1/30

云う訳で、簡単な出張記でも。

と云いながらアストンマーティンから紹介(笑)

いえいえ。これも出張関連と云えば出張関連なのです。

これ、英国で大流行りの「現物支給宝くじ」なんですわ。具体的に云うと。一口60ポンド(1.2万円)でチケットを買います。これを約5000人(正確には4800人と書いてある)に売却。総額約5800万円。当選数は4口。毎回変わるんだけど、今回は、この写真に写ってるアストンマーティン(DB9)、ポルシェ911、ランボルギーニのムルシエラゴ、ベントレーのなんちゃらモデルの4車種。どれも、数百万円の現金が副賞で付く。まあ保険代にでもしてくれ...って事かな?

これ、毎回、惹かれるんだよねぇ。4/4800なので、決して高い確率じゃあ無いんだけど、宝くじに比べれば全然マシ。しかし値段が微妙だよね。1.2万円。半額なら、多分、買ったかも。一回、呑みに行ったと思えば、諦めも付くさ。

でもね。この4台。勿論、新車なんだけど、ちょっとワケアリ車なんだよね。色がイマイチだったり、左ハンドルだったり、オートマだったり。ようは売れ残り系なのよね。まあ、当たるんだら、何でも良いんだけどさ。

今回も、散々悩んで、結局、購入せず。あぁ、小市民(泣)

英国内の殆どの空港で展開されているので、皆さんも、機会があれば、是非、悩んで下さい。ちなみにバイク版もあります。

これが、往路に使った飛行機。F10のつもりで撮影したので(実際はU20)、高感度撮影出来ず。ちょっとフォトショップで増感してます。

ボーイング757でございます。座席は2-1です。つまり、1列で3人。全部で15列ぐらいしか無いので、50人ぐらいしか乗らないのかな。とても小さいのですが、とても軽いので、離陸の時の角度がキツイです。大気圏突破しそうな感じ(笑)。やっぱり、動力性能に置ける重量が占めるファクターって大きいよね。

スウェーデンの某空港。現地時間で22:00頃。流石にガラガラ。

オフィスから。思いっきり雪。写真の真ん中あたりは「湾」なのですが、氷結してます。もう、見てるだけで寒い。

某V社の前。思いっきり良い天気。しかし私は、少しだけ緊張してました。だって、技術アドバイザーとして参加しただけだったのに、気がつくと、プレゼンターの一人として、30分程度話し、さらに質疑応答の対応までする事になったんですわ。人前で話すのは、久しぶりだわ。結果は.....来月末には、わかるようです。

翌日、ドイツはシュトゥットガルトに飛びました。着いてみるとスウェーデンより寒いじゃ無い。現地法人の代表の方に、わざわざ迎えに来てもらったのですが、マトリックス2でボコボコになった事で有名なキャデラックで登場。ピカピカの新車。でも、もうパーキングセンサーが壊れてて、ピーピーとうるさい。流石、デトロイト品質(笑)

さらに、フルサイズのスーツケースが2個入らないと云う、使えないトランク。無駄にデカイ車体は何のためだ?

オフィスに着くと、濃〜い話しで半日。途中、休憩がてら、超機密車を見せてもらう。超機密なので、ここでは詳しく書けないんだけど、「○○が来てるよ」と聞いた時、私の反応は「へ〜....」でした。全然、ヒントになってない(笑)

ちなみに、最初のプロトタイプカーだそうです。へー、こんな感じなんだぁ...。

そして帰路。話しが盛り上がってしまい(仕事の話しね)、また、空港のカウンターで並んだ事もあり、搭乗口に到着したのは、ボーディング時間の15分前。まあ15分あればビールぐらい呑めるでしょ。折角のドイツなんだし〜、と云う事で、好物のバイツェンを注文。グイッと飲み干し、搭乗。そのまま眠りに付いたのでした。

総括として、やっぱり出張は疲れるね。今回は(も?)、会議ばっかりだったし。お偉いさんも来たので、珍しく気を遣ったしね。さらに、毎晩、電話で子供達と話していたのですが、声を聞くと帰りたくなりますね(笑)。菜々が最近、電話でも流暢に喋るので、尚更です。と云うわけで、次の出張は日帰り希望(笑)。と云うか、実際にそうなりそうです。来月中旬。場所は、多分、ドイツ。今度はミュンヘンか?朝3時起きかも。でも日替えりが良いぞ。もしくは、家族道ずれ(笑)。日中はBMW博物館にでも押し込んでおくか...。って云うか、俺が博物館に行くから、変わりに仕事しない?(笑)

う少しだけ続きます。Project X。

前回、MOTを無事取得したFD。これで車を触る作業は終了し、あとは書類を揃える等の事務的な作業。でも、以前に自作カー(スーパー7のレプリカキットカー)を作り、申請した同僚に聞くと、「実際に車を見せろ」と要求される場合があると云う事なので、車はこのまま、(ほぼ)ドノーマルのまま保管。あー、休暇中に「通常モード」に戻しておきたかったのに。悶々。

正月早々、BirminghamにあるDVLA(陸運局)の支局に出向き、書類を提出。実際に提出した書類は、

- 今回取得したMOT証明書

- 日本で取ってきた抹消登録証

- 任意保険証明

- 通関書類

- V55/5と云う書式の書類(現地で貰える)


の5つを提出。

あとは、身分証明書としてパスポートを提示。(提出では無い。)

また、住所の証明として、運転免許証を提示。

サイトを見ると、色々とややこしい事が書いてありますが、実際に提出を求められたのは、この5つだけ。

窓口で簡単に書類の内容をチェックされ、特に問題無し。と云う事で、無事、書類は受理。登録手数料として30ポンド(6000円)。税金として110ポンド(2.2万円)を支払う。

ちなみに税金は、排気量で決まる。ロータリー係数なんてものは存在しないので、1.3リッター計算。ガハハ、プジョーよりも安いぞ。Yaris(Vitz)と同じクラスだ。パワーは4倍出てるけど(笑)

しかし、これで登録が終わったわけではありません。この後、すべての書類がDVLA(陸運局)の本局に送られ、審査されます。 結果は2営業日後。何も問題無ければ登録書類が送られてくるが、何か問題があれば、電話連絡が入るとの事。また、ドキドキの数日間が始まります。

実は、心配事が一点ありました。

「10年間経過した車両はSVA不要」と云う部分。

私のFDが、1995年製である事を、どのように証明するか?

抹消登録証には初年度登録:平成7年4月との記述があるけど......。こちらの人間に平成元号が理解出来るのか?いや、そもそも、日本語が読めるのか?

うーん、大丈夫かなぁ....。ここまで来て「あなたの車は10年経っているかどうかわからないので、やっぱりSVAを取って来い」なんて云われてたら最悪。

もしそう来たら、MAZDAディーラーに行って、車体番号から生産年度を証明する書類を作ってもらうか。でも、生産年度=登録年度じゃ無いしなぁ。

前回触れた、登録作業を新年に回したのも、この絡み。運良く1995年が証明出来ても、4月と云うのを、どう証明するか。ルールには、明確に、「きっちり10年」と書いてある。車体番号から年度は割り出せても、登録月までは云いきれないでしょ。と云うわけで、無用なトラブルを避ける為に2006年まで引っ張ったと云うわけです。流石、戦略家なオレ(笑)

なんて事を考えながら二日間が経過。書類を持って行ったのが火曜日。2営業日と云う事は、金曜日には結果が出ると云う事か? 水曜日、木曜日と、常に携帯を肌身離さず、まさに携帯しておく。実際、何かしら突っ込みが入ると思ってたし。風呂に入る時ですら、近くに置いておく。ちなみに、仕事で、どんなに重要な電話が控えていても、ここまではしない(笑)

しかし、この二日間、実際に電話は鳴らず。翌日の金曜日も同様。

お?これは、登録OKと云う意味か?と云う事は、金曜日に登録書類が発送されて、月曜日には届くと云う流れでは無いのかぁぁぁ!

と、一人盛り上がるも、月曜日も音沙汰無し....。

そして翌日からスウェーデン出張。あー、私の書類は届いているのだろうか?(英国では、郵便物の紛失は日常茶飯事)

抹消登録証や通関証と云う、再発行がきかない書類が入ってるし、税金&手数料の3万円分の印紙も入ってるんだぞー。


と云うわけで、次回へ続く。


今日のBGM: The Noble Savage / Planet X


1/29

事、帰国してます。

もう、すげー疲れた。金曜日の夜、這うようにして自宅に帰着。そのまま爆睡。土曜日も勢いは衰えず、トータルで17時間ぐらい寝たかも。

そして、疲れはまだ取れない(泣)

と云うわけで、今日も、そろそろ寝ます。スウェーデン&ドイツ話しは、また明日にでも。あ、ドイツは来月にでも、また戻るかも。このまま移住しちゃうか?ワールドカップもあるしね。


今日のBGM: The Noble Savage / Planet X


1/22

だ英国の自宅に居ます。

結局、日本組は、丁度24時間遅れで、昨夜、ようやくホテルに到着したそうです。お疲れさまです。今夜、現地で会いましょう。

と云うわけで、急遽、週末がフリーとなったワタクシ。早速、行事に参加。例の月一の子供達の集まりです。今回の催しものは...

