでのデジカメ歴もApple (CASIOのOEM)→ SONY → Fujiですので、コッテリ系(CANON系)では無いのですが、それでも大人しく感じますね。カシオ系って感じ。やっぱりリバーサルか?(笑)

フィルムも購入して来ました。近所のスーパーの安売りのワゴンから救出したFujiのフィルムで、銘柄が書いてないと云う何とも怪しいフィルム。ただISO200って書いてあるだけなの(笑)。業務用か? まあ、練習用なので気にせず撮るぜぇ。

日のパリ旅行。(あー、旅行記あげなきゃ....。この週末にはあげたいなぁ....でもねー、たぶんー、きっとー♪)

後半、YDA家と行動を共にしてたんですが。YDA(夫)も、車が大好きで、三度のメシより車の話しをしてるタイプ。ですので、これまで私たちは、会えばもう、サスがどうした、ブッシュがやれた、プラグが被った等々、ずーーーっと、車の話しをするのが、それはもう、当たり前な日常でした。会社で会っても、車の話し80%で、残り20%で仕事等など、いわゆる、どうでも良い話し(笑)。(まあ、これはMZT先生相手でも同じ感じだったので、私の出社時間の殆どは、車の話しをする時間だったとも云えます。これ、嘘っぽいけど、本当の話しなんです......って書いて解雇されちゃうとバカっぽいので、これはすべて、休日もしくは定時後の話しと云う事で・笑)

それが今や、お互い、子供を持つようになりまして。会話の90%は、子供の話し。人間、変われば変わるもんですね....って、自分もそうですが(笑)。

お互い、あと5年(もうチョイ?)の辛抱だと思います。いや、我が家は今年、新たにもう一匹出てくるので、あと7年か?

40になったら、また、復活しましょう。私は、その時、一気にハジケる予定(笑)

小学校にて、

「菜々ちゃんのお家の車は何かな〜?」

「んとね、えとね、あのね、んー....シルエイティ!」

「........え?」

と云う方向で行く予定(笑)

日はお休みして、ロンドンに行って来ます。色々、プランを考えたんですが、そんなに時間が無いんですよね。初日、ロンドン入りするのは昼過ぎだし、その後、歯医者だし。
と云うわけで、初日はアビーロード一本に絞ります。その後、時間があれば、ホテル近くにあるロンドンブリッジにでも寄ろうかな、と云うプラン。
二日目は、朝から自然史博物館。その後、ハロッズかな。テートモダンも行きたいんだけど、時間が足りるかなぁ。(帰りの電車は20時。)

しかし今回、ロンドンの博物館/美術館系を調べてたんだけど、ホント、どこも無料なんだよね。プライベートコレクションは有料だけどさ。まあ、その分、税金が高いんだけど、こう云う使い方されるなら納得。

今日のBGM: Sun Goes Down/ Thin Lizzy


6/08

宅して直ぐにドカの整備を開始。
と思ったら、菜々が庭の砂場で遊んでるじゃ無い。シャッターチャンス、と軽く30分@24枚(笑)

その後、ドカ整備に取り掛かる。リアのウインカー不点灯は、結局、タマ切れでは無く、切り分けは困難を極めました。右手にテスター、左手に配線図と云う姿で30分。ようやく断線箇所を発見。と云うわけで、無事、治りました。

ついでにMOT(日本で云う車検)が今月なので、マフラーを大人しい奴(レオビンチ)に交換。こっちも30分ぐらい。このマフラー、静かだけど重いよ。純正より重いんじゃない?って感じ。

最後にエンジン。307のバッテリーの力を借りて、始動に成功。

先ほど、10kmほど走って来ましたが、もう最高です。最後に乗ったのが昨年の11月なので、半年ブリなのに、何故か、絶好調。得てして、こう云う時は事故ると相場は決まってますので、大人しく走って帰宅。最後にタイヤのエア圧を調整して、本日はこれまで。

明日はバイク通勤しよ。フッフッフッ。

WWDC 2005。
MacがMPUをインテルにすると発表しましたね。徐々に「移行」って云うぐらいだから、PowerPCは止めちゃうのね。で、最初はMac Miniから...って、移行の理由は値段がメインか(笑)。
その後、PowerBookへも展開するんだってね。やっぱりG5は電力&発熱の問題がクリアされないのかなぁ。メーカー系で水冷ってのが男前だったのに。
でも、今後、Macに、例の「Intel Inside」のバッジが付くと思うと、萎えますな。

