あっぱれ!富士登山
ホーム > お鉢巡り

お鉢巡り

 富士山の山頂部分を一周することをお鉢巡り(おはちめぐり)といいます。火口の直径は久須志神社から富士山特別地域気象観測所(富士山測候所)まで780m、火口の深さは200m以上あります。歩行距離は3キロ。平均的な脚力で1時間半ぐらいかかります。なお、強風などの悪天候の場合は中止するべきであることは言うまでもありません。なにせ、外側は崖、内側は火口。吹き飛ばされたらアウトです。基本的には時計回りですが、馬の背という剣が峰への急斜面を登らなくて良いということで左回りを選ぶ方もいます。トイレは2カ所あります。

お鉢巡りの図

(解説)
(1):久須志神社、そして4軒の山小屋が並んでいます。
(2):成就岳 ご来光を見るのに最高の場所とされています。
(3):銀明水 霊水がわきでる場所です。山小屋あり。
(4):浅間大社奥宮、郵便局、山小屋があります。
(5):剣が峰 ご存じ日本最高地点。
(6):火口棚 
(7):釈迦の割石

 富士スバルライン五合目から登った場合は、左図の右上の場所(1)に到着します。旧・富士山測候所のちょうど反対側です。多くのバスツアーではお鉢巡りをする時間がありませんので、注意してください。

 下図は、GPSによるお鉢巡りの高低差のグラフです。左図のとおりに(1)から時計回りで歩いています。(★)の急な部分が馬の背です。逆に左回りですと(6)火口棚から(5)剣が峰まで、高低差80mの登りが続きます。


(注)このグラフは高低差が強調されて描かれています。<データ提供:M.Hさん>


場所(1):久須志神社(くすしじんじゃ)
久須志神社
 山頂の吉田口(河口湖口)、須走口側にあるのが久須志神社。富士山の八合目以上は富士山本宮浅間大社の奥宮境内。つまり浅間大社の所有地なのです。かつて徳川家康が、浅間大社による所有を認めたことに端を発しています。久須志神社には、大名牟遅命、少彦名命が祭られています。
 数え年70才以上の方が参拝記帳すると記念品(扇子)をいただけます。その場合、お賽銭は多めに。ただ、シーズン終わり近くになると品切れの場合も(記帳はできます)

場所(1)と(2)の中間:山小屋の裏(火口側)
虎岩・遠景
 富士山特別地域気象観測所(旧・富士山測候所)の方向を見た風景。虎のような形をした岩が虎岩です(そのまんま)。午前10時頃の撮影です。 ちょうど影が虎の前足のように見えています。早朝は前足にあたる影がないので、ここまで虎らしくは見えないと思います。
 平安時代(9世紀)に都良香(みやこのよしか)が「富士山記」の中で、この虎岩のことを「蹲虎(そんこ・うずくまる虎)の如し」と記述しています。
 火口底(標高3537m)まで200m以上の高低差があり、春頃には、まだ雪が深く残っているのでスキーで滑走する人もいます。

場所(2):成就岳から撮影
山小屋群
 御来光が一番きれいに見えると言われる成就岳(じょうじゅがたけ)から見た山梨県側の山小屋の風景です。(ただし、山頂の山小屋の電話番号は静岡県)
 久須志神社は一番奥にあり、登山道はそこにつながっています。そしてトイレ、下山道は手前右になります。山小屋が4軒。昼間はおみやげが売られ、すっかり観光地の雰囲気です。御来光は右方向から登ってきます。
 ずっと「大日岳」と呼ばれていましたが、2010年頃に突然「成就岳」に変更されました。しかし周知が不十分で、2012年でも多くのガイドブックが大日岳の表記のままでした。

場所(3):銀明水(ぎんめいすい)
銀明水
 金明水と並んで霊水とされる水がわきでるところ。昔は貴重な飲料水として登山客にふるまわれていました。山頂なのに地下水が湧き出るのはちょっと不思議な感じがします。現在は囲われています。ちょうどここが御殿場口のゴール地点。