餅つき!

これまでのハローウィーン仮装や、サンタクロース登場等と違い、お餅と云う食べ物が出てくるからかどうか知りませんが、参加者数、歴代最高。

これまでは、子供達も入れて十数名と云ったトコロだったのですが、今回、30名は遥かに超えていたかと。いつも通り、歌を唄って、本読みして、カルタ取りして...と進みますが、人数が多すぎて統制取れず(笑)まあ、子供達は楽しんでいましたので、私は特に口出しもせず、裏方に徹してました。怪我や事故も無く、無事終わったと云う事で。

つきたてのお餅も堪能出来ましたし。磯辺、きな粉、アンコ。そして、子供達に最も人気だったのは、主役のオモチでは無く、磯辺用の海苔(笑)。子供って海苔、好きだよねぇ。菜々も、海苔だけバクバク食べてました。

伶も大人しく待ってました。コイツ、ベビーシートに座らせると、もの凄く大人しいんです。将来有望かも(笑)。隣は、Y子さん(元同僚。美人!)の次男。まだ三ヶ月なのに、五ヶ月の伶より大きい。伶も、日本サイズとしては大きい方なのに。恐るべし外人パワー。ちなみに、顔の大きさだけは勝ってました(笑)。この辺りは、嫁さん側のDNAに違い無い(笑)

後は、アウトレットにお買い物。目指すは、最近で来た、The North Face。極寒地用の上着を買うのだ。

先週、Swedenに行った時は、まあ、それなりに寒かったんですが、騒ぐ程では無かったんですね。現地メンバーは「スゲーあったかい」と云ってましたが。そして今週。英国は相変わらず温かく(この日なんて10℃超えましたし)、前回と同じ程度の上着で良いかな?と考えていたのですが、寒さ慣れしている現地メンバーすら「今週は寒いよー」と云う連絡が入りまして。どれどれ.....とネットで調べると、

なんじゃコリャー。今日なんて、最高気温でマイナス7℃。今週も、殆どが、最高でも氷点下。あー、死ぬかも。

と云うわけで、こんな時こそNorth Face。ちょっと(かなり?)高いけど、その性能は全幅の信頼を置いてるブランドです。アウトレットと云う事で、一部、色やサイズが限られてますが、値段は市価の半値ぐらい。私も、珍しく30分ぐらい悩みまして、結局、3万円ぐらいのジャケットを購入。これでも寒かったら、もう、諦めるしか無いね。

500円券が今月末なので、いつもの備忘録として、Amazonでコレ買うぞのコーナー。

まずはこちら。「それいけ!アンパンマン」大全集 みんなでアンパンマンソング。最近、菜々が良く唄うようになってきたので、試しに購入してみますか。具合が良さそうだったら、トトロの奴も買うか。

お次はこちら。大人(アダルト) (初回限定盤DVD付)。林檎姫の新譜ね。中身も聞かず、無条件に購入する数少ない日本人(バンド)の一つです。今回も、まだ発売前なのに、予約してしまおうと云う、何とも気合いが違います。新加入のギタ−と鍵盤が、楽しみでもあり不安でもあり...。

逆に、評判を聞いてから買うバンドなんですが、こちら。I LOVE Uん?中古で「2円」って云うのが1枚だけあるぞ。これは安すぎる。新品は3000円もするでは無いか。と云うわけで、皆さんが見た時点で、2円の中古が無くなって居たら、多分、それは私です(笑)

話しは変わりますが、アマゾン経由の中古って、なかなか良いですよ。特にオススメは米国。日本で廃盤になってる奴でも、米国では普通に中古で流通してたり。しかも2ドルとか。送料込みでも5ドルしないので、私は良く利用してます。(勿論、米国バンドの場合だけど。)

最後は英国バンドの日本限定アルバム。FIND THE COLOURを購入する予定。ベーシストが日本人だからか、日本での露出も多いそうですね。機会があれば、是非。

今回は、こんなモンかなぁ。あ、一つ忘れてた。定価が高いので、ずーっと中古を待ってるのですが、一向に出てこないので、この際、新品を買います。OKUDA TAMIO LIVE SONGS OF THE YEARS/DVDです。

Project X

朝、一番でFDを民間工場に持ち込みます。今回のようにMOT受験目的の為の移動に関しては、ナンバープレートが無くても運行OK。

自賠責に入って、かつ、区役所(市役所)まで行って仮ナンバーを取らなきゃならない日本に比べると、格段に楽チンです。

自宅から5分で民間ガレージに到着。事前に予約していたので、すぐに試験開始。所要時間は1時間程度との事。ちなみにこの日は会社は有休。

試験が終わるまでボーッと待っているのも何なので、嫁にプジョーで拾ってもらい、近所のスーパーで買い物をしながら、結果を待つ。

実はこの待ち時間、かなりドキドキ。理由は排ガスと光軸。特に前者。新品のメタル触媒に、中古だけど純正マフラーの組み合わせ。 エアポンプは動作してるし、プラグも、数100キロしか使ってない、ほぼ新品。 これでもNGだと、もう、打つ手は無いぞ?頼む。通ってくれ!

試験が終わったら連絡が来る事になってるんだけど、1時間半経っても連絡無し。やっぱり、どこかNGだったのかな?....

スーパーでの買い物も終わってしまったので、自宅への帰り道にあるガレージに寄ってみると、外の駐車場にFDが停まってます。

事務所に入って聞いてみると、ちょうど、試験が終わったトコロらしい。

結果は........


合格!

予想通り(?)、一度、排ガスがNGだった模様。油温を上げて再計測してくれ、何とかOKになった模様。ホッ。

料金(6000円弱)を払い、家まで、ウキウキでドライブ。5分で着いちゃうんだけどさっ。

と云うわけで、Project Xですが、整備編は終了です。残すは、書類を揃えて、DVLA(陸運局)に持ち込む作業が残されるのみ。さて、どうなる?

そして、この書類を持ち込む作業。明日にでも行いたい所なのですが、事情があり、年明けにしました。その理由は、また次回と云う事で。


今日のBGM: Hey Jude / Peter Breiner


1/20

やあ、今日も疲れました。

お?出張先のホテルから接続成功?いえいえ、自宅からです。

なんと、悪天候の為、飛行機がキャンセルに。しかも、代替便は明後日の夜と云う事で、図らずも週末を謳歌出来る事に。

空港に付くと、私が乗る予定の便(Gothenburg行き)が、2時間遅れと云う情報はスグに入りましてね。近隣のコペンハーゲン行きは、既に欠航になってたので、少しイヤな予感はしていたんですよね。他の航空会社も、北欧行きは、軒並みキャンセルになってました。テロでもあったか?って感じ。

しかし、私が乗る便(City Airline)は、悪天候に強いボーイング757ですから。掲示板の表示は「欠航」では無く「2時間遅れ」。流石。

実は今日、日本からも2名、飛んでます。スウェーデンで合流する予定だったのですが、彼らは直行便では無く、コペンハーゲン乗り換え。そんな彼らから携帯のTELが入ります。コペンハーゲン空港が悪天候により閉鎖されたとの事。つまり、今日、飛行機は一切、飛ばず。「この後、どうなるの?」と、私に聞かれても....(笑)。「振替便の手配をしてくれるハズなので、すぐにカウンターに向かって下さい」と指示。10分後、また電話。「カウンターに着いたんだけど、200人ぐらい居るよ....」との泣きの電話でした。「選択の余地は無いです。そのまま並んで下さい。」

一方、私。掲示板は、相変わらず2時間遅れ。2時間遅れと云う事は、ホテル着は0時頃になりそう。と云う事は、レストランも閉まってるのは確実なので、ここは、腹ごしらえでもするか、と、軽食屋に入り、スモークサーモンベーグルを注文。レジの姉ちゃんが、注文を受けた後、自ら作ってくれたんだけど、フィラデルフィア(クリームチーズ)を、箱の半分ぐらい(100gぐらい?)サービスしてくれちゃって。おかげで胃がもたれまくりですわ(笑)

そんな、拷問のようなベーグルを食べ切り、念のため電光掲示板を見に行くと、私の乗る便に輝かしい「欠航」の文字が...。

すぐにカウンターに駆け込み、30分ぐらい並ぶ。この時、偶然、競合他社のA(Sweden人)が、私の前に並んでる。英国出張に来ており、帰りそびれたようだ(笑)。お互い、かなりマニアックなハードロック好きと云う事が判明し(きっかけは、私の携帯の着メロ@マイケルシェンカー)、ウダウダと喋っていたので、30分なんて、あっと云う間。

こんな経緯で、今、自宅に居ます。帰ってきてから、天気図(衛星写真)をチェックすると、

スカンジナビアだけ、狙われたように悪天候。色付き部分が、降水を表すみたい。つまり、豪雪って事ね...。ちなみに英国は、綺麗な星空(笑)

