FUKUSHI Plazaみちのくの秘湯・名湯の目次へもどる福島県土湯温泉郷温泉名索引

不動湯〔ふどうゆ〕温泉

最終更新日:2010年7月12日

概要

環境

吾妻山の東麓、土湯温泉から直線距離にして1kmほどのやや奥まった不動沢を見下ろすところにあり、まわりには木立の他には何もない。

由来・歴史

開湯は1921年。土湯の温泉旅館の主が、ある夜夢枕に立った不動明王から山の奥の方に良い温泉があるというお告げを受けて探しに行ったところ、一面に覆われた雪が一箇所だけ融けた場所から湯が湧いているのを見つけた。さっそく旅館を建てて息子のひとりを宿主にした。

一軒宿

不動湯温泉

玄関

高村光太郎と智恵子夫妻が、1933年に3週間の温泉巡りをした際に訪れた。「高村光太郎五二歳、智恵子四二歳、昭和八年九月一日〜四日、職業、彫刻家」と記載された宿帳が残っている。

映画「いこかもどろか」の舞台にもなった。

風呂

浴室は不動沢へ下る急な斜面に沿って作られていて、旧館から「長命段」と呼ばれる長い階段で降りて行く。途中には一息つけるようにベンチが置かれている。
日帰り入浴可

長命段 羽衣の湯 露天風呂
長命段 羽衣の湯(露天風呂降り口) 露天風呂
2010年7月撮影
[1993年10月宿泊][1998年7月宿泊][2009年7月宿泊][2010年7月宿泊]

温泉データ

源泉情報

自然湧出の源泉が3本あり、3種類の泉質を楽しめる。

温泉地情報

歩道入口