場所(4):奥宮
富士山頂奥宮
 富士宮口の山頂にある奥宮。主祭神はコノハナサクヤ姫という美しく、そして情熱的な性格の女神様。古事記では夫のニニギノミコトに妊娠した子供が本当に自分の子供なのかと疑われて、それを証明するために産室に火をつけて燃えさかる炎の中で出産したというからすさまじい。ここで結婚式を挙げるカップルもいます。参列者は大変です。こちらでも数え年70才以上の方が参拝記帳すると記念品をいただけます。
 奥宮の脇に、富士山頂郵便局が開設されます。
 開設期間:2017年7月10日~8月20日
 営業時間;6時~14時(定休日なし)

場所(5):剣が峰
馬の背
 剣が峰への最後の難所が馬の背。砂礫の急斜面は滑りやすく登りにくいです。これを避けるために左回りでお鉢巡りをする人もいますが、「下るには急すぎるので、やはり登る方が良い」「この急斜面を登らないと登った気がしない」という意見も。強風時は危険なので登るのは控えてください。1964年(昭和39年)、東京オリンピックの年にレーダードームが設置されましたが、2001年に解体され富士吉田市の観光施設に移築されました。

剣が峰石碑 剣が峰石碑
 剣が峰にある日本最高地点です。この碑のそばに三角点(3775.6m)があります。 最近は混んでいて、ここで記念写真を撮るために30分ほど並ぶことがあります。以前は考えられなかったことです。

 右の写真の左手前に富士山そのものでは一番高い場所(3776.2m)となる岩があります。そこには赤いペンキで鳥居が描かれているのですぐわかりますが、その岩に乗り出すと危ないので注意してください。建物の脇には展望台があり、とても素晴らしい眺望を楽しめるのですが、現在は残念なことに閉鎖されています。

場所(6):火口棚
火口棚
 富士山特別地域気象観測所から(6)の方向を見た写真。白いものは電波望遠鏡です。以前は外側から回り込む外輪コースと火口近くを歩く内輪コースの2つのルートがありましたが、最近は外輪コースだけになっているようです。山頂のお鉢の縁まで登るので、大沢崩れを見下ろすことができます。その後、火口棚まで下り、久須志神社、河口湖口側の山小屋群へ到達します(写真の右端あたり)。再び50mほどの標高差を登るので、けっこうしんどい場所です。この地点には道が二つあります。火口寄りの道を通ると「金明水」の碑を見ることができます。

場所(7):釈迦の割石
白山岳南西部分
 写真の右部分の高い場所が白山岳。その角張った崖の部分が「釈迦の割石」という風流な名前で呼ばれている部分です。白山岳は昔、釈迦ガ岳と呼ばれていたので、それで「釈迦の割石」と呼ぶのだと思います。昔の絵葉書、登山案内では必ず、この「釈迦の割石」が大きくとりあげられています。お鉢めぐりの名所の一つでした。外輪コースを雷岩(稜線の少し盛り上がった地点)を経由して白山岳に向かって近づいていけば、そびえ立つように迫ってくる偉容に感動できるのだと思いますが、現在は危険なので通行禁止になっています。

 もともと富士山頂には仏教的な地名が付けられていましたが、明治維新の廃仏毀釈で仏教色を廃するために改名されました。古くは、山頂の8つの峰を「八葉蓮華」(お釈迦様が座っている蓮のことです)に例え、その「八」から「おはちめぐり」と呼ばれたのだそうです。その後、富士山の形が鉢のようであることから、お鉢めぐりとなりました。


2010年頃、突然、大日岳が成就岳、成就岳が朝日岳に改名されました。
現在は下の写真のようになっています。

成就岳(じょうじゅがたけ)、伊豆岳(いずがたけ)、朝日岳(あさひだけ)、浅間岳(せんげんだけ)、駒ケ岳(こまがたけ)、三島岳(みしまがたけ)、剣ケ峰(けんがみね)、白山岳(はくさんだけ)、久須志岳(くすしだけ)・・・以上9峰だけどお鉢めぐり

■4コママンガ
ショーちゃんの富士登山
親子登山の様子を描いた4コママンガです。富士登山の雰囲気が分かります。ぜひ、ご覧になって下さい。

■ルート別解説
富士宮ルート
須走ルート
御殿場ルート
吉田ルート

あっぱれ!富士登山 ページのトップへ戻る

Copyright © あっぱれ!富士登山