そして、私が家に帰り、風呂で菜々&伶と戯れていると、携帯が鳴ります。コペンハーゲン組からです。どうやらホテルの手配が間に合わなかったようで、空港泊だそうです。「今、ブランケットが配られたんだけどさぁ」とか愚痴ってます。「まあ、これも良い経験ですから」となだめましたが、自分は絶対に経験したくない(笑)

日も飽きずにプロジェクトテン。

翌週末。またFD整備。この日のメインは洗車。この日も朝からポカポカ陽気。さすが、オレ(笑)

どうせ洗うなら、二台まとめて、と云う事で、まずはプジョーから洗車。この車、結構、洗う面積が多くて、洗車は大変な部類。屋根も高いしさぁ。と、ブツブツ云っている間に洗車終了。次にFDの番。ずーっとガレージ保管だったので、あまり汚れてない。それでも、よく見ると、日本からの輸送中に付いたと思われる傷なんかが何箇所か見つかり、コンパウンドで消したりしながら、あっさり洗車。ワックスは掛けない。理由は、ただ一つ。面倒臭い(笑)

しかし、白い車は、やっぱり水垢が目立つね。もう少し暖かくなったら、全体にコンパウンドを掛けようかな。でも、一皮向いちゃうと、その後の手入れが面倒になるからなぁ。確実に綺麗にはなるんだけど。いっその事、気分転換の意味もこめて、全塗装しようかな。塗るなら黄色だな。フェラーリ純正の黄色。

洗車が終わると、ついでに細かい整備。プラグを外して掃除したり、冷却水の量を見たり、各灯火類の動作を見たり。どれも問題無し。そして翌週に向け、近所の民間工場でMOT検査の予約を入れる。いよいよ、Project Xの佳境だ。無事、検査に通るだろうか...。懸案は、やっぱり排ガス。メタル触媒で乗り切れるのか?光軸は、現状のまま勝負する事にした。理由は、ただ一つ。面倒くさい(笑)

洗車直後。キレイキレイ。


今日のBGM: Don't believe a word (live) / Thin Lizzy


1/19

日は20:00からTVでサッカー(FAカップ)の中継があったんです。伶と観戦していたら、そのまま寝てしまいました。ですので、日記が落ちました。

そんな伶ですが、今は寝返りがブームです。さらに、驚く事に歯が生え始めました。むっちゃ早いぞ。

整備記録(笑)を見ると、菜々より6週間も早いらしいです。反対に、髪の毛は全然伸びません。菜々とは大違い。ま、男なので、どうでも良いですが。幼稚園に入ったら坊主にするし。もしくはドレッド(笑)

幼稚園で思い出しましたが、菜々を保育園(のようなモノ)に通わせる事にしました。手始めに週二回。他人との関わりを増やしたかった事と、少しは嫁の負担が軽くなるかな?と思いましてね。まあ、送り迎えをする手間は増えるし、そろそろ伶が、いらん事が出来るようになってくるので、タスク量としては、変わらないと思うんだけど。

最初は号泣でしょうね。以前、嫁が大学(英語学校)に行ってる間も、託児所に預けていたんだけど、もう覚えてないだろうな。

例のプロジェクトテン。

ターゲットがMOT(車検)取得となったので、早速、整備を開始。大寒波到来と云われていた英国の冬ですが、2005年の年末に一日、雪が降っただけで、翌日からはポカポカ陽気。日中も10℃を超える日も多く、整備には打って付けだ。

前日の夜から、バッテリーの充電をしておき、翌日の整備に備える。

そして翌日。久々にセルを捻ると、一発始動。さすがボッシュのバッテリー。

おぉ、久しぶりのロータリーサウンド。気持ちイイ。ガレージ内で暫く暖気。うぅ、目が痛い。やっぱり触媒死んでるな、こりゃ(笑)

さっさとガレージの外に出し、久々にジャッキアップ&ウマ掛けだ。すぐさま触媒を純正触媒からメタル触媒に交換。FDの触媒の取り付け/取り外しなんて、もう何回目か覚え切れないほどの慣れっこ作業。しかし、久しぶりなので、カンが戻らないぞ。えーっと、どこから外すのが良いんだっけっか?

と云っている内に触媒の取り外し終了。1時間ぐらい掛かっちゃったかな。

ちなみに、嫁さんは、気を使って、子供達を連れて、買い物に行ってくれている。だから、余計な割り込みが無く、作業に集中出来る。素晴らしい。

良い天気


しかし、こうしてFDで作業していると、日本で暮らしていた時期を思い出すなぁ。MZT号は元気に走っているのだろうか? YDA号は朽ち果てていないだろうか?(笑)


おっと。感傷に浸っている時間は無い。早速、メタル触媒の取り付けだ。

おぉぉぉぉ。軽い。何だ、この軽さは。しかも太い。HKSのフロントパイプとピッタリサイズ。純正のガスケットじゃ、全然、口径が足りない。社外ガスケットもふんだんにあるので、そっちを使うか。いや、ここで、フト思い、純正のガスケットをそのまま使う。ちょっとでも排気の抵抗を作って、排ガス検定を有利にする為だ。ここに、パンチングしたアルミ板を仕込んで、さらに排気ガスの流量を下げようとも思ったんだけど、これは奥の手だな。今回は、純正ガスケットだけで組む。

液体ガスケットもタップリと塗り込んで、しっかり組み付け。触媒の軽さも手伝って、組み付けは20分もあれば終わった。

ここでコーヒーを呑みながら、ガスケットの乾燥を待つ。15分程度放置し、再度、増し締めし、エンジンをスタート。車の下に潜って確認すると、盛大に排気漏れしてる(泣)。フロントパイプ側も、マフラー側も、両方とも漏れ漏れ。

再度、組み直すのは面倒なので(笑)、外から液体ガスケットを塗りまくり、なんとか排気漏れを抑える。大丈夫かいな。

そうこうしていると、丁度、嫁さんが帰ってきたので、プジョーを駆ってオイルを買いに行く。この際なのでオイル交換もしてしまおう。

英国では、DIYでのオイル交換は一般的では無く、カー用品店に行っても、殆どオイルの種類は無い。まあ、久々の交換なので、フラッシング代わりに安物オイルで良いか(笑)

でも、実際は選択の余地も無いんだよね。100%化学合成で、固め(15W-)のオイルだと、カストロールしか無い。GTXマグネティックとか書いてある。まあ、これで良いや。どうせ、スグに交換するし。4.5リッターで5000円ぐらい。

すぐに家に戻って、オイル交換。ここで日没の為、作業終了。

久々に車の下に潜ったこの日。心地良い疲れを感じながら呑むビールが美味かった。

日のフライトは19時です。

早めに自宅に戻り、嫁さん&チビ達に空港まで送ってもらう予定。菜々に泣かれなければ良いけど。って云うか、オレが泣くかも(笑)。

今回は、出張先からも日記のアップを試みる予定。もう主要なHTML文法は覚えたので(って、3種類ぐらいしか使ってないけど・笑)、メモ帳(Windowsの標準アプリね)でも書けるしね。

問題は、FTP接続だな。今日、調べてて判ったんだけど、Winって、標準でFTPサポートしてないのね。Macなんて、OSレベルで対応してるのに。(まあUnixベースだしね)。それを云えば、Win2000も同じはず?あれ?私の調査が足りないだけ?


今日のBGM: Dragonfly / Starbreaker


1/17

言通り(?)、Swedenに戻ります。

フライトは、金曜日の夜。お?週末は観光か?と思うでしょ?予定はこんな感じ。

金曜日:現地着は22:00頃の予定。日本からの出張者と落ち合い、事前会議。会議の場所は、多分、ホテルのロビーとか。

土曜日:引き続き、打ち合わせ&資料作成。

日曜日:会議本番。

って、何で日曜日に会議設定するんだよ。それは、お相手のお偉いさん(某日本企業。親会社とも云う・笑)が、日曜日しか、空いてないからー。

当然、そのまま月曜日以降、Swedenで通常業務をこなしながら、数々の会議をこなし、本番(プレゼンテーション)は木曜日。

圧巻は次の日。またまた早朝の飛行機でコペンハーゲンへ。そこで飛行機を乗り換えてドイツはシュトゥットガルトへ入ります。現地着はお昼前。弱小企業故、直行便が使えません(泣)

そこで、午後一杯、会議を行い、19:00の便で英国に戻ります。しかし、またもや旅費節約の為、スタンステッドと云う、ロンドン近郊の空港で降ろされます。そこからタクシーで、自宅まで2時間半。うー、自腹切るから、この苦行のような出張を何とかしてくれー。何もビジネスクラスで飛ばせと云ってるワケじゃ無いんだぞー。

体が資本ですから。健康はお金では買えませんしね。

日もProject X。

FDの売買交渉に際して、買い手に対して「SVA通ってないよ」と伝えた事は、この前、お伝えしました。すると相手のコメントは、こうでした。


「95年型って事は10年経ってるよね?SVAは必要無いよ」


な、何ですって?