あー、今のうちに水冷G5買って置こうかな。

でも、プレステもXboxもNintendoも、次世代機はPowerPCファミリーなんだよねー。
コアは良いもの持ってると思うんだけどなー。デジカメの画素数と同じで、一般にはクロック数がセールスポイントなのかな。 ゲームの世界は、CPUのクロック数なんて、殆ど関係無い世界なので、Power系を使うのかな。

まあ、結果的に高性能なMacが低価格で購入出来れば、それで良いですけどね。ただ、筐体デザインだけは、「向こう」に影響されないでいて欲しいな。

そんなMac。我が家のG4は、最近、搭載RAMが2GBになりました。でもOSであるジャガー君(10.3.9)が安定しません。特にクラシックを使いながら、X側に負荷を掛けたりすると、いきなり落ちます。まあ、アプリが落ちるだけで、Finderは無事と云う辺りがUnixベースの堅牢さなんだろうか。
何となく、パンサー(10.2.x)の方が安定していた気がする。これは、タイガー(10.4)にアップグレードせよと云う神のお告げ@ボーナス月か?(笑)
あ、次のOSの名前も決まったみたいですね。Leopard(レパード・豹)ですか。
レパードと聞いて、あぶない刑事を思い出した貴方は、間違いなくオヤジ(オバハン)ですよ(笑)

曜日のホテル予約しました。

流石にロンドンで予算が50ポンド、三名(うち一名幼児)と云う値段設定は厳しかったです。何件かは見つかったんですが、やっぱり、かなり不便な場所にあったりします。ですので、予算を上げました。破格の60ポンド(1.2万円)です。

そしてなんと、この値段で4つ星が見つかったじゃ無いですか。しかもエグゼクティブダブル。さらに立地は最高。ウォーターフロントです。

これが外観図。大きな建物が3つ見えますが、どれが泊まるホテルなのかわかりません(笑)。このビル群の向こう側にある、ボロボロの...なんてオチは無いだろーな。ま、ネタ的には、そっちの方が面白いんだけどさ。

勿論、一眼レフ持っていくんだぁ。早起きして、早朝のロンドンでも撮っちゃおうかな。天気も良い見たいだしぃ。

あ、フイルム買わなきゃ。

今日のBGM: Sun Goes Down/ Thin Lizzy


6/07

ィルムを現像に出して来ました。 会社の近くのスーパーにあるフジカラーのコーナーに。

カウンターの奥で、例の機械がグオングオン唸ってましたので、ここで現像&プリントしてくれるのでしょうね。 でも、オバハンが一人でやってるの。ちょっと不安(笑)。

どうせ、大した写真じゃ無いから良いけどぉ。

価格は、二日で出来るコースが4.99ポンド(1000円弱)でした。プリントサイズは5"x7"って事だから、ちょっと大き目?
1時間で出来るぞコースもあり、こっちは6.99ポンド(1400円弱)でした。大して変わらないんだろうけど、どうせ大した写真じゃ無いので、安い方(つまり遅いほう)でお願いしました。

だって、早い方でお願いして、結果がボロボロだった場合(そうなる可能性が高いんだけど)、あー、やっぱり特急プリントにしたからなー、ってイイワケするのは明白なので。

とは云え、キチンとイイワケは残してあります(笑)。今回使ったフィルムですが、既に5年以上、昔のモノなんです。どうも、嫁がKissを買った時に付いていた、バンドル品のようです。更に、紙箱を開けて、常温保存でした。(フィルムケースには入ってるけど。)

出来上がりは木曜日。その日の日記は「やっぱりフィルムが古いからかなー?」で始まる可能性高し。 出来が良かった時だけ、ここで紹介します(笑)

週の金曜日は、有給です。
嫁が虫歯になったので、歯医者さんに行きます。医療がすべて無料な英国ですが、歯医者は有料です。それでも、公共の歯医者さんであれば、そこそこ安いのですが、腕が悪いし、物凄く待つようです。ですので、普通は私立の歯医者さんに行くようです。でも驚異的に高価。取れた詰め物を、再度、作り直して詰めるだけで、3万円とか掛かかったと云う話しが、まことしやかにささやかれています。

そして今回、嫁が行くのは、ロンドンにある日本人がやってる歯科。日本の健康保険が効くしねー。でも、診察は平日のみ。菜々もいるので、私もついて行く必要があり、有給としました。
さらに今回は、電車で行きます。だって、平日に車で行くと、渋滞税を払わないとイケないし。今回は、オフピーク(通勤時間外)に乗る事で、脅威的に安いチケットを見つけたと云う事も理由なんですが。

