FUKUSHI Plaza街道 Now and Then

甲州街道

最終更新日:2011年8月24日

宿場、史跡、見所

東京都[武蔵国]

神奈川県[相模国]

山梨県[甲斐国]

長野県[信濃国]

甲州街道の一里塚

甲州街道について

ルート

江戸・日本橋から武蔵府中日野、小仏を経て甲府までに至り、信濃国の下諏訪で中山道と合流した。53里2町、約208km。 合宿が多いため33次とも39次とも44次ともいわれる。

江戸初期は、日本橋を出たあと鎌倉河岸(現=千代田区内神田)を通り飯田町(現=千代田区飯田橋)から新宿に向かった。

道路

国道20号がこの街道を継承している。一部は東京都道256号線(八王子国立線)に降格された。

鉄道

JR中央本線とほぼ一致する。

特徴

幕府直轄領の甲府と江戸城を結ぶ交通路として重視されていたが、五街道のなかで人の往来が一番少なかった。 参勤交代で使用したのは諏訪の高島藩諏訪氏、伊那の高遠藩内藤氏、飯田藩脇坂氏(のち堀氏)の3藩だけだった。

歴史

1604年に開設され「甲州海道」と称したが、1616年に「甲州道中」とも呼ぶようになった。「甲州街道」ともいう。

本陣の建物が残っているのは 日野宿小原宿下花咲宿の3か所である。

街道歩き

2008年から「継ぎ歩き」を始め、約1年8ヶ月かけて全行程を終えた。1日25kmを目安にした。 初めはひと月1回のペースだったが、東京から離れてアクセスに時間がかかるようになり効率が悪くなった。後半は1泊2日コースで間隔もあいてしまった。

歩いた区間の記録
日目 月日 起点 宿場 終点 距離 所要時間*
1 2008年8月31日 地下鉄「日本橋」 内藤新宿〜布田 調布 23km 7時間
2 2008年9月28日 中央線「調布」 布田〜八王子 高尾 27km 8時間30分
3 2008年11月30日 中央線「高尾」 駒木野〜吉野 藤野 27km 6時間30分
4 2008年12月23日 中央線「藤野」 関野〜大月 大月 26km 7時間30分
5 2009年1月11日 中央線「大月」 大月〜鶴瀬 勝沼(泊) 27km 8時間30分
6 2009年1月12日 勝沼 勝沼〜甲府 竜王 22km 6時間
7 2009年10月11日 中央線「竜王」 韮崎〜台が原 台が原(泊) 27km 7時間20分
8 2009年10月12日 台が原 台が原〜金沢 青柳 22km 6時間
9 2010年5月1日 中央線「青柳」 金沢〜下諏訪 下諏訪 20km 5時間

*休憩時間、見学時間なども含む。