そう云えば、前、DVLA(英国の陸運局)に問い合わせた時、開口一番「お前の車、10年落ち?」って聞かれたな。

早速、DVLAのウェブサイトで確認してみよう。


フムフム。


相変わらず英国の役所系サイトは読み難い。情報が散乱してるんだよね。今回の案件も、「バイクの輸入」の項の後に、思い出したように付け加えてある。いずれにせよ、10年経った車はSVA取得の必要無しと、確かに書いてある。ただし、代わりにMOTが必要とある。

MOTとは、日本で云う、まさに車検です。新車から三年目以降、毎年、受験する必要があります。検査は主に民間工場で行います。

難易度は、MOT < SVAでして、遥かに簡単。実際、SVAでNGとなっている、例の6点の関しても、


- リアフォグランプの位置が低い: MOTでは位置は問わず。リアフォグが動作すればOK 。

- Eマーク適合タイヤ: MOTではEマークなんて関係無し。タイヤの残り溝があればOK。

- 内装の突起物除去: MOTでは追加メータもOK。ハンドル交換OK。(ほぼ、何でもOK)

- 配線関連: 余りにも危険な場合以外はOK。 私のFDでは、現状レベルで十分OK。/P>

- ヘッドライトの光軸ずれ: SVAと同じ基準。つまり、調整必要と云う事。

- 排ガス成分: SVAと同じ基準。これも、対策必要。


となり、ようは触媒交換して、ヘッドライトの光軸を合わせるだけと云う、何ともお手軽レベル。

こうなると、俄然、話しは違ってきます。取りあえず、買い手には事情を説明します。「車を売るかどうかは別として、まずは車両登録しようと思う」と報告。そして、早速、整備を開始。時期的にも、クリスマス前の時期と云う事もあり、仕事も落ち着き気味。なので、週末は二日とも休める週が続いてました。

勿論、家族を説得し、週末のうち、どちらか一日は、みっちりと子育て&家事を行い、もう一日を、車いぢりに費やすと云う、Win/Winの条件で合意です。交渉の基本ですな(笑)

こうして久々に、工具片手に、車の下に潜る週末が復活したのでした。さあ、この後、無事、登録出来るのでしょうか?

ちなみに、10年目の車と云う事で「テン」なのです。Project X(テン)ね。同時期、本家(プロジェクト・エックス)の方で、ロータリーの2回目が放映された事も、少しだけ影響してます(笑)


今日のBGM: Lord Knows / Badlands


1/16

なり古い話題ですが、インテル搭載Macが出ましたね。

今年中には、すべてのマックが入れ替わるそうな。アプリが今後、どの程度、対応するかがキーですね。

あくまでも私見なのですが、今後、Apple的には、"PC"と云うハードウェアのエリアからは、少しずつ撤退して行きそうな気がします。これからも、デザイン性(&ブランド力)で売って行くのでしょうが、軽薄短小な製品は、既存のPC陣営には敵わないですからね。逆に、iTMSに代表されるコンテンツや、iアプリ等のSoftwareで攻勢に出そうな気がします。あくまでも「気がする」だけですが(笑)

そんなIntel搭載機ですが、丁度、Sweden出張と重なり、あまり詳細を知らなかったんですよ。それなりに古くからのMac好きとしては、これではマズイと、チョコチョコと調べものをしてたんです。

そんな中で見つけた、このサイト。

いえ、Apple(本国)のサイトなんですけどね。Intel搭載機に関してのCM(米国向け)何ですが、これが強烈ですね。非常に簡単な英語なので、皆さんも、是非、試してみて下さい。

と、突き放そうと思ったのですが、今夜は特別に、書き取りしましょう。ちょっとお酒が入ってますので、少し(かなり?)怪しいですが、聞き直し無しで、一気に行きます。ポチッとPlay!


The Intel Chip. For years, it's been trapped inside PCs, inside dull little boxes, dutifully performing dull little tasks , when it could've been doing so much more.

Starting today, the Intel chip will be set free, and get to live life inside a Mac.

Imagine the possibilities.


こんな感じでしょうか。やっぱりアメリカ英語は、聞きづらいですね。多分、上記で合ってるハズ。スペルは突っ込み無しで。(これも合ってると思うけど。)

さらに今夜は特別に、和訳も付けましょう。

インテルチップ

これまで、"PC(windows機の事ね)"の中に閉じ込められてきた。

ちっぽけで、くだらなく細かい作業を、ひたすら行う為に、

ちっぽけで、くだらなく細かい箱の中に。

本当の実力は、そんなモノでは無いハズだったのに。

そして今日、インテルチップは解放されるのです。Macの中で、本来の生き方を見つけるのです。

想像してみよう。さまざまな可能性を。


どう?かなり強烈じゃ無い?PC陣営は黙っているのか?

しかし、日本語って、文字数多いよね。多少、意訳したとは云え、明らかだよね。

Project X。

今日は、SVAの話しをします。SVAとは、Single Vehicle Approvalの略です。単一車両認定とでも訳すのでしょうか。DVLA(日本で云う陸運局)に車両を持ち込みSVA検査を受けます。実際の試験内容は、日本の車検レベルの試験内容に加え、車室内外の安全性に関わる部分を、非常に厳密に確認します。怪しい配線は無いか?素人加工は無いか?等など。

そして、何故、私のFDが英国を走れないのか。それは、このSVA試験で不合格になったのです。

具体的な指摘個所に関しては、主に以下の部分。


- 触媒交換:

排ガスがNGだったんですよ。もう、ギリギリの所でNG。プラグを新品に交換してもNGだったので、もう触媒でしょう。触媒って消耗品だしさ。

実はUKに来る際、こんな事もあろうかと、メタル触媒を購入し、持って来ておりますので、実際の作業は、このメタル触媒に交換するだけ。交換するだけ...とは云え、車を上げないとイケないので、2時間程度の作業になりますかね。ちなみにガスケット等のショートパーツも日本から持ってきてるので、パーツ的には問題無し。

ちなみに、日本の基準(車検)で云えば、現状で通ってるんですよ。欧州基準が厳しいのか、ロータリーが劣悪なのか?(多分、両方)


- リアフォグランプの位置が低い:

霧が多い英国では、リアフォグの装着が義務付けられています。このリアフォグ、最低地上高80cmとの事なので、あと20cmぐらいあげないとイケない。リアのリフレクタを加工し、ライトを埋め込む予定。欧州仕様のFDと同じ位置です。

点灯の為のリレーは組んでありますし、電球もあるので、あとはハウジングの加工だけ。半日仕事?


- Eマーク適合タイヤ:

今や旧モデルとなってしまったブリヂストンのRE-01ですが、なんと、欧州適合マーク(eマーク)がありません。eマークが無いとSVAを通らないんです。

スリップサインの出ていない、eマーク付きのタイヤを購入し、交換する必要があります。英国は、タイヤも激高く、韓国製のヘッポコですら、交換工賃込みで4本で10万円以上します。RE-01より高いな....。まあこれは、お金で解決する部分。


- 内装の突起物除去:

指摘箇所(後付けオーディオとか社外ハンドルとか)は、すべて純正品に戻しましたし、外付けメーター関連は、すべて取り外しました。残すは、英国で取り付けたセキュリティシステムのセンサーを外すのみ。

とは云え、単純にセンサーを外すだけではセキュリティが働いてしまうので、少し、高度な技が必要。


- 配線関連:

エンジンルームに、水温系やら、後付けホーンやらの配線が、色々、這い回っていますので、これを除去、もしくは綺麗にまとめる必要があります。また、室内も、ツイーターの配線が這いまわってたりしますので、これも一時的に除去かな。

一部、引き直しも必要でしょうから、一日仕事でしょうね。

- ヘッドライトの光軸ずれ:

日本と同じ左側通行なので、大丈夫だろうと舐めてたらNGでした。でも、予備検屋さんではOKだったのになぁ。SVAの試験官が巨漢(推定体重120Kg)だったので、その分、車高が落ちたのでは?と思ってます(笑)

修正はドライバー一本で調整出来るけど、水平を出すのが面倒だな。予備検屋で再調整するか、もしくは適当に合わせて、一発勝負。また落ちたら、その場で微調整かな。 日本の車検と同じですね(笑)


こんな感じです。

これ以外にも、細かい指摘は色々あったのですが、すべて対策済み。

と云う事で、最初にあげた6点が残作業。あと少し......なのですが、これが遠い。

家族持ちの私に、これらの作業は余りにも重過ぎる...。独身時代、もしくは、子供が生まれる前だったら、全部やっても丸2日は掛からない作業なのにね。しかし、何とか時間を見つけないと、いつまでもFDはガレージの中...。


ちなみに、SVAでは、社外ホイール、車高調、社外エアクリ、社外ホーン、エアロパーツ(バンパー)はOKでした。すべて、しっかり取り付けてあればOKとの事です。


今日のBGM: In the dead of night/ Yngwie J. Malmsteen


1/15

真の整理をしましたので、少しご紹介。

実は昨年末、新たにお隣さんが越してきました。そして今度も、神業な駐車。

って云うか、これ、ガレージのドアに当たってるんですが?

前の住人はMGFでしたが、今度はMR-2(日本名MR-S)です。ミッドシップな人は、駐車技が絶妙なのか?


