FUKUSHI PlazaGo Home Page 目次へ戻る

囲碁ソフト

最終更新日:2006年7月6日

囲碁のソフトウェア

パソコン用の囲碁ソフトはオンライン・ソフトが多数あり、自由に使うことができる。

主な機能

オンライン対局
インターネットなどを通じてオンラインで対局をすることができる。
コンピュータとの対局
囲碁入門者の練習用には十分な棋力がある。上級者でも置き石を置かせて楽しむことができる。
棋譜の管理
多くのソフトが棋譜の作成・保存、再生の機能をもっている。変化図などの編集機能もある。  棋譜のフォーマット  SGF形式

マルチプラットフォームのソフトウェア

GNU Go
ソースを公開しながら有志によって作られている囲碁のオープンソース・ソフトウェア。Mac0S, Windows などさまざまなプラットフォームに移植されている。
コンピュータと対局できる。序盤の大局観に乏しく時々意図不明の手を打つが、死活のヨミやヨセはしっかりしていてなかなか強い。棋力は5〜9級ぐらいか。実際に対局してみると、9路盤で3〜5級ぐらいはありそうな感じであった。
[Freeware]  公式サイト  対局方法 (Windows 環境)

棋譜のフォーマット

棋譜を記録するのにさまざまな形式があるが、今はSGF形式がもっとも一般的である。

CBD形式
対局サイト「朝日囲碁21」での保存形式。
MGT形式
NGF形式
日本棋院が運営するネット対局「幽玄の間」の棋譜形式。
SGF形式
事実上の世界標準方式。  詳細
UGF形式(UGZ形式)
日本棋院の無料棋譜コーナーで使われている。
wcf形式
WGF形式
WWG形式
東芝情報システムの囲碁対局サイト「WWGo」での保存形式。
IG1形式
かつて@NIFTY囲碁フォーラム(FIGOM)でよく使われていた。