と、歯医者は保険が効くし、電車は安いしで、お金が浮きます。で、浮いたお金で何をするかと云うと、ホテルに泊まる事にしました。そう、国内一泊旅行(笑)。普段は、出張者の案内ばかりで、ロンドンと云えば、毎回、同じ様なトコロしか廻ってなかったので、今回初めて、自分の行きたいトコロを観光したいと思ってます。具体的には、自然史博物館とテートモダンとアビーロード。時間があれば、シャーロックホームズ博物館。ハロッズも冷やかしてやろうかと思ってます。
ちなみにホテルは、まだ押さえてません。Last Minutesで押さえる予定なので、ギリギリまで粘ります。予算は50ポンド(一万円・笑)。5つ星とは云わないまでも、4つ星に泊まれないかな。ええ、勿論、子連れです(笑)

日は、物凄く良いお天気だったんです。
それは、天気予報で昨夜からわかってました。ですので、今日は今年初のバイク通勤.....となる予定でした。
朝、シャツにネクタイでは無く、ジーンズと皮ジャンに着替え、そそくさと発進準備を整えます。
さて、暖気でもするかとセルを廻せど、全くエンジンが掛かる気配はありません。燃ポンは動いているようですし、マフラーから生ガス臭がしてたので、適当にセルを廻しつづければ掛かるかな?と思ってたら、一向に初爆の気配なし。
さらに、セルを廻しながら、珍しくウインカー点灯チェックなんて行ってみると、左のリアが点きません。この前、オイル交換した時は問題無かったのに。

玉切れか?と思い、レンズを外して目視確認するも、電球は問題無さそう。あー、こうなるとテスター片手に配線を追わないとー。ま、最悪、ウインカー無くても乗れるし(オイオイ)。
と、さらにセルを廻しつづける。カブリに注意しながら廻すも、全く点火の気配無し。
と云うわけで、今日は車通勤でした。あー、バイク乗りたいぞー。

今日のBGM: If you wear that velvet dress/ Bono


6/06

凄い勢いで写真を撮っています。ええ、銀塩です。

明日、UK初の現像(&プリント)に出してみようと思ってます。いやあ、しかしこのペースだと、コストもバカにならないよね。その点、デジイチ(デジタル一眼)が良いんだろうけど、まだ、私には早いと思ってます。

じゃあ、フィルムスキャナで!と云う手も考えたんですよ。今後、リバーサルで撮って、すべてPCに取り込むと。ネガでも良いけど。でも、フィルムスキャナって、Nikonの廉価版でも5万円台なんだよね。CANONでギリギリ6万円台。エプソンなら、5万円を切るモデルがあるんだけど、この価格帯になってくると、やはり安物感が。折角、銀塩で撮るんだから、しっかり取り込みたいし、安物のフィルムスキャナ使うなら、最初からデジカメで撮った方が、全然、良いしね。ま、そもそもエプソン製品は買う気無いけど(笑)

エプソンと云えばチップリセッター。我が家では大活躍してます。

黒以外の三色を見て下さい。これら3色ですが、一度、インク切れ警告が出た色なんです。このインク切れは、インクに乗ってるチップで管理されているのですが、どうも噴射量を積算しているだけのようで、実際の残量と、全然、マッチしないんです。

その証拠に、インク切れ警告が出た時に、インクカートリッジを振ると、まだチャポチャポとインクの音がしますから。

そこでチップリセッターの登場。このインクカートリッジに乗ってるチップをリセットします。(EEP上のフラグを消してるのかな?)すると、また使えるんです。

そして上の画像。ここまで使うと、そろそろ、振ってもチャポチャポ音がしません。我が家の場合、この辺りで交換してます。ここまで使えば、精神衛生上、カートリッジも破棄しやすいってモンです。

と、インクの詰め替えをしない人でも、非常にメリットがあるチップリセッターですので、皆さんも、ガンガン使用しましょう。

今日のBGM: Love Is Blind/ Van Halen


6/05

僚の結婚式の二次会に行って参りました。しかも、会場が、家から車で10分と非常に近かった事もあり、家族で襲撃。

場所は、こんな感じで、非常に雰囲気のあるホテル。教会なんて数百年経ってる感じ。

会場(F10の手持ち)

菜々も、一張羅を着込む(笑)。子分一号が買ってくれた服で、かなり高価らしい。いつもアリガト<子分一号

オサレさん

しかし、これに合わせる靴がない。まあ、しょうが無いので、持っている靴の中(二足・笑)から、オサレな方を選ぶ。と云っても「スニーカーじゃ無い方の靴ね」と云う感じ。

新郎新婦。新郎はロシア系英国人。スゲー身長が大きい。私(183cm)が見上げるぐらいなので、2mぐらいあるかも。新婦は、我が家の近くの病院の先生(確か小児科)。ちなみに、この夏の嫁の出産も、この病院になる予定なので、今後ともヨロシクです。ちなみに新婦は、NBロードスター乗り。女医さんでロードスターって素敵!