Sweden出張の際に撮った写真。オフィスの写真です。外から見ると、なかなか綺麗ですね。中ではドロドロしてるんですが(笑)

一階はレストランと云うかバーと云うか。お酒も食事もOKなテナントが入ってます。(ちなみに事務所は4階)

もしや?と思い、試してみると、レストランまで無線LANが届いてます。と云うわけで、お酒を呑みながら仕事...と云うのも、理論上は可能になります。私は、呑む時はいつも本気なので(笑)、仕事の片手間に呑むなんて事は出来ません。いや、呑みの片手間に仕事か?

ちなみに、この写真だけは、セカンドカメラ(SONYのU-20)で撮ってます。


予定通り、写真もビデオも数が激減した第二子ですが(笑)、グレる前に、そろそろご紹介。

ニタニタしてます。愛想を振りまいて、好感度を上げようとしていますね。第二子なりの生きる術です(笑)

このように抱っこしていればニコニコなんですが、一旦、寝かすと、ギャーと騒いで、存在をアピールします。これも生きる術。

もうすぐ、寝返りしそう。既に180°回転は出来るのですが、肩が抜けないんですよ。菜々の時も、なかなか肩が抜けなかったんだよね。でも、あと1〜2週間で、完璧マスターでしょうね。寝返りが出来るようになると、目が離せなくなります。うつ伏せに慣れてないので、窒息しちゃうんだよね。


折角なので、お嬢も。

昨日の誕生日会で、工作してる時の写真。ペットボトルをペイントして、カラーテープを張って、最後に何やら豆を入れて、マラカスを作ろうと云う試み 。なんか、黙々と作ってました。

Project X。前回からの続き。

FDを「売る」か「持つ」か。選択は2つ。

そうこうする内に、買い手から連絡が入る。まずは、基本的な事の確認。「何年式?」、「走行距離は?」、「事故歴ある?」、「写真ある?」

誰もが必ず確認するポイントですね。それぞれ、「95年式」、「だいたい7.5万キロ」、「事故暦無し」、「写真あるから送るよ」と回答。

すると、相手は、かなり盛り上がったようで、「すぐに見に行くよ」との事。何と、住所は、隣町なんですね。そしてここで、念の為に確認を入れたんですよ。


「この車、まだ登録して無いんだよね。SVA(車両登録の為の検査)に通らなくてさ。」

そして相手から返ってきたコメント。そのコメントこそが、Project Xの始まりだったのです。

眠いから今日はここまで。このProject Xの最後の作業をしたんですが、もうクタクタ...。


今日のBGM: Inuendo/ Queen


1/14

Swedenから戻りました。

云われていた程、寒くは無かったですね。気温的には、最高気温で5℃とか。暖冬だそうです。でもホテル前の川(ほぼ河口)は全面凍結してましたので、見た目が寒い。

そして ホテルが、もの凄く乾燥してまして、そのお陰で喉を壊してます。

そのホテルなんですが、乾燥しているせいか、金属部分に触るたびに静電気攻撃にあいます。もう何も触りたくない。トイレに云っても流したくないし、手も洗いたくない。でも、そうもいかない。

部屋に濡れタオルを干したり、浴槽にお湯を張りっぱなしにして、湿度上昇を試みたのですが、焼け石に水。

外は雨模様。路肩には雪。それでも室内はカラカラ。

飽和水蒸気量.....と云う単語が浮かんだ貴方は、理系畑(化学系?)ですね?(笑)

朝食は美味しいし、ネット(ワイヤレス)完備なので、非常に気に入っているホテルなのですが、この静電気がなぁ。

今度、このホテルを使う時は、絶縁バンドに絶縁スリッパ持参だな。

そしてその機会は、意外に早く来そうです。多分、来週(笑)。

今度は一週間ぐらい。出張嫌いな私としては、非常に憂鬱...。

子供が出来てからは、特に出張は嫌になりましたね。毎日、少しでも関わりを持ちたい、遊びたい。

今回も帰国すると、菜々は満面の笑みで「とーちゃーん!」叫んで抱きついてきますから。嬉しいもんです。伶は爆睡してましたけど(笑)。と云うか、親父が不在だった事に気付いていないと思われます(泣)

今回は、かなりハードな出張だったので、それ以降、早めに帰宅してます。初日なんて夕食を摂った後、19時過ぎには、もう就寝。そのまま、朝6時まで熟睡。 あー、やっぱり疲れてたのね。


うやくProject X(テン)の話しが出来るようになりました。

Project X。

それは、一本の電話から始まりました。


「RX-7、売る気ある?」


電話の相手は、私に車の個人輸入を強く勧めたMervyn(マービン)。私に薦めた手前、現在もFDが登録出来ていない事に責任を感じている模様。常にアンテナを高く張っていてくれたようです。(実際、Mervynには感謝しています。車の輸送自体は、非常に安く、簡単に出来ましたので。彼の経験とサポートが無ければ、もっと複雑で高価だった事でしょう。)

電話口で、この話しを聞いた途端、私の口から出た言葉は、


「「納得出来る値段なら手放すよ」


と云う言葉でした。

正直、自分でも、こんな言葉が出た事に驚きました。

しかし、その後、ゆっくり考えてみると、私の中に二つの感情がある事に気が付きます。

・今後も登録する為の整備に時間が割けないのは明白。なので、現状(未登録)のまま買い手が付くようであれば、売ってしまう方が良い。そして、売ったお金を元手にロータス買おう(笑)

・FDは、もう絶版車だし、これまでコツコツと手を掛けて来た車なので、思い入れタップリ。正直、このFDと別れるのは、事故で潰した時しか有り得ないだろ。

の2つです。t

ちなみに、現在、英国でのFDの取引価格は100万円スタートと云う感じですね。初期型のド前期で100万円。私の場合、95年型なので、英国で云うと最終型になるのかな?(4型も入ってるかも)

走行距離は7万キロ台(5万マイル以下)なので、英国では「走行少」と云うタマで扱われます。外装の程度も良いのでプラス査定。改造パーツ多数は、あまり好ましく無いようですが、好きな人には好材料。

マイナス項目は2つ。ひとつは色。英国で白と云う色は有り得ないんですよね。日本のスポーツカーに限り、白でもOKらしいのですが、一般的には白は好まれません。もう一つのマイナスポイントは、やはり未登録と云う事。

一方、日本での中古車相場を見ると、程度次第ですが、やはり100万円前後でしょうか。安くなったもんだ<前期型FD

と云うわけで、100万円で売れるのであれば、売っても良いかな?と思いはじめました。


ちなみに、ロータスエリーゼですが、ここ英国では、中古のS1が200万円を切る価格でチラホラと、と云った感じの相場です。走行多めの奴ね。

S2になると、素のエリーゼでも、まだ300万円を超えるタマが多いです。

あー、ロータス欲しい。その為にはFDを手放さないと。でもFDも手放したくない。

この思いが堂々巡り。この時期は、色々、悩んでました。まあ、今思えば、楽しい悩みでしたが。


今日はココまで。

コツコツと書いて行きます。

日は、誕生日パーティ−に出席して来ました。

相変わらず、Sweden出張から続く体調不良は継続していたのですが、恒常的な残業と出張で、家族には迷惑を掛けているので、このようなイベント系は大事にしなければなりません。

と云うわけで、嫁の「横の繋がり」である某夫妻のお子様の誕生日パーティーに出席して来ました。

主賓家族を含めて5家族が集まったこのパーティ−。私たち以外は、皆、国際結婚家庭。つまり、お子様は、みなハーフ。菜々だけが純日本人。周りの子供たちが、窓の外に猫を見付け「Wow! it's CAT!」と叫ぶ中、菜々だけは「あー!ニャー!」でした(笑)

しかし、英国の国際結婚夫婦の殆どが「旦那が英国。奥様が日本。」の組み合わせですね。逆(旦那が日本人で、奥様が英国人)は、わたくしの、広い交遊範囲でも、二組だけです。何でかな......


