当ボートショップでは、一日レンタルされたお客様方が、安全に海を満喫して頂こうと、心がけています。
ですが、一度港から離れると、いくら私共が注意しても、お客様方がご自分の為に注意して頂かなければ、一日が台無しになる事はおろか、最悪人生も台無しになってしまいます。

その為にも、下記に記した事柄は、どなた様もよく読んで頂き、万全の体制で乗船して一日をエンジョイして下さい!
 
初回ご利用のお客様へ
初回のみ、初回利用者講習を必ず受けて頂きます。 
所要時間は約1時間程度で、操船練習・出港方法(漁礁などが有る為)釣りのポイント等・危険個所のお知らせ(定置網の位置など)に、魚探の方法・天気予報・任意保険説明に至るまでの案内をさせて頂きます。
無論、料金は無料です。 (※注:講習時間はご利用時間にはいります)
 
 

●連絡義務 予約時間は必ずお守り下さい

予約時間厳守にてお願いしております。
もしも遅れるようでしたらご連絡をお願いしております。
30分以上の連絡無しでの遅れ発生いた場合は、誠に残念ですが中止とさせて頂きます。

 

●天候

風速が8mを超えますとレンタル中止・又は帰港して下さい。
また、安全上の理由からこちらから携帯電話で連絡を入れ、帰港して頂く場合もあります。 安全上の理由で、お客様やこちらからの連絡で早や上がりした場合、代金は時間割でお返し、又は頂きます。 お金の事は気にせず、帰港して下さい。

波が高くなる為、チョッとした操船ミスで、船の転覆・搭乗者落水等の事態が予測出来ます。 波・風には注意をはらい、波が高くなる・風が強まった等の時は、速やかに避難する行動をとりましょう。


●ライフジャケット(救命胴衣)


ライフジャケットは、必ず着用。
(平成15年からは、小型船舶乗船者の救命胴衣着用が義務づけられます。)

もしも落水した時の為に着用して下さい。 「俺は泳げるから」という方も居ますが、落ちた拍子に気絶する場合もあります。
また、落水し捜索する中で、ライフジャケット(救命胴衣)を着用していると、非常に発見しやすく、ただ浮くという事だけではありません。
ライフジャケット(救命胴衣)をお持ちで無い方でも、当ボートには一艘につき10名分をご用意しています。


●乗船名簿記入

万一事故が発生した場合の緊急連絡先を、所定の用紙に正確に記入をお願い致します。


●連絡手段の義務

乗船中は必ず携帯電話をお持ち下さい。(留守番電話設定にはしない事)
船体の異常・遭難・身体の異常(急病)・事故の連絡をするには、無くてはならないものです。 電話は水に濡らさぬよう、専用のケースもしくは、ビニール等にしまい故障しないよう心掛けて下さい。

当ボートまでの連絡先は、ボートの船体にシールで貼ってあります。
帰港・一時帰港する場合は、15分前に電話連絡下さい。 係留に向かいます。

 
ご予約・お問い合わせは 携帯:090−7245−0728 まで
 
The preparation in May, 2014. The preparation staffs Ryutaro.