FUKUSHI Plaza囲碁目次ゆかりの地索引

東京都

最終更新日:2010年9月23日

千代田区

日本棋院東京本院

1971年に竣工した囲碁の総本山。プロ棋士の対局が行われれ、タイトル戦などの使われる「幽玄の間」などがある。アマチュア用の対局室もあり、大会や各種イベントも行われる。2階売店には各種囲碁用品がそろっている。初めての人にはちょっとはいりにくい雰囲気がある。  公式サイト

日本棋院八重洲囲碁センター

碁会所になっていて予約すればプロ棋士の指導も受けれれる。囲碁用品も売っている。1954年にできたが、2002年にリニューアル・オープンした。

溜池の棋院

1925年に日本棋院の新会館が建てられ1926年5月1日から活動を開始した。都心の一等地にあり、「溜池」が通称だった。歌舞伎座のような立派な二階建ての建物で、図書室、婦人室、娯楽室まであった。1945年5月の空襲で使用不能となり、港区高輪に新館を設けた。

港区

増上寺

天然記念物の榧の木がある。  街道 Now and Then「増上寺」

妙善寺

井上家代々の墓がある。 1835年の有名な「因徹吐血の局」で盤側に倒れた後に亡くなった因徹の一周忌がこの寺で盛大に催された。

台東区

榧寺〔かやでら〕

秋葉権現が山伏となって現れ、寺僧を碁の勝負で負かし、以来榧の実が一つもならず、山伏の再来によって再び実がなるようになったと伝えられる。  街道 Now and Then「榧寺」

墨田区

本因坊屋敷

もともと芝金杉にあったが、1667年に屋敷となった。

説明板がある。

江東区

浄心寺

安井家歴代の墓がある。

品川区

東海寺

大山墓地に安井算哲(1590年〜1652年)の墓がある。 算哲は家元安井家の始祖で、天文学者・渋川春海。  街道 Now and Then「東海寺」

世田谷区

九品仏浄真寺

境内には様々な種類の樹木が生い茂っている。都天然記念物の「九品仏のカヤ」がある。

善養寺

「善養寺の大カヤ」がある。

豊島区

本妙寺

本妙寺の本堂 歴代本因坊の墓
[左]本堂[右]歴代本因坊の墓

境内の墓地に歴代本因坊の墓がある。最後の家元本因坊秀哉の墓をかこんで、歴代本因坊の墓二十余基が並び立つ。1月18日は秀哉の命日で、秀哉忌が行われる。  街道 Now and Then「本妙寺」

大島町

碁石浜

大島の北端にある海岸。