今日のBGM: Moonchild Including the dream and the illusion/ King Crimoson


1/09

年、初出社。

例年、連休明けの一週間は暖機運転と云うかアイドリングと云うか。ゆっくりしたペースで始動するのですが、今年もノソノソと暖気してたら、無理やりカタパルトに乗せられて射出されました。明日から、Swedenへ出張です。二泊三日。しかも、出張目的の詳細は知らせれてません。「取りあえず緊急で飛んでくれ。詳細は追って連絡する。」って奴なのですが、これまでの経験から、その詳細が追って出て来た事は殆どなく、仮に出て来たとしても「これは'詳細'では無く'概要'と云うのでは?」と云う事、多し(笑)。今からとても心配。

前回、Swedenに行った際の超早朝の格安便は廃止になったので(嬉)、今回はバーミンガムからの直行便で飛びます。朝9時のフライトなので、家を出るのは7時過ぎか。いつもより遅いぐらいなので、余裕。

戻りは木曜日の朝一番で、そのまま会社に直行。このフライトが朝7時の便なのよね。朝7時の便って事は6時前には空港に居る必要あり。空港までは30分ぐらいなので、ホテルは5時過ぎ出発。しかも、英国とスウェーデンは1時間の時差があるので、スウェーデンの5時過ぎと云うのは、英国の4時過ぎって事。起きられるかな(汗)

寒いんだろうなぁ。今日の最高気温、マイナス5℃だって(泣)

ウラですが、こんなデザインらしいです。

そうだよ、コレだよ。わかってるじゃん。リアがルーバーなのが良いですね。

これ、市販されるのかなぁ。私、買うならオレンジが欲しいです。でも、買いたい車リストの50番目ぐらいなので、宝くじに3回ぐらい当たらないとイケませんが。

その宝くじの当選金額って、今、幾らなの?と思って調べてみると、ジャンボが前後賞込みで3億円なのね。

あと30年生きるとしても、年間1千万円かぁ。これだけじゃあ、会社を辞められないなぁ(笑)

家とカメラと時計と時計と時計と車と車と車と車とバイクとバイクを買うので、少なくとも1億円は使っちゃうし(笑)

み中は呑みまくりの食べまくりでした。

そして今朝、二週間ブリに体重測定。

体重:+2kg

体脂肪:+2%

ウエスト:+2cm

と云う結果でした。

と云うわけで、元に戻す為の施策、マイナス222運動(笑)を発足させます。

でも明日から出張ですので、実際の活動は木曜日からか?

しかし、その頃には、マイナス333活動、いや、下手すると、マイナス555活動になっている可能性あり(笑)

スウェーデンは、英国に比べると食べ物が美味しいし、何より寒いので、皮下脂肪が蓄積するんだよね。


今日のBGM: What do you do for money honey / AC/DC


1/08

動車評論家って、儲かるんですかね?

知ってる名前を挙げるだけでも、片手では足りないですので、それなり人数も居るのでしょうね。

また、多くの評論家がblogを持ってたりしますので、たまに覗いているのですが、たま〜に良い事を書いたりしてますが、概ね、薬にも毒にもならない事を云うだけですよね。それでも食べていけるって云うんだから不思議なもんです。

食べていくどころか、大概、皆様、良い車を複数台所有されてたりしますよね。欧州への移動はビジネスクラスのようですし。

まあ、見えない部分では、色々と大変だとは思いますが、ウラヤマシイ職業の一つである事は間違い有りません。

の連休中、呑みに呑みまくったモスコミュール。ウォッカ+ジンジャーエール+ライムのカクテルですが、休暇の最後を記念して「本物」を呑んでみました。

モスコミュールとは、本来、ウォッカの製造元の一つであるスミノフが、拡販のための施策の一つとして提案した飲み物なんだそうです。その時のオリジナルレシピは、ウォッカ(勿論、スミノフ)+ジンジャービア+1/8にカットしたライムで作るらしいんです。

私ゃ、今まで、ジンジャーエール&絞ったライムで作ってた(と云うか、それが一般的だよね?)のですが、厳密に云うと、ニセモノだったようです。

と云うわけで、本日、ホンモノを作ってみました。日本では入手困難なジンジャービアも、ここ英国では、普通に買えますし、我が家にあるウォッカもスミノフですので、材料入手は簡単でした。

ちなみに、ジンジャービアーとは、ジンジャーエールの強力な奴だと思って頂ければ。かなりショウガ(ジンジャー)が強烈で、飲後、ちょっと喉が痛くなるぐらい(笑)。風邪の時とか良い感じ。

で、「本物」を飲んだ感想:

かなりイケてる

相変わらず喉はヒリヒリしますが、その分、キリリと締まる感じです。ジンジャービアも、色々と種類がありますので、違う奴でも試してみたい。今日、試した奴は、英国では一番メジャーな奴なのですが、私には、ちょっと甘過ぎる感じ。普通のジンジャーエールよりは甘く無いんだけど、私には、まだ足りない。

機会があれば、是非、お試しあれ。ジンジャービアが必要な人は、事前に連絡下さい。日本出張時に持ち込みます。(いつになるかワカラナイけど。)

トロがヘビーローテーション中。

菜々が気に入ったようで、現在、三日間連続上映中。うち二日間は、ほぼ、全編通して鑑賞しましたので(正確に云うと、鑑賞させられた・笑)、もう、かなり台詞も暗唱出来ます。やっぱり日高のり子は上手いね。そして、糸井重里は、やっぱりミスキャストだと思うワケよ(笑)

菜々も、この三日間で、テーマ曲(♪歩こ〜...って奴)が唄えるまでになりました。でも、トトロの事は「トロ」と呼びます。先週までは、どこでもいっしょの「トロ」を見せていたので、混乱している模様(笑)

しかし何より、一番大きいトトロ(グレーの奴)は怖いようで、登場すると、半ベソでテレビを消そうとします(笑)。おいおい、ソイツが主役なんだぞ<菜々よ

年も既に1週間が経過しました。早いですねぇ。

最近、「少年老い易く、学成り難し」(朱熹でしたっけ?)と云う言葉を痛感しているワタシなのですが、今年の目標は、まだ決めていなかったりします。

って云うか、どこの国に赴任になるのか、早く決めてくれないと、落ち着かないよね。

ワールドカップもあるし、ドイツなんてどうでしょう?もしくは、周辺国としての、フランスやスペインでもOKかも(笑)

カルロスゴーンの本は苦戦中。そもそも、成功者の本って、あんまり参考にならないんだよね。有名無名に依らず、失敗者の独白系の方が、よっぽどタメになるんだよね。反面教師としてさ。勿論、菜々が読ませてくれないと云うのもあるんだけど。トトロが終わると、ピングーが待ってるしさ。

出張の飛行機の中で読み切るか...


今日のBGM: Fixxxer / Metallica


1/07

〜ん、休みが、あと一日しか無いよぉ。

結構、昔から読んでいたBlogがあるんですね。車関係のブログ。熱烈プライベーター系で、かなりの作業を自分でやっちゃう。なかなか危なっかしい時もあるのですが、まあ、まだ生きてる様子(笑)

そのwebmaster(って云うの?Blogの場合でも)何ですが、結構な期間、不妊治療中だったんですよ。

で、新春一発目にご懐妊のニュース。もう、自分の事のように嬉しいですわ。まだこれから大変だと思いますが、がんばって下さい...と、かなり一方通行な応援。blogだったら、トラックバック出来るのにねぇ。

週早々、Mac Expoですね。サンフランシスコ。

どうも、iWebと云うiアプリが出る模様です。どんなアプリなんでしょう。ブラウザは、既にsafariがありますので、普通に考えればHTMLエディタでしょうか。.macと連携してのblogかも知れません。

また、50インチのプラズマモニタやら、インテルMacなPowerBookだとか、新型iPod(多分Shuffle)だとか。相変わらず、噂が飛び交っておりますね。良い意味でのサプライズを期待。

ちなみに、私が今、一番欲しいのはOS X用のATOKです。(5000円しないんだから、とっとと買えよな<自分)

日のGT4はプレイ時間ゼロ。子供たちの相手をするのに手一杯で。

それでも昨日は、裏でコソコソ進めていたんですよ。ピングーのDVDを観ながら、PS2も稼働させて、Bスペックに走らせておく、と。

だって、フォーミュラーシリーズを始めたんだけど、全15戦もあるの。どのレースも70周とかなので、コツコツ進めるしか無いじゃん。更に、一旦始めると、フォトモードでも遊べないので、一気に終わらせるしか無いのよね。今更、引き返せないし。

現在、全15戦中7戦終了。達成率は92.5%まで来ました。

うも、来週早々、寒い国に出張に行く事になるようです。既にチケットは押さえられていると云う噂。

まさに欠席裁判。全く、人が休みだと思って...ブツブツ。寒い国嫌いなのですが、出張日程は、比較的余裕のある二泊三日なので、まあ、良しとしますか。また、分刻みスケジュール@日本出張との天秤なら、楽な寒い国を取ります、ハイ。

あ、日本もメチャクチャ寒いんでしょ?英国は、長期予報は、当然のようにハズレてまして、とっても暖冬です。


今日のBGM: For What It's Worth / Ozzy Osbourne


1/06

休み中は、毎日、更新しようと思っていたのですが...。昨日で途絶えました。

その代わりと云っては何ですが、毎日、キッチリ呑んでます(笑)。相変わらず、菜々とツマミを奪い合いながら呑んでいるのですが、昨夜はとうとう、モスコミュール用のジンジャーエールまで呑まれました。

このジンジャーエール、ショウガの香りがキツ目の奴なのですが、平気でゴクゴクと飲み干し、おかわりまで要求しましたから(笑)
将来、飲ん兵衛になる事、間違い無しか。

NSXが復活ですね。

ソースはココ

V10ですよ、奥様。

F-1つながりのようですが、今年からF-1はV8...。08年に投入予定と云う事は、もう、パワートレイン系の開発は、とっくに進んでいるワケで、今更、V8に軌道修正出来ないのでしょうね。

まあ、どのみち購入出来ないので、どっちでも良いですが(笑)

前にも書きましたが、旧型を遥かに凌駕する性能(&デザイン)で登場してくれれば、旧型の中古価格が急落。私にも手が届く範囲に落ちてくる可能性アリ。

ちなみに、FD購入時、NSXも探してたんですよ。勿論、中古ですが。予算は400万円。あの頃は独身でしたので...(遠い目)

何台か見つかったのですが、どれもATだったんですよ。マニュアル車も、あるにはあったのですが、走行8万キロで事故歴アリとかね。と云うわけで、FDを購入したのですが、あの時、NSXを購入していたら、どうなっていたんでしょうね。多分、異常に高いアフターパーツ代に泣いていたハズです。


これで、GT-Rに引き続きNSXもメーカー公式発表がなされました。さあ、MAZDAは?次期セブンは?

