FUKUSHI Plaza秘湯・名湯温泉名索引

新潟県

最終更新日:2014年3月31日

目次

越後湯沢(JR上越線)

「国境〔くにざかい〕の長いトンネルを抜けるとマンションの町だった」
『雪国』の湯沢から「スキーの湯沢」へ、そして1989年ををピークとしたリゾートマンション開発で「リゾートの湯沢」へと大きく変貌し、秘湯ファンにとっては通過駅になってしまった。

越後のお酒ミュージアム「ぽんしゅ館」
新潟にある酒蔵の代表銘柄が集められていて利き酒ができ土産品を買える。また酒風呂があり立ち寄り入浴ができる。
【所在地】越後湯沢駅構内
湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」
湯沢の文化と生活について展示している。小説『雪国』の関連資料も展示している。
【所在地】新潟県湯沢町湯沢345−1
【交通】越後湯沢駅から徒歩10分
高半
川端康成が小説『雪国』を執筆した旅館。

新潟県リンク集

温泉

清津峡小出〔きよつきょうこいで〕温泉

環境

上信越高原国立公園  越後湯沢の北西、の清津峡渓谷の入口にある。

由来・歴史

1984年の雪崩災害で旅館が何軒ものみこまれたが、復旧した。 1996年には清津峡渓谷歩道トンネルが完成した。

散策・観光

清津峡
日本三大渓谷の一つで、国の名勝天然記念物にも指定されている。 雄大な渓谷美を形成する岩は「柱状節理」といい、溶岩が冷えて固まる際に収縮してできるもので、非常に珍しい。 渓谷トンネルの中にある4カ所の見晴所から鑑賞することができる。

宿

旅館・民宿3軒。

清津館

創業1897年の老舗旅館。

風呂

上杉謙信公ゆかりの薬師如来像のお告げによって掘り当てられたという源泉かけ流しの薬湯。
日帰り入浴可

古屋旅館

江戸時代末期に創業した老舗旅館。

風呂

村山荘

風呂

温泉データ

源泉情報

温泉地情報

赤湯〔あかゆ〕温泉

概要

環境

新潟県と長野県の県境、苗場山の中腹の標高1050mに湧き出る。浅間山、谷川岳と日本有数の名山に囲まれ、登山客も多く訪れる。

由来・歴史

1897年に山小屋が完成し、以来湯治の湯として利用されてきた。

一軒宿

山口館

自家発電の装置があるがふだんは使わずにランプをともす。

風呂

すべて清津川沿いにあり、河原から自噴する露天風呂。24時間はいれる。 自家源泉が3本ある。
日帰り入浴可

温泉データ

源泉情報

温泉地情報

大沢山〔おおさわやま〕温泉

概要

環境

三国街道と飯山街道とを結ぶ大沢峠のふもとにある。

一軒宿

大沢館

風呂

温泉データ

源泉情報

温泉地情報

駒の湯〔こまのゆ〕温泉

概要

環境

越後駒ガ岳のふもと、湯之谷温泉郷の最上流、佐梨川に位置する。 小倉山尾根登山口にあたる。

由来・歴史

かつて銀の採掘が盛んだったころ、馬引きが佐梨川の畔に沸き出した湯を発見し、後にこの山道を行き交う多くの人が利用したという。その後1953年にラジウム泉が見つかり本格的湯宿を開業して多くの湯治客を迎え入れてきた。

一軒宿

駒の湯山荘

1974年に新館を増築したが、積雪量が多すぎて電気をひくことができず「ランプの宿」と呼ばれるようになった。現在は火災などの安全面から自家発電になっている。2階には休憩処を設けた日帰り専用の施設もある。

風呂

日帰り入浴可(日帰り専用施設のみ、露天風呂は不可)

温泉データ

源泉情報

温泉地情報