FUKUSHI's Web Page 関東の秘湯・名湯の目次へもどる群馬県温泉名索引

万座(まんざ)温泉

最終更新日: 2004年 12月 7日

湯畑が残り、湯治場の表情も残している。

環境

上信越高原国立公園  草津白根山の西腹に位置する標高1800mの地点に湧く日本屈指の高地温泉。周囲は緑にあふれる。夏はコマクサ、イワカガミ、シャクナゲなどの高山植物が咲き、秋には全山が紅葉に染まる。すぐそばにスキー場があり、冬になるとスキー客で賑わう。

由来・歴史

開湯は古く、坂上田村麻呂がこの地で鬼退治をしたという伝説も残っている。

江戸末期には湯宿ができて湯治客で賑わったという。

宿

丘の上や湯畑の近くに旅館が点在する。 旅館・ホテル11軒。

万座温泉ホテル

歴史のある湯宿。

風呂

立寄り入浴可  [2004年9月入浴]

日進館

日進館には70年以上経過した木造の浴室に5種類の風呂があったが、現在はいれるのは2種類だけになってしまった。日によって男女が入れ替わる。
[写真]左手の建物に2つの浴室がある。裏手には湯畑がある。以前は右の方の建物に浴室や客室があったが、今は使っていないようだ。(2004年9月撮影)

豊国館(ほうこくかん)

豊国館

自炊のできる湯治の宿だが、2食付きにもできる。  [2004年9月宿泊]

豊国館

湯治

5〜10月には自炊と半自炊(ご飯、味噌汁、漬物付き)のコースがある。 ゆかたまたはパジャマ・洗面具を持参する。

浴室の手前に自炊場があり、流し、ガスコンロ、電子レンジ、冷蔵庫、調理器具、食器が揃っていて自由に使える。
[写真]流しとガスコンロがあり奥の棚には鍋類が豊富にある。(2004年9月撮影)

売店で、缶詰、レトルトカレー、カップ麺、調味料などを売っていて、近くのホテルでも野菜などを売ってはいるのだが、これらをあまりあてにせずに、特に長期滞在の場合は基本的に食材を用意していった方がいい。

風呂

豊国館

帳場から左手の廊下を進むと突き当たりに浴室が並んでいる。自家用の源泉を有していて、成分無調整のまま「ためます」を使い自然冷却して引き込んでいるのだが、それでも注ぎ口ではやけどをしそうなくらいの熱さである。熱くてはいれない場合はホースの水で調整することになる。  立寄り入浴可(追加料金で大広間を利用できる)
[写真]露天風呂へ降りる階段の脇の建物は男湯で、その奥が女湯になっている。(2004年9月撮影)

万座ホテル聚落

万座温泉のもっとも奥に位置するホテル。

風呂

湯の花旅館

万座スキー場の目の前にある。

風呂

立寄り入浴可

散策・観光

空吹
岩肌の割れ目から硫黄を伴う水蒸気が白い噴煙となって立ち上る。
【所在地】万座温泉バスターミナル駐車場右手奥の天然木の階段を上れば展望台がある。
稲綱宮
熊四郎山に登る遊歩道の途中に鳥居があり、洞窟の中に祠がある。
薬師堂
日進館から少し登ったところにある。
牛池
万座プリンスホテルの西側にあり、周辺に遊歩道がある。

温泉データ

あちこちから硫化水素が湧き出ていて硫黄の臭いが漂う。

温泉地情報