勝手に予想すると、エンジンは直噴のNA2ローターでしょうね。ロータリーと抜群の相性を見せるターボを期待しますが、かなり厳しいでしょう。RZグレードとして、ターボ付きが出るか?いずれにせよ、エイトで250馬力ですので、やっぱり300馬力は欲しいトコロです。そんなエンジンをフロントミッドに置き、重量配分50:50の前後比をキープ。勿論、後輪駆動。四駆も面白そうだけど、軽快感とハンドリングを加味すると、やはり二駆でしょうね。

シャーシは勿論、専用シャーシ。

個人的には2シーターのみの設定でOKなんだけど(どうせ、後ろ、乗れないし)、実際は2+2で来るだろうね。MAZDA程度の企業規模で2シーターを二車種持つ事は、あり得ないでしょうし。(親会社が許さないでしょう。)

気になる車重は、願望を込めて乾燥で1200Kg台をキープ。

これが400万円で出るなら、私は渾身の家庭内プレゼンを展開する事をお約束しましょう(笑)


う1つ、車の話題を。

ミウラが復活するらしいぢゃ無いですか!

ココね。

この写真だけでは断定出来ませんが、イマイチ感タップリ(笑)

やっぱりミウラは、あの丸〜い(楕円?)ライトと、曲線美な車体が良いのに。この写真は、ガヤルドの出来損ないと云うか....。ボンネット上のダクトが、かろうじてミウラの面影を残していると、云えなくも無い。

これは、次期セブンにも云える事なのですが「中途半端で出すなら、いっそ、出さないでくれ」と云いたい。

ギスを食べました。

ハギスとはスコットランドの代表的な料理の一つ。羊の肉のミンチをオートミールや各種スパイスと共に羊の胃袋に入れたもの。

今や、スーパーでは、缶詰のハギスが売ってたりしますが、初めて食べる私は、どうせなら、本物が食べたい。

と云うわけで、スコットランドに実家がある(正確にはイングランドだけど。ほぼスコットランドと云う事で)同僚に頼み、本物のハギスを入手。本日、初めて食してみました。

単体では、非常に味が濃いものの、マッシュポテトと合わせて食べると、非常に美味。また、とろけるチーズと合わせても美味しかったです。

ちなみに、菜々はダメでした(笑)

個人的には、かなり気に入りました。また食べようっと。


今日のBGM: Voyager / Schenker Pattison Summit


1/04

変わらず、呑んだくれております。

ビールに日本酒、ワインにシャンパン、ウォッカ、ジン...。特にハマっているのがモスコミュール。ウォッカに生ライムをギュッと絞る。普通はジンジャーエールで割るんだろうけど、それだと(私には)甘すぎるので、炭酸水(ソーダ水)で割ります。もう、シャキッとキレが良く、ゴクゴク呑めます。甘さが一切無いので、食事中のお酒としても完璧。

調子に乗ってパカパカ呑んでいたら、フラフラになりました。そして今夜もフラフラになるまで呑む予定(笑)

オツマミが美味しいのも、お酒が進む理由です。激辛オリーブ、ピクルス、韓国海苔にパルマハム。ちなみに、激辛オリーブ以外は、全部、菜々の大好物でもありますので、毎晩、子供とオツマミの争奪戦を繰り広げてます。ピクルスなんて、嫁も苦手なのに、菜々はポリポリ食べます。将来、酒飲みになるな、コイツ。

GT4日記。

今日は、ダートを離れて、普通のレースを進めてみました。上級者コースが手付かずで放置してあったので、数レースをやっつけて(と云ってもBスペック。私は見てるだけ)、達成率85%突破。

その後、やっぱり写真撮りを開始。相当楽しい。と云うか、写真撮影に特化したソフトがあっても面白いかもね。それぞれのマニア向けに、「戦闘機編」とか「SL編」、「車編」、「野鳥編」、「風景画編」、「ペット/動物編」とかね。

基本アルゴリズムはどれも同じで、対象物だけ変えてやれば、一本3000円ぐらいで発売出来ないか?無理か?その前に、大して売れないかな?

「アイドル編」「キャンギャル/コンパニオン編」「ヌーd..」とか出せば、爆発的に売れるかもよ。R指定入るっぽいケド(笑)

話しは戻ってGT4。折角撮ったので、いくつか紹介しましょう。今日は、FDの走行写真。


そう云えば、今日はPhilの命日。亡くなって、はや20年ですか。


今日のBGM: Black Rose / Thin Lizzy


1/03

入した株ですが。

既に40万円を超える利益が出ています。オンラインのシミュレーションですけどね。

たった1週間で40万円ですので、俺って才能アリ?......とは思ってません。

某証券会社のシミュレーションなのですが、元手の予算が3000万円あるんです。その中から2500万円ほど購入し、40万円の利益。実際には3000万円も元手はありませんし、シミュレーションと云う事で、ある意味、適当に購入してる面もありますからね。

実際、別の証券会社サイトでのシミュレ−ションは、元手が100万円と、グッと現実的になってます。で、こちらは、少し本気を出して、じっくり選んだのですが、現在まで98万8千円と、1.2万円のマイナスになってます。やっぱ、こんなもんだよねぇ。

やっぱりガッチリ儲けるには、ガッチリした元手が必要と云う事なのでしょうか。

結局、何が云いたいかと云うと、誰か私に2500万円貸さない?って事(笑)。1週間で40万円の利益を出します。折半でどうです?って云うか、2500万円借りた時点で、フェラーリ買って、トンズラしちゃうケドね(笑)

ケあって、一人でバーミンガムまで行ってきました。ちなみに今週一杯は休暇です。

世間様は仕事始め。さぞや空いているだろうと思い、勇んで出掛けたのですが、それはもう、凄い人でして。用事を済ませると、サッサと帰宅。

今回は一人だった事もあり、写真をパチパチと撮りながら移動しました。子供連れだと、スナップすら撮れないもんね。小雨模様だったのでF10は持ち出さず、サブのU20 を使いました。

ドンヨリ、クモリゾラ...

クリスマス限定だと思っていた観覧車ですが、どうも常設のようです。

しかし曇り空だと、発色が悪いですね。腕のせいでは無いと信じたい....。こう云う被写体では広角レンズが欲しくなります。って云うか、どんな被写体でも広角が欲しいんだけどさ(笑)

大変混雑していたBirmingham市内ですが、一歩、裏道に入ると、この通り。人間どころか、車すら通らない。

昼食はスタバ。本屋の奥にある、穴場的な店舗で、比較的、空いてる。新メニュードリンクの一つ、エッグノッグ(Eggnog)ラテを注文。Eggnogとは、いわゆるミルクセーキ。つまり、エスプレッソに卵と牛乳とハチミツが入ってる。これが、なかなか旨い。しかし普段、紅茶にもコーヒーにも砂糖を入れない私には、ちょっと甘すぎる。決してマズくは無いのだが、もう注文する事は無いだろう(笑)

帰りの駅。大々的に工事中だったのですが、工事の影響で閉鎖中のプラットフォームに、何故か汽車が。トーマス並みに小さくてカワイイ。

今日のBGM: ビューティフル・ネーム / ゴダイゴ


1/02

華食材屋に行ってきました。

行ったのはここのBirmingham店。

お店の存在自体は、渡英後スグに知っていたのですが、なかなか機会が無く、これまで疎遠でした。しかし本日、何となく思い付き、何となく出向いて見ました。自宅から、車で30分ちょっと。高速を使えば、もう少し早く着くと思われます。

到着してみてビックリ。かなり大きいです。主に業者向けのようで、調味料を箱ごと購入する人達がそこココに。ゴマ油を24本とか(笑)

勿論、一般消費者向けのコーナーもあり、かなり立派。片隅には、しっかり日本食コーナーもあり、納豆まで売ってます。お値段も、ロンドン価格よりも安いかも。交通費を加味すると、絶対に安いね。と云うわけで、オススメです

日はGT4はPlay出来ず。

進展が無いのもアレなので、撮った写真を紹介。ストラトスです。

GT4はPlayしませんでしたが、DVDは見ました。今日もWRC。1980sと云う奴。

この時代になると、車が格段に進化しますので、乗員の安全装備は充実して来ます。まあ、メットとツナギ程度ですが。しかしそれでもマシンの進化には追いつかず、乗員はおろか、多くの観客が犠牲になります。その結果500psを超えるエンジンを載せた車両(いわゆるグループB)に関しては、この時代で中止されます。