ヨロシクデス&オシアワセニー

開場は19:00から。私たちは、チョイ遅刻の19:30着。まだみんな、飲み物片手にご歓談タイム。しかし、このご歓談タイムは21:00まで続いたのでした。廻りの出席者によると、これが普通のスタイルらしい。21:00から、ようやく食べ物が出てきました。まあ、食べ放題系の英国風料理ですわ。また、生バンドの演奏(ウルサイ系)も始まり、時間も遅かった事から、22:00には退散。食い逃げとも云う(笑)。

綺麗なお姉さん(と云うか、お母さん?)も多く来ていたので、とても楽しかったです。久しぶりにお酒も呑んだしね。(帰りは嫁の運転)


こんな感じだったのが昨日。一方、今日は日常的な日曜日でした。朝はゆっくり起きてスーパーに買い物。そこのスーパー内に、最近、スタバが出来たので、そこでランチ。私は、ラテを呑む。もう、スタバのラテ、最高。う・ま・い。

帰宅後、Moto GPを見る。イタリアGP。かなり白熱したレースで、面白かったですな。しかし1〜4位まで、イタリア人ライダーが独占ですか。ドカも3位に入るし。ホンダは、そろそろV6投入するんでしょ?(今はV5)

Moto GPを見終わった後は、菜々と近くの公園へ。

今日、とうとう、菜々は一人で滑り台を滑れるようになりました〜。パチパチパチ。

と云っても、うつ伏せになって、足から滑るんですよ。普通にすべる事も出来るようになったんですが、本人、何故か、うつ伏せがお気に入り。まあ、大小あるうちの小さい方の滑り台で、高さで云えば1mチョイ。滑走距離は2mぐらいのモンなんですがね。

本人も、自分で滑れるようになったのが相当嬉しかったようで、ニコニコしながら、何度も昇っては滑り、滑っては昇りを繰り返しておりました。

子供の成長を見るのって、本当に嬉しい反面、ちょっと早すぎて残念な気もしますよね。TVのCMでは無いですが「早く大きくなってね。ゆっくり大きくなってね。」と云う感じです。「あー、今が一番カワイイ時なんだろうなー」と思い続けて、もうすぐ二年になります。これが「あー、あの頃は可愛かったなー」となってしまう日が来るのでしょうか?まあ、女の子は、最後までカワイイと思いますよ、ハイ。

問題は、男だな。やっぱり、次も女の子が良いかも。(と云いながら、すでにミニカー25台セットを購入している私。トミカパーキングも買わないとなー....。やっぱり男の子も良いね・笑)

回、一眼レフを勉強し直すって書いたじゃ無いですか。早速、初心者本なんかを斜め読みしながら、Kissを持ってバシャバシャと撮っていたんですよ。二日で40枚ぐらい撮ったかな。

すると、やっぱり楽しいんですよね。液晶では無く、ファインダーを覗くと云う行為は、写真を撮る上で重要なファクターなのかも知れない。

あと、一枚一枚に気合いが入るじゃ無い。なので、成功率が高い気がする。まだ現像前だから云えるけど(笑)。と云うわけで、デジカメの「撮ったらスグ見られる」って云うのは、やっぱり凄いね、と今更ながら関心。

と云うわけで、デジイチが欲しいよ。Kiss DNでもイイからさぁ。あれって、そんなに高く無いんだよね。レンズ込みで10万円ぐらいなんでしょ?もうすぐ、二人目の子供も産まれるし、ますますカメラが必要になってくるよなぁ、と考えてしまうボーナス月(笑)。

でもさぁ。デジカメって、2年もすれば、過去の遺物になっちゃうじゃん。一方、銀塩カメラって、現代の最新機種でも、数十年前のモデルでも、条件が同じなら、出てくる絵は同じじゃない。なので、陳腐化しないんだよね。ニコンF3なんて、いまだに良い値段してるし。あれ、カッコいいもんね。ジウジアーロだったよね?

