13−5. カール その2. (岐阜県・長野県境の槍・穂高連峰)

  
 
 <解説> 

 この写真は蝶ヶ岳という山から撮影したもので、右側のとがった山が槍ヶ岳、左側の峰々が穂高連峰です。これらの山の間にカールがたくさんあるのが分かると思います。中でも画面の中央よりやや左よりにある涸沢カールは穂高連峰の登山基地として多くの登山者が訪れます。秋になると紅葉がたいへんきれいです。
 蝶ヶ岳は北アルプスの中では比較的登りやすい山ですが、高さは2677mあり、上高地からの標高差約1200mを登るのは楽ではありません。しかし、この景色を見るためには多少の苦労をしてもよいのではないでしょうか。

<地図>ここをクリックしてください。

<交通>松本電気鉄道上高地線新島々駅より松本電気鉄道バス上高地行きで終点下車、
      徒歩6時間30分。

<駐車スペース>なし

<参考文献> 

 (1)小泉武栄、清水長正(1992):山の自然学入門 古今書院 p.126−131
 (2)青木正博、目代邦康(2008):地層の見方がわかるフィールド図鑑 誠文堂新光社
    p.26−29

<撮影日>2007年8月7日

前のページへ   目次へ   次のページへ