FUKUSHI Plaza20世紀の切手と美術

青森県

最終更新日:2011年2月29日

青森市

棟方志功記念館

弁財天妃の冊

弁財天妃

作品データ

鑑賞メモ

1975年に開館した。鉄筋コンクリート二階建の校倉造りを模した建物で、前庭は池泉回遊式庭園になっている。 「釈迦十大弟子」を初めとする板画作品をはじめ、倭画・油絵・書などを収蔵していて、年4回の展示替えを行っている。

弘前市

旧五十九銀行本店本館

旧五十九銀行本店本館

青森県に最初にできた銀行・国立第五十九銀行の本店として建てられた。 弘前の大工棟梁・堀江佐吉の会心作といわれている。 ルネッサンス調の洋風建築を守りながら防火のため伝統的な技法の土蔵作りを取り入れるなど、和洋折衷の擬洋風の木造2階建て。外観は左右対称で、頂上には展望台を兼ねた装飾塔を配している。

1943年に第五十九銀行は県内6行と合併して青森銀行となり、本店は青森市に置かれた。本店の建物は以後青森銀行弘前支店として使用されたが、1965年に90度回転して50m移動し現在の位置に保存することとなった。

鑑賞メモ

1967年から青森銀行記念館として一般公開されている。

弘前城

天守

弘前城

鑑賞メモ

街道 Now and Then「弘前城」