まあ、もう少し、Kissで勉強しますがね。あー、電池(CR123)買わなきゃ。

今日のBGM: Girl Gone Bad/ Van Halen


6/03

本代表、勝ちましたね。私は勿論、Live鑑賞。テキストでの鑑賞だけど。(ようは、ネットの速報系サイト。)ここで負ければジーコは更迭かなぁ?その方が、長い目で見て、良いのでは?でも、WCに出られないのも嫌だしなぁ...。なんて、複雑な気持ちで観戦しちゃいました。しかし、代表選に「負けろ」と思いながら観戦するような状況になるとはねぇ...。

回の旅行で、最後まで頭を悩ませたのは、デジカメの画像をどのように吸い上げるか?と云う点。
手持ちのxDは512MBなので、最高画質で170枚程度撮れる。これだと、一日30枚程の計算となる。これまでの経緯から、旅行中は50枚/日ぐらい撮る。しかも今回は、良い被写体が多いパリだし、新しいデジカメだし、バチバチ撮りそうな予感。

そこで考えた対策は、

1. パソコンを持っていく
我が家に軽量なマシンは無いので却下。(PowerBook2400があるけど、USB付いて無いし...)
と云うか、今回は気軽な旅だし、子連れと云う事で、ただでさえ荷物が増える傾向にあるしね。ちなみにY田さんはPC持参。あなたはエライ!

2. 予備のxDを買う
普段は512MBもあれば十分なので、今回の旅行の為だけに購入すると云うのもなぁ...。 フジのキャンペーンで貰った128MBは、まだ嫁の実家だし。 こんな事なら、初めから1GB買っておけば良かったかも。

3. iPod Photoを買う
iPodなら、手軽に持っていけるし、音楽だって聴けるし、容量だって十分だ。 ひょっとしてベストアイディアか?
しかし問題は、iPod Photoが異常に高いと云う事。デジカメより高い。30GBで38800円。60GBで49800円もする。 当然、買うなら60GBだけど、5万円の買い物なんて、私には考える時間が最低3ヶ月必要。実際、4万円のデジカメ買うのに1年半悩んでるし(笑)

4. 現地で何とかする
街中の電気屋さんに入って、展示品のノートパソコンをちょっと拝借して吸い出しちゃう。吸い出した画像は、iPod shuffleにコピーすると。まあスマート。
問題は、フランス語OSに、私が対応出来るか?って事(笑)。Macなら、文字が読めなくても、殆どの作業はキーボードショートカットで出来るけど、Winは、全然、覚えてないのでわかんない。Ctrl + C、Ctrl + X、Ctrl + Vぐらい。 あ、Win + Eってのも使うかな(笑)。

で、私が取った結論は4でした(笑)
まあ、押さえとして「絶対にプリントアウトしない写真は、低画素で撮る」と云う方式も組み合わせました。
さらに、パリに到着すると、流石は観光地だけあって、街中、到る所に「デジカメ出力屋」があります。ここでは、紙焼きは勿論、メディアからCD-Rに焼いてくれるサービスがありますので、これを使っても良いかな、と。(お値段、10ユーロ弱でした。)さらにさらに、宿泊したホテルは、1階にネットで繋がったノートPCがあり、使い放題。勿論、USB付き。もう完璧。

そして結果はと云うと、吸い出しませんでした。512MBでギリギリ間に合ったのです。こまめにサイズ変更したのが良かったみたい。枚数で云うと250枚ほど撮りました。
でも、この方法は、あまりオススメしません。いちいち、サイズを変更するのは面倒ですし、サイズを変更した後、元に戻すのを忘れたりしますので、「A4サイズでの出力を狙った気合の家族写真」を30万画素で撮ったり、「街で、ちょっと見つけたオモロイ物(コネタ用)」を600万画素(最高画質)で撮ったりしちゃいます。
さらに、ホテルにあるPCでの吸出しですが、NGでした。だってWin 98なんだもん(泣)。xDもiPodも認識せず... 。ドライバ入れ出すと、色々、面倒な事になりかねないので、大人しく諦めました。


しかしパリ。撮りたくなる被写体が一杯あるんだよね。もう、デジイチ(一眼デジカメ)が欲しくなっちゃったよ。でも、その前に、写真を勉強しなおそうかな、と思い立ちましてね。嫁の嫁入り道具であるEOS Kiss(New Kissね)を引っ張り出して、再度、基礎から、やり直してます。

