あっぱれ!富士登山
ホーム富士山の山小屋 > 須走ルートの山小屋

須走ルートの山小屋

山小屋への連絡先(電話番号)は静岡県小山町のHPを参照してください。

<五合目>


山荘 菊屋  (HP)

標高1970m 定員70人

須走口の最初の山小屋(というよりは旅館)。皇太子殿下が初めて富士登山をされた時の写真が飾られています。ソフトクリームが美味しい。


東富士山荘  (HP)

標高1970m  定員50人

ヒゲの御主人は、きのこに詳しいだけあって食事もきのこを使ったものが多いです。 きのこ茶が名物。登山シーズンが終わっても9~10月頃は新五合目周辺でキノコ狩りが楽しめます。その拠点としても便利な山小屋。


<砂払五合目>

吉野屋  (HP)
 標高2235m 定員100人

砂走りが終わってほっとひといきつく場所。鳥居が樹林帯の下山道への入り口です。五合目まで、まだ標高差が270m残っています。所要時間は約30分。以前は休憩のみでしたが2014年から宿泊可。


<新六合目>

長田山荘  (HP)

標高2425m 定員25人

新五合目から1時間~1時間半ほどでたどり着く最初の山小屋。これまで本五合目・林館と呼ばれていましたが、2004年から六合目に改め、気合いを入れて営業されています。しゃくなげ山荘という別称もある。このあたりは冬の間の積雪で山小屋が壊されることも多いとか。


<本六合目>

瀬戸館

標高2625m 定員120名

近くに胎内神社があります。バイオトイレ設置済み。


<七合目>

大陽館  (HP)

標高2925m 定員150名

充実した食事が食べられます。豚汁はおかわり自由。その分、一泊二食の場合、宿泊費が一万円を越えます。素泊まりは6300円。八合目に雪が積もる10月中旬頃まで営業しています。


<本七合目>

見晴館  (HP)

標高3145m 定員120名

ここに宿泊して子連れ登山に成功したという話を良く聞きます。冬の積雪のため建物がよく壊されるため、修復工事がたびたびあり、そのおかげでまだ建物が新しいです。白い鳥居が迎えてくれます。


<八合目>

江戸屋  (HP)

標高3270m 定員250名

吉田ルートと須走ルートの下山道の分岐点にある山小屋。本八合目の胸突江戸屋と姉妹店。こちらは「下江戸屋」と呼ぶのだそうです。皇太子殿下が宿泊されたことがあります。その時は残念ながら悪天候のため八合目で下山されました。


<本八合目>

胸突江戸屋  (HP)

標高3370m 定員250名

吉田ルートと須走ルートの登山道の合流地点。2003年に バイオトイレが設置され快適になりました。お兄さんが「御来光は頂上で見てもここで見ても同じ」と休憩していくよう誘ってくれます。


<山頂>

山口屋支店

標高3720m

山梨県側山頂の山小屋は実は静岡県の須走口に属しています。電話番号も静岡、納税先も静岡県です。

ここは山口屋の支店で休憩のみ。宿泊は本店に申し込みます。


扇屋

標高3720m 定員120名

写真家の小岩井大輔さんがここに常駐してブログを発信しています。


東京屋

標高3720m 休憩のみ

なぜ富士山頂なのに「東京」?


山口屋本店  (HP)

標高3720m 定員250名



■4コママンガ
ショーちゃんの富士登山
親子登山の様子を描いた4コママンガです。富士登山の雰囲気が分かります。ぜひ、ご覧になって下さい。

■ルート別解説
富士宮ルート
須走ルート
御殿場ルート
吉田ルート

あっぱれ!富士登山 ページのトップへ戻る

Copyright © あっぱれ!富士登山