8−9. 波食台 (神奈川県藤沢市江ノ島)

  
 
<解説> 

 波食台は海食台とも呼ばれ、海岸の地層が波によって浸食され、波があたらなかった海面下の部分が平らになったものです。波食台に続く崖は切り立ったものになり、これを海食崖と呼びます。写真の場所は、関東大地震の時に1m程度隆起したもので、海食崖の高さは60mほどあります。

<地図>ここをクリックしてください。

<交通>小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅下車徒歩 分(江ノ島大橋から船が出ているとき
      はそれを使うと便利)

<駐車スペース>江ノ島ヨットハーバー近くに大きな駐車場があるが、満車になりやすい

<参考文献> 

(1)神奈川の自然をたずねて編集委員会(2003):神奈川の自然をたずねて 新訂版
   築地書館 p. 102−107 
(2)宮城一男(1981):日本列島石の旅 中部日本編 玉川大学出版部 p.9−16 
(3)奥村 清(2003):新版 神奈川県 地学のガイド コロナ社 p.201−203 

<関連サイト>シトリンさんの部屋

<撮影日>2006年3月4日 

前のページへ   目次へ   次のページへ