単焦点レンズも買おうと思って値段みたら、スゲー高いね。やっぱり踏み入れてはイケない世界なのかも<カメラ

まあ、まずは、手持ちのレンズ(28-80mmと70-300mm)を使い倒してからかな。運良く、カビも生えてないみたいだし(笑)

今日のBGM: ゆりかごのある丘から/ Mr. Children


6/02

国から、Y田家が遊びに来ました。

パリで合流し、その後、英国観光。その際、我が家に二泊滞在していかれました。ちなみにY田氏は、同じ会社で、しかも同じ駐在員と云う境遇。さらに、実家が異常に近く、愛車もセブン(Y田氏はFC)で、子供も同じ学年、先日までは同じプロジェクトで働いていたと云う、何ともシンパシーな仲なんです。

##しかし、とあるプロジェクトに携わったメンバーの子供が、ことごとく同じ学年なんですよ。菜々を入れて4名居ます。このメンバーと、今後、各種学校イベントで顔を合わせていくのかと思うと、何とも複雑ですな。あ、私が会社を変われば別ですが(謎)

折角、我が家に遊びに来て貰ったので、接待させて頂きました。この辺りでは、最も有名なストラトフォードに行きたいとの事で、早速、お連れします。ちなみに、我が家のメンバーは、家でお留守番。パリ旅行で疲れてるし、車に乗れないし、ストラトフォードなら、既に何回も云ってるし.....と云うのが理由。

と云うわけで、Y田家の三名と私を加えた4名で出発。

この日も天気は絶好調。暑くも無く、寒くも無く。今回も、ストラトフォードの王道観光コース、ようはシェイクスピアメインでご案内したのですが、実はこの街、それ以外にも見所は結構あるんです。今日は、そんな中から、お勧めの一軒をご紹介。

The Nutcrackerと云うお店です。場所は、シェイクスピアの生家(冒頭の写真)の真ん前です。

##ちなみに、今日の写真は、すべてサブ機(U20)で撮ったものです。Photoshopでリサイズすると、Exif消えちゃうんだよなぁ...。

で、このお店。何のお店かと云うと、クリスマス用品専門店なんですよ。特にオーナメントの品揃えが素晴らしいんです。

店内はこんな感じ。

所狭しと商品が並んでいます。どんな商品かと云うと、サンタクロース人形は勿論、

サンタクロースのオーナメントや、

英国では人気者なハリネズミ関連も、

こんなにあります。

ガラス製のオーナメントもシンプルで良いですね。今年の我が家は、ガラス製で攻めても良いかも知れない。(昨年は、オーソドックスに金&赤)

さらに、クリスマスデコレートな箒(ほうき)があったりして、飾る場所も無いのに買ってしまいそうになってしまいます。

このように、子供だけで無く、大人も非常に楽しめるお店です。ボーッとしてると、色々、買い込んでしまいますので、自制心を持って挑みましょう(笑)


しかしこの日は良い天気でした。これだけ天気が良いと、日光浴をする人達で公園は溢れ、

兄ちゃんは上着を脱ぎ、姉ちゃんは、脱がないまでも、有り得ない所まで、上着を捲り上げ、(ちなみに、バックに見える銅像は、シェイクスピアと、有名キャラ達 ← マクベスとか、ハムレットとか。)

レアな車が動きだし(コ、コブラだ。カッチョヨイ......。ちなみに、排気音が超快音でした)、

子供は脱走します(笑)。初登場、Y田家のご子息。

これ以外にも、テディベア専門店や、セレクトショップ系のお店も沢山あります。表通りから、ちょっと裏に入るだけで、全く違う表情を見せる街ですので、探検気分で出掛けるのも、これまた楽しいと思います。

今日のBGM: War Pigs/ Ozzy Osbourne


6/01

んとか、パリから戻りました。

今回も、色々ありましたねー。パリは鬼門かも。現在、旅行記執筆中につき、詳細はしばしお待ちを。(この週末にリリース予定)。

まあ、トラブルはありましたが、非常に満足度の高い旅だった事は間違いないです。しかーし。明日から、私は、何を糧に生きていけば良いのだーーー...と思ったら、今月はボーナス月じゃ無いですか。

うーーー。何を買おうかな〜........夏には家族が増えるんだから貯金か?いや、家族が増えるからこそ、買うなら今か?(笑)。結局は、サマーバーゲンで、洋服を適当に買うだけのような気がする。

もしくは、また旅行。近場(アイルランドとか)に、二泊三日とか良いかも知れない。

今日のBGM: Aye Aye Aye/ Santana

戻る