つまり、WRCにとって1980年代とは、4WDの台頭とパワー競争の開始と終焉と云う、激動の時代だったわけです。

しかし、独創的でカッコいいマシンが存在していたのもグループBでした。年間200台の生産でホモロゲが取れるカテゴリー。各メーカーとも無茶して来ます(笑)

特にランチャ。037ラリーからデルタS4へのスイッチ。1.8リッターエンジンにターボとスーパーチャージャーで武装し450psです。その後、インテグラーレへと続く黄金期。車体デザインも格好良過ぎる。やはりイタ車は、速いだけでは無く、格好良くなければならない。当時のライバル、アウディ(クアトロ)やフォード(RS200)等を、全く寄せ付けない美しさ。日本勢にいたっては、ギャラン、ファミリア(323)、私をスキーに連れてってセリカですから(笑)

あー、今、猛烈に四駆が欲しいかも。ラリー最高。三菱車は無期限の不買運動中なので、買うならインプレッサか?シトロエンも良いけど、フランス車(しかもPSA)を2台持ってもなぁ。

今日のBGM: SUNNY / 奥田民生


1/01

ケオメ。
仕事が休みな割りには更新が滞っておりました。毎晩、夕方には飲んだくれておりましたので、いつもの更新時間(寝る前)には、もうベロベロで(笑)そんなワタクシが、どんな年末を送っていたか、簡単にダイジェストでご紹介しましょう。

12/28:
ロンドンまで日本食の買い出しに。狙いはお餅。やっぱり、新年はお餅を食べたいじゃん。お雑煮も。
往年のCMに感化されたワケでは無いのですが、今年は(も?)「おせち」は無く、カレーだったりしましたが(笑)
前日までは年末セールだったようで、その反動か、まさに閑古鳥な状態の中、余裕の買い物。
そんな中、チョコエッグ「トヨタ車編」を購入。これは、読んで字の如く、オマケとしてトヨタ車のミニカー(プラスチックだけどね)が入っていると云う、所謂、食玩だ。値段は2.5ポンド(約500円)ぐらいした。当然、狙いはハチロク。最悪でも2000GTは出るだろうと云う確信の元、躊躇せず購入。帰宅後、早速、開封してみると、中身はアリスト...。三秒で菜々のオモチャになりました(泣)。そんな、枕を涙で濡らした一日でした(笑)

12/29:
かなり寒かった一日。Solihullの屋内ショッピングセンターまで、軽く買い物に出かける。勿論、年末のセール狙い。何か買ったような、買わなかったような。覚えてないぐらいなので、大したモノは買ってないと思われます(笑)
この日あたりから、菜々が私の事を「とーちゃん」と呼び始める。ちょっと田舎臭いが、私は気に入っている(笑)
突然、GT4を再開したのもこの日。ダートレースを全く手を付けていなかったので、コツコツと進める。早速、プジョーの205ラリーを入手し、ご満悦。達成率は75%を越える。先は長いぞ。

12/30:
大掃除な日。朝からメインのバスルームを掃除する。途中で洗剤が無くなり、一旦、買い物に出かけ、食料品等と共に新たに洗剤を購入。軽く、昼食を食べた後、再び、掃除を開始。
しかし、私のように凝り性な人間は、一旦、掃除を始めると、徹底的にやってしまうので危険だ。この日も、何度、ガレージから車用のコンパウンドを持ってこようかと悩んだ事か。金属ポリッシュも。しかし、暮れも押し迫っているので、適当なトコロで止めておく。タイルは純白では無いし、蛇口のメタル部分も光ってないけど、妥協(笑)
結局、メインバスルームとサブのシャワールムの二カ所を綺麗にし、この日は終了。
で、GT4。相変わらず、ラリーばかりやってる。マルティニカラーなインテグラーレを入手し、やっぱりご満悦。あー、早く写真モードで遊びたい(笑)
達成率は80%を越えたぞ。
調子に乗って、前に入手してあったWRCのDVDを子供たちと鑑賞。この日見たのは、1970s総集編って奴。始まるとスグに菜々は脱落。しょうが無いので、伶の英才教育を開始。「ほーら、ストラトスだね。え?アルピーヌの方が格好良いって?これは通ですなぁ。」
しかし、この時代のドライバー(&ナビ)は、かなりキレてますね。まあ、車の性能も低かったと云う事もあるんでしょうが、ショボイ車体とショボイタイヤで鬼神の如くコーナーに突っ込んでいきます。そのクセ、ジーンズにTシャツと云う軽装で、ナビの奴なんて、ノーヘルだったりします(笑)

12/31:
比較的温かく、穏やかな一日。 午前中は、嫁さんの御使いとして郵便局へGo。Leamingtonまで出て、少し、街をブラブラ。CDを2枚購入し帰宅。帰宅すると、すぐに菜々を連れ出す。天気が良く温かいので、三輪車で出動。どこで覚えたのか「ウィーウィー」と云う掛け声を発しながら三輪車に乗る菜々(まだ漕げない。)私も「ウィーウィー」と合いの手を返さないと、大変ご立腹されるので、素直に「ウィーウィー」。
と云うワケで、年末の午前中、怪しい叫び声を上げながら三輪車で近所を徘徊する親子アリ(笑)。
そしてコイツ、もうすぐ三輪車漕げそうです。少し前までは、足の長さが足りなかったのに、この日見てみると、足がペダルの奥まで届いてました。今度、漕ぎ方を教えて上げよう。
帰宅すると、嫁さんの掃除機掛けが終わっていたので、今度はバトンタッチして、私が台所を大掃除。相変わらずの凝り性ゆえ、漂白剤を使い切るまで磨き倒し、かなり綺麗になる。
その後は、やっぱりGT4を1.5時間ほど。(菜々&伶は昼寝中)
引き続き、ダート&スノー。そろそろプジョー205では厳しくなって来たので、愛車をインプレッサにスイッチ。2001年型のプロトタイプ。丸目の奴だ。強烈に速いけど、強烈にカッコワルイ奴だ(笑)<乗ってる人、ゴメンナサイ
達成率82%。ここで念願のストラトスを入手。もう欲しい車無いかも。後、ダートとスノーが1コースずつ残ってる。

そして今日。新年になっても大掃除は続く我が家(笑)
軽く窓拭きとトイレ掃除。
さらに、皆さんが今見ている、このサイトも大掃除。blog全盛の昨今ですが、今日からこのサイトは、エディタによる、HTMLタグの手打ちになりました。思いっきり時代に逆行(笑)
朝、4:30に起きて自分の時間を確保。そこからHTMLの構文を勉強しながら、自分のサイト(つまり、このサイト)を見直す。おぉ、閉じていないタグや構文エラーが多いぞ。
と云うわけで、練習がてらポチポチと記述開始。小一時間で終わるも、予想通り意図通りに表示されず。「ブラウザのバグでは?」と、あくまでも自分の書いた構文は正しいと信じている奴(笑)
そこから2時間掛けてデバッグして、更に構文を煮詰める。現在では、普通に表示されているハズです。
しかし、何が悲しいかって、これだけ時間を掛けたのに、見た目は一切、変わってない事(笑)。それでも良いの。ソースレベルでは、格段に美しくなってるから(笑)
仕事では、他人のコードでも「たとえバグがあっても、実動作に影響しなければ、そのままでOK」と云うポリシーの私ですが(笑)、自分のコードにはウルサイんです(笑)
尚、今回より、IEでの動作確認は行ってません。safariとfirefoxだけ。不具合あれば指摘下さい<IEな人


GT4のバイク版が出るようですね。
ソースはここ
収録予定コースを見ると、GTのコースも収録されるみたいね。アプリコットヒルとか。となると、二輪と四輪での(タイム上の)バトルが出来るのかな。これは楽しみ。
一方、残念なのは、その収録車種。もうダメダメですわ。モタードとかスクーターとか要らないって。オフ車を入れるならダートを作ってほしいし、スクーター入れるなら、都内のすり抜けグランプリも収録すべきでしょ(笑)
GTもそうだよね。FORDのトラックとかホンダのオデッセイとかあるけど、あれ、楽しんでる人は居るのだろうか?その分、もっと入れてほしい車種が沢山あるのに。初代セブン(SAね)とか、2ドアの86とかさぁ。
種類も少なすぎるよ。NSRって、一括りにされても困るワケよ。「え?どの年式よ?」ってなるじゃ無い。ハコスカだって32だって「スカイライン」なんだからさぁ 。
さらに、外車も少な過ぎ。こう云うゲームの醍醐味は、所有するどころか、乗る事さえも出来ないような車種が使える事も、その一つだと思うのよ。なのにドカが1車種って、どう云う事よ。
ま、今後、増える事を期待してます。レーサーも入れてね(ハート)
文句は、まだ続きます。動きがヘボ過ぎ。収録コースの「筑波」にあるムービーを見たけど、あのライダーの動きは何?ASIMOが乗ってるのか?
音は中々良い感じなだけに非常に残念。大幅な改善希望。
まあ、不満ばっかり書きましたが、絶対に買う方に5000円(笑)

今日のBGM: You are my best friend / Queen

戻る