7ー12. フルートキャスト(宮崎県日南市大堂津)

  

     スケールの長さは30cm                             
<解説>

 フルートキャストは水流の侵食作用によってできたえぐり跡です。フルートキャストは上流側が少し丸みを帯びたような感じになり、この模様から、堆積当時の流れの方向を推定できるので、大変重要なものです。上の写真では、右から左に流れていたことが推定できます。
 写真の場所は、波打ち際の近くで崖崩れをおこしやすいようですので、十分注意して観察してください。行くときは風があまりなく、干潮時をねらってください。

<地図>ここをクリックしてください。
      
<交通>JR日豊本線大堂津駅より徒歩20分。

<駐車スペース>少し離れたところにあり

<参考文献> 

 (1)宮崎地質研究会(2013):宮崎県の地質フィールドガイド コロナ社 
    p.117−118
 (2)青山尚友(2010):ここまでわかった宮崎の大地 鉱脈社(宮崎市) p.127−133
 (3)日本地質学会構造地質部会(2012):日本の地質構造100選 朝倉書店 p.164−165
 (4)北中康文、斉藤眞、下司信夫、渡辺真人(2012):列島自然めぐり 日本の地形・地質
    文一総合出版 p.252−253

<撮影日>2009年1月6日

前のページへ   目